日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)努めて小さな物語をぞ

Σ(゚Д゚)

今週は休養期間としていましたが、あっという間に次週が見えてきていますね(早い
というか、すっかり「休む」ことが下手になってしまったなあと。気分転換に積みゲーをや
ったりして遊んだ後は、妙に虚無感やら後ろめたさに襲われて凹み、更にそこへ注いだ時間
が勿体無いと惜しむ。さりとてそれらが戻ってくる筈もなく、結局また一日ぐてんと布団に
潜り込んで終了。

十中八九、中毒なんでしょうねえ。十日どころか四・五日も書かなければ疼くし、筆感覚が
何処かに往ってしまって(しまうようで)焦る。正直な話、作業場で軽く事務──文章を打
っただけで少しホッとしましたもん;ただまぁそれだけでは足りないので、どのみちこうや
してまた雑感を絞り出そうとしている訳なのですが……。

さて、プロット作成の状況ですが──殆ど進んでおりません<(^o^)>
先日第Ⅵ部終了分までの資料集更新(加筆・修正)は済ませましたが、肝心のその先の展開
がまるで詰められていない。大まかな流れはかねてから考えてはあるんですけど、主だった
イベントの配置、最初の大きな杭打ちすらまだ途上といった状態です。
ただあまり急いた所でどうなるものでもなし、その内ふいっと降ってくる時が来るだろうと
腰を据えて挑む気ではいるのですが、如何せん当初切った大よその予定期間の間に終わるの
だろうか? ならば或いはもう、順繰りに一章分ずつごり押して書き始めてもいいかもしれ
ないけれど、それはそれで雑になっていきそうな気もします。なるべく書く時にも困らない
よう、今の段階できっちり詰められるようになる練習でもありますし……。
(キャラが勝手に動く、と言えば聞こえはいいですが、始めからそういった要素に期待する
べきではないと考えます。某作家の言葉を借りれば、設計通りに物語が人物が動かないのは
結局の所“バグ”のようなものであって、徒に運頼みになってしまいます)

……やっぱあれかなあ。やりたい事・創りたいものが散在し過ぎてるのと、それらの優先順
位をちゃんとつけてゆくのが遅れているのと。

色々と夢想して構想を書き出すのは楽しくても、いざそれを一本の企画として練り上げ先ず
プロットの段階までもっていく、実際に形に出来るのはまた別問題です。風呂敷を広げる事
ばかり達者でも、寧ろめいめいを適宜畳めるノウハウを蓄積していかないことにはどうにも
ならない(=残弾を造れない)どうもここ暫くは、脳味噌の中を散らかしてばかりのような
気がしますね。そりゃ捗らないわ。整理しなきゃ。

もっと、もっと。
だけど何よりも先ず濃密に。

続きを読む
  1. 2017/03/16(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「サバイブ」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:動物、少年、役立たず】

続きを読む
  1. 2017/03/12(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)空いてばかりの毎日を

書いたッ!第Ⅵ部完!

結局十日後とはなりませんでしたが、こんにちは。暦も変わり三月となりました。早いもの
ですね。ただ季節はまだ、一時の暖かさの後に冷えが戻ってくるを繰り返すばかりで、春と
呼ぶには早そうです。流石にもう年明け中頃にあった豪雪などはなさそうですが……。

例の如くコンスタントに連載更新。先日、ユー録の八十三章をUPしました。
(今に始まった事ではないけれども)終始ふわっと──滾って万全なコンディションだった
とは言えないままの執筆でしたが、今回で第Ⅵ部の〆という区切りもあってか、結果的には
もっさり分量となりました。量ではなく質が問題なんですけどねえ。
うーん……ちくはぐ感。気合いを入れて向かった時に限って空回りするわ、コンディション
に不安があったり気持ち急いている時に限って膨れるわ。安定しない……というより、自分
の筆力を自分で制御し切れないというのは不安材料というか、どうしてももどかしいものだ
なと思います。

ともあれ、大きな区切りをまた一つ通過。一先ずは安堵すべきなのでしょうか。
以前にも言及していますように、これから暫くは、資料集の加筆作業の後、次編──第Ⅶ部
のプロット作成に入っていきたいと思います(尤も↑を含め、すぐに掛かるのは難しい?)
直近の例を引っ張り出すのなら、大体二~三ヶ月ぐらいでしょうか。ただ前回よりももっと
内容を詰められるように、文章を起こしやすいように、何より面白い物語にしたいと欲張っ
てしまうものですから、これらは前後すると思われます。予めご了承ください。ユー録の方
は暫く休載という形となりますが、三題やサハラ~などは(気力体力)プロットがある限り
これまで通り更新を続けてゆきますので、気長にお待ちくだればと存じますm(_ _)m

……にしても、疲れた。頭の中が一日ぐらいガス欠でしたよ。まぁいつもの事か。

今更過ぎますが、色々と手を伸ばし過ぎてるんですよねえ。小説だって現状三企画同時進行
にも拘わらず隙あらば「新作を」と唸るのは勿論、去年一昨年ぐらいからようやく形になり
始めてきたツクール。短歌もコンスタントになって久しいし……ああ、絵もまた新しいの描
かないとなあ。ただでさえ変に手癖が固まってるもんだから。
加えて最近では積み本だけではなく、積みゲーも増えてきた。色んな作者さんがどんどん面
白そうな作品を出してくるものだから、ついそっちにもリソースを割こうとしてしまう。で
もって早速影響されて、それまでの創作思案に割り込んでまたうわあああ(>△<)ってなる。
創りたいこと、吸収したいことはややもすると次々に出てくるのに、決定的にそれらを消化
するだけの時間が足りない。いや、体力気力の持続力が足りない……。

嬉しい悲鳴、と言ってしまえばまぁそうなのでしょうけど、一方でそうした悲鳴が“不全”
に変色してしまうと自身を凹ます。病ます。我ながら面倒臭い。

何かこのまま、消化し足りず創り終えず、ある一点まで来てぱたっとこの人生が終わってし
まうんじゃないか? と思えてくる今日この頃。

実際中々難しいんでしょうけどね。創作人であろうとなかろうと、未練の無い最期なんて。

続きを読む
  1. 2017/03/08(水) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅵ〔83〕

 顕界(ミドガルド)西方の盟主・ヴァルドー王国。
 その中枢、王都グランヴァールにてとある騒乱が起きようとしていた。現国王ファルケン
に対する大規模なクーデターである。
 玉座の間にて、ファルケンは取り囲まれていた。包囲し、刃を向けているのは、幾名かの
臣下達と見知らぬ黒衣の集団──そして裏切りの元王国武官・グノアだった。
 王を守ろうとする者と、王を倒そうとする者。
 追従勢力と反対勢力が今、文字通り相対している。
「……やれやれ。またお前か」
 城内のあちこちから響く剣戟や銃声。だが当のファルケンは、玉座に腰を下ろしたまま片
肘をつき、あからさまに辟易したようにグノアを見ていた。
 守る側と攻める側が得物を構えて睨み合っている。
 クーデター派を率いるのは造反の臣下達と、今や半人半機の魔人(メア)として“結社”
に下った使徒グノア。加えてそのやや左右後ろに、同じ使徒たるアヴリルとフェニリアが控
えている。
「ようやく、だ。私はこの日の為に結社(かれら)の下に降った。鎧戦斧(ヴァシリコフ)
を渡せ。王から退き、死んで貰う」
 グノアの最早隠さない忌々しい眼。彼の半分機械の視線はギロッと、ファルケンの左腕に
巻かれた文様(ルーン)入りの黒手甲──この国の聖浄器に注がれていた。
 取り巻きの部下達らがギチッと、より一層武器を握る手に力を込める。
 だが当のファルケンは、片肘をついた格好のまま何も変わらなかった。寧ろじっとグノア
ら造反者達を見つめ、小さくため息さえついている。
「はいそうですかと俺が差し出すような人間だと思うか? 少しは学習しろよ。二年前まで
はこの国で働いてた一人だろうが。兵を止めろ。今ならまだ引っ込みがつく」
「五月蝿い! 貴様のような──貴様のような人間がいるから、この世界には要らぬ戦いが
絶えないのだ! 無駄だと知れ。私達はヒトは“摂理”の一部でしかない。屈しろ。無駄な
足掻きは世に混乱を招くだけなのだ!」
 くわっと叫ぶグノア。その声色は間違いなく私怨を含んでいたのだろう。
 ルギスによって改造された義手をぶんっと横に薙ぎ、訴える。自身があの時見せられたも
のの偉大さ、途方のなさ。知ったからこそ、確信を得たからこそ、このかつての主君が突き
進む道に立ちはだかずにはいられない。
「……ふっ」
 にも拘わらず、ファルケンは嗤っていた。まるで取り憑かれたように降伏を迫るグノアを
哂うようにあくまで余裕の態度を崩さず、スッと城内に響く戦いの音に目を細めている。
「な、何がおかしい!」
「何がって……お前のその必死さだよ。お前がこの国を裏切った時にはもう分かってた。ま
さか反発してくる奴がお前一人で終わるだなんて本気で思っていたのか? 一応これでも、
悪役を演じている(にくまれやくの)自覚はあるんだぜ?」
 何を──。嗤って屈する素振りも見せないファルケンの言葉に、グノアや元臣下達が戸惑
いの表情を漏らした、その時だった。それまで乱雑に響いていた戦いの音が、ふとした瞬間
に一挙に定型のリズムを以って刻まれ始めたのである。
 反撃。その事実にグノア達が気付いたのは、数拍後の事だった。だが状況は既に思わぬ形
でひっくり返されることとなる。
「グノア様!」
「て、敵襲です! 城内の各ポイントを制圧していた部隊が、次々と崩壊を!」
「ヴァルドー軍の新手と思われます! 突然、何もない所から現れて……」
「何……?」
 大慌てで、ボロボロになりながら駆け込んできた黒衣の兵士──“結社”末端の兵達。
 その報告にグノアが、そしてそれまで傍に控えていたアヴリルとフェニリアが眉間に皺を
寄せた。そっと口元に手を当て、指先に小さく火を点し、いつでも戦えるように動き出す構
えをみせた。
『──』
 その、次の瞬間だった。ファルケンの周りに新たに十名ほど──紛れもなく空間転移して
きた武官達が突如として現われ、場のクーデター派配下の兵達を蹴散らしたのだった。堅い
鎧に身を包んだ戦士から大太刀を担いだ剣士、スリットの入ったドレスを着た女魔導師まで
その姿は十人十色である。
「!? これは……」
「紹介するよ。俺直属の将達だ。魔人(どうぞく)なのは……視れば解るよな? この二年
で集めた。名前はそうさな……“王の牙”って所か。いつまでもお前らの専売特許にしてお
く理由もねぇだろ?」
 眼を見開くグノア達。彼らは皆、使徒らと同じ魔人(メア)だった。
 斧を太刀を、弓を杖を構えてファルケンを守るように陣形を組む十人の将。少なからずの
味方を弾き飛ばされた黒衣の兵や反乱軍の面々が、じりっじりっと後退する。
 加えて城内──玉座の間以外の戦いの音が更に激しくなった。“牙”達配下の援軍がクー
デター派を押さえ、勢力を盛り返してきたのだ。元より効果的にと、城内の要所へ重点的に
兵力を分配していた作戦が、却って互いの兵力を分断する結果となったのだった。
「ぬぅ……ッ。おのれ、おのれおのれおのれェ!! この期に及んでまだ抗うか!? ファ
ルケン・D(デュセムバッハ)・ヴァルドー!!」
 狂ったようにグノアが叫ぶ。スッと、アヴリルとフェニリアが言葉少なく目を細める。
 ファルケンは嗤っていた。この二年で新たに従えた魔人(メア)部隊“牙”達を率いて尚
も玉座に着く。
 そして彼はパチンと指を鳴らした。予めこうした事態に備えていたのだろう。それを合図
にしたように中空に幾つものホログラム──通信映像が現れ、彼の不敵な笑みを映す。
「あー、あー。世界の皆よ、聞こえるか? 俺はヴァルドー王国国王ファルケン。この映像
が出回ってる頃には、また“結社”が面倒を起こしているだろう。さっさと始末はつけるつ
もりだが、一つお前らに言わせてくれ」
 既に王宮から上がる剣戟と幾つかの火の手。その不穏と実害が少しずつやや同時並行的に
城下町にも及び始め、導信網(マギネット)を通じて領民から世界へと発信され始めていた
その頃、ファルケンは言葉を放った。不安とまだ対岸と。人々のおもむろに上げた顔、瞳に
映るかの王の姿は、まるで対照的に決して折れぬ強さを持っているようにも見えた。
「知っての通り、俺達は“結社”というデカい敵と戦っている。今もちょうど、うちの馬鹿
が面倒を持ち込んできた所だ。この二年、いやもっとそれ以前から、皆はこいつらの影に怯
えてきたと思う。何にしたって関わりたくないだろうと思う」
 映像は二度三度、グノアやクーデター派の臣下達、きょとんとし、或いは訝しげなアヴリ
ルとフェニリアの表情(かお)を映した。もう一度ファルケンに戻り、彼は続ける。
「だが、俺達について来い。ついて来てくれ。ただ強制はしない。結局はお前らの自由だ。
平凡を選ぶならそれに相応しい安穏を、もしリスクを恐れないならその“背中合わせ”にあ
る報酬を用意する。ヒトはヒト以上ではないが、だからといってヒト以下に堕ちるべきでは
ないと俺は考える」
 人々は目を瞬いていた。或いは逃避し、俯き耳を塞いでいた。色んな人々が生きていた。
「──戦い続けろ。俺達は、準備ができている」
 ニッと嗤い、少し間を置いた一言。
 それは多くの人々にとって、彼の強気の発言、改めてのアピールなのだろうと思われた。

続きを読む
  1. 2017/03/07(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「官軍」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:裏切り、眼鏡、城】

続きを読む
  1. 2017/03/05(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (140)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (23)
【企画処】 (310)
週刊三題 (300)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (299)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート