日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)汝、灰色の世界を愛せよ

うるせえ! こちとらガキの頃から、ソーシャルディスタンスされてるんだよ!(゚Д゚#)

……言ってみたかっただけです。モヤモヤした感情を直接表に出せば、汚く罵る類の言葉に
なってしまいますが、そこを何とかしてオブラートに包むこと。尚且つ他人がクスッと笑え
るような表現に換えることこそが、いわゆる諧謔(ユーモア)というものなんだろうなあと
考えます。いち物書き、言葉を駆使する者を自負するのなら、尚更だ。

さて、間が空いてしまいましたが、先日サハラ~の五十五章をUPしました。
28エピソード目前編。プロット通り今回のお話で、現行シーズン4もお終いです。ユー録と
併せて、いよいよ作成休載の案件が二つ同時という状況が来ちまった……(´A`)-3 前者は
当面本編の分割作業が先ですし、何とか“時間稼ぎ”ができればいいのですが、如何せん目
下リアルが多忙(消耗多)であるため充分かどうか。暫く停滞します、の活報が現実となっ
て長くなるのやもしれません。
分量としてましては、推敲後時点で23400字弱──個人的な目安よりも結構多め。執筆初日は
そうでもなかったのですが、〆に入るパート辺りでモリモリ増えていったという感触です。
(細かく刻めば抑えられるだろうと思っていたけれど、やはり視点を切り替えて複数同時に
描出すると、どうしても膨れてしまう。程度物を盛大に踏み抜いたか……)

なろうさんの方(活報)でも少し触れてはおいたのですが、今回登場させた敵の名称が目下
の世相からしてちょいと“拙い”かな? とは、書き始める前から思案はしていたんですよ
ねえ。ただプロット作成時はそれこそ一年二年と前だし、その時点で現在のコロナ禍を予想
出来た筈もなく……。基本的に名前だけで、意図した能力などとの繋ぎ方は別の処だと考え
ています。予め(元々万人受けはしないだろう、自作で呼び掛けるのは今更も今更ですが)
不快だという方はブラウザバックをm(_ _)m 貴方向けの物語は、きっと何処か別の誰かだっ
て紡いでいる筈だから。

……まあ、こういう考え方・捉え方って、商業ベースを念頭に書こうとする場合猛烈に相性
が悪いんですけどね?(自分の代わりなんて幾らでも居る。みたいな発想では実際問題生き
残れないし、モチベが続かない。何より自分の思うがままにしか書けなくなる)

難しいなあ。いや、自分の思考が捻くれてるだけで、すんなりニーズ=他益に寄ればいいと
いうわけなのだろうけど。どうすれば読んで貰えるか? そこから逆算して戦略を組むなら
ば、それが“合理的”ってモンな筈なのだけれど。

“自分は正しい”って拘り、大抵の場合は正しくないですからねえ……。

続きを読む
  1. 2020/06/18(木) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔55〕

「皆無事でよかった。筧さん達としっかり話せなかったのは、心残りだけど」
 それは仁と宙が、ギョロ眼のアウターの群れを倒した後のこと。
 作業時間が放課後に突入した頃合いを見計らって、睦月ら残りの仲間達は一旦離脱。地下
の司令室(コンソール)に集合していた。二人から詳しい話を聞き、新たに現れた敵の臭い
を探る。筧達とは道中、既に別れた後だ。
「まぁぶっちゃけ、運が良かったってのもあるんだろうなあ」
「筧さん達も一緒だったし、その場で倒せたから良かったものの……」
 一通り把握をして、ホッと胸を撫で下ろすのも半分。一方で怪しさも半分。
 正直、消化不良な感じは否めない。特にそんな感慨は、当の本人達が一番強かった。
 睦月や海沙は苦笑(わら)い、冴島や國子は隊士からの報告を受けている。持ち帰った戦
闘記録(ログ)を見つめながら、皆人は確かめるように言った。
「……大江。こいつらは始めから、複数体居たんだな?」
「ああ。筧さん達もそれは目撃して(みて)る。徒党を組んで、居合わせた警官達を襲って
たみたいだぜ?」
「量産型(サーヴァント)……じゃないもんね。見た目から何から全然違うし……」
 海沙も中央のディスプレイ群を見上げながら、そうモヤモヤとした違和感に何とか回答を
得ようと模索していた。外見こそ鉄仮面とギョロ眼、明らかに違う他、筧達には腐食の息ま
で吐いていたという。自分達が今まで見聞きしてきた量産型とは、別個体なのだろうか?
「うん。新型の可能性もあるけれど……」
「そうね。あり得ないと言ってしまうのは早計だけど……合理性や必要性を踏まえれば、疑
問符が付くわね」
「サーヴァントは元々、特定の召喚主を持たなかった場合の姿、初期状態(デフォルト)の
個体だ。“蝕卓(ファミリー)”が雑兵として使う以外、改良を加える積極的価値があると
は思えん。お互い時期が時期だ。タイミングとしても、戦略としても。そもそも召喚主から
の願いを聞き入れた時点で、その姿形・能力は大きく変わってしまうからね」
 睦月からの問いに、母・香月や萬波以下、研究部門のメンバーが答える。敵側が何らかの
意図をもって、改良を加えることはあり得るだろうが、あくまで選択肢の一つに過ぎない。
同じ個体だからと言って即そう結び付けてしまうのは安直だろう。
「“群体”であること。或いはそれ自体が、奴らの特性だったのかもしれないな」
「なるほど……」
「複数っていうか、コンビだけど、ピッチャーとバッターの奴らもいたしね。まぁあいつら
の場合は、リアナイザもそれぞれ別に持ってたから違うかもだけど……」
「その意味では、獅子騎士(トリニティ)──筧さん達の方が近いのかも。一つのリアナイ
ザから生じた個体という意味では、今回のような例が出てもおかしくはないわ」
 ぶつぶつ。皆人は誰にという訳でもなく、そう一応の仮説を付けて言う。
 仁もそれで一旦、積極的な疑問符を引っ込めていた。睦月や香月も、これまでの例を挙げ
てみては補完する。ただどちらにせよ、特殊なケースであるには違いない。そもそも今回の
件については、召喚主の正体も目的も不明なのだ。一人であるとも限らない。
「何より……末端とはいえ、当局の警察官達に被害が出たのは対策チーム(おれたち)的に
も拙いな。ただでさえ政府との共闘話が、表向き踏み込めていない中、向こう側からの突き
上げがまた増す可能性がある」
 ディスプレイ群からサッと視線を逸らし、皆人は睦月達を見た。香月が一人密かにばつの
悪そうな表情を浮かべている。あくまで現状内々の調整作業とはいえ、少なくとも全体の情
勢が好転する材料にはなり得なさそうだ。
「でも三条君。ソラちゃんや大江君が倒したんだから、これで大丈夫なんじゃないの?」
 きょとんと、海沙が直後小首を傾げて言った。実際先刻の現場に現れた個体は爆発四散し
たのだから、当座の脅威は去った筈だ。それでも皆人や香月、萬波や冴島といった面々──
研究部門寄りは、まだ怪訝と警戒の念を拭い切れていないらしい。
「……そうだといいんだがな。念の為、こちらで追加の調査をしておく。確認だ。また同じ
ような事件があれば、今回のように押さえられるとも限らん」
 少々含んだ言い方を皆人はする。用心しようというのは解らなくもなかったが……睦月達
は正直モヤッとした。そんな仲間・親友(とも)達の心情自体は推し量っているのか、彼は
一旦話題を切り替えるように大きく息を吐き出すと、言う。
「それよりも。俺達には今、やらなくちゃならないことがあるだろう?」
「? うん?」
「それって──」
 ああ。終始生真面目だった彼の表情が、少しだけ、ほんの少しだけ“学生”のそれに変わ
った。努めて緩めたように見えた。
「文武祭が、もうすぐ始まるだろう?」

続きを読む
  1. 2020/06/16(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「電脳染(せん)のグリム」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:妖精、電気、魔女】

続きを読む
  1. 2020/06/14(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)呪詛を紡いでしまうなら

体力が……気力が……追い付かん……(º﹃º)

月も替わって早十日。フライング気味の暑さが続いているかと思えば、同じく梅雨入りして
ゲリラ豪雨に見舞われた地域もある。ゴリゴリと時間とリソースばかりを取られて、どうに
も「○○をやった」みたいな感触が得られぬここ暫く。

多忙を言い訳にしてちゃあ如何にもなりませんが、前回の雑記からもう二週間以上経ってし
まってるんですよねえ。なまじユー録が一旦休載期間で、サハラ~の方も今月分に未だ掛か
れていない。とりあえず週毎、当座の三題を捌くことだけはすっぽ抜けぬよう踏み止まって
いますが……正直ガス欠な感が否めず。その割に、レスポンスが良い時もある(何なん?)
長編系は今週か来週末辺りには掛からなきゃなあとは思いつつ、さてはて今回の下降曲線は
随分と息の長いパターンであるらしい……。

十中八九、昼間というかリアルの方が圧迫してるんだよなあ。体力的な面はまぁ、昇格して
から多少なりとも慣れてきたけども、結局メンタル──本来注がれるべきでない方向の気を
遣わざるを得ず、消耗している感じ。必然、創作活動及びプライベートな時間があっても、
そこに割り振れる余力が足りない。月初め、ユー録資料集の更新作業をしている時は、まだ
ノってくるのも手伝って一時持ち直していたのですが、一通りそれが終わるとプツリと緊張
の糸が切れてしまったのか反動がφ_(x3 」∠)_

……あんまりなあ。ぶつくさと愚痴ってはいけない(建設的ではない)のだけど。

雑記にしろ時々の小説しろ、今に始まった事ではないけれど、どうにも自分の場合創作の原
動力ってのがネガティブな感情(鬱憤?)を梃子にしている例が多過ぎるんですよ。或いは
そこから言語化というか、思考を始めてとりあえずの形にする。娯楽とか藝術とか以前に、
間違いなく“他人の為”じゃなく“自分の為”に……。

駄目なんですよ、それじゃあ。
確かに広い括りの中での「物語」ってのは、誰かの苦難(と克服)を追体験して自らの浄化
を援ける作用もあるけれど、大多数の一般ユーザーはぶっちゃけそんなものは求めてない。
己を引き裂く辛苦なんてのは日々の現実で間に合っている訳で、更にそこへ自ら上乗せして
愉しむ人間は変態ごくごく少数派──語弊を恐れずに言えば物語中毒者なのです。創作世界
とはかくかくしかじかと在る、と既に解っている人間であり、そもそも彼らの糧となりうる
作品の担い手は別に「自分」でなくてもいい……極論を述べてしまえば。いや、そんな卑下
してまで書く奴の文章なんざ、糧云々関係なくても読みたくねえや──それでも俺が突き付
けてやるんだ! ぐらいの気概というか、負けん気の強さがなければ、書き手としてのレベ
ルは上がらないのか。根拠のない自信を持てない奴から、自滅してゆくのか。

申し訳ありません。
今回は(も)リハビリを兼ねてと言いますか、基本ネガティブな思考をぐるぐる捏ね回して
は引き延ばしての、ここ暫くの雑感となりますm(_ _)m

続きを読む
  1. 2020/06/09(火) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

(企画)週刊三題「セレクション」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:増える、ヒロイン、人工】

続きを読む
  1. 2020/06/08(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (205)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (116)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (55)
【企画処】 (507)
週刊三題 (497)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (418)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month