日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔111〕

 ハロルド及びリンファ──自分達を心配し、遥々捜しに来てくれた仲間が戻って来るのを
待ち、アルスとエトナは彼らと再び合流していた。一体何処に行っていたのだろう? どう
やら一旦連絡に出ていたらしい。
「お帰りなさい」
「もう大丈夫?」
「ああ、待たせたね。行こうか」
 王を失った神都(パルティノー)内部は、一見して相変わらず静まり返っているようで酷
く動揺していた。人工塔群の元から有る無機質さも手伝い、目に見えて怒りをぶちまけると
いうよりは、途方に暮れている神格種(ヘヴンズ)達の方が多かったのだ。
(……何故我々が、こやつらの案内を)
(よりにもよって、我々の領域を突破してきた者達に、このような待遇など……)
(口を慎め。聞こえるぞ。そもそも元を辿れば、ルキどもが叛乱を起こしたからで──)
 ゼクセム亡き後、一部の神々に連れられて、アルス達は再度神都(パルティノー)の奥深
くへと潜って行った。ルキ一派を退けた後、道中も彼らに不満が無い訳ではなかったが、他
ならぬ当のゼクセム自身の遺志もである。無下には出来ず、こうして一行を案内する他ない
といった様子だった。王に命じられた最後の仕事でもあった。
「……こちらです」
 途中、厳重に閉ざされた大扉が何度も立ち塞がったが、それもゼクセムから譲渡された最
高レベルの“管理者権限”が解決する。おずおずとアルスが手をかざすと、周囲の中空に数
式の羅列が浮かび上がり、歯車が一つ一つ外されるようにその封印(セキュリティー)が解
除されてゆく。そんな行程(プロセス)を幾度も繰り返した。
 はたしてその先に在ったのは──とある昇降機。
 かなり昔に造られたのか、或いは元々そういう設計なのか、外観は至極シンプルだった。
只々人を乗せて、何処かしかへ向かう為だけの手段である。案内役の神格種(ヘヴンズ)達
に促され、一行は中へと乗り込んだ。魔導らしき仕掛けも合わせた機構が軋むように駆動し
始め、延々と霊海、世界同士を隔てる壁の中を昇ってゆく。
「一体この先に、何があるっていうの……??」
 昇降機の中で、ぽつりとシンシアが誰にともなく呟く。ルイスやフィデロ、オズといった
面々も、密かな不安や緊張では等しかった。あまり変わり映えのしない周囲の景色を、忙し
なく視線を泳がせたり、茜色のランプ眼をぱちくりと点滅させている。
 いや──エトナの話などで、大よそは判っていた。
 九つの世界の天辺、始源層こと“霊界(エデン)”。全ての魂が生まれ、再び還る、この
世界の生命にとって根本的な場所と言っていい。
 魔導的な円陣が描かれた直後、一行を乗せた昇降機はその一角に現れた。足元にも広がる
白い靄を払いながら、アルス達は開かれた扉からかの地へと足を踏み入れる。
『……』
 眩い生命達の光。霊木・霊草が生い茂る神秘的な世界だった。やはり霊海の靄でその全景
を把握するのは難しいが、辺り一帯はこれらの森として覆われているらしい。
 言葉を失って辺りを見渡している間にも、精霊達が次々と生まれては魔流(ストリーム)
へと流れ、或いは留まって賑わいをみせている。良くも悪くも一行は、そんな目の前の光景
に圧倒されていた。興味深げに目を見張っている仲間達も少なくなく。
「……凄いな」
「うん。とても綺麗」
「“聖域”と称されているのも頷けるな。尤も私のような門外漢には、その価値も引き出せ
ないのだろうが」
 暫く呆然とした後、ようやく言葉を絞り出せたリカルド。小さく頷くミアやゲド、キース
といった戦士側の面々。
 一方でアルス達──魔導師側の面々は、若干その受け取った印象は違うようだ。最初に声
を漏らしたリカルドは勿論、ハロルドやアルス、エトナにシンシア以下学友達。辺りに漂う
精霊達と時折言葉を交わしながら、ことハロルドとシンシアは難しい表情を浮かべていた。
リンファやオズも、怪訝に横目を遣っている。
 一見すればとても平和な“楽園”のようでもあったが、反面浮世離れした感が著しい。
 性質上、仕方ないとはいえ……少なくともこの場所は生気が濃過ぎるのだ。
「あちらです。この聖域の、文字通り中心となります」
 すると案内役の神格種(ヘヴンズ)達がぽつっと、緊張した硬い声色で言う。
 ハロルドやアルス以下一行への警戒心も合わさっているのだろう。彼らが指し示した先に
は、森の中でも殊更巨大な、満天に光り輝く大樹がそびえていた。
「あれは……」
「“世界樹(ユグドラシィル)”です」
『“世界樹(ユグドラシィル)”?!?!』
 驚くのも無理はなかった。彼らは淡々と答えたが、それは紛れもなくこの九つの世界全て
を貫いている央域の魔流(ストリーム)──東西南北の支樹(それ)へと分岐する、文字通
り世界の軛(くびき)だ。
「我々も、普段余程の事が無ければ此処に来ることはありません」
「そもそも、その権限もありませんしね」
「事の重大さをご理解いただけましたか? ゼクセム様が貴方がたに託したというのは、そ
れだけ異例中の異例だということなのですよ」
 口々に説明というか、ほぼ後半は恨み節。
 だがそんな言葉を向けられていた当の一行、アルス自身はと言えば、実際話を半分ぐらい
にしか聞けていなかった。視界の向こう、この大樹の根元に眠る何者かの存在に気付いたか
らだ。
『──』
 とある一人の、精霊族(スピリット)の女性のようだった。
 全体的に碧色の光を湛え、ふんわりとしたローブと長髪が一際目を惹く。妙齢の背格好も
あって、母性の塊といった印象を受けた。
 ただ当の彼女をよく観てみると、その身体はこの“世界樹(ユグドラシィル)”の幹に、
何重もの文様(ルーン)帯によってぐるぐる巻きに──封印されているようだ。
(何で……こんな所に?)
 しかしその答えは程なくして知れる。案内役の神格種(ヘヴンズ)達から受けた説明もそ
こそこに、同じく大樹の根元に眠る彼女の姿を認めて、エトナとカルヴィンが驚愕の反応を
みせたのだ。「な、何!?」「どうしたの、カルヴィン……?」アルスやシンシア、自身の
契約主や仲間達の慌てた問いを受け、二人はぎゅっと一度唇を結んだ。或いは静かに鉄兜の
下で目を細め、改めて一行──立ち会うこの神格種(ヘヴンズ)達の姿も視界に捉えつつ、
答える。
「お母様……」
『えっ?』
「うむ、間違いない。あの方は我らが精霊族の始祖“マーテル”様だ」

続きを読む
  1. 2019/12/11(水) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔110〕

「──アルス・レノヴィンが?」
『うむ』
 煉獄深層域、監視塔内部。
 西棟の死神衆・獄吏達もただでさえ好んでは近寄らないその一角、人目のつかない物陰に
潜みつつ、死神総長アララギはとある人物から通信を受けていた。掌の光球越しに、ハザン
及びシゼル──同じ“結社”に属し、率いる盟友達から、外界に関する近況を聞かされる。
『ユヴァン殿の見立てでは、あの者達も“撰ばれ”つつあるようだ。先刻ティラウド殿とオ
ディウスが、用心の為加勢に向かった』
 曰く、レノヴィン兄弟の片割れ・アルスが、何の因果か神界(アスガルド)に迷い込んだ
のだという。
 深淵層(こちら)に向かっていた筈なのに? 何故天上層へ? 何故彼だけが?
 アララギは訝しんだが、ハザンからもたらされた情報を基に合点がゆく。
 “虚穴(うろあな)”だ。奴らブルートバードは、鬼ヶ領郊外のそこからこちら側へと侵
入し、魂(ストリーム)の暴風雨の中を進んで来た。状況からして、奴らの持つ聖浄器に惹
かれ、引き摺り込まれたのだろう。そしてアルス・レノヴィンはその時、兄・ジークの得物
でもあるこれらの一つ、護皇六華を預かっていたという。
『そちらも、確実に始末を。障害は早急に取り除かねばならない』
「……分かっている」
 弟が“撰ばれ”つつあるのなら、兄もその可能性は十分にある。ハザン達がわざわざ釘を
刺すように連絡を寄越してきたのはその為だ。アララギは努めて淡々と簡潔に、やや苛立ち
を宿して答えたが、それでも内心現状では“足りない”と感じていた。
 生来の気難しさ故なのか、或いは直感の類か。
 当初はなるべく内々に始末しようとしたのに邪魔が入り、加えてブルートバードの侵入を
許しつつある。第五層・六層の魔獣(しゅうじん)達を解き放ち、念押しの一手を打ちはし
たものの……。
『アララギ総長! 応答してください!』
『こちら煉獄第四層! 脱獄です! ジーク・レノヴィンとアズサ・スメラギが共謀して、
囚人達を……!』
 ちょうどそんな時だった。ふと通信機の向こうから部下達──西棟死神衆からのSOSが
響き、ザザザッと時折ノイズを含みながら現場の混乱が伝えられた。
 静かに目を見開き、アララギがじっと黙っている。光球越しのハザンやシゼルも、これら
声は聞こえていたとはいえ、一旦口を閉じざるを得ない。彼との繋がりがバレてしまわない
ように、通信の向こうで息を潜める。
 そうして暫く応答せずに黙り込んでいると、死神達の声や物音が途絶えた。返事がないと
諦め、向こうから切ったようだ。
『おい。一体どういうことだ?』
『今、脱獄と……』
「……ああ。どうやらまた、しぶとく抵抗を始めたらしい」
 先ほどよりも険しい、驚いたかのような声色になるハザンとシゼル。
 やはり私自らが手を下すしかないのか……? アララギは更に顰めっ面を重ねて眉間の皺
を深くしつつ、絞り出すように二人に答えていた。ギリッと静かに拳を握り締める。
 忌々しい。死んだのだから、さっさと諦めて死んで(きえて)しまえばいいものを。尤も
実際は使徒(ジーヴァ)に殺された訳だが。
 邪魔をするな。“摂理”を知り、成り行きから“結社”の一員として、大命成就の時を今
までずっと待ち続けていたのに……。
『た、大変ではないか!』
『ユヴァン様にも報せます。すぐに対処を』
「……分かっている」
 言われずとも。慌てる光球越しの二人に、アララギは応じた。出来ればその瞬間(とき)
が来るまで正体を晒したくはなかったが……ここまで状況が拗れては致し方が無い。全ては
あの兄弟の所為だ。分不相応に抗うからだ。
 しかしルキのように、“結社”側の兵をこちらに持ってくるのは宜しくない。直接動く前
にバレる可能性があるからだ。尤も、クロムが私の存在に気付いていれば同じ事だが。どち
らにしても、早々に事を終わらせる必要性が増した。
『──ッ?!』
 だが事態は、彼らが次の対応に動くよりも早く、容赦なく進んでいたのだった。まるで連
鎖するように次々と、歯車は加速度を上げて回り始めていた。
 直後、獄内を昇って、何か膨大なエネルギーが吹き上がってゆく感触。足元から大きく揺
さ振られる衝撃。
 その場に居たアララギは勿論、光球越しにハザンやシゼル、摂理宮内にもその異変は時間
差で伝わる。周囲で吹き昇る奔流、輝く魂(ストリーム)達の様子に、アララギは唖然とし
ていた。眉間に皺、怒りを伴い、彼はその表情を歪める。
「まさか……」
 視える者には視える。聞こえる者には聞こえる。
 遥か頭上へと一目散に向かう、魂達の叫び。それはアララギが抱いていた嫌な予感が、最
悪の形で的中した瞬間でもあった。

続きを読む
  1. 2019/11/04(月) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔109〕

 ルキ達が目の当たりにしたのは、アルスの身に起きた明らかな異変だった。辺りに吹き荒
ぶ魂(ストリーム)達の叫びよりも、只々その豹変ぶりに目を奪われている。
『──』
 見開かれたアルスの瞳は、何時もとは違う碧い輝きを宿していた。
 全身から溢れる膨大なオーラと、これに引き寄せられて蠢く周囲の魔流(ストリーム)。
クーデター派の神々や天使(エンゼル)達が慌てふためき、気圧される中、他ならぬ彼に庇
われる形で膝を突いていたゼクセムも、呆然としてその背中を仰いでいた。
「ぐっ……?!」
「ぎゃっ!?」
 すると直後、アルスが動いた。見開き覚醒した眼のまま掌をかざすと、まるで彼の意思に
呼応するかのように魔流(ストリーム)達が牙を剥いたのだ。クーデター派の面々から、兄
・ジークの六華を回収する(うばいかえす)。
(魔流(ストリーム)を手足のように……。いや、触手か)
 左右傍らで吹き飛ばされた部下達を横目に、ルキは密かに舌打ちをする。
 おそらくはこれが、彼の撰ばれし者としての特性なのだろう。或いは魄の先天属性と、同
じく樹木の精霊を持ち霊としていること。それらが相乗効果を生んだのかもしれない。事実
当の彼女も、彼と同様の光に包まれながら「おおおおおっ!? 力が、力が漲るぅ~!」と
ハイテンションになっている。
(今此処で……潰すしかない!)
 文字通り、光の速度で霞みながら、次の瞬間ルキはこの少年に襲い掛かった。ゼクセムや
配下のクーデター派達が到底追い切れない中、他ならぬアルス自身はちらっとこの動線を目
の端で捉えていたのだ。手刀に集めたルキの光線(レーザー)を、彼は魔流(ストリーム)
達を駆使して防ぎ返す。
 そこからは──まさしく目にも留まらぬ攻防。
 アルスも足元に沿った魔流(ストリーム)に乗り、射出されて滑り出すように空中を舞い
始めた。光速で繰り返し襲ってくるルキに対し、同じく無数の魔力(マナ)の糸を得物のよ
うに編んでぶつかる。エトナもゼクセムを守りながら、地面に手を当てて樹木の触手達を生
み出して援護する。
「ぎゃあッ!?」「ぐわあああーッ!!」
「ル、ルキ様!」
「おっ、お待ちください! 我々にまで攻撃が──ぐぶっ?!」
 中空・頭上で突如始まった両者のやり取りに、クーデター派の神々や天使(エンゼル)達
も少なからず巻き込まれていた。ゼクセムら主流派の面々とごちゃ混ぜになって逃げ惑い、
ルキの独走に制止と助けを求めたが、当の本人は聞き届けている暇さえない。
「くぅっ……!!」
 まさかこの俺が、苦戦させられるなんて。
 思わぬ事態だった。だが奴が“虚穴(うろあな)”──魔流(ストリーム)の渦からこち
らに流れ着いたことを考えれば、この豹変ぶりには納得がいく。
 決して偶然などではない。こいつは来るべくしてやって来たのだ。招かれるべくして招か
れ、自分達の目の前に立ち塞がってきたのだ。
(間違いない……選ばれやがった。俺達と同じ領域まで、登って来やがった……!!)

続きを読む
  1. 2019/10/09(水) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔108〕

 世界樹(ユグドラシィル)内部に浮かぶ要塞・摂理宮。その深部たる中枢域にて。
 奥半分に大穴が空いたフロアの真ん中で、ユヴァンは幾つもの魔導的なホログラム板を操
っていた。ポゥン、ポゥンと。大穴のすぐ手前、大量の魔流(ストリーム)が渦巻く霊海の
気流。眼下にそんな世界の“摂理”を視ながら、彼はじっと自らが為すべき役割に集中を続
けている。
「──そうか。ジーク・レノヴィンはようやく“死んだ”か」
 そうして背を向けたまま、彼はハザンやシゼル、ティラウドにオディウスといった盟友達
から、事の子細について報告を受けていた。先頭に立つのはハザン。彼ら“結社”の表向き
の指導者として辣腕を振るう老魔導師である。
 曰く冥界(アビス)にて、かの兄弟の片割れが“煉獄”に収監されたとのこと。
 途中で色々とすったもんだはあったようだが、これで最大の邪魔者はいなくなる……。
「でもまだ、安心は出来ないな。あの男はしぶとい。それにクラン・ブルートバードの仲間
達が冥界(あちら)に攻め入ったとなれば、また一悶着起きるのは確実だろう」
 ええ……。ハザンは恭しく、シゼルはその補佐的に傍らで。オディウスは斜に構えたよう
に腕を組んで立っているし、ティラウドは沈黙を守ったまま、中空に浮かぶホログラム板達
をじっと見つめている。
「アララギ殿には、確実に消して貰わないと」
「はい。当人も既にその為に動いておられるようです」
「しっかし、あの世まで追っかけて来るとは……。ティラウド、やっぱあん時、ごり押して
でも始末した方が良かったんじゃねえか?」
「……かも、しれないな」
 ユヴァン殿。すると次の瞬間、ハザンが口を挟み始めた。
 まだ何か報告すべきことがあるとみえる。ユヴァンも、ようやくこちらへと肩越しに振り
向き、その眼差しで続きを促す。他の面々が横目を遣って気持ち眉を顰める中、彼はおもむ
ろにもう一人の片割れについて語り始めた。
「その事なのですが……。確かにジーク・レノヴィンは“煉獄”へ放り込めたものの、それ
とは別のトラブルが起こりまして」
「……弟の方、ですか?」
「ええ。面々に同行していたアルス・レノヴィンが、どうやら“虚穴(うろあな)”の中で
暴走した魔流(ストリーム)に呑まれ、はぐれたようなのです。おそらくは聖浄器──兄に
代わり守っていた六華でしょう。加えて彼の流された先というのが、神界(アスガルド)で
ありまして。現在、ルキ殿が動いてくれてはおりますが……」
『──』
 ユヴァンを始めとした他の盟友達は、それぞれに言葉を失って驚愕した。素直に目を大き
く見開いた者もいれば、すぐにその出来事(トラブル)が意味する所を導き出そうとする者
もいる。
 こと盟主たるユヴァンは、後者の側に拠って立ったらしい。
「……もしかしたら、彼らもまた“撰ばれ”つつあるのかもしれないな」
「っ?! 何ですと!?」
「おいおい。それって色々拙いんじゃねえのか?」
「アルス・レノヴィンが神界(アスガルド)に流れ着いたのも、偶然ではない……と?」
「可能性は十分にあります。そもそもあそこは、通常の航行では立ち入れない場所。偶然に
しては出来過ぎている。だから彼個人というよりも、もう“片方の者達”の意思が介在して
いるとしか……」
 そう最後まで言いかけて、ユヴァンは再び熟考モードに入った。口元に手を当て、じっと
何かを懸命に頭の中で計算しているかのように。
 驚き、動揺しているハザンやオディウス、シゼル。そんな中でティラウドだけは、彼と同
じようにそっと口元に拳を当て、薄く目を瞑り始めている。
「オディウス、ティラウド殿」
 そしてユヴァンは盟友の内、武に長けた二人を指名して言った。嫌な予感はなるべく潰し
ておかなければならない。こと自分達と──“摂理”に深い繋がりを持ちうる相手ならば。
「念の為、用意出来る分の兵を連れて神都(パルティノー)へ向かってください。ルキ殿と
合流し、あの二人が本当にそうなってしまう前に始末を」
「お、おう! 任せとけ」
「……了解した」
 重鎧を鳴らし、羽織胴着を翻して。
 ユヴァンとハザン、シゼルが見送る中、二人は直後踵を返すと出撃(ばをあとに)して行
ったのだった。

続きを読む
  1. 2019/09/10(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔107〕

 時はちょうど、グノアの処刑が中継され、世間の眼差しがそちらへと釘付けにされていた
タイミングと重なる。
「ま、待ってくださいよ~! 先輩~!」
 とある雑誌社に勤める、女性記者と男性撮影技師(カメラマン)のコンビだった。二人は
世間の注目が件の処刑に向かっている中、密かにトナン皇国へとやって来ていたのだった。
「遅い! ネタは待ってくれないわよ?」
 後を追ってくる後輩に、先輩記者である彼女は振り返る。今回の目的は、行方知れずとな
ったジーク皇子及び、クラン・ブルートバードの消息だ。
 古界(パンゲア)・ディノグラード家の葬儀に加え、弟皇子アルスも失意の休学。以降そ
の動静はなく、学院側も秘して沈黙を保っている。今はそっとしておいてあげてくれという
ことなのだろう。
 だが……そこではいそうですか、と引き下がる訳にはいかない。人々が強く知りたいと望
む時、何者かが風化させようとしている時こそ、自分達ジャーナリストの出番なのだから。
「だからって、俺達がすっぱ抜けるネタですかねえ? 例の処刑の方が、絶対に“撮れ高”
はいいッスよ?」
 一方でこの後輩は、今回の取材(えんせい)にあまり期待していないようだった。首から
下げた写姿器を片手に、普段見慣れぬトナンの和圏建築を時折見回している。
「横並びの記事なんか書いても、変わり映えしないでしょうが。うちみたいな小さな所は、
どうしても大手の報道に埋もれてしまう──独自報道を怠れば、じわじわと沈んでしまうん
だから」
 それでも彼女は、自らが勝ち取った情報に拘っていた。組織としての大きさに劣る分、追
従するだけの記事だけでは、どうしても大手の側に分がある。彼女は意気込んでいた。尤も
実際に記事を手に取る人々は、そのような事情など構いはしないのだが。
「さあ、聞き込みを始めるわよ!」
「はいはい……」
 故に二人は、というよりも主に彼女がぐいぐいと彼を引っ張り、両皇子の祖国・トナンの
地での取材を開始した。自分達が戴くジーク・アルス兄弟の事となれば、領民らも十や二十
思う所はある筈だと踏んだのだが──。

『あんたらも、ジーク様が死んだって言いたいのかい?』
『ブン屋はいつだってそうだ。他人に不幸があると、すぐに飛んで来る……』
『一番哀しんでるのは両陛下だ。俺達が何を言おうと、お二人の痛みに敵いやせんよ』

 滞在から数日、そんなある種の希望的観測は容易に砕かれた。話を聞いて回った限り、大
半の領民が思ったほど不満をぶちまけてはくれなかったのだ。或いは余所者に対して、不敬
を誰かに知られては拙いと暗黙の了解でもあったのか。
 少なくとも、国内情勢は少しずつ明らかになってきた。傷心のシノ女皇は体調不良を起こ
して倒れ、現在は夫・コーダス皇が代理として政務を回しているらしい。
 だが一方で、当のジーク皇子は過去あちこちの世界を旅して来ているため、敗北後も何処
かで身を潜めているのではないか? という憶測も多く聞かれた。二年前のフォーザリア鉱
山での一件から、突如として大都(バベルロート)に現れて、かの“結社”を撃退した先例
を指すのだろう。希望的観測なのか、まだ信じたくないだけなのか『まだ死んだと確定した
訳じゃない』──そう零す領民も、少なからずいたからだ。
「ですが、ディノグラード公の葬儀は行われたのに、こちらはそんな話さえ出ていないんで
しょう?」
「実はもう、治療中だとか? 同家が匿っているとか?」
「それとも……。表に出せないほど粉微塵になっているか……?」
「な、何てことを!」
「他国人だからといって、皇子らを侮辱するのは許さんぞ!」

「──はあ」
 結果、収穫はあまり無し。寧ろこちらが記者だと判ると、多くの領民達は不信の眼差しを
向けてさえきた。先代アズサ皇の治世を知りながら、放置していた事などを今も根に持って
いるのだろう。彼らはまだジーク皇子らの復活を信じているようだった。信じたいようだっ
た。心情としては、無理もないが。
「どうするんですかあ。肝心の皇子達の消息、分からずじまいですよ? まぁここの写真を
切り貼りすれば、繋ぎの記事一つくらいは出来そうですけど……」
「そんなのじゃ駄目よ! 何も獲って来れなかったって白状しているようなものじゃない。
正直、ここまで頑なだとは思わなかったわ」
「……そうッスね」
 参ったな。二人はそう、一しきり取材を終えて街の一角に座り込んでいた。滑らかな石の
ベンチが、ひんやりと尻から背中へと温度を伝える。暫くの間、お互いに掛けるべき言葉を
見つけられずに黙っていた。
 本を正せば、確かに自分達ジャーナリストの取捨選択、被害感情が故の非協力的な態度な
のだろうが……それは別に、直接自分達の仕業という訳でもない。
「こんにちは」
 しかし、ちょうどそんな時だった。
 ニッコリと、妙に紳士的に微笑む男性──トナン領民と思しき装束を着た、見知らぬ人物
が一人、こちらに向かって近付いて来たのは。

続きを読む
  1. 2019/08/13(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2020/07 | 08
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (205)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (116)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (55)
【企画処】 (508)
週刊三題 (498)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (418)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month