日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)努めて小さな物語をぞ

Σ(゚Д゚)

今週は休養期間としていましたが、あっという間に次週が見えてきていますね(早い
というか、すっかり「休む」ことが下手になってしまったなあと。気分転換に積みゲーをや
ったりして遊んだ後は、妙に虚無感やら後ろめたさに襲われて凹み、更にそこへ注いだ時間
が勿体無いと惜しむ。さりとてそれらが戻ってくる筈もなく、結局また一日ぐてんと布団に
潜り込んで終了。

十中八九、中毒なんでしょうねえ。十日どころか四・五日も書かなければ疼くし、筆感覚が
何処かに往ってしまって(しまうようで)焦る。正直な話、作業場で軽く事務──文章を打
っただけで少しホッとしましたもん;ただまぁそれだけでは足りないので、どのみちこうや
してまた雑感を絞り出そうとしている訳なのですが……。

さて、プロット作成の状況ですが──殆ど進んでおりません<(^o^)>
先日第Ⅵ部終了分までの資料集更新(加筆・修正)は済ませましたが、肝心のその先の展開
がまるで詰められていない。大まかな流れはかねてから考えてはあるんですけど、主だった
イベントの配置、最初の大きな杭打ちすらまだ途上といった状態です。
ただあまり急いた所でどうなるものでもなし、その内ふいっと降ってくる時が来るだろうと
腰を据えて挑む気ではいるのですが、如何せん当初切った大よその予定期間の間に終わるの
だろうか? ならば或いはもう、順繰りに一章分ずつごり押して書き始めてもいいかもしれ
ないけれど、それはそれで雑になっていきそうな気もします。なるべく書く時にも困らない
よう、今の段階できっちり詰められるようになる練習でもありますし……。
(キャラが勝手に動く、と言えば聞こえはいいですが、始めからそういった要素に期待する
べきではないと考えます。某作家の言葉を借りれば、設計通りに物語が人物が動かないのは
結局の所“バグ”のようなものであって、徒に運頼みになってしまいます)

……やっぱあれかなあ。やりたい事・創りたいものが散在し過ぎてるのと、それらの優先順
位をちゃんとつけてゆくのが遅れているのと。

色々と夢想して構想を書き出すのは楽しくても、いざそれを一本の企画として練り上げ先ず
プロットの段階までもっていく、実際に形に出来るのはまた別問題です。風呂敷を広げる事
ばかり達者でも、寧ろめいめいを適宜畳めるノウハウを蓄積していかないことにはどうにも
ならない(=残弾を造れない)どうもここ暫くは、脳味噌の中を散らかしてばかりのような
気がしますね。そりゃ捗らないわ。整理しなきゃ。

もっと、もっと。
だけど何よりも先ず濃密に。

続きを読む
  1. 2017/03/16(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)空いてばかりの毎日を

書いたッ!第Ⅵ部完!

結局十日後とはなりませんでしたが、こんにちは。暦も変わり三月となりました。早いもの
ですね。ただ季節はまだ、一時の暖かさの後に冷えが戻ってくるを繰り返すばかりで、春と
呼ぶには早そうです。流石にもう年明け中頃にあった豪雪などはなさそうですが……。

例の如くコンスタントに連載更新。先日、ユー録の八十三章をUPしました。
(今に始まった事ではないけれども)終始ふわっと──滾って万全なコンディションだった
とは言えないままの執筆でしたが、今回で第Ⅵ部の〆という区切りもあってか、結果的には
もっさり分量となりました。量ではなく質が問題なんですけどねえ。
うーん……ちくはぐ感。気合いを入れて向かった時に限って空回りするわ、コンディション
に不安があったり気持ち急いている時に限って膨れるわ。安定しない……というより、自分
の筆力を自分で制御し切れないというのは不安材料というか、どうしてももどかしいものだ
なと思います。

ともあれ、大きな区切りをまた一つ通過。一先ずは安堵すべきなのでしょうか。
以前にも言及していますように、これから暫くは、資料集の加筆作業の後、次編──第Ⅶ部
のプロット作成に入っていきたいと思います(尤も↑を含め、すぐに掛かるのは難しい?)
直近の例を引っ張り出すのなら、大体二~三ヶ月ぐらいでしょうか。ただ前回よりももっと
内容を詰められるように、文章を起こしやすいように、何より面白い物語にしたいと欲張っ
てしまうものですから、これらは前後すると思われます。予めご了承ください。ユー録の方
は暫く休載という形となりますが、三題やサハラ~などは(気力体力)プロットがある限り
これまで通り更新を続けてゆきますので、気長にお待ちくだればと存じますm(_ _)m

……にしても、疲れた。頭の中が一日ぐらいガス欠でしたよ。まぁいつもの事か。

今更過ぎますが、色々と手を伸ばし過ぎてるんですよねえ。小説だって現状三企画同時進行
にも拘わらず隙あらば「新作を」と唸るのは勿論、去年一昨年ぐらいからようやく形になり
始めてきたツクール。短歌もコンスタントになって久しいし……ああ、絵もまた新しいの描
かないとなあ。ただでさえ変に手癖が固まってるもんだから。
加えて最近では積み本だけではなく、積みゲーも増えてきた。色んな作者さんがどんどん面
白そうな作品を出してくるものだから、ついそっちにもリソースを割こうとしてしまう。で
もって早速影響されて、それまでの創作思案に割り込んでまたうわあああ(>△<)ってなる。
創りたいこと、吸収したいことはややもすると次々に出てくるのに、決定的にそれらを消化
するだけの時間が足りない。いや、体力気力の持続力が足りない……。

嬉しい悲鳴、と言ってしまえばまぁそうなのでしょうけど、一方でそうした悲鳴が“不全”
に変色してしまうと自身を凹ます。病ます。我ながら面倒臭い。

何かこのまま、消化し足りず創り終えず、ある一点まで来てぱたっとこの人生が終わってし
まうんじゃないか? と思えてくる今日この頃。

実際中々難しいんでしょうけどね。創作人であろうとなかろうと、未練の無い最期なんて。

続きを読む
  1. 2017/03/08(水) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)何度だって繰り返すから

(´=ω=`)⇒\(゚∀゚)/

もう一週間をスパンとして思考──雑記の話題を纏めることも難しくなっている。まぁそれ
は尤も今に始まった事ではないのですが。いわゆるアンテナが昔よりも鈍くなっているから
なのか、或いは現実(リアル)での日常が幸いにも、ある種の充実を以って送れるようにな
っているからか。それでも日々足りぬ足りぬともがいておりますけども。

また暫く日が空いてしまいましたが、先日(前の水曜日)サハラ~の二十二章をUPしました。
11エピソード目後編です。プロット段階でそういう意図を含めたとはいえ、現シーズン2は
主人公達よりも敵勢力を掘り下げるお話に比重が寄っていますね。
今月も何とか概ね予定通り──コンスタンスな更新を済ませる事ができました。カレンダー
的に月末から翌月始めにかけては、例の如くどうしてもスパンが短くなりがちですが、来月
はちょうどユー録が現行第Ⅵ部の終了、三題も月一杯で累計300本到達予定と節目が重なる
一月になりそうです。引き続きお付き合いくださるとm(_ _)m

……しっかし、振れ幅が大きいなあ。

やはり今に始まった事ではないとはいえ、書けない時と書ける時の落差が大きい。それだけ
色々なものを消耗しつつ、回復しつつを繰り返してやっと続けられる類の営みだとはいえ、
その浮き沈みと連動して精神状態がハイになったり、がくんとネガティブになったりするの
が許し難い。理想としては全て自分の中でじっと耐えて“解毒”し、他人様を巻き込まずに
処理してゆくことなのだけど、現実は言わずもがな、この雑記やらツイッタ(小日記)やら
で散々吐瀉(ゲロ)ってきている。少なくともクールじゃない、スマートじゃない。
創らなきゃ。
肉体面は勿論、精神面のコンディションも上下する。それと連動するように、或いは寧ろ逆
にこれに大きな影響を与えるかのように、創作活動の可否──何かしら形にできたかどうか
が自分とって最早かなり大きなファクターになってしまっている。月並みに言ってしまえば
中毒だ。最近創った? 創ってない? その問い掛けを割と短スパンで繰り返し、否が返っ
てくれば疼く。思考がどんどんネガティブになるし、普段以上に“雑音”が煩わしく、忌々
しくなる。乗り越えて一つ書ければ治まるとは経験的に分かっているのだけど、結局はそれ
も一時でまたそう長持ちせずに繰り返す。……その実、この雑記を書いている今でさえちょ
っとその気があります。書きたいことがあるから書くっていうよりも、書く為に書こうとし
ているというか。だからこそ余計に頭の中が纏まってないし、難儀するから改めて苦しい。
現在進行形──書きながら纏める、着地点を探してゆく形を採ったとしても、予めのもので
はないから、意味の半分はこの時点で失われている(手段と目的が逆転している)訳で……。

話題を設定できない、アンテナの錆び付きが悪いのか。
理屈で粗探しばかりして、始める前から潰してしまうのが悪いのか。
もっと動機自体は……感情に任せていいのかもしれませんね。

溜めよう。
雑記も一週間で足りないのなら、もう少し延ばして十日スパン(月四→三回ベース)とか。

続きを読む
  1. 2017/02/27(月) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)穴ぼこに落ち続けて

休養期間だと遊んでいたら、かなりガッツリと筆力が後退してしまった件_| ̄|○

何というか、頭の中が空っぽで引き出せない感じなんですよね。先週・先々週に悶えていた
文章を起こす力云々然り。もっと言えばその自分の中の資源(リソース)が真っ白に思える
くらいになっているようなここ数日で……。

流石に遊び過ぎたかなあ? お仕事の片手間に、他人様の創作物に触れる片手間に何かしら
自分の創作が膨らんでくれればと目論んでいるのですが、どうにも──前者に関してはそれ
だけ集中している証ならば好いかもしれないけど──今回はそこまで器用に脳味噌が立ち回
ってくれなさそうです。不意にぽっかりと空いた穴に落ちて、我に返って見上げると存外に
深くて困っているような……。そんなリカバリーの難しさを感じて、大分凹んでしまって、
これは拙いと(最早このパターンも例の如くというべきか)当稿を書いております。またも
や脈絡のない、ぼやっとした個人的な文章になることをお許しください。

ある人にはスランプ的なこと──まぁ気にすんなとは言われましたが、そもそも自分の技量
はそんな大それたレベルまで来ているだろうか。何というか、小手先の技巧やら間に合わせ
のネタでこれまで繋いで来た感があるっていうのに。
事実、もっとこう……自身にとっての根本的な「何か」を欲しているのは否定しようのない
ところではありましてね。戦略論として特定の属性・要素に噛み砕き、組み合わせ直すこと
で作品とするっていうのは存在しているし、知識としては理解しているんですが……いや、
そうじゃないと。もっと大きな意味合いでの自分の物語(セカイ)の“芯”みたいなものが
もっと一貫していないといけないんじゃないか? そうでなきゃ結局間に合わせの物語ばか
りで、いつ間に合わなくなるか──筆が途絶えてしまうか分かったもんじゃないぞ? と。
もう今に始まった事ではないけれど、すっかり中毒だ。書かなきゃ創らなきゃ落ち着かない
というだけではなく、それがより良いものにならなくては駄目だっていう向上心強迫観念を
も患ってしまっている。

悪癖。
何かにつけ、バッドエンド系に流れ過ぎる(発想の安易さ。固着?)
何かにつけ、作中に籠もるメッセージ性が鬱陶しい(或いは上手く隠す技巧が足りない?)

そして何よりも、新しく企画(物語世界)を立ち上げても畳み切れる気がしない……。

続きを読む
  1. 2017/02/17(金) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)疲れ身の間に間に

(ガス欠しました)

少し間が空いてしまいましたが、先日ユー録の八十二章をUPしました。
なろうさんの方には以前から記してある通り、現行の第Ⅵ部も次回の更新でいよいよ終わり
を迎える予定です。……長かったような、あっという間なような。それでも一月に一章分の
ペースで進めているので、実際には一年半前後のスパンで推移している計算になりますね。
はたしてこの物語、一体いつ完結するんだろう……?φ(=_=;) 先ずはプロットの書き溜めがですね……。

先月末から先週にかけて、書けない(上手く文章が起こせない)と悶えていましたが、いざ
今回の執筆モードの蓋を開けてみれば何てことはない。大分もっさりな分量を記録して〆を
迎えるという結果でした。結局は一時の気の迷いだったのか、或いは日常からのインプット
が何かしらカチリと自分の中で嵌ったのか。相変わらず文体自体は硬いくせにふわっとして
いるというか、未だに「これ!」という長期安定的な軸は見出せてはいないのですけど。

……しかしまぁ、今に始まった事ではないにせよ、かくも気持ちの上下が激しいことよ。
書けなきゃ創れなきゃ悶々として凹むし、かといって調子が良くてもまたいつ反動が来るの
か疲れるのか、自ら粗を探して凹む。そもそも自身のそういう振れ幅が存在すること自体に
軽く絶望し、やっぱり凹む_| ̄|○
この辺が、一度はメンヘルを経由した人間の面倒臭さなのだろうなあとは何となく理解して
いるつもりで、実際はあまり実践できていなかったり。ある意味オタク的と言えばそちらの
領域にもなるかもしれませんが“乱されるのが嫌いな癖に刺激を求める”っていう相反する
欲求を持ってしまっている……。そりゃあ安定なんてしないですわな。だとすれば精神衛生
を保つには先ずもって「もしも」を膨らませ過ぎないことと、自身に振れ幅があることを認
める(悲観的にならない)ことなのですが──如何せん自分には難しい。

体の疲れ易さも、心の浮き沈みも、なくせる事はなく只延々と付き合っていくしかない。

詰まる所それが結論というか真理(諦め?)になろうものなのでしょうが、そこで毎度軽く
絶望してしまうのが面倒メンタリティ。もっと若い頃はこんなこと、意識もしなければ悩む
機会さえなかったというのに(臥せった経験も影響してる?

ともあれ──繰り返すけども、取りうるのはそれしかない。上手いこと非力な心身を叱咤し
ては慰め、叱咤しては慰め、暮らしていくしかない。創り続けるしかない。少なくとも自分
から後者を取っ払ってしまったら本当に抜け殻になってしまいます。臥せっていた頃に舞い
戻ってしまいます。これに関してはほぼ確信的に。ライフワークという名の呪い……。

予定通り丸々来週はインターバルというか、休憩期間に当てようと思います。普段から折に
つけて横になるようにはしていますが、しっかり寝て、気晴らしに遊んで、次の執筆に備え
ようと思います。
もう半分の長編系──サハラ~の次章は下旬からの執筆、UPになる予定です。如何せん遅筆
鈍行ですが、気長にお待ちいただけるとm(_ _)m

続きを読む
  1. 2017/02/10(金) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (141)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (24)
【企画処】 (315)
週刊三題 (305)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (303)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート