日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)新年・祈念・雑念

明けました。平成三十年、戌年です。

最初の内は「やったー、一週間も休みだー」と浮かれておりましたが、案の定日数の過ぎる
のが早いこと早いこと……。特に年か明けてからの後半はあっという間だった気がします。
尤もそれは十中八九、つい夜更かしし、つい惰眠を貪ってばかりいた所為なのですが……。
ぼちぼち自分も、冬休み明けのシフトが始まります(業種によっては、そもそも年末年始も
関係なく働いている方達もいるようです)まぁそれ自体は構わないのですが、如何せんこう
何日もゴロゴロした生活が身についてしまっていると、改めて先ずちゃんと起きられるのか
が心配ですね^^;

さて先日、ユー録の九十一章をUPしました。第Ⅶ部中編その2、全体の章数から数える限り
は今回でちょうど折り返しの計算となります。先月も更新はした筈なのですが、どうも久し
ぶりな感じがします。単純に年を跨いだことによるものか、或いはそも月1ペースが遅いと
いうだけなのか……。つい先月までもう一方(サハラ~)を休載していて、再開したばかり
でしたから、まだ平素以上にブランク感が強いままなのかもしれません。

……そんな感じで、年末年始はほぼ執筆漬けでした。或いはネタ練りやら何らの作業に時間
を割いていたり、寝ていたり。

世間的には三賀日でグータラ日和ですが、これだけ纏まった休みは貴重ですからね……これ
を逃す手はない。ただまぁ、かといって実際に思う存分書けたかと訊かれると否と言わなけ
ればいけないでしょう。如何せん、例の如く(毎回インターバルを挟んでからになるゆえ)
中々筆がノらず、苦戦していました。頭では書こう書き上げようと勇んでいるのに、身体が
ついてきてくれない。とはいえそれも、考えるより先ずは手を動かしている内に何とかなっ
てくるものだ──と信じて掘り進むしかないのですが。流石に正月くらいは素直に休んでい
た方が良かったのかなあ? 済んでから首を傾げてみても、時既に遅しですが。

……今に始まった事ではないにせよ、毎度一つ書くのに難儀ばかりしている気がする。労苦
ばかり背負い込んでいる気がする。

生みの苦しみと云えば簡単だけども、何とかならないものか。なまじもう何年も同じ物語を
書いているのだから、いい加減もっとサクッと慣れてくれてもいいんだけど……φ(=_=;)

続きを読む
  1. 2018/01/04(木) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)日々を惜しむ、日々を謳う

( 」 ゚Д゚)」<お待たせしました

少し日が空いてしまいましたが、先日サハラ~の二十九章をUP致しました。15エピソード目
の前編です。今回よりシーズン3に突入します。

前章の更新(夏の終わり頃)からプロット作成の為の休載に入り、完了後のインターバルを
含めると正味四ヶ月──長いようで短かかったような……。いざ過ぎ去ってしまえば疾く感
じるものなのでしょうか。結局季節を一つ跨いでの連載再開となります。年の瀬の慌しくな
る時期という中途半端な頃合からではありますが、改めて気長に生温かくお付き合いいただ
ければ是幸いですm(_ _)m

……今年も、指折り数えて残り十日。両手で収まるまで少なくなりました。

とは言っても、あんまり自覚はない。カレンダー上でああそうなんだよなと理解はしていて
も、毎日やっている事は作業場と自宅=お仕事と創作活動、デイリー作業の繰り返しである
訳で。この前の休みに、親父殿に頼まれて年賀状を作ったりはしたけれど、自分自身はもう
長らくそういうのも書いてませんからねえ。友人と呼べる人達は(社会人になって久しいの
だから当然とはいえ)皆方々に散って、そもそも人数自体そんなにいない。おい止せやめろ
寧ろネット上で繋がりのある人の方が多いんだよなあ……。かといって彼らを全部「友人」
と定義するのもどうか(付き合いがあれば友人、という人も少なくないかもしれませんが、
どうも自分にとって友というのはハードルの高いカテゴリらしい。尤も裏を返せば、それだ
け深い付き合いができる誰かを望んでいるとも……?)如何せん『空中分解』な別れが記憶
に染み付いているものだから、関係を作る事からして臆病過ぎるコミュ障。少なくとも自発
的なそれはこの数年本当に数えるくらいしかない。ゆるりと続いてる、繋がってるという形
が何だかんだで一番性に合ってるのかもしれません。笑って語れるような思い出……。

そんなこんなで、今年の定期更新はほぼお終いです。

あとは来週分の三題(ないしもう一回雑記)くらいかな? 例の如く、水面下ではもそもそ
創ろうとペンを走らせているとは思われますが、少なくともきちっと企画としてプロットに
上がり、実際の執筆に行動が移るのはもっと先になる筈です。

某所では一つ二つ、構想を纏めたものは出したのだけど。

新しいものというのは、中々どうして手間暇ばかり掛かりがちですね(生みの苦しみが~と
嘯いているだけならば詮無いが)

うーん。今年は少しでも起こして回れた分、まだマシだったと捉えるべきか……。

続きを読む
  1. 2017/12/21(木) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)改宗するでもないけれど

えっ? もう残り半月……?(゚Д゚;)

かくして時は無常(無情)なり。およそ一週間ぶりですか。わたわたと毎日を捌いている内
に、今月もあっという間に半分が過ぎてしまいました。
それにしても実感が湧かないなあ。もっと街の方ならクリスマス飾りなどの演出があるんで
しょうけど、自分の住んでいる田舎ではそんなハイカラな物は基本無いですからね。寒々と
禿げてゆき木々と褪せた紅葉の山々くらいなものです。まぁぼちぼち年賀状の支度をさせら
れるでしょうから、個人的にはその辺りでようやっと年の瀬感が出てくるのかな……?

さて、既にツイッタ(小日記)上では呟いていますが、この土日にサハラ~の執筆モードに
入る予定です。前回の更新が八月末でしたから、夏の終わりから冬にかけて丸々三ヶ月以上
も空いてしまいました。今に始まった事ではないにしても、鈍行な。忙しない時期での連載
再開となりますが、今月からシーズン3に突入します。改めて気長にお付き合いくだされば
ありがたく存じますm(_ _)m

作業場と自宅を往復する日々。一度無理を押してコンディションを崩してしまった失敗経験
を踏まえ、なるべく身体に負荷が掛かり過ぎないように──分散?させるように、諸々の作
業スケジュールを日毎にルーティン化させようと努めてきたここ数日。

理想なのは、抱えているコンテンツ(媒体)全てを形にしてゆく事ではありますが、それは
流石に無理だよなあ……と痛感しています。肉体的にも然り、気力的にも然り。如何せん手
持ちのリソースは限られている。そんな現実がどうしようもなく目の前に横たわっているの
だから、結局はそれらに優先順位をつける──後回しにする・半ば切り捨てる決意をしない
と二進も三進もいかない。中途半端ばかりが並び、続き、最悪全部まとめて“沈む”結果に
なりかねない。ならばいっそ、一つでも確実に捗る方がいい。そんなことを悶々と考えて、
毎日ルーティン(と体力気力)との戦いを続けているのですが……。

少なくとも「充実」はしていると思うのです。やるべき事──という言い方は、本来ならば
使うべきではないのですが。あくまで「やりたい事」と表現したい。したいのだけど、どう
しても我欲という側面を未だ肯定し切れないのです──が尽きずに在る訳ですし。
なのに……何なんでしょうね。なまじ(自ら設定した)ルーティン・作業に追われることに
慣れ始めてきた分、いざふいっと手が空いてしまうと、言い表せぬほどのそわそわ落ち着か
ない感覚に囚われます。仕事中毒というか何というか。ほんの数年前までは療養ニートをや
っていて、社会に溶け込むことさえ毛嫌いしていたというのに。

……嗚呼、もっと可処分時間が欲しいなあ。

だけど、かといって自由ばかり与えられても、必ずしも能率が上がる訳でもモチベを燃やし
続けられる訳ではないんですよねえ。ソースは自分の実体験(´・ω・`)

続きを読む
  1. 2017/12/15(金) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)マウント・ザ・アラウンド

師走「来ちゃった♥」

もう今年も残り一ヶ月を切ったという事実に驚きを禁じ得ません。ところがどっこい、これ
が現実……圧倒的、現実っ……!(((゚Д゚;)))

こちらでは暫くぶりです、長月です。ざっと十日弱でしょうか。こちらは例の如く、先月末
も(執筆スケジュール的に)忙しなくしておりまして……。

さて先日、ユー録の九十章をUPしました。プロット上の区分としては今回から第Ⅶ部中編へ
と突入します。加えてなろうさんの方では、累計パート数がちょうど600部分に。改めて自分
の書く文章は如何せんもっさりが過ぎるなあと思いつつ、かといって本心では何とか今回も
やり遂げたと安堵したり、束の間ホクホクとしていたり。まぁ硬い・長い・臭いの三拍子は
今に始まった事ではないですし、今日の(ネット)小説界隈を見渡せば、質・量共に格上の
作品なり作家さんというのは沢山おられる訳で
(それでも少なからず、少分量で気楽に読めるという形が一定のニーズを持っているという
事実自体が否定される訳ではないのですけど。かく言う自分もめっきり読めてない……)
先月は寝足りなさを甘く見、コンディション的に痛い目に遭いましたが、今回はその反省を
踏まえてとにかく身体を労わる事を最優先にスケジューリング。そのお陰か否か、先ずは大
きな乱調もなく書き終えられました。とりあえず、一段落ですかね。

……それにしても、自分にとっての執筆(創作)活動とは、すっかり大よそ体力的な限界と
の戦いとイコールになってしまいました。如何にして体調の波を“水平”に保ち続けるか?
元より(創作に限らず)身体が資本の活動だとはいえ、何だか本来使いたいリソースもゴリ
ゴリそっち=自己調整に割かれているような……。最早口癖ですが、勿体無い(´=ω=`)

お陰様で、今のお仕事も三年目を迎え、随分と体力気力を労わりながら日々を過ごすことが
できるようになりました。だからこそ「このまま」であり続けるのは駄目だと思うのです。
払っては湧いてくる諸々の──将来設計的な、意欲の収容限界的な意味での不安。少なくと
も、体力上限がこれ以上増えないのは恐ろしい。何年も臥せって何もしてこなかった反動と
いえば反動なのだろうけど、せっかくやりたい事(とやるべき事)が自分の中で色々湧いて
きてくれている今、それを他ならぬ自身のキャパシティを理由に蓋をしてしまうのは何とも
勿体無いと思うのですよ……。尤ももう自分は若くなく、周りの人達もそうなってゆきます
し、人生の局面的には既に下り坂に差し掛かっているのかもしれませんが……。

惜しむのが遅過ぎたかなあ。丸みを帯びる為に、色んなものに反発し続け過ぎた。

人間だって消耗品で、一度病んで壊れてしまったら、やはり元には戻らないのだろうか。

続きを読む
  1. 2017/12/06(水) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)自沈せぬため執る筆の

(腰が痛い……)

どうも先週・先々週からのコンディション崩れが治りません。創作思案そのものは少しずつ
巡らせているのですが、どうも普段以上に霧散してしまうような。何よりも体力の消耗速度
が以前よりも早くなっているような気がします。あと座りっ放しの生活が響いているのか、
腰痛も顕在化したりで少なくとも調子が良いとは言えない状況ですね_| ̄|○

こいつ、何時もしんどい調子悪い言ってんな。
歳、なんですかねえ? 衰える時って一挙なのかしら……?

期せずして今週は中休みのあるシフト+祭日休みで連休を貰えましたが、結局この二日で特
に何かできた訳でもなく、無駄に寝ては起きて寝ては起きてを繰り返しただけな感が否めま
せん。もっとコンスタントに書く為の(ほぼ日的な)新しい企画を思案せど、もう何度も脳
内で「没」へ放り投げるの繰り返し。このままではいかん──そういう進捗も込めて、せめ
て何か書き物をしなければと筆を執った次第です。

こいつ、何時も間に合わせで書いてんな。
事件なら、リアルでほぼ毎日のように起こっている。ミクロにしろマクロにしろ、この社会
はきな臭い動向に満ちている。観測範囲上(インターネッツ)ではその度に一家言ある御仁
らが白だの黒だのと議論を交わし、或いはここぞとネタ発言だの上手いこと言いだのを狙っ
てキーボードを叩く。そんなものが、現実と虚構が入り交ざって、毎日を形成している。

……ネタなら多分在る筈なんです。そういう意味では。
でも、何だかなあ。毎度それに乗っからないとものが書けない・言えないとなる=習慣付く
っていうのはどうにも危険な気がするんですよねえ。ややもすればこの手の題材は右派左派
云々イデオロギー色の濃いものになってしまいますし、トピックを選ぶ際の恣意性にも偏り
を作ってしまいそうで。ああ勿論、単純に毎回(どうせ時間が経てば大人しくなる)ムーブ
メントに喰らいつく気概がないというか、疲れるというか……。

理想としては文章──物語の中に、殊更そういった毛色を含ませたくはない。実際全く混入
しない訳がない(何かしら書き手の思考は紛れ込む)にしたって、もっとそういう露骨さは
隠して然るべきだと思うのです。語らせる部分があるにしても、上から目線とか説教とか、
それ自体が目的ではなく、あくまで物語の流れその一貫として染み出るくらいが丁度いい。

少なくともそういう方面の熱量で賄おうとするっていうのは、何というか二流・三流の仕事
ではないかと。『だったら論文でも書いてろよ』ああ、全くだ。君のようにエンタメ精神に
自らを捧げ切れなかった自分でも、そのぐらいの違和感は持ち合わせている。もっと躍動感
を、箱庭の中で“生きている”キャラクタ達を。語る為だけの物語じゃ、何の為の物語なの
か分からなくなる。結局……何処までいっても独り善がりだから。

まあ、こうしてぶつくさ言っている時点で、有言不実行もクソもないんですけども。

続きを読む
  1. 2017/11/23(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

01 | 2018/02 | 03
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (157)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (92)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (31)
【企画処】 (364)
週刊三題 (354)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (336)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート