日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)疲れ身の間に間に

(ガス欠しました)

少し間が空いてしまいましたが、先日ユー録の八十二章をUPしました。
なろうさんの方には以前から記してある通り、現行の第Ⅵ部も次回の更新でいよいよ終わり
を迎える予定です。……長かったような、あっという間なような。それでも一月に一章分の
ペースで進めているので、実際には一年半前後のスパンで推移している計算になりますね。
はたしてこの物語、一体いつ完結するんだろう……?φ(=_=;) 先ずはプロットの書き溜めがですね……。

先月末から先週にかけて、書けない(上手く文章が起こせない)と悶えていましたが、いざ
今回の執筆モードの蓋を開けてみれば何てことはない。大分もっさりな分量を記録して〆を
迎えるという結果でした。結局は一時の気の迷いだったのか、或いは日常からのインプット
が何かしらカチリと自分の中で嵌ったのか。相変わらず文体自体は硬いくせにふわっとして
いるというか、未だに「これ!」という長期安定的な軸は見出せてはいないのですけど。

……しかしまぁ、今に始まった事ではないにせよ、かくも気持ちの上下が激しいことよ。
書けなきゃ創れなきゃ悶々として凹むし、かといって調子が良くてもまたいつ反動が来るの
か疲れるのか、自ら粗を探して凹む。そもそも自身のそういう振れ幅が存在すること自体に
軽く絶望し、やっぱり凹む_| ̄|○
この辺が、一度はメンヘルを経由した人間の面倒臭さなのだろうなあとは何となく理解して
いるつもりで、実際はあまり実践できていなかったり。ある意味オタク的と言えばそちらの
領域にもなるかもしれませんが“乱されるのが嫌いな癖に刺激を求める”っていう相反する
欲求を持ってしまっている……。そりゃあ安定なんてしないですわな。だとすれば精神衛生
を保つには先ずもって「もしも」を膨らませ過ぎないことと、自身に振れ幅があることを認
める(悲観的にならない)ことなのですが──如何せん自分には難しい。

体の疲れ易さも、心の浮き沈みも、なくせる事はなく只延々と付き合っていくしかない。

詰まる所それが結論というか真理(諦め?)になろうものなのでしょうが、そこで毎度軽く
絶望してしまうのが面倒メンタリティ。もっと若い頃はこんなこと、意識もしなければ悩む
機会さえなかったというのに(臥せった経験も影響してる?

ともあれ──繰り返すけども、取りうるのはそれしかない。上手いこと非力な心身を叱咤し
ては慰め、叱咤しては慰め、暮らしていくしかない。創り続けるしかない。少なくとも自分
から後者を取っ払ってしまったら本当に抜け殻になってしまいます。臥せっていた頃に舞い
戻ってしまいます。これに関してはほぼ確信的に。ライフワークという名の呪い……。

予定通り丸々来週はインターバルというか、休憩期間に当てようと思います。普段から折に
つけて横になるようにはしていますが、しっかり寝て、気晴らしに遊んで、次の執筆に備え
ようと思います。
もう半分の長編系──サハラ~の次章は下旬からの執筆、UPになる予定です。如何せん遅筆
鈍行ですが、気長にお待ちいただけるとm(_ _)m

続きを読む
  1. 2017/02/10(金) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)静穏病者の戯言で

睦月から\(・ω・\) (/・ω・)/如月へ

早いもので今年も1/12のが終わりました。
こういう表現をすればまだ大分あるなと思うかもしれないし、思わないかもしれない。ただ
少なくとも、季節も夏になれば早く終わらないかと願うだろうし、秋冬までくれば今年も早
かったなあと例年の如く振り返るんことになるんだろうと思われます。

暫くぶりです。如月ですが、長月です。
冬将軍は去れどギアの上がった冷えだけは置き土産され、こちらは未だしばしばかじかむ程
の朝を迎えることも珍しくありません。今朝に至ってはまた雪が舞ってましたからね……。
流石に先の一連の豪雪状態には及びませんでしたが、もっと奥の山々は全体が白くなるほど
だったそうです。田舎ですからね。
大寒は過ぎたとはいえ、まだまだ油断のならない空模様が続いています。
自分の周りでもちらほらと風邪っぴきの方が確認されていますし、皆さんもどうか屋外屋内
に拘わらず暖かくしてお過ごしくださいね。

──前回の頃は文章のコレジャナイが強くって、大分じたばた転がっていました。
それでも結局の所、単純に気の持ちようだったのか、一本二本と三題を書いてUPし、日数が
経つにつれて当初の疼きも和らいできたように思います。
まぁ、根本的に文章がふわっと(?)していること自体は何も解決してはいないのですが。
前回も言及したように、やはりお手本となる誰かを特に意識していないからなのか。その所
為もあってインプットからのアウトプットの流れに劣りが生じているのか。そもそも能動的
なインプット量自体が足りないというものあるけど……orz

嘆いてばかりじゃいられない。自責したって何も進まない。
とにかくもっと書くんだ、もっと読むんだ、もっと分析するんだ──。

如何せん体力がついていかない・続かないってなパティーンが少なくはありませんが、月も
変わって次の執筆スケジュールが近づいて来ています。
実はつい先刻まで気付かなかったのですが、今月は先月末~月頭にかけてのスパンの短さに
加え、日数自体が少ないんですよね……。たかが二・三日、されど二・三日。どうやら今月
はいつも以上にタイトな立ち回りを余儀なくされそうです。

今週末には三題と、ユー録の次章執筆を開始する予定。

嗚呼、文章力が──いや、何よりそれ以上に創造力が欲しいφ(=△=;)

続きを読む
  1. 2017/02/02(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)ドッヂボールじゃいけなくて

……(´A`)。oO(漠然とした不安)

居座っていた冬将軍もようやく遠退き、二度三度降ったり止んだりを繰り返しつつも、こち
らは大方雪が融けました。あとは日陰の部分とか、雪かきで移した山の跡ぐらいですね。
それでも外気はすっかり変わってしまいました。水を使えば手が痛いほどかじかむくらいに
キンと冷えるここ数日。冬の底なのかなあ? もう炬燵やヒーターが欠かせません。

前回から一週間ほどが経ち、今月もぼちぼち終わりに近付いています。
ようやくなのか、あっという間だったと言うべきか。たっぷり寝入ったりゲームをしたりと
休養期間を満喫?しはしたものの、現状そこからまた次の執筆に向けてエンジンが景気よく
点きそうかというと、そうでもなく……。

どうも安定しないというか、迷走しているんですよねえ。まぁ書いてみてコレジャナイって
いう感じは何も今に始まった事じゃないんですが。
「遊び」の後、ぐわんと襲ってくる虚無感や力不足感など。それらが満喫という感情さえも
軽く剥がし飛ばしてしまう。もう創ることがライフワークというか、更に強く義務?として
自分に食い込んでしまっている感じなのでしょうか。愉しむ矢先から自分で自分の粗探しを
して、n番煎じだと撥ねて、また萎えるの繰り返しが続いていて……φ(=_=;)

他人の弁ですが、物書きの癖に『好きな(お手本にしている)作家』というをパッと挙げら
れないから迷走しがちなのか。インプットが足りないからしばしば詰まるのか。
それでも全く誰からも影響を受けていない筈はないので、多分自分自身が誰それのと明確に
自覚していないだけ──自覚していないまま、現在の自分の文章というものを作ってきたの
だろうなあとは思うのですけれど。
……何より作風の模索がねえ。如何せんバッドエンドやビターエンド──安易へ流れがちな
悪癖があるし、メッセージ性のくどさや堅さとだって距離を取らないときっと自分の創作は
もっと独り善がりになってゆく。誰にも読まれなくなってゆく。
(確かに元を辿れば創作の源泉というものは往々にして個人の鬱積だけど、それらを如何に
して作品として昇華するかが腕の見せ所ってものです。ただ単純に自分で愉しむ分にはそれ
でもいいかもしれないけれど、変に求道な所がある自分にはそれだけでは許せなく……)

ゆっくりとやればいいんだよと(多分慰み的に)は言われましたし、今回も結局一時の気の
迷いなのかもしれません。しかしだからといって自身の抱える課題がなくなる訳ではないで
しょうし、単に気を揉んだ所で本文に反映されなければ、読む側にとっては何の意味も変化
も無い訳ですしね。

……まぁこの冒頭部を書くだけでこんなに苦戦しているようでは、まだ暫くは上手くノれな
いというか、好コンディションには程遠いと言わざるを得ないですね。整えなきゃ。


続きを読む
  1. 2017/01/25(水) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)冬将軍と執筆と私

暴力ッ……! まさに白い暴力……ッ!

暫くぶりです。気付けば十日が過ぎ、二週間が近付いています。長月です。
そして皆さんもご存知──大なり小なり厄介な目に遭っておられるであろうように、そんな
間に列島にやって来た大寒波。自分の住んでいる田舎は雪が降るのは珍しく、たとえ降って
も浅く積もって翌日には融けてゆく程度なのが常だったのですが、流石に今回も例外地帯に
はなれなかったようで……。

連日底冷えし、牡丹雪が降るわ降るわ。積もるわ積もるわ。
多分、地元でも十年に一回あるかないかぐらいの大雪だったんじゃないですかね? 積もっ
て一面真っ白になってしまったのは勿論、何より厄介なのは日を跨いで路面が凍ってしまう
ことですよねえ……。昨日一昨日と仕事に出てゆくのも難儀しました。そもそもに作業場が
自宅よりもずっと山間にあるものだから、そこを踏まえずに出発してしまうと痛い目に遭う
訳です。悪路って本当に怖い。ただでさえ最近までペーパードライバーだったのに……。
まさかこの歳になって連日雪かきをすることになるとは思いもしませんでしたよ。半端に融
けて水気を含んだ雪の重いのなんの、土や砂利が混じった時の小汚さったらなんの。
ここまで極端だと、もう愛でる気持ちすら湧いてきませんね(´A`)
寧ろヘイトすら溜まります。積もり過ぎて邪魔にしかならないし、除去するのさえ一苦労。
最早そのさまは暴力的ですらある……。
何事も程度物なんですよ。ここまでくると風情も何もあったもんじゃない。比べるのもおこ
がましいかもしれませんが、北国の人達の苦労ってものが少し分かったような気がします。

……さてさて。少しお天道様への愚痴が過ぎましたが。

先日、サハラ~の二十一章をUPしました。11エピソード目の前編です。これでシーズン2も
前半が終了、折り返しといった所でしょうか。今回も前話に引き続き、蝕卓(ファミリー)
のとある人物に焦点を当てたお話となっています。尤も本編中は「回想」を挟むという形で
語られているので、直接睦月達が知る・知ってどうこうするという性質ではないのですが。

また執筆モード中に小日記(ツイッタ)でも呟いていた通り、今章は全体の分量が控え目に
なってしまいました。一章二万字前後というのはあくまで自分の個人的な設定ラインである
にせよ、ちょっと物足りないですね。難儀した、疲労と併せての営みであることには変わら
ないのだから、という勿体無い精神もあるのかもしれません。まぁ作者の個人的な労苦やら
体感やらは、手に取る側にしてみればどうでもいいこと(重要なのは面白いかどうか?)な
のでしょうけれど……。

これで何とか、今年最初の月の長編系更新(x2)が済みましたφ(=_=;)-3

世間的には松の内も過ぎ、成人式も済み、高校生達は大雪の中センター試験を迎え──更に
阪神・淡路大震災から二十二年が経ち。

多分今年も、色んな事件が起こるんだろうなあ。
気の塞ぐ出来事がミクロにマクロに、矢継ぎ早にやって来るんだろうなあ。

それでもやっぱり、時の早さはそんなもの達さえ掃き捨てて、流れてゆくんだろうなあ。

続きを読む
  1. 2017/01/18(水) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)遅い気がする一年の計

明けました\(松)/2017来たる

年末もあっという間に過ぎ、かと思えば正月休みもあっという間に過ぎ、大よそ今日で世間
はどこもかしこも仕事始めだと思われます。皆さんはどのように過ごされたでしょうか?

自分は……ほぼ寝正月でしたね。結構長いお休みを貰えたこともあり、大掃除などの仕事さ
え終わればしめたもので、三賀日の間に初詣に出掛けたくらいで、後はだるだるんと惰眠を
貪って終わったという印象しかありません;
なので、すっかり鈍ってしまいました。身体も(元々そう)なのですが、精神が。多分休み
だからガッツリ遊ぼうと目論んだせいで企画倒れになったのが切欠だと思うのですが、年始
すぐ辺りにガクンと気持ちが折れて、新年早々正月鬱?になっていました。それから立て続
けに眠っては起き、眠っては起きをして先日ようやく回復したのですが、如何せん年に一回
しかない時期を逸したなあという現実は覆し難く……('、3_ヽ)_

当稿現在、ユー録の次章の執筆モードに入っています。ですが上述のように中途半端なタイ
ミングで始め、何よりコンディションが中々整わなかったこともあり、原稿が上がってUPの
準備も連続して行っていくとすると次の三題と被りそうです。なのでこちらの目途がついた
ら一旦脇に置き、三題を先に消化しようかなと考えています。そしてこの雑記も、正月休み
に休み過ぎて間の空いてしまった月別履歴に青囲いを差し込もうとしたためられ始めたもの
だったり……。

ともあれ本年も私(わたくし)長月と、当『日暮創庵』を宜しくお願い致します。

新年の挨拶が遅くなってしまいましたが、これまで手に取ってくださっていた方は引き続き、
初めてだよという方は初めまして。相変わらず(性懲りもなく)硬い・長い・臭いの三拍子
が揃った──揃ってしまった拙作らと、どうか気長に生温かくお付き合いくださいm(_ _)m

追記(1/9):ユー録の八十一章をUPしました。

続きを読む
  1. 2017/01/06(金) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (140)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (23)
【企画処】 (310)
週刊三題 (300)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (299)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート