日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)かくてネガ等(ら)の上書き力

早っっっっい\(^o^)/

忙しい忙しい言うのは前々からではあるけども、ついこの間三月に入ったばかりだと思って
いたら……もう終わりかけてる。急に曇り出したり、吹く風が冷たくなったかと思えば、正
反対に上着一枚が邪魔になるほどポカポカ陽気だったりする……。如何せん歩みはとんと遅
いというか、盛大に自分らを巻き込んでマイペースだけども、春は一応すぐそこまで近付い
ては来ているんですかね? 花粉症が時々出るので、少なくとも。

少し日が空きましたが、先日サハラ~の五十三章をUPしました。27エピソード目前編です。
今回は現行シーズン4終盤、最後のお話に向けた前座的位置づけ……だった筈なのですが、
いざ蓋を開けてみると、推敲後時点での分量が26100字強──大分というか、流石に多過ぎた
なあというのが正直な感想でありますφ(=_=;) 第三勢力、全体的にドンパチ系や幕間をぶち
込んでゆく構成も手伝ってか、自分でも存外に膨れてしまったという具合でしょうかね?
(かれこれ十年以上も書いてきているというのに、創作活動を続けているというのに、未だ
もって時々の振れ幅を御せない悲しみ。まるで成長していない……)
そんなこんなで、相も変わらず“数の暴力”みたいなことばかりやっておりますが、もし宜
しければお愉しみくださると……。

──ただまぁ、新型コロナの影響により、やれ自粛だのやれパンデミックだのと世間がざわ
ついている現状にあって、はたして悠長に拙作小説を手に取ってくださる方はいるのだろう
か? とはやはり考えてしまいますね。それこそ仮に自宅待機を命じられたとしても、暇を
潰す手段なんて今日びごまんとありますし……(というか自身、創作活動がイコールそれ)

幸い自分の住んでいる田舎では、今の所まだ盛大に感染者が出た! といった事態は起きて
いませんし、ミクロな視界においては地味にお仕事も続いております。個人的にはマクロな
規模になればなるほど、大事に報じられているんじゃないか? とさえ錯覚します。
……まぁ実際の所は、日本国内の方が平和ボケというか、世界的に見れば異端なんでしょう
けどねえ。先週までの一律休校が少しずつ緩み、人々の気持も同様に痺れを切らし始める。
今後国内外でどのような変化があるか分かりませんし、ある程度は仕方のないことなんだろ
うと言い聞かせてはいます。創作も何も、命を奪われたら元も子も無いですからね……。

流石に(およそ一年以上も前の)プロット作成時点で、世の中がこんな事になっているとは
予想なんて出来る筈もないのだけど。

ユー録もサハラ~も、現行のクライマックス時期を不味っちまったかなあ……?(´A`)-3

続きを読む
  1. 2020/03/26(木) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)せっつく気持ちと病の類

巻き進行……巻き進行…φ(=_=;)

今に始まった事ではないとはいえ、表面上の更新(予約投稿がUPされるの)をのんびり見届
ける暇もなく、水面下では既に次の書き物ないし作業に掛かっているというのは、はたして
創作を「愉しんで」いる状態だと言えるのか──? 余韻というか、自らが設えたもの等を
もうちっと愛着(?)をもって振り返ってあげた方がいいんだろうなあ……とは、他の創作
人さんの営みぶりを眺めるに、かねてより思いこそはするのですが。

とはいえ、中の人の都合的にはどうしても先に先に、ある程度スケジュールを逆算しながら
進めていかないとそもそも“余裕”すら作れないというね……。まぁそうは理屈を付けては
みても、現状言うだけの空きが出来ているのか? と自問うとあんまりで。
(根本的に、都度時間的にぶち込める暇があると、公私諸々タスクを入れていっちゃうのが
原因なんでしょう。そら「自由な可処分時間」なんて早々残らんわ(´・ω・`))

……例の如く更新兼生存報告をば。少し間が空いてしまいましたが、先日ユー録の百十四章
をUPしました。分量としては、推敲後時点で21900字強──個人的な目安としてはやや多めと
いった所でしょうか。現状の物語の展開上、幕間的?なシーン(一方その頃、○○は~)を
何度も挟んでゆく格好のため、どうしても忙しない感じになっているしまっている……よう
な気がします。全編に渡ってガッチリ文字量を埋めればいいというものではないにせよ、や
はり当初に比べると文章起こし自体が雑──ライトな用法?を引っ張り出してくるようにな
ったなあと、個人的には振り返る今日この頃。
既になろうさんでの活報、粗筋欄での編別区分において、現行第Ⅷ部も残すところあと二章
で終了する計算となっています。プロットやべえ!\(^q^)/宜しければもう暫く、気長に生
温かくお付き合いくだされば是幸いですm(_ _)m

以前、同活報ないし此方で、今の第Ⅷ部が終わった時点で向こうの本編を上下巻に分割する
作業をしようか?(システムの仕様で、章設定の数が100より上を作れない=見た目の統一感
が現状途中から崩れているため)といった話をしていたのですが……どうしましょうかね?
先日ようやく累計が600ptを超え、逆算するに残り二章分を上げれば総分量も300万字に到達
するであろうとも判明。早い話が……勿体無いなと;分割すれば、その作業量も間違いなく
膨大になってしまうであろうし、何よりこれまで手に取ってくださった方々に更なる手間を
強いてしまう。今回はただでさえ、サハラ~のプロット作成・休載見込みの期間が被ってし
まうので、はてさて(一度は案として俎上に載せたものの)どうしたモンか……。
……あ、はい。ぶっちゃけ面倒臭いです( ゚д゚)⊂彡☆))Д゚) 宜しければ希望を訊きたい所
ですね。どちらが良いか? このままでごり押すか、分割して見栄えを整えるべきか?

(まぁ誰得な質問ですかねえ……。普段のアクセス数からして、独り言を吐いているだけの
場所という実態でもって差し支えないので)

良くも悪くも、只それだけで時間と労力を費やせる趣味を持っているっていうのは──幸い
なことであるのかもしれないけれど。

続きを読む
  1. 2020/03/11(水) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)未来(あと)に怯えて、現在(いま)に逃げる

……みっちり(ノ)・ω・(ヽ)

カレンダー的に日数が少ないというのも間違いなくあるにせよ、ばたばたっと例の如く今月
も終わりに近付いて来ています。新年が始まってから早二ヶ月? 未だ二ヶ月? 後者の感
覚な方はきっと“若い”のだと思います。無限というものを疑わず、且つ今以上に色んな事
を求められる(ないし欲が出てくる)ようになるその時まで、どうかそのままの貴方でいて
欲しいなあと、老婆心ながらに目を細める次第であります。早くに求めまでするのは酷だもの。

体力もとい変なブーストが自分に掛かっている内に、こちらの更新もをば。先日サハラ~の
五十二章をUPしました。26エピソード目後編、現行シーズン4も終盤ですね。今回はちょう
ど執筆モードと連休がかち合いましたので、時間自体はたっぷり取れたと思います(連休が
丸々費やされてしまったとも言う)分量としましては、推敲後時点で24300字弱──個人的な
目安からも結構多め。お話の後編であり、ドンパチ系シーンや幕間も何度か挟んでいた構成
も影響し、いつも通りもっさりな仕上がりとなっておりますm(_ _;)m

うーん……。今回も取り敢えず、間違いなく書くには書けてはいるが……。

やっぱり分量的にどれだけ膨らむか? とか、肝心の物語自体の質なども諸々、実際の執筆
その時(その時まで)のコンディションに大分左右されてしまう感じがしますねえ。ある種
の運、博打みたいな感覚は未だに変わらないみたいです。もっと安定して──と欲気を出し
てゆくと、益々「沼」に嵌ってゆくんでしょうが、如何せん他に巧くやれる方法・ノウハウ
はないものか? と疑いを掛けずにはいられない……。自分の今までの蓄積が、実際の所非
効率だったり王道ではない=受ける為の定石から外れ続けているんだろうなあと、事ある毎
に悲観的に見ている節(思考の癖?)があって……。

何よりあれですね。文章を書く、積み上げる。それ自体はさほど苦ではないのでしょうが、
問題は寧ろそこへ毎度至る為の“集中”が億劫だという点なんだろうと。要するに書き出す
までの気が重い、面倒臭いと思っている自分もいる──じゃあ止めちまえよ(笑)ってのが
傍から見た他人の常なのに、ところがどっこいこの私は「沼」から抜け出せない。ひょっと
しなくても抜け出そうという気さえない。ずるずるずるずると、冗長な物語達を延々紡ぎ続
けて、遠くに(自分には)視えている“完結”へと突き進もうとする。最早病気というか、
すっかり生活の一部になってしまっている、この業(いとなみ)。
(まぁどのみち、仮にすっぱり無くしてしまったとしても、自由時間に“すること”自体が
無くなる未来が見えてなりません。創作活動そのものは別媒体で続けられたとしても)

実際物理的に、お仕事の方も現在進行形で数が多くてカツカツだってのに、こっちはこっち
で妙に体力は持ち込めてやがる。

多分、一種のハイみたいな状態(だから油断は禁物)なんでしょうが……最初の頃に比べる
とバランスが取れるようになってきてるのかな? 多少なりとも「慣れ」に昇華され始めて
るんだったら嬉しいのだけど……φ(=_=;)?

続きを読む
  1. 2020/02/26(水) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)永遠だろうと滅びだろうと

なーんでまた、大方済んだ後にエンジンが掛かるかなあ? 要は意図せずアドレナリン的な
ものが出ていて、例の如くまた“反動”が来るんだろうけど……(´A`)-3

今回こそは間が空き過ぎないように(疲れが追いつき書けなくなってしまう前に)生存報告
もとい雑記の更新をば。
先日、ユー録の百十三章をUPしました。現行第Ⅷ部も、前回から終盤へ突入しております。
如何せん更新頻度の方は亀足の一途ではありますが、じわじわと地道に書き進めてゆけたら
と思います。今後とも気長に生温かくお付き合い頂ければとm(_ _)m

……前回の雑記の頃に比べれば、物理的な負荷は一先ず落ち着いたように思えますが、それ
でもやはりと言うべきか、メンタルの方が存外ゴリゴリ削られてゆきますね……。いわゆる
「気を遣う」って奴でしょうか? その性質上どうしても避けられないとはいえ、本当に大
丈夫なんだか、実はもう駄目なんだか(冒頭の変なアドレナリン云々も然り。いよいよマジ
モンにぶっ壊れる瞬間まで、人間って結構気付かないものなんですよ……。経験者は語る

とはいえ、だからこそ自分は踏ん張らなきゃ! とも思いますね。一緒に働いている同僚達
が可哀想(もっと四苦八苦している筈)だとか、実際問題ようやく社会復帰(?)出来た傍
から潰れちゃあ、また療養ニートに逆戻りだとか……。そりゃあ打算的な思考(あれこれ)
が無いなんてことは言わないけれど、困難を捌き切ってこそ視えてくるものも在る──と思
うのです。前向きな捉え方に努めようともがくのです。
まぁそうやって嘯いていられるのは、まだまだ自身が追い詰められてはいない証拠かなあ?
ぶっ壊れる直前まで頑張る、或いは精神ばかりが焦る──ポジティブ思考で自分を鼓舞した
って、絶対一個人・生物的な「限界」というのはありますからね……。少なくともそこすら
も突き抜けてしまわないよう、分業あるのみです。分散するのです。人間一人が捌ける作業
量というのは、決して無限じゃない……。本当、痛感させられるばかりなんだよ。

(今に始まった事じゃあないけど)あんましリアルの愚痴を出すべきじゃないなあ。言霊と
いうか何というか、実際に言語化しちゃうと余計に凹む? ポジティブなんだかネガティブ
なんだか自分でも分からなくなってきますね┐(・ω・)┌

平凡を生きる、日々に立ち向かう。

どうせ周回遅れの人生なんだ。今更欲張ってどうするよ。

続きを読む
  1. 2020/02/12(水) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

(雑記)シャッターに掛けた手を

やることが……やることが多いっ!▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂

先日ツイッタ(小日記)では前もってお報せしておいたのですが、リアルの方が予定続きで
充分な時間が取れず、長編系更新後の常となっていた生存報告雑記のUPを一旦延期させてい
ただいておりました。
気が付けば、もう少しでガッツリ丸三週間だったのですね。本当時の流れって速えや……。

という訳で。本編からちょうど一週間が空いてしまいましたが、サハラ~の五十一章をUP致
しました。先月の月末も月末、ギリギリでしたね……。26エピソード目前編です。同時に現
行シーズン4も折り返し。終盤への助走的お話となっています。
分量としてましては、推敲後時点で約18000字──上述の通り大分少なめで〆った格好です。
あれから日数が経っていることもあり、執筆モード最中の記憶、いつも通り四苦八苦だった
感覚はすっかり遠退いてしまいましたが、さりとて現在エネルギーが戻ったかと訊かれると
そうでもなく(´・ω・`)

日中のお仕事でごっそりと消耗するモンで、そこから回復してきたかな? と思われる頃に
はもう、寝る時間になっているというパターン。起きたら次の朝。また家に帰って来るまで
にごっそり注がざるを得ず、二の轍三の轍。繰り返し。

尤も人によっては所詮“贅沢な悩み”であって、洒落臭い恨み節であって、そもそも生業を
(書く・創る時間がない)言い訳にすべきではないのですが……。

最近はツイッタの方も、コンスタントに呟く・覗くこともままならなくなりました。まぁ元
から定期botさん以外は「更新しましたよ~」的なアナウンスなり進捗なり、大した内容は書
いていないとはいえ。
身バレするは嫌だからと、極力プライベートな話を突っ込んで載せないようにしている面も
あるものの、同時にでは他に何か呟くことある? と自問する(きく)に、概ね自分の場合
は「思考」の類だったりします。即ち愚痴であり、尚且つ下手を打てばイデオロギー周りの
面倒事に首を突っ込みかねない。ならば別に、そこまでして今・此処で語ることもなかろう
と、必ずしも必要ではないだろうと、TLをざっとスクロールするとそっ閉じするのです。

……嗚呼、こうやってこれまで、画面の向こうの人達が多忙の中に消えていったんだなあ。
精神衛生的にというのも中にはあるんだろうけど、何につけても物理的・体力的に構う暇が
無くなってゆくのだなあと改めて。

皮肉ではなく現実として、自分にもようやく“実感”する番が回ってきたと──曲がりなり
にも社会復帰が進んでいるのだろうかと密かに悦ぶべきなのでしょうか? 或いは今まで傍
に居てくれた友人を忘れ去ってゆくようで、心ない変化だと顰めるべきなのでしょうか? 
かねてより可処分時間、帰宅後の自由な時間帯に割けるリソースは療養時分に比べて大きく
減ったものの、かといって只々それだけを理由に断筆などしたくはない──もう取り返しの
付かないぐらいに小説という(お世辞にも有用とは言えない)スキルに極振りした自分とい
うものを、今更無かったことにはできない・したくないというか。
まぁ一応お仕事の方でも、書類作り等々に活かせるには活かせていますけど……それも実質
パソコン周り(触り慣れている)の部分が大きいですし\_へ(=△=;へ)

昨年末も自身の環境変化で随分とバタバタしましたが、今年もまた自他を含めたそれで同じ
く当面多忙が続きそうです。

それでも、秋口から数えてぼちぼち半年になるし──と軽く考えた所で、多分手酷い目に遭
うんでしょうねえ。主治医からも「慣れ」は年単位だろうねと言われていますし、中々どう
して状況は好転しない……楽にはならない……。

続きを読む
  1. 2020/02/04(火) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2020/06 | 07
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (204)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (116)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (54)
【企画処】 (501)
週刊三題 (491)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (416)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month