日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)棚に上げたがる性(さが)

₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾

秋の気配を感じつつのんびりとしていたら、もう今月も半分が経過しようと……(早い)
以前より多少機材がゴチャゴチャせざるを得ませんが、外付けキーボードの環境にすっかり
慣れました。PC自体は生きているので、もう二年くらいは頑張って貰おうと思います。

先日、ユー録の八十七章をUPしました。
久しぶりに二万字越え強の分量となり、個人的にはホクホクとしていますが、どうにも自分
が良しと思った場合はあまり突出してレスポンスはなく、逆にどうかなあ……?と懐疑的な
場合の方がはたっと受けるといったジンクスが自分にはあるような気がします。
まぁどちらにせよ、楽しく書けるのなら万々歳。
熱中できるものがあるというのは、大よそ幸せなことかな。
例の如く長い・硬い・臭いの三拍子が揃っている拙作らですが、今後とも気長に生温かくお
付き合いくだされば是幸いですm(_ _)m

……さて、実は先月辺りから、とある創作コミュニティ内の企画用にと一つ新しいプロット
をこさえておりました。サハラ~ではなく、別の新しいお話です。以前から温めていたネタ
の一つではあったのですが、そんな企画──プロットの見せ合いっこと批評会──をやろう
という話になり、これもいい機会だと執筆にこぎ付ける前段階・残弾を作る目的で取り掛か
っていた次第です(ただ、身内ではあっても見せ合いっこが“未発表の作品”に抵触するの
では? とも思うので、後者に関しては怪しい所ですね……)

一方で(肝心の)サハラ~のプロット作りは、まだ下準備も下準備。
シーズン2までの資料集加筆と月々の長編更新を挟み、ようやく次編(シーズン3)全体の
骨組みを組み立てる作業が埋まりそうです。尤もそれが済んでも、各章→エピソード前後編
内での構成、その後清書という工程を繰り返すので、こさえ終わるのはもっと先。三ヶ月を
みていましたが、場合によってはもっと掛かるかもしれませんね。上述の別企画のプロット
が片付いたので、今後はサハラ~の方に専念できる筈なのですが……。

所詮は気分の浮き沈み。
この熱量も、いずれまたふと冷めるのだろうとは思うけれど。

ここ暫く、創ることが楽しくなってきました。作業自体は相変わらずやり散らかしで、果て
が無いようにもみえるのに、捌き回る(空想する)のが楽しいここ暫く。いい感じです。如
何せん物理的?には作業量のしんどさが相殺してくるものですが、それを経てもまだ多少な
りともこういった気持ちが余ってくれば、創り甲斐があります。何より持続性──精神衛生
的にも非常によろしい。後はこのウヒョーを過信せず、身体を休めるべき時はきちんと休め
ることを忘れないって所でしょうかね。

「創作の秋」も足音近く。

どうやら今年は、去年よりも長めに続いてくれそうですね?

続きを読む
  1. 2017/09/13(水) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)落ち着く為に、人生を

(´-`)。oO(気が付けば、ついつい三題ばかりが続いてしまいました)

去年のように今年もまた残暑が続くんだろうなあと思っていたら、九月に入ったか入らない
かぐらい辺りで急に涼しくなりましたね。それまで熱を孕んでいた風が嘘のように大人しく
なり、日中の過ごし易さが段違いに。こと朝晩のそれは顕著で、冷房頼みだった状況が一挙
に解消した気がします。
まぁそれでも日差し(光の強さ?)はまだ強く、蝉達も尚縋って夏を惜しむように鳴いては
いるのですが。ただ半月前に比べて明らかに日没が早くなり、芝生の上にはトンボが群れを
成して飛んでいたりするのを見ると、やはり季節は──こちらの都合などお構いなしに──
確実に移ろっているのだなと思うのです。

何やかんやで間が空きました。こんにちは、旧暦で九月長月です。

先月のサハラ~更新の後、資料集の加筆作業にひぃひぃいったり、週ごとの三題(特に月末
から月頭は、例の如くカレンダー的にスパンが短く暇がない)に四苦八苦していたり。そう
している内にあっという間に日数が経ってしまいました。
……圧倒的に時間が足りてない。他人の声や気配のする所でも集中できるようなタイプなら
もっと捌けているのかもしれませんが、生憎自分は真逆の──「缶詰」にならないとどうも
駄目なタイプでして。家人が仕事から帰って来る(来て、テレビに張り付き始め煩くなる)
までの間と、風呂飯を済ませて自室へ退散して篭もり、床に就くまでの間。存外に一日の可
処分時間なんてものは多くなくて、ついつい恨み節を内に外にと溜めてしまう。かといって
昼間の「お仕事」を丸々充てられたとしても、おそらく作業効率も能率も、それほど上がら
ないと思われる(ソースは普段の休日。何のかんので結局、他のタスクが割って入りがち)
なので能率が上がらないことを嘆くよりは、少しでも進んだ分と自分を褒めるというような
ポジティブなやり方=誤魔化し方をしていた方がまだ精神衛生的にはマシ。そう、理屈の上
では理解しているのですけどね……φ(´=ω=`)-3

あと私事ですが──PCのキーボードが半ばお釈迦になりました。
前々から効かなくなっていた+キーに加え、文字キーや数字キーが複数次々と……。
現在は外付けのキーボードを繋いで間に合わせています(こちらでは問題なく打てるので、
やはり物理的な故障?)先々月にはイヤホンジャックがボケて聞こえなくなってしまいまし
たし、いよいよこの機体も寿命なのかもしれません。個人的にももう二・三年もって欲しか
った所ですが、如何せん物書きやゲームで酷使してきたためでしょう。こればかりは消耗品
として割り切る以外になさそうです。幸い、作業場通いで多少の蓄えはできましたし。

そういう訳?で、まだ暫くは執筆のスピードが以前より落ちると思われます。タイプ自体は
結局慣れの問題なのでしょうが、それでもこの辺りは商売道具(と、アマ風情が言ってしま
っていいものなのか)些細な違いがパフォーマンスに影響しないとは言い切れません。実際
先日の三題もやはり難産で、どうにもここ数日集中力が纏まってきません。なので──例の
如く、この雑記もそんな書き物のリハビリを兼ねて書いているという部分があります。

……え? 元から筆は遅いじゃないかって?

否定はしないけど、それを言っちゃあお終いよ。

続きを読む
  1. 2017/09/05(火) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)小さな穴空く器のような

シーズン2糸冬。

暦の上では処暑(二十四節気の一つ。暑さが和らぐとされる頃)が過ぎましたが、ところが
どっこい、現実はそんな事はないようです。自分は日頃、空調のある室内でお仕事をしてい
ますが、それでも午後にはシャツがぐっしょり汗ばんでくるくらいには暑い……(;´A`)

少し間が空きましたが、先日サハラ~の二十八章をUPしました。14エピソード目後編です。
そして今回でもって、シーズン2が無事終了となります。既になろうさんの活報では言及し
ておりますが、これでプロットの残弾が無くなったので、来月以降から暫く更新をお休みさ
せていただきます。
先ずはシーズン2の内容を資料集に加筆する作業。その後少し休養期間を頂いてから、シー
ズン3のプロット作成に入ろうかなと予定しています。更新自体は三題とユー録などがあり
ますし、全く途切れる訳ではないですが、スパンは減ります。予めご了承くださいm(_ _)m

……にしても、疲れた。

書いている最中(特に後半辺り)はノっているし、楽しいのですが、やはりいざUP稿の作成
から更新完了までの流れの後は──ぐわんと虚脱感に苛まれます。更新直後のなろうさんの
活報ではハイだったのに、三日もせずにこれかよ;創りたいし、実際暑さに茹っている暇も
惜しいのは変わらないのですが、如何せん反動(疲労)には勝てませんね……。無理して気
張っても(能率が悪く)ずるずると落ちていくだけですし、一回プツッと休んでしまった方
がいい。ここ暫く大きな肉体的疲労は回避できていたのですが、いつまでも続くものじゃあ
ないですねえ。それに、こと精神的な反動に関しては、まだまだ御せない部分も多く……。

尤も、疲れてしまうことが問題ではない(健常であろうが病人であろうが限界はある)

一体何が辛いって、こうやって肉体的にも精神的にも、その時々によって幅──“ブレ”が
あることなんですよね。もっと言えばノっている時の自分の言動や感情と、沈んでいる時の
自分の言動や感情が「合わない」というのが辛い。はたと振り返れば後悔というか、恥ずか
しさ・至らなさばかり目立って死にたくなる。それも自身の病状の内で、健常なる人達には
そもそもそんな発想(回顧)さえ無いのかもしれないけど、それでもやはり自分は脆いまま
なのかなあ? と考える訳で……。

体力的な脆さも、精神的な不安定さも。

ひいてはそれらも互いに絡まって、書き終えた傍から渇き、満たされない(満たされた気が
するのも一時だけ)一因になっているのかもしれない。

まぁ逆を言えば、それだけもっともっと書きたい──創り続けられる余地ではあるのだけど。

続きを読む
  1. 2017/08/24(木) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)世知辛くとも、嘆く訳でも

盆 休 み 糸冬。

中にはまだ(或いは休み中に働いていてこれから)休暇の方もいるかもしれませんが、世間
一般的には大よそ済んだ頃合だと思われます。皆さんは如何お過ごしだったでしょうか?

自分は……「あっという間だったなあ」と「もっと有意義に過ごせたのでは?」の二言に尽
きますね。前半はほぼゲームしてました。もうアホかっていうくらい;だって普段の可処分
時間では割り振れる時間が(キリが悪くなるから)限られてるし。時間泥棒だと分かっては
いるんだけど、スパッと止めてしまったらしまったで、それまで投入してきたリソースは何
だったんだ?ってなる(昨今のタイトル・方式は大概その宿命から逃れられぬようですが)
まぁ一応、前回話していた通り、羽を伸ばすという意味ではその通りだったのかな? 週の
三題だけはきちっと片付けて、後は色んな形でインプットに注力──と言えば聞こえはいい
けれど。実際遊んでた訳ですからねえ……。何かもう、惜しい惜しいばかり口にしてる。

それでもまた、こうして雑記をしたためようと思ったのは、単に更新が空いてきたから。
尤も、世のブログの大半は年単位で放置されているのが常なのでしょうが、自分の場合はた
だ雑感を書き連ねるだけの目的ではない(というか主ではない)小説を書くんだ、物語を創
るんだという発破かけも兼ねてこうして六年七年と続けてきた訳で……φ(=_=;)

ぼちぼち、月後半の執筆モードです。
今度はサハラ~の次章。二十八章=14エピソード目後編。長かったというべきか気が付けば
あっという間だったというべきか、今回でシーズン2完結の予定です。即ち手持ちプロット
が全て消化されてしまう訳でして。またこさえなきゃ。

暦の上では夏の暑さも峠を過ぎ。しかし現実、体感的には朝晩がマシになった程度で、昼間
のそれはまだまだ健在。お仕事から帰って来た頃には汗だくになってます。室内仕事なのに。
盆休みも終わって前回よりはマシになっていると信じたいけど……どれだけ捗るか? それ
でもまぁ、執筆予定自体はあれこれ工夫してこなすつもりなので、更新自体は何のかんので
いつも通りになっていると思われます(ただ中の人が個人的に難儀するだけ)

問題は……やっぱり頻度なんだよなあ。

体力気力の余力的には多分、今くらいが限界。何より今後も精神的な負荷は増える筈で。
だけども、この心は臆病な癖にぼうっとした夢を見続けて、出来もしないのにハードルを上
げよう上げようとするφ_(x3 」∠)_


続きを読む
  1. 2017/08/17(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)盆休み前のご挨拶

暑ぢぃ……(xДx;)

卦体で鈍重な動きを続けていた台風もようやく過ぎ去り、残されのは豪雨と一層厳しい蒸す
ような暑さでした。刺すような、と言ってもいい。何というか、時期的なもの(暦的に暑さ
のピークとされているいや嘘だろ残暑もキツイぞ)も合わさって、もう凶悪としか言いよう
がない状態ですよねえ……。やっぱりおかしいよなあ。自分が子供の頃は、ここまで酷くは
なかったと思うんだけどなあ。

こんにちは。ここの所平日連勤が続き、流石に(精神的に)しんどい長月です
自分の体力作りと社会復帰を兼ね、以前から段階的にシフトを増やしているのですが、少な
くともこの時期においては徒に消耗するだけかもしれませんね。元々インドアな運動音痴が
無理して歩き回るこったないのです。冷房最高です=(_ε¦)
まぁそれでも、以前に比べれば限界を突破するほどのクタクタのヘトヘトになる、みたいな
ケースは減っている気がしますね。少しは効果が出ている筈だと信じたい。

さて、少し日が空いてしまいましたが、先日ユー録の八十六章をUPしました。第Ⅶ部も少し
ずつ物語全体が大きく動き始めてゆきます。クソ暑いですが、引き続き気長にお付き合いの
ほどをm(_ _)m 今回で三回目の更新──なのですが、正直体感的には大分時間が経ったよう
な気でいたんですけども……。やはりプロット作成時と実際の執筆時のタイムラグは、自分
の中におけるネタの鮮度を大きく変えて(乾かして?)しまうなあと痛感します。ややもす
れば手に取ってくれた方にグダグダな描写を与えてしまいかけないですし、何より作業感が
勝りがちなように思える。“生みの苦しみ”と言ってしまえばそうなのでしょうが、どうに
も創ることを純粋に楽しいとするのが難しいなあと、拗らせた自身の求道に難儀します。

──それはさておき、今後の、お盆間の予定についてお知らせをば。

今週(厳密には先の土日)に長編系の執筆モードをやったので、今週~次週はインターバル
期間とさせていただきます。つまりはお盆間は基本休むという訳ですね。作業場もしっかり
お盆休みになるので、執筆用の纏まった時間として見れば絶好の機会なのでしょうが、連荘
でスイッチを入れたままにするのは勘弁してください……しんどいのですよ……。
先々月のあれはやばかった。ので、次の長編系(サハラ~の次章)の執筆・更新は来週末~
週明け辺りになる予定でいます。三題の方は引き続きコンスタントに書いていくのでご心配
なく。久しぶりの纏まった休みで羽を伸ばし、且つ普段以外の──あまり触れていない創作
の作業に充てたいなあなどと考えております。

本当、くっそ暑いですからね。正直、真昼間に書くなんてのが文字通り苦行なレベル。

冷房代が勿体無い? 能率が下がるよりマシでしょ。倒れたら元も子もないでしょ。

……文明の利器にがっつり頼ってるってのは分かってるんだけど、ここまで暑さが暴力的に
なってしまうとなあ(;´A`)

続きを読む
  1. 2017/08/10(木) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

09 | 2017/10 | 11
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (150)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (88)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (344)
週刊三題 (334)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (323)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート