日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)アイデンティティの置き場所

[三月] └(^q^)┐三   [一月]

先月を惜しむ間に今月が折り返しを通り越し、もう終盤に突入しています。
早いなあ……。まぁ執筆スケジュールが一通り済んだ頃にはその月は残り僅かになっている
筈なので、当たり前っちゃ当たり前なのですが。正直(色々やるには)五週間でさえ足りな
くなってますよねえ。幸いなのは、流石に暦的に少しずつ寒さが和らいできていることか。
一時はかじかむほど冷えてましたが、ここ数日は日中、上着が要らないほど暖かさを感じる
なんてことも珍しくなくなってきました。

そんな訳で再び一週間ぶりです。長岡壱月です。
先日、サハラ~の三十一章をUPしました。16エピソード目前編、現行シーズン3では二つ目
のお話になりますね。本筋幕間というか、ちょっと特殊な構成でお送りします。具体的には
時系列の入り乱れですかね……? 執筆中もそうだったのですが、回想的なパートが案外に
多くて大変でした。人称と段落の使い分け──自分の中のマイルールはありますが、それが
いわゆる「小説作法」に何処まで合ってるのか不明瞭な部分もありますしね……。まぁ所詮
ウェブ小説、と言ってしまえば詮無いですけど、徒に貶める理由もなく……。

そんでもって例の如く、また今回も難産。

余裕をもって臨めるようにと、予め早めの段階で今週分の三題を片付けておいたのですが、
どうにもコンディションが宜しくない──文章を起こそうにも「コレジャナイ感」がいつも
以上に付き纏い、パート毎の分量も思ったほど嵩まない。進行自体は前回より多少マシでは
あったのですが、やはり頻繁に“視点変更”を差し込むと描写には苦労するようです。自分
は一人称文体があまり得意ではない(語り手の知覚範囲外の事もつい書いてしまう)ので、
余計だったのかもしれません。
それでも何とか、書き進むには書き進んで、今章の〆。
前述のようなコレジャナイ感──不安材料は残れど、それも含めて一晩寝かせた後の推敲に
任せようと一旦手放し、気持を鎮めるために頓服を飲んで眠ったのですが……それが結果、
妙に良く働いた。いざ推敲作業の通し読みをしても、昨日ほど違和感はない。あれ? もし
かしていまいちだったコンディションって、こっち(病気)の波のせいだった?\(^o^)/

結論:仮眠を取るだけじゃなく、宜しくなかったら薬も飲んでいいんじゃよ

どうやら(今回に限っては?)一時の精神的なものだったようです。確かにコレジャナイ、
コレジャナイと唸るのなら、そもそも「コレ!」って何なのだと。そう自問してみても未だ
に言語化できないでいるのだから、気に病み過ぎたのかなあ……?という気はしています。
こんな事ならもっと早くから──執筆モードの途中からでも始める前からでも、飲んでおけ
ば良かったなあと地味に後悔。まぁ一方でそれが常態化してしまっても、頼りっきりになっ
てしまうので、あまり宜しくはないのかもしれませんが。

……それにしても。

いわゆる創造的営みというものも、所詮は脳味噌の中の分泌物如何でしかないのかなあ?と
一方でしょんぼりしてみたり。そりゃあ人体なんてのは曖昧模糊なスピリチュアルの塊など
ではなく、科学的にはタンパク質やら何やらの塊で、この意識だって突き詰めれば脳内物質
や電気信号の産物。日々の苦しみも閃きも、その掌の上で起きている「現象」に過ぎないの
かもしれないけれど……(´・ω・`)

続きを読む
  1. 2018/02/21(水) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)不連続性の辛み

健康 # とは

ついこの前、一月も折り返しましたねと言ってたような気がするのに、どっこい現実は既に
二月も折り返しを迎えている……。やばいな。まだ十ヶ月あると言えば多そうに聞こえなく
もないが、この調子だと新しい企画が連載(更新コンテンツ)に乗る前にまた年が終わって
しまうんじゃあ……?φ(=_=;)

まだなのか、もうなのか。一週間ぶりの雑記です。もう若い頃みたく、一日単位の頭で生活
してちゃあ駄目ですね、こりゃあ。下手すると一週間で文字通り1サイクルぐらいの心構え
で臨んでいないと時間だけがモリモリ過ぎていってしまう……。タイムイズマネー、手持ち
のリソースは有限で待ったなし。まぁその辺を考え過ぎても(気が重くなるばかりで)余計
に動けなくなる可能性大なのですが。こういうの、ジャネーの法則って云うらしいですよ?
以前にも此処でちょろっと出したような気もしますが。

皆さんは、最近如何お過ごしですか? 地域によってはひっきりなしにドカ雪に見舞われ、
日常生活もままならぬなんて方もおられると思います。命あっての物種です。現代なら健康
と言い換えてもいい。無茶ってものは効かなくなるものなのです。ええ、本当に。

というのも、先日の連休中、自分は死んでおりまして(´・ω・`)
寝ても寝ても寝足りない。起きていても長くはもたず、すぐに疲労感に襲われる。かといっ
て粘ろうとしても、そもそも身体は動かないわてんで頭は回らないわ……。
(たっぷり時間差な)この前の執筆モードの反動だったんでしょうかねえ? 或いは単純に
平日のお仕事の疲れが書き終わった安堵と合わさってどっと出たのか。幸い三日目の朝には
回復し、休み明けからのお仕事には支障は出ずに済みましたが……物凄い時間を無駄にして
しまった感が。連休の2/3を身体のメンテに費やすって何なのよ? まぁ仮に1/3なりもっと
短い間に回復できて作業に臨めても、それはそれで「形にはならなかった」云々とぶつくさ
嘆いているでしょうし、結局“どのみち”に収まりそうではありますが……。

まぁいいや──自らの精神衛生の為にも、割と必須になってきたように昨今感じる心構え。
いわゆるスルースキル的なもの。
勿論、場合によっては放ったらかしにしてはならぬ事象だって立ちはだかりますが、少なく
とも目の前のもの・世の中のもの全部が全部に自分が関わらなくっちゃいけないなんて道理
はない訳で。有限な自身のリソースを、何に配分すべきか──したいのか? という絶え間
ない自問でもある筈で……。
まぁこう言い回すと堅苦しいですが、多分「普通」に生きている人達にしてみれば、こんな
取捨選択(守備範囲外だと限りなく感度をぺいっと0にしてシャットアウトする技能)自体
造作もないんでしょう。これといって意識せずに出来ているんでしょう。

ずるいなあ。でも(そう思考する自分達側も)面倒臭いなあ。

まぁいいや──ただでさえそうやって、内心のぶれが小さくないのだし。

続きを読む
  1. 2018/02/14(水) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)弱さと罪と、生きる上手さと

寒い……。手がかじかむ……(((xДx)))

新年担当の一月が容赦なく終了し、二月になりました。まだ雑記はいいやと後回し後回しに
してきたせいで、気が付けばまるっと二週間。ここの所とんと冷えてばかりの毎日ですが、
如何お過ごしでしょうか? こちらも、刺すような気温に手先が荒れ気味の長月です。
……ぼちぼちいい加減、緩んでくれないかなあ。普段手仕事なので、手先・指先がかじかん
でしまうと支障が出るものでねえ。水を使うのも億劫になる……。

さて、先日ユー録の九十二章をUPしました。章題的に前回と合わせて前後編な構成ですね。
ただまぁ、相変わらず「もう少し続くんじゃよ」とまだまだ物語自体は続く訳ですが。遅筆
で申し訳ない。第Ⅶ部もちょうど全体から数えて折り返しです。気長に生温かくお付き合い
くださればとm(_ _)m

実を言うと、今回の執筆は(も)かなり難儀しました。多分前々日まで三題でスケジュール
を詰めていたのと、お気に入りのネット番組で夜更かししてしまったのがコンディションに
響いたのかとφ(=_=;) 要するにガス欠だったんでしょうね。ギリギリまでリソースを割いて
いて、余力が思ったほど持ち越せていなかった。その所為で中々文章が起こせないわ、集中
力が続かないわ。一度言い回しで躓くと、時間ばかりが過ぎてゆく……。
折角の土日間はひーこらいっておりました。日曜の夜くらいからやっとノり始めたものの、
その頃にはもう進捗は終盤で、例の如くエンジンが掛かるのが遅いまま……。何だかんだと
言って何とか書き切りはしましたが、結局久しぶりに三日に及んでしまった次第。
(尤も、今回は全体シーン数が多めで分量も嵩んだという面がありますが。25000字程)
先月のUPと比べると、少し遅くなってしまいました。如何せんもう若くない、丈夫ではない
と言えばぐうの音も出ないのですが、もっとほぼ日な執筆・更新頻度ができれば理想的なの
ですけども……。

やはりというか、先月後半ようなハイな状態は長くは続きませんでしたね……。
創りたい(創らなきゃ)という頭自体は年がら年中あるのですが、体調にも山あり谷あり。
今に始まった事じゃなく、分かっちゃあいるけど、やっぱ波があると辛いです。ドーンと上
から下へと落ちてきた時のままならなさはどうにもならない。無力感やら焦りやら。また揺
り戻って回復してくるのをじっと待つ他ない。本当、難儀な身体になっちまったもんだ。

……新しい企画、発進できるんだろうかなあ。

確か今年こそはと、こちらでも文言を割いたと記憶していますが、どうも準備の書き起こし
ばかりがゴロゴロ転がっているような気がします。言い換えれば「えいや」の一歩で動かせ
なくはないのでしょうけど、体力的に不安がぶり返しますね。

本当、難儀な(ry

続きを読む
  1. 2018/02/08(木) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)下限に合わせずんば

この数日でとんと寒くなったなあ。とにかく風が冷たい……(>_<)

先日、東京が大雪に見舞われたそうですね。田舎はこちらなのに、数時間の霙で済んだ程度
でした。まぁ毎年去年みたく、通勤も危なっかしいドカ雪が降られても、それはそれで困る
のですけど……。最近、異常気象と呼ばれるものが地方と街とでしばしば逆転して起こって
いるような気がしますね。人の営み、文明が生む歪み──なんて言えばそれっぽいけども、
実際には日本中そこかしこで天災の類は起こっている訳で。そうぼやっと考えていた傍から
草津の雪山噴火のニュースが出てましたしね……。

今月分の長編系更新も済み、束の間のフリー期間。
寒くて外出が一層億劫なのも手伝って、先週・先々週に引き続き、自分はずっと新作のプロ
ット練りをやっていました。二稿目って奴です。前回の雑記でも言及した、某創作コミュニ
ティに出したものを、仲間の皆さんからのアドバイスを元に改善を加えていました。

……まぁ、かと言って100%それらを反映できた、とは言い難いのでしょうが。
引きを強める為に序盤のシーン追加・差し替えを行ったり、心理描出(を此処に入れる的な
旨のメモ)を結構加筆したので、結局一稿目と比べて倍の分量になってしまいました。もう
これでほぼ本文でも読み物になりそうな……\(^o^)/ここまでガッツリ書き込んだ試しは
なかったので、少なくとも経験値にはなった筈ですが、如何せん「準備運動」ばかりに力を
注いでしまったという側面も否めません。ちゃんと本執筆もやれば問題はないのだろうが。
再提出の後、また時間確保とエピソードの追加を果たせれば、新しい連載としてUPしてゆく
準備に入りたいものですね。

創作が楽しい。

厳密に言うと創ろうとする「思案」が、ですが。ネタを練って書き出して、その間にもまた
別のネタの断片がぽつっと浮かんでくる──どうやら良い循環に入っているようです。如何
せん実際に形にして、更新としてUP完了するという頻度は相変わらずのローペースですが、
出来ない出来ないと焦って自分を責めても、状況は大抵好転しないんですねえ……。どうせ
これらもモチベやコンディションの上下(波)と連動しているのでしょうが、のんびりやっ
ていくよう心掛けたいなと思います。一日に一つ出来れば上々、ぐらいの気持で。

やりたい事、すべき事はどんどん浮かんでくるし、行く手に立ち塞がってくる。

その辺りの焦りは例の如く、長年臥せっていた反動もあるのでしょうが、実際一人前を名乗
れるほどの生計(自活力)を……というのは避けられぬ課題なのですけどね。
(ならば尚の事、創作に現を抜かしている暇はない? でもそうは心(とんや)が卸さない)

続きを読む
  1. 2018/01/24(水) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)どうすれば伝わるのだろう

松っの内、松の内っ₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾

あれやこれやと動き回っている内に、あっという間に二週間近くが経ってしまいました。
気付けば一月も半分を過ぎてしまいました。ついこの前新年を迎えたばかりだと思っていた
のに、この調子では(やはりと言うべきか)今年もすぐに終わってしまいそうな予感……。

もう恒例となった形ですが、生存報告がてらご挨拶をば。
先刻、サハラ~の三十章をUPしました。15エピソード目後編です。前章の〆に続き、今回の
お話は少々エグい感じの雰囲気になってしまった気がします(というか、シーズン3が全体
的に、そういった悲壮感強めの構成になっている?)相変わらず万人受けしなさそうな文章
ばっかり書いてるなあ。ただ毛色云々を「重厚」な方向にもっていこうとしても、如何せん
自分の経験値不足から結局は“浅い”見た目になってしまう傾向にあります……φ(=_=;)

そうは言っても、実は中の人的に今回の執筆モードはここ暫くと比較して、大分スムーズに
筆が進んだなあという感触をもっています。勿論(数日の間に集中して書き上げるスタイル
が故の)相応の疲労はありますが、分量的にも体感的な密度的にもがっつりと取り組めたん
じゃないかなと。おそらくは、先日から某創作コミュニティにて企画に参加しており、それ
が普段よりも早い目に長い時間をかけて“ウォームアップ”する結果となって筆が進み易く
なっていた(充分にノったまま執筆モードに入れた)のではないか? と目下分析中です。

……あまり四六時中作業しっ放しでもクタクタになってしまうでしょうが、今回くらい日頃
から創作のレバーを押し込んでいた方がいいのかもしれませんね? さあと発進させように
も、予めエンジンを温めておかなければそんな急には動けないというか……。身体、書こう
という意思に肉体がついて来るのも同様なのかしらん。まぁ仮説としては話半分で、とりあ
えず身体を動かしている間に温まってくるのもまた事実。言い訳に使い始めない内にさっさ
と取り掛かってしまいましょう。( ゚д゚)⊂彡☆))Д゚)

久しぶりだなあ。こんな感じなの。
例の如く、また集中してた反動(疲れ)がクるんだろうなあとは思いますが、なるべく今の
調子が細く長く続いてくれればいいですね。

先述の企画──プロット互評会に新作のそれを上げ、創作仲間さん達からの助言を元にブラ
ッシュアップを掛けている最中です。その分と、もう少しエピソード群を足せたなら、こち
らにも連載として本執筆・UPをしようかなと目論んでいます。

ただまぁ、ユー録やサハラ~と少し毛色が違うんですよね(具体的にはレーティング?)
それでも結局は自分のラノベ的原風景が旧いのか、割とテンプレな属性調理をなぞっている
との評なのですけど……。

続きを読む
  1. 2018/01/17(水) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (160)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (94)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (32)
【企画処】 (374)
週刊三題 (364)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (341)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート