日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)時々思う、疾き時のこと

今年が残り半分を折り返したという事実に軽く絶望している▂▅▇█▓▒░('ω')░▒▓█▇▅▂

……早いわ。早過ぎる。
そんでもって残りの半分は夏で、もう残り半分の内三分の一が(束の間の)秋、二分の一が
冬になり翌年に繰り越すって感じなんでしょう? ここん所の熱気が更に強化されて向こう
三ヶ月──今に始まった事ではないとはいえ、いざ身構えて意識の俎上に乗せしまうと気鬱
ですよねえ。何につけても先ず、物書きにとって暑さとは集中力をゴリゴリ削ってくる難敵
に他なりませんから……。

暫くぶりです、長月です。前回の雑記からちょうど二週間になりますか。少し間が空き過ぎ
たかなぁと思いつつも、寧ろこれぐらいでも構わない気が。ここ数ヶ月?くらい十日前後の
スパンを意識してきたつもりですが、雑感的なブログ全体の頻度って下手すれば数ヶ月どこ
ろか年単位で放置されてるのもざらですからねえ。

ともあれ、例の如く更新情報をば。
昨夕、ユー録の八十五章をUPしました。始まったばかりと言えばばかりだけど、第Ⅶ部に入
って尚も導入(布石)的なシーンが続く……。元より何年も長々と書いているので今更感は
ありますが、せめてより良い物語の下地になってくれれば本望です。
(如何せん自分の文章は硬いし長いし、臭さ──捻じ込んだ自己主張、厭気?が混じってい
て、どのみち手に取る人を選ぶのは間違いなさそうですが)
ゆるりと鈍足ながらもコンスタントに。
今後とも、気長に生温かくお付き合いいただければ是幸いですm(_ _)m

そして七月は──自分にとって節目の一つでもあります。

六年前の今月いっぴ、なろうさんに登録・投稿を始めました。当庵の開設も同年の四月末。
自ら言い出さなければ誰も知らないし、興味もないことだろうだけど、せめて他ならぬ自分
だけはちょっとばかり意識して進んでゆきたい。ちらっとこれまで歩いてきた道を肩越しに
振り返って、昔の自分と今の自分を見比べておきたい。

身体を壊して臥せってからの大部分を費やした、リハビリがてらの創作活動の再開。
あれから少しは前に進めただろうか? お仕事に滑り込めて、肩の荷が降りて、ややもすれ
ば忘れてしまいがちだけど、あの頃はとかく厨二病病んでいた。このブログにだってその頃
黒歴史偏狭で鬱々とした言葉がログとなって埋もれている。引き摺り過ぎてまた病みに戻
ってしまっては元の子もないけれど、かといってもう“完治”したんだとポジティブ教──
意識高いとかキラキラ系に転向していく……なんてのも柄じゃないよなあと思う訳で。

あの頃は良かった。昔はもっと○○だった。

そんな言い方が増えてきたり、他人を説教したり分析したがるのは、悪い意味で歳を取って
しまった証拠だと、その都度言い聞かせてはいるつもりですけど……。

続きを読む
  1. 2017/07/06(木) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)今更だろうと自嘲(わら)えども

空梅雨に バケツぶちまく 一服の 涼しき空気 もっともっとと

……晴れだろうが雨だろうが極端やねん(´A`)
どうもこんにちは。きっかり一週間ぶりです。昨日はバケツをひっくり返したかのような雨
でしたね。ここ暫く空梅雨の続いていた大地にはちょうどよい清涼剤だったであろうとは思
いますが、確か前回のオフ日も雨だったんですよねえ。何とも間が悪い……。

さて一昨日、サハラ~の二十六章をUPしました。13エピソード目後編です。書いている内に
当初のプロット以上に重いお話になってしまったような気がしますが、別に今に始まった事
でもなし。宜しければお付き合いくださいm(_ _)m

加えて気付けば早いもので、シーズン2も残り1エピソード(二章)分のみとなりました。
時間的にはもう少し先の事になりますが、またしてものプロット作成が迫ります。今の内に
心積もりを始めておいた方がいいでしょうね。どんな大筋の流れにするかという問いは勿論
のこと、割と肝になるのは「どの時点で畳むか」であったりします。他の、もっと交流を積
極的になさっている創作人さんはそのレスポンスの如何で調整を図っているのでしょうが、
自分の場合はレスは来たらラッキーぐらいの認識ですので。元より手前の都合と趣味嗜好で
ゴリ押しているスケジューリングな分、その辺であれこれ気を揉む必要もなく、気が楽だと
言ってしまえば楽なのかもしれませんが。
ともあれ、自分の中に“楽しくてやっている”を少しでも残しつつ活動せねばなりません。
これが全てある種の義務感(ノルマ的なもの)に成り代わってしまえば、その寿命は少しず
つしかし確実に縮んでゆく事になるのでしょうから……。

……嗚呼。もう二度とやらないぞ、こんな無茶;

今月は(ユー録の)プロット作成を終えたのが月初めを跨いでだったので、最初は月二本の
元のペースに戻すかどうか少し迷っていました。ただ結局、筆を執る間を空け過ぎたくない
と、一旦来月になるのを待たずに書き始めたのは当庵の投稿日時からも明らかでして……。
疲れるって分かってたんですけどねえ。これまでは少なくとも隔週(一週間はインターバル)
で執筆モードというリズムを繰り返していたのですが、案の定前半、ユー録を更新し終えた
後にぐったりと。寝溜めて栄養剤も飲んで、何とか後半現在には持ち直して予定とした連荘
を済ませる事はできましたが……。

これで来月からは、通常運転(?)のペースが刻める。
例の如く、束の間の安堵とインターバルを挟み、また今後は再来週ぐらいに。

長編系を月二本で隔週、毎週の三題に、出来る範囲でプラスアルファ。
正直もう、とうに誰得なんだよと問うて久しいですが、それでも体力気力の限り続けていき
たいなあと思います。

良くも悪くも、創作とは自分にとって無くてはならないもので、精神そのものなのですから。

続きを読む
  1. 2017/06/22(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:1

(雑記)あくまで娯楽、即ち人生

( 」 ゚Д゚)」<お待たせしました

プロット作成に入ってからほぼ三ヶ月。先日、ようやくユー録の八十四章をUPする事ができ
ました。今回より第Ⅶ部の開始です。大分時間が空いてしまったので、埋没しているだろう
なあと思いましたが、いざ更新した当夜にはだばっとアクセスが集まっていた──歴代二位
の高値だったため一先ず胸を撫で下ろしている所です。待ってくれていたのか、それとも一気読みか。
例の如く硬い・長い・臭いの三拍子が揃っている我が小説・文章ではありますが、お楽しみ
いただければ是幸いです。今後とも気長に生温かくお付き合いくださるとm(_ _)m

……しかし、流石に疲れた。栄養剤おいしいです。

こうして更新として表に出るものもあれば、それ以前の水面下な作業工程もあって、どうも
今月に入ってから走りっ放しのような気もします。リアルのお仕事も、少しずつ週当たりの
シフトを増やすなど(ただでさえ数年間臥せっていた)身体を強くしようと試みてはいるの
ですが、現状普通に疲れるパターンが少なくありません。それも加わって、いざHPの減り
が度を過ぎると極端にパフォーマンスが下がってゆく……。まぁ当然の原因と結果だし、元
より無限の体力なんてないんだから素直に休めってことなんでしょうけど、カレンダー的に
はもう一週連続で執筆モードをやっておかないと来月以降の月二作の間隔(月頭に1作目→
次週は休んで→翌々週に2作目)が取り難くなるんですよねえ。どうしたもんか……。

かくして、相変わらず一般のサラリーマンな方々に比べれば体力が足りず、経験も足りず、
未だ周回遅れの人生を送っておりますが、個人的には創作にお仕事(職人?)にと充実した
日々を過ごす事ができているように思います。良いように言えばそれだけ物事に没頭できる
時間が許されているということですからね……その意味では幸いなのでしょう。だからこそ
体力・気力的な脆さ(持続力の短さ)がまた翻って「惜しむらくは」と圧し掛かってくる。
一回目の前の現実から逃げて寝込んだ癖に、何言ってやがんだクソが。
もう何度も繰り返しぼやいている内容──贅沢な悩みには違いないのですが、それはそれで
“向上心”とみて歓迎すべきなのか否か。

都度都度の達成感と、長らく煮え切らぬ野心の間でふらふらと。

書いている最中はそれだけに没頭するので構わないのですが、一方でこうした自身にとって
幸福な日々がいつ終わりを迎えるのだろう?と、見えざる不安に胸がざわつく瞬間はどうに
も折に触れてやってきます。やはり逃げ切ることはできないのだなぁと思います。

……ならばせめて、悔いのないように突っ走ろう。

続きを読む
  1. 2017/06/15(木) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)心の嵐を捌き続けて

……疲労と高揚が入り混じり過ぎて、自分でもよく分からなくなる瞬間ってありませんか?

当稿現在、そんな状態です。
六月を跨いで二日ほど経った頃、ようやくユー録第Ⅶ部のプロット作成が終了し、やれやれ
と大きく息をついたのも先日の話──例の如く月末~月頭はカレンダー的に三題がどうして
も立て続けなスパンになってしまうため、気付けばゆっくりと安堵感に浸っている暇はあり
ませんでしたね……。たっぷり三ヶ月弱。長らくお待たせしました。来週・再来週辺りには
執筆を再開する心算でいますm(_ _)m

それにしても、書いていないと創れていないと(形にならないと)妙にそわそわして落ち着
かなくなるっていうのは、やはり中毒ですねえ。今に始まった事ではないにせよ、どんどん
疼き出す間隔が短くなっているのは気のせいか……?

全く手に付かないという状態も苦しいけど、胸に手を当てて振り返ってみれば、あちこちに
断片的な妄想はあるのに一向に纏まらないっていう状態の方がもっと苦しい(もどかしい)
ように思いますね。創れる筈だ、と創らなきゃ──手を頭を動かし続けなきゃという観念に
日頃せっつかされているせいなのでしょうけど、如何せん身体の方はそうずっと集中し続け
るタフネスはないようで、基本後ろがつっかえているイメージ。なのに、それに加えて左右
から毎日更新されるタスクも並べられたりして、実際はそれらを捌いている内に一日が終わ
っているなんてパターンもざら。というか、ゲームに時間を取り過ぎてるんだよ(´・ω・`)
……これでいいのかなあ? 朝起きて飯食って作業場に出て、サラリーマンでもなく職人も
どきみたいな事をして夕方までお仕事をして、帰宅後は洗濯物の取り込みやら飲み物の補充
なんかの後、一旦軽く寝る。起きたら嵌ったゲームを消化したり、こうして書き物をしたり
して、風呂飯を挟んで日付が変わるまで過ごして……寝る。
そりゃあ一頃の、身動き一つできず臥せっていた過去数年来に比べれば劇的な回復で、現状
自身小さく纏まっていても暮らせている安堵はあるけれど、将来の事を考えればもっと稼げ
るようにならねば。自活を完遂するのに充分な体力気力・技術諸々を修めておかないことに
は二十年三十年先がきっと苦しい(尤も今のご時世、辛うじて生活に困らない程度の収入が
ある時点で庶民としては上々、と言ってしまっていいのかもしれません。それこそ博打でも
打って成功者にでもならない限りはね……)

オッサンになったなあ……。肉体が、という以上に心持ちの面でね?

以前の、ただ鬱々と臥せっていたばかりの頃の自分では考えられなかった思考内容ですよ。
あの頃はまだ、リアルの自分とコミュニティーの生き物たる人間の宿命を何としてでも切り
離して考えよう、生きてやろうとしか企めなかったですからねえ。それだけ、こんな怠け者
でもある程度現実的にものを見れるようになった(成長した?)のか、或いは単純に歳だけ
食ってしまった結果でしかないのか。

六月が始まります。水無月。そろそろ梅雨がやって来て、バケツをひっくり返したかのよう
に大量の雨を降らせた後には、きっとギラギラ照りつける夏本番。どんよりとした曇り空で
あろうとなかろうと、気鬱になりがちな季節です(気圧的な意味と、どうせまた今年も暑い
んだろ?という将来の厭気的な意味で)

……凌がなきゃ。

続きを読む
  1. 2017/06/06(火) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)だから放っておいてくれ

どうやら今月は、久しぶりに更新記事数が二桁を下回りそうです。まぁ寧ろ今までが無理に
でもコンスタントにこさえようとし過ぎてきたのかもしれませんがφ(=_=;)

うーむ。改めて十日スパンは少々間が空き過ぎる感じがしますね……。今回だってそうです
が、頃合かなと思って数日の雑感を振り返ってとしている内に、その目安の日数自体が過ぎ
ているなんてケースもままあり……。

当稿現在、ユー録のプロット作成はあと一章分を残すのみとなりました。ただ如何せんその
一章一章を片付けるのに毎度時間がかかってしまうのですが。なので、月の残り日数と完了
後のインターバルを考えても連載再開は再来月──六月中に何とか済ませ、七月からとなる
ものと思われます。結局まるっと三ヶ月掛かってしまいましたが、例の如く気長に生温かく
お待ち・お付き合いいただければ是幸いですm(_ _)m 流石に来月中に終わらない筈は。

ただまぁ、長々と掛かっていた事もあり、前回(第Ⅵ部分の作成時)に比べて大分ノウハウ
が溜まったように思います。
ざっくりと全体の章数を決める→大まかな各ステージの期間(言うなれば○○編的な)を割
り振った上で→順を追って各章内のシーンを列挙→演出的に映えそうな順番に並び替えたら
→清書を始める、といった具合。結局やっている作業自体は、大きな区切りから中くらいの
区切り、小さな区切りとミクロに段階を踏んでいくにしても起承転結を作ることの繰り返し
には違いないのですよね。少なくとも(凡才の自分では)そんなしょっちゅう天啓のように
話全体が一気に降ってきて形になる、なんて事はありません。地道に埋めてゆくしかない。

これを機に、長期的な目でみても、継続的にプロット作りを日々のルーティンに捻じ込んで
もいいかもしれませんね。ネタ供養というか、断片的な妄想自体はあるんだから、少しでも
形にできるよう近付けておかないと勿体無い(イコール残弾にもなります)し。

……楽しまなきゃ。何の為の趣味なんだと。

どうもここ暫く──随分と長い間「仕上げてUPする事」に拘り過ぎていたように思います。
アマチュアなんだから、その締め切りやノルマといったものは、あくまで自分で課した制約
に過ぎないだろうに。ただでさえ硬いのに、挑む心持さえ強張らせていたら余計に文章に出
てしまう。そんな物語ばかり書いたって、はたして誰が得をするんだろう……?

正直を言うと、こう悲観と楽観の間をふらふらしている有り様自体、美しくないと思ってい
ます。そして例によって、そんな“理想”ではない自身を自分は責める。空虚ささえ抱けば
責めがちである──最早自罰なり卑下は癖のようなものですが、いい加減何とかしたい。臥
せっていたから、そうなるに値するメンタリティだったから。そう言ってしまえばそれまで
の、言い訳終了ではありますが、せめてそこから『だから自分は駄目なんだ』とループへ向
かよりは『だから如何にそんな性分と折り合ってゆくか』とある種の楽観的な向き合い方を
したいなあと思うのです。
(病気だ!異常だ!治らなきゃいけないんだ!という気負いが却って自分を追い込むし、周
りの人達を巻き込むというパターンが個人的な経験・見聞上でもまま見受けられるので)

叶うのなら、なるべく穏やかに心乱されずに過ごしたいものです。

それは──創作なり物書きなどの思考で感情を動かすことは別としても──自分の普段の立
ち振る舞いからくるものであるし、何より“相手を乱さない配慮”でもある訳で……。

続きを読む
  1. 2017/05/29(月) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (148)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (86)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (334)
週刊三題 (324)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (315)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート