日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)連休最中の思考試行

(折角の連休が、気付けばだるだると過ぎてしまったマン)

今年のGW休みは五日あったのですが、ハッと気が付いた時にはもう半分以上終わってしま
っています。一昨日一昨昨日と昼間寝過ぎたのは、それだけ疲れが溜まっていた分の回復と
好意的に取っておけば理由にはなるものの、勿体無さまでは拭えませんね……。

この大型連休もあっという間に折り返しを過ぎ、早い所はもうUターンラッシュが始まって
いるのではないでしょうか? 毎年あの長蛇の列をニュースで見ていると、自分はよりにも
よってこんな時期に遠出しようなんて絶対ごめんですね(面倒臭いし疲れるし)
生粋のインドア派な自分達にとっては、外出したら「オン」なんですよ。明確で必要に迫ら
れる用事でもない限り、できるだけ家にいたい……_(¦3 」∠)_ さりとてこうだばっとまと
めてお休みを貰って自由時間があっても、寧ろ作業能率は普段と変わらない──下手したら
時単では下がっている感じがしますね。贅沢な言い分であるのは承知の上ですが。

暫くぶりです。皆さん如何お過ごしでしたでしょうか? 長月です。
自分はプロット作成をしーの、積みゲーを1つ片付けーの、tktkしーのとあまり変わり
映えのない休みでした。それでもまぁ、作成がキリのいい所までこさえ終わったのは今回の
成果と言っていいのでしょうね。
──ツイッタ(小日記)やなろうさんの活報には既に記しましたが、ユー録のプロット作成
が九十四章まで終了しました。これで(予定上)第Ⅶ部全体の2/3までが済んだ計算になります。
ぼちぼち概要部分に何章までっていう記載を書き足してもいいかな……? 今月もまた一回
執筆モードを挟みますので、その分は空くと思いますが、気長にお待ちください。残り章数
を考えるとあと一ヶ月くらいは要るかな……?φ(=_=;)

……早かったなあ、連休。来週からまたお仕事再開です。まぁ自由時間があり過ぎても結局
ダレてしまうのなら、まだ賃金になってる方が効率はいいんでしょうけれど。身体は正直と
いうか、連休も半分以上過ぎた頃にやっと作業のエンジンが掛かってくるというのは、何と
も勿体無い(もどかしい)ものですね。

昭和の日(旧天皇誕生日)。憲法記念日。みどりの日。こどもの日。
ややもすればこの時期、祝日が重なっていることで一つ一つの意義なんて意識せずに終わっ
てしまっている。そもそも関係なしにこっちは仕事だゴラァっていう方も少なくないが。お疲れ様です。
ニュースで催し物がやってるよ的な映像を見て辛うじてな部分もある一方、ここ何年かでは
うちの田舎ですら時折宣伝カーが走ってくるようになった(文句を聞く限りいわゆる左派)

そんな雑音で思い出させられるというのは、あまり気持ちの良いものではないのだけど。


今回は久しぶりに、時事問題も絡めての雑感をしたためてみようかと。

というのも、先日から何度か内心眉を顰めて考え込んでしまう瞬間瞬間というのがあったも
ので……。半分はリベラル連中のリベラルじゃない気質やら、もう半分は今僕がお仕事で片
足を突っ込んでいる、福祉方面から考える人と人との在り方について──両者を掛け合わせ
た上で一体どんな世の中が最良なのか?

最初に表明しておくと、僕はいわゆるオタクの部類に入ると思います。まぁ世間一般の人達
がイメージするそれ(重度のアニヲタとか)とは大分、物書き畑という一点でみてもズレが
ある──彼らほど昨今のサブカルのメインストリームを齧っている訳ではないのですが。
加えて個人的には、精神的な病気にも罹っています。今でこそ仮ながらお仕事に通えるまで
になりましたが、ほんの一昨々年までは十年近く臥せっていた訳で、おそらくレールを外れ
た事のない“一般人”水準のキャリアや体力気力に追いつくことはないでしょう。

その上で、ここ暫くまた内心考えてしまいます。もっと多くの人間にとって、生きやすい世
の中になってはくれないものかと。

うちの作業場は、その性質上何かしらの病や事情を抱えた人達が集まってきます。僕のよう
に精神疾患があったり引きこもりだったり、目や足腰が悪かったり、事故などで脳に障害が
残ってしまった人だったり……。
そんな人達の居場所作りにと、就労への足掛かりにと作業場は作られたそうです。病んだも
のの違いによって出来る事出来ない事はどうしてもありますが、日々それぞれに内職やら外
作業やらに精を出しています。
ただ……正直な話、病んだものの違いがある以上、どうしてもそこには自分に合うタイプと
合わないタイプがいる。いや、もっと厳密に言えば「同類」でまだ「許容」できる類の他人
がいる一方、自分とは「同類」の性質とは言えず、内心「許容」してゆくのに葛藤が生まれ
てしまう類の他人がいる。往々にしてそれは、とにかく静かに過ごしたい(騒がしさがしん
どい)人と、空気が読めず落ち着かない人との水面下の対立であるのではと思うのです。

勿論、静けさを好む人の方が善良で、空気を読めずに落ち着かない人の方が悪者、という訳
ではありません。前者は密かに耐えるという意味で言わずもがな、後者のような人であって
もその内心は自分でも御し切れない振れ幅の大きさ──彼らも常時ハイテンションという訳
ではなく、しばしば大きく落ち込む──に苦しんでいるのですから。ただ実際問題として、
大きく二手に分けるとすればこの両者が存在することで「場」が水面下でギクシャクとして
しまう現象の発生は否めないのかな?と思うのです。

本質はきっと同じ根っこなのでしょうけどね……。思うことはあるけど、関わるエネルギー
が足りないし、乱されるのがしんどい。思うことがあって、だけどその伝え方・表し方に難
があって乱し乱されてしまう。結果弾き出された(受け入れられなかった)経験が繰り返さ
れることがしんどい……。

思うに、世の中のストライクゾーンというか、言動の許容範囲が昨今何かにつけて狭まって
きてやしないか? と。こういう時には○○する、こういう時には××しない──明文化さ
れている訳ではないけれど(されても余計に息苦しいだけだけど)そんな無数の不文律がこ
の社会には日々提出され過ぎている気がするのです。それらを逸脱すれば、あっという間に
(広義な)気違いの仲間入り。思想次第では抑圧・矯正されるマイノリティの烙印。僕らは
常にそのストライクゾーンからあぶれることを恐れ、慎重に行動しなければならない。誰が
命じた訳でもないのに、いざそんな誰が現れれば、イナゴが集るように言葉の拳を振り上げ
て殺到する。唾を吐き捨てても構わない対象とされる──。

ことリベラルを標榜する人達って、そんな二面性が目立ちませんか? 正しさを謳っておき
ながらその実、独善的と言いますか。尤もそういう傾向は左にも右にもありますけど。
やれ自由だの平等だの権利だのと叫んでおきながら、その侵入(と自分達が感じるもの)に
対してはとかく闘争的でありながら、一方で自分達の理屈で「悪」のレッテルを張ったもの
についてはそれらすら認めない──お前ら人間じゃねえ!的な“御旗の圧力”でもって根絶
やしにさえしようとする。具体例を挙げるなら、LGBTは善くて、ロリコン性癖は駄目っ
ていうあれ。そりゃあリアルに幼児に手を出(そうと)したら犯罪だけども、嗜好を持った
段階から「死すべし!」というのは、あんたらが高い価値を置く“不可侵”と思いきり矛盾
するんじゃねーの? アニメ絵くらい放っておいてくれよ……渋いおじさんとかイケメンの
作品だってあるし、百合ん百合んだってあるし、何でさ? そんなのでは結局傍から見れば
ダブルスタンダードでしかなく、叩き易い所から「闘争」材料としているとか見られないの
ではないのか。LGBTだって一昔は同じく迫害される性質だった。それらに市民権を勝ち
取ってくれたのは結局当事者の為じゃあなく、あんたらのゲンロンの道具でしかなかったと
いうのか……?

左派に限らず、右派でもそうですが、どうもその界隈の大物が「白か黒か」と判断をしたら
一斉に擁護や排斥になびく。そんな向きが昨今各方面で乱立しているような気がします。僕
個人が諍い厭いなのも大いにありますが、当事者の解放でなくただ闘争や攻撃的言論、シニ
カルにものを語ることにばかり力点が置くというのなら、一介のサブカル人として寧ろもう
放っておいてくれとさえ思うのです。互いに理解し合って皆仲良く──確かにそれは理想だ
けれど、現実は人それぞれに価値観の優先順位が違っていて、感情的に受け入れ難いものも
少なからずある。だからそれを無理やりに説き伏せて“改宗”させようというよりは、互い
の距離を適切に取って干渉し合わない棲み分けを徹底・目指した方が争いは減るのではない
かと思うのです。どちらかを守り、どちらかを滅ぼす──統一する事で得られるような平穏
とは、今日あまりにも多くの犠牲を求め過ぎるのではないかと。

正直言ってしまえば、一度遇った縁を「嗚呼、駄目だ」と切ったり、歳月と共に薄れて消滅
していったりするのは個人的には辛いです。以前はいつか笑い合えるくらいの過去に、との
たまっていましたが(まだ僕には経験が足りないのか)現状心苦しさが大いに勝ってしまう
と言わざるを得ません。

他人はどうあれ、せめて自分の心のストライクゾーンは広く保ちたい。

その為にはたくさんの経験と、何より自分の知らない世界(畑)をもっともっと学ばなくっ
ちゃいけないのですが。

スポンサーサイト
  1. 2017/05/06(土) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「MOB(モブ)」 | ホーム | (企画)週刊三題「忘レ乍ラ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/865-f5f94b54
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (146)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (85)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (27)
【企画処】 (329)
週刊三題 (319)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (312)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート