日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)何度だって繰り返すから

(´=ω=`)⇒\(゚∀゚)/

もう一週間をスパンとして思考──雑記の話題を纏めることも難しくなっている。まぁそれ
は尤も今に始まった事ではないのですが。いわゆるアンテナが昔よりも鈍くなっているから
なのか、或いは現実(リアル)での日常が幸いにも、ある種の充実を以って送れるようにな
っているからか。それでも日々足りぬ足りぬともがいておりますけども。

また暫く日が空いてしまいましたが、先日(前の水曜日)サハラ~の二十二章をUPしました。
11エピソード目後編です。プロット段階でそういう意図を含めたとはいえ、現シーズン2は
主人公達よりも敵勢力を掘り下げるお話に比重が寄っていますね。
今月も何とか概ね予定通り──コンスタンスな更新を済ませる事ができました。カレンダー
的に月末から翌月始めにかけては、例の如くどうしてもスパンが短くなりがちですが、来月
はちょうどユー録が現行第Ⅵ部の終了、三題も月一杯で累計300本到達予定と節目が重なる
一月になりそうです。引き続きお付き合いくださるとm(_ _)m

……しっかし、振れ幅が大きいなあ。

やはり今に始まった事ではないとはいえ、書けない時と書ける時の落差が大きい。それだけ
色々なものを消耗しつつ、回復しつつを繰り返してやっと続けられる類の営みだとはいえ、
その浮き沈みと連動して精神状態がハイになったり、がくんとネガティブになったりするの
が許し難い。理想としては全て自分の中でじっと耐えて“解毒”し、他人様を巻き込まずに
処理してゆくことなのだけど、現実は言わずもがな、この雑記やらツイッタ(小日記)やら
で散々吐瀉(ゲロ)ってきている。少なくともクールじゃない、スマートじゃない。
創らなきゃ。
肉体面は勿論、精神面のコンディションも上下する。それと連動するように、或いは寧ろ逆
にこれに大きな影響を与えるかのように、創作活動の可否──何かしら形にできたかどうか
が自分とって最早かなり大きなファクターになってしまっている。月並みに言ってしまえば
中毒だ。最近創った? 創ってない? その問い掛けを割と短スパンで繰り返し、否が返っ
てくれば疼く。思考がどんどんネガティブになるし、普段以上に“雑音”が煩わしく、忌々
しくなる。乗り越えて一つ書ければ治まるとは経験的に分かっているのだけど、結局はそれ
も一時でまたそう長持ちせずに繰り返す。……その実、この雑記を書いている今でさえちょ
っとその気があります。書きたいことがあるから書くっていうよりも、書く為に書こうとし
ているというか。だからこそ余計に頭の中が纏まってないし、難儀するから改めて苦しい。
現在進行形──書きながら纏める、着地点を探してゆく形を採ったとしても、予めのもので
はないから、意味の半分はこの時点で失われている(手段と目的が逆転している)訳で……。

話題を設定できない、アンテナの錆び付きが悪いのか。
理屈で粗探しばかりして、始める前から潰してしまうのが悪いのか。
もっと動機自体は……感情に任せていいのかもしれませんね。

溜めよう。
雑記も一週間で足りないのなら、もう少し延ばして十日スパン(月四→三回ベース)とか。


ただまぁ、アンテナの鈍り云々の原因は判っています。それが全部ではないにせよ、他でも
ない僕自身が「受信」をセーブするようになって久しいからです。

何と言いますかね……正直、疲れちゃった部分はあるよなあと。
不肖ながらこれまで自身の観測範囲、気になれば調べてみるなどをして折につけ日々起こる
世の中の動きやら人々の声を観ていたのですが、気付けばここ暫くはそれすらもしんどくな
ってきたように思います。現実(リアル)の雑踏やテレビから一方的に耳に叩き付けられて
くる情報、或いは家人同士のやり取りは──少しでも陰口や剣呑さを帯びると──以前より
しばしば“雑音”として必要外には関わらないようにし、距離を置いてきたつもりなのです
が、どうやら最近はインターネッツ上のそれらにさえも辟易している自分がいます。

正男氏暗殺に始まり、トランプ大統領絡みの報道、国内に目を向ければ共謀罪を巡る攻防や
一部界隈では以前から目の敵にされていた森友学園にまつわる疑惑。いつまで経ってもいつ
見てもキリがなく、何処からともなく延々と燃料が投下され続ける左右イデオロギスト達に
よる口撃合戦。
……何だかもう、頻度も多ければどいつもこいつも極端で、何より皮肉屋を気取ってものを
言うのが格好いいと思い違いをしている奴らばかりで……。いい加減「正しいのは誰だ?」
的な思考を試みるのが億劫なのです。そうしたファクターが現れる度に自分の回答(こたえ)
を確認する作業がもう馬鹿正直というか、無駄な営みなんではないかと……。

……何でまた、僕らはこうも『好き・嫌い』と『法・倫理上の不適切』を一緒くたにしてし
まうのか。言わずもがなそんな混同が罷り通れば、この世はクレーマーや嘲笑に溺れる輩で
溢れ返ってしまう。解り合うだなんて、分かち合うだなんて二万パーセント不可能だ。自分
の嗜好に攻め入られて喜ぶ人間はいない。ただ如何にパワーゲームを利用し、勝って相手の
上位(マウント)に立つかが一番の目的になってしまう。悦びになってしまう。本来両者は
別個に語られるべきものだ。必ず何処かで線引きをし、皆が守らなければならない。なのに
リアルでもネットでもこの手の大抵の御仁は、前者を正当化する為に後者を持ち出してカモ
フラージュするし、あまつさえ権力・権威と結び付いて予め自分達の都合のいいように正式
な環境として根回しを試みようとする(まぁ逆にそういう動き“のみ”を敵視するがあまり
裏返しの同類に堕ちることも少なくはないのだが)
……嫌いなら、嫌いだと素直に表明すればいいのに。
でも哀しいかな現状は、既に○○を好きな(或いは嫌いな)者達が手を回した結果、○○を
嫌い(或いは好き)だと表明するだけで敵扱い──「お前は人間じゃねえ!」宣告を受けて
ボコ殴りされる憂き目に遭う。遭いかねない。だから余計の事“普通”の人達はそういった
ファクターに触れたがらなくなるし、結果その界隈はどんどん閉鎖的になって過激な方へ過
激な方へとギアチェンジしてゆく。
……別に左巻きだけの話じゃないですよ? 右巻きだって大概です。
先述の森友学園も然り。左派は左派でああいう学校が存在すること自体が許せないのだろう
し、右派は右派で愛国を免罪符に「普通」だと言い張る。だけど右とも左とも言えない多く
の人達は、こうした具体例を見て「何だか変」との印象を持つかもしれない。その可能性に
すら気付かず、互いに相手を“偏っている”と哂うのなら……どちらも同罪だ。

もう一度言います。どちらも同罪です。僕はそう強く思うのです。たとえどんな思想を持っ
ていようとも、それが事実「正しい」ものだったとしても、嘲笑(わら)ってはいけない。
“身内”はそれで喝采を浴びせるかもしれない。でもその言罵と言刃は、確実に貴方達に従
っている訳ではない人々の心証を削ぐ筈だ。もし“布教”が目的だというのなら、僕は断言
しよう。逆効果だ。その場での説得にも、長い目での布教にも、メリットなんてない──。

元を辿ればそういうTLを作ってきた僕の所為ではあるのですが、何だかここ暫く、自分のTL
でもイデオロギーを巡る対立──“味方”の言動や出版物などをひたすらRTしまくってきた
り、攻撃する事ありきで“敵”の言動を嘲笑してみせるさまが多過ぎる気がしてきました。
煽り合いが常態化しているように思います。
まぁ個人的に気に食わないならブロックすればいいんですが、元々(当初はよく知らなかっ
たこともあり)右左どちらも多少観れる環境にしなきゃ自身のバイアスが傾いてしまうと、
来る者拒まずなやり方をしてきた経緯がありますからね(フォロバするとは言っていない)
基本はもやっとした時、何よりもスルースキルというのが大前提なのですが、流石に悪目立
ちしてくるとどうしたものか。下手に取捨選択して切ること自体がバイアスになりそうで、
結局最近は観測範囲を眺める時間も減らして──距離を置いてきている感があります。

“他人に哂われるのが嫌なら、先ず他人を哂うな。それも嫌なら、語るな”

ならば僕のように誰かが哂っているのさえ嫌な人間も同じなのだろうか? それこそスルー
スキルの発揮しどころであり、その哂っている誰かに噛み付くようなら同じ穴の狢ではない
のか? 西洋の諺にも『沈黙は金、雄弁は銀』という言葉がある。たとえ自分が彼らの狂乱
を止めずに口を噤むことで、連中がよりこの世の中を我が顔で闊歩するようになっても、誰
かを腐し続けて得るような「勝ち」はその実レベルが劣っているのだと、心の中で“のみ”
見下しておけばいい。そう自分に何度も言い聞かせる。努めて表に出すべきではない。当人
らにぶつけ返すなど言わずもがな。……では、その為にはどうする? 触れなければいい。
そもそも無節操に視界に入れるから、要らぬ煩いが増える。知らぬが仏という言葉もある。
覚悟も知識もろくにない癖に、半端に(政治的・社会的)マターなんぞに関わるな……。

いわゆるアンテナが錆び付いたというのは、少なからずそういった普段の情報量の変化が多
分に影響しているのでしょうね。ただでさえ自分の創作ばかりで読むことを後回しに後回し
にするきらいがあるのに、これではインプットが足りない。自作のネタだってすぐに枯渇し
てしまう筈。加えてよくある○○物だなとか、また××属性だなとすぐ没に放り込みたがるもんだから……。
ならばもっと別の形で──時事などではなく他人の物語によって──インプットの量をモリ
モリ増やすしかない? 何より重要なのはイデオロギー的なものを徒に込めないこと。物語
ではなく、その自己主張に心を砕くという配分に努めて走らぬようにすること。
……まぁぶっちゃけ、僕の文章がそんな理想とするところへ少しでも掠っているかというと
怪しいんですけどもね。割とがっつり、僕個人の思想──諍い嫌いとそこから出発した断片
的思考が盛り込まれているんじゃないかなぁと、拙作らを振り返ってみて思います。
嗚呼、駄目だ。それでは創作表現というものの本懐じゃない(少なくとも自分はそう思う)
だけども己の書きたいものがお世辞にもエンタメ色であるとは言えない──寧ろどっぷりと
純文学的な、あーだこーだと思案を捏ね回す文章・物語ばかりであるように思う……。

何度だって繰り返す。
現実(リアル)はいつも左右を問わず闘争に満ちていて、僕にとっては雑音なんだ。
一方でかつてはその辟易、諍いへの嘆きが自身の創作の源泉でもあった。だからこそ自分の
書く物語はエンタメよりも純文学寄りで、明るく円満よりも暗くて重い世界なのだろう。

この機に離れられるだろうか?
今までと似たものじゃない、もっと違う色の世界を創れるようになる為には。

スポンサーサイト
  1. 2017/02/27(月) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「致死毒」 | ホーム | (企画)週刊三題「ディガーズ・ハイ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/843-4a3319eb
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (141)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (24)
【企画処】 (315)
週刊三題 (305)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (303)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート