日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)謹賀新年、思々初め

明けました\(^q^)/

早いもんだと嘯いていた2015年もあっさり終わり、何だかゆっくりだなあと感じて過ごして
いた三賀日もこれまたあっさり終わってしまいました。
暫くぶりです、長月です。こちらは週明けから仕事始めに入り、何というか……社畜乙?
こりゃゴロゴロしているよりはよっぽどいいやとすっかりお馴染みになった軽い疲労感と添
い寝し始めた所です。

ただまぁ……新年だというのに、早々幸先の悪いことが重なってしまいまして。
一つは、以前から接触が悪くなっていたPCのACアダプタが遂にお釈迦──おそらく断線?し
てしまったこと。これではろくに執筆もネットサーフィンも出来やしません。先日販元に問
い合わせて替えの物を送って貰う手筈を取ったので、近い内にまた復旧すると思いますが。
もう一つは、多分ですけど虫歯の再発です。以前歯医者に行って塞いで貰ったのですが、ど
うもこの正月辺りから冷たいものを飲む(隙間に浸む)と一時的にビシッと来る痛みが、前
に比べて頻度も強さも増したような気がして……。これも大事を取って近日中に診て貰うつ
もりですが、これでは二重に物理的な意味で執筆モードに至る前のコンディションが妙に阻
害されちゃいます。
(なので、今回の更新は事前の手書き稿を家人から間借りしたPCで書き起こし、投下したも
のとなります)
書き起こしの前に替えのパーツが届きました。

……だけども、一方でこうなって良かったのかもしれませんね。
実を言うと年末年始──具体的にはACアダプダがお釈迦になる直前まで──、自分は(また
しても)ナーバスに悪い方にメンタルが傾いておりました。新年だ、一月だ、ユー録の更新
再開だと道中?の三題を消化しながら、それこそちっと「ドドドド……」みたいな顔つきに
なっていたように思います。
それが(まぁ以前より買い替えないといけないなぁと予兆はあったものの)不意にマイPCが
トラブルでほぼ物理的に使えなくなって、では仕方ないと空いた手を読書に当て、またお仕
事も始まって、気が付けば険を内心漂わせていた自分がサァッと消えていたのです。まぁざ
っくり言ってしまえば気分転換ですね。あとは読書を中心とした刺激(インプット)。

最近しばしば思うのですが、色々なもの──特に情緒を伴いながら目指す行動というのは、
案外「回り道」をした方が能率が良かったりするんですよね。以前は妄想の爆発力を仕事中
に溜めておくから、みたいな表現をした記憶がありますが、何というかもっとフワッとした
原理の中に自分(達)はいるんだなぁと……そんな気がしたりする今日この頃です。
                                             爺臭い? 非科学的?

とまぁ、余計な話が入りましたが、そういう訳で今月に入ってすぐに始めようと思っていた
ユー録の第Ⅵ部の執筆は幾分狂い──遅れてしまうと思います。プロット作りの為とはいえ、
二ヶ月も放置しておいてアレなのですが、もう暫くお待ちくださいましm(_ _;)m


まだアダプタがお釈迦になる少し前、いつものようにウェブの観測範囲をぼうっと回ってい
た時、こんな感じの云いが交わされて(?)いるのに出会いました。

曰く『もう皆、多様性とか自由とか権利とか──リベラルに疲れている、という話を聞いて
噴飯した』
曰く『(上記を引用しつつ)こういう手合いがいるから、民主主義が育たないんだ。確かに
人間ってのはもっと感情的で野蛮な生き物だけど』

一部発言者の語彙違い(僕の記憶違い?)があったかもしれませんが、そのやり取りを見て
僕は「あ~……(ヤな感じ)」と思ったのです。何がって、その“リベラル疲れ”という世
への評価(印象)を哂うにせよ憤るにせよ、彼らはそもそもこういう議題を俎上に乗せる事
それ自体が、少なからぬ他者の“疲れ”を助長していることに気付いていない。

結局のところ沈黙は金、なのですよ。良くも悪くも。
少なくともこういう「真面目」な話を大々とオープンドな空間で話し合おう、議論を戦わせ
ようというシステム自体が──もう皆さん薄々気付いていると思いますが──この国、人間
には馴染まない。議論の内と外を分けられない気質である以上、システムが要求する「忌憚
なさ」は真の意味では発揮されないからです。それでも基本匿名であるネット上──例えば
ニュースのウェブ記事のコメント欄やSNSには、ブラック(悪意)の方面へ概してフルスイン
グされた口撃が飛び交う。
(尤もだからといってこちらの方が日本人に合っている“ベスト”かというと……正直肯定
はできませんけれど)
今や、いや昔から「本音」はリスキーなのです。嘘は常備薬で、本音(この場合「馬鹿正直」
と言う方が適切か)は劇薬なのです。にも拘わらず「これが知性だ!」と選ぶって言論を戦
わせるのも厭わないのなら、その光景が人々の視界にデデンと目立つのなら……そりゃ厭に
もなりますって。

……何でしたっけね? 知性とか市民としての合理的判断とか、そういうもので何でも解決
できると思うのは傲慢だ、なんて言葉を何処か見た記憶が。
確かに僕は諍いが大嫌いで、白か黒かに分かれてスクラムを組み、相手方を腐しながら笑っ
ている奴らは醜いと常々思っていますが──それでも言葉(否、ゲンロン)の力を全く信じ
ていない訳ではないのです。
己らの利の為に尽くす言葉は独善的で、忌々しい。
だけども逆に言葉や概念の全てが無意味だ、と言って哂っている人を見ても、僕は寒々しく
って悔しくて。
『あくまでそれは一つの尺度でしょう?』仮に全否定までしてこなくとも彼らは言う。
でもそういう貴方は、巷の白や黒──AやBにも私は与しない、興味を持たないと言ってい
るのだ。まぁそこに対して僕が憤りと嘆きを行ったり来たりするのは結局何かしらの価値観
サイドに拠っている証なのかもしれないけれど、それでも僕は闘争ばかりに明け暮れるのも、
一切のそれらを否定して哂ってみせる態度も、世のクソッタレぶりを構成するものとしては
イーブンなんだろうなと考えるのです。

──何で真ん中がないんだろう? いい按配で静止出来ないんだろう? 他人も自分も含めて。
沈黙は金だと言いました。でもこうして思考を捏ね回してみるに、それは何も化石となろう
としている旧時代の美徳というだけでなく、ただ「黙って見ている・認めてくれている」事
の尊さを言っているのではないか? と思うのですよ。言うなれば十のクレーマーより、百
の千の万の無言のユーザーの声こそを重んじるべし、というような……。

僕自身、ここ一年ほどの身辺の好転がそう考えさせてる(だけな)のかもしれませんが、何
もギャースカ騒いでいる人達だけが世の、人間の全て──総意ではないのですよ。そこを昨
今の大人達は、少々思い違えているのかもしれません。……まぁ確かに、その「沈黙」の中
には先述のようなアナーキーなニヒリスト達も含まれているのですが。
それでも、語らずとも人々の、誰かにとっての“金”となる《光》となる人間が、想いが場
所が在るかもしれないのです。なのに、ただ飾ってがなり立てるだけの手合いにばかり耳を
向けていちゃあ、駄目ですよ(それが政治ってモンなのかもしれませんがね)……。

……う~ん。やっぱ、こういう眼(変化)ってポジティブ教なんですかね。

このブログを書き始めた頃の自分に見せてやったら、それこそ“噴飯”物なのかしらん。

スポンサーサイト
  1. 2016/01/05(火) 17:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(歌帳)とある物書の気紛短歌 2016 | ホーム | (企画)週刊三題「幻路(まぼろ)」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/677-93147adc
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (146)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (85)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (27)
【企画処】 (329)
週刊三題 (319)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (312)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート