日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)差す日にゆたと立ち止まり

(*´∀`) ……ふぅ。

春の陽気は八割方すっ飛んで、残るのは昼下がりの木陰で休んだ時の気持ちいい風くらい。
差す日差し、その熱加減はもう半分以上夏に寄っている感じがしますね。
かと思えば先日は台風が来て(幸い自分の住んでる所は直撃を免れたのでそうでもなかった
ですが)強い雨が降り、更に一過でまた暑くなるなぁと思えば、遅れて来たかのように夕立
が降って……。
今に始まった事ではないですが、忙しないですな。こんにちは、長月です。

この一週間は長編系執筆の空き期間(大体二週で1セット位で捉えてます)ということで、
ぼやっと創作思案・未だ掛かっておらぬ物語のネタ練りをしたり、積みゲーの消化に励んで
おりました。
やっぱ、偶にはガッツリと他人様の作品を味わうべきですね。
単純に楽しむ──というのと同じくらい、インプット目的もあって。創作沼にどっぷり浸か
ってしまっている人間としては、そうした関連の思考無しに最早日常は送れないのやもしれ
ませぬ(´・ω・`) 幾つか遊びましたが、やっぱちゃんとサークル的な──人材を吟味し、集
めた上で制作されたものは歯応えがありますね。一度投げかけたのは秘密。まぁ如何せん、
いち物書きとしてシナリオや世界観(システム)の方ばかりに目が行きがちですけど。
消化不良のテンプレと云われる『俺達の冒険はこれからだ!』エンドも調理次第では受け手
の萎えを抑えながら畳む事ができるんだなぁと分かりました。流石に一度観ただけで再現で
きるような力量ではないでしょうけど、一応ね?φ(・_・;)

ぼちぼち執筆モードに備えて力(モチベ)を溜めようと思います。休み過ぎると却って起き
上がるのがより億劫になってしまいますし。
来週辺りには、サハラ~の三章目に掛かろうかなと考えています。
あれこれ創りたい・形にならないものかと欲を掻いて、勝手に盛り上がって、そんでもって
疲労しての繰り返しばかりですが、宜しければごゆるりお付き合いくださると(_ _)m


およそ二ヶ月半、作業所通いの新生活もだいぶ慣れました。
お仕事という物理的な「創れないクッション」を挟みつつ、その圧力?を濃い妄想力・衝動
に変えてモチベとする──常に有効である訳ではないけれど、時間もやりくりしつつ更新の
方も現状維持する事は出来ているんじゃないかなと。……まぁ隔日で勤務時間もフルタイム
な一般の勤め人とは違うし、働いてるには働いているけど、第一に生計をという意味ではや
はり温いと言わざるを得ないのかもしれませんがね。
(それでもツイッタや当庵などでお仕事に(仮)を付けることは止めました。失礼だよなと
思い直して。少なくとも僕個人には働いているという安堵感をくれた場所です。何より実際
に、どれだけあそこが世間一般で言うサラリーマン的な会社とはまた別かもしれなくても、
その事業に関わる「人がいる」のは事実なのですから……)

……それでも、ヒャッハー!表面上嬉々として暮らしている一方、やはり何処かで僕は最早癖という
か、フッと不安になる時が今もあります。
慣れた事による弊害ですかね。最初こそ遠慮がちに慎重にそこに居て、接して、先方らとの
距離感(同時に在る時間の多さ?)を意識的にセーブするのですが、これがその場や人に慣
れてしまうと図々しくなる。
勝手知りたる何とやら。
お仕事も時間きっちりより自分の作業進捗に合わせてそれとなーく前に区切っている時があ
るし、何より職場の皆さんとの駄弁りが増えた。ずかずかとものを言うようになった。今は
まだよくても、いずれまた失言を吐いてしまうかもしれない。
今に始まった事じゃない。でも、またそんな“失敗”を繰り返すかもしれない。居辛くなる
危険性は常に孕む。確かに一般企業ではなく、多少なりとも理解がある・柔軟に構えている
場所ではあるんだろうけれど、ずっと菩薩ではない訳で。浮付きは、律せ──。

というより、所長(って書き方でいいのかな?)や客員職員さん?にこの創作ブログがバレ
ているってのはどうなのよ? まぁ訊かれたから答えてしまったんですけどね。趣味は何で
すか、みたいな。ただ延々作業だけをやっているのではなく、それぞれの好みや適性に応じ
て為す仕事を増やしていくっていうスタンスもあり。
……自己顕示欲かなあ、やっぱ。所長が全くの初対面ではない人間(学生時代の先生)だった
からとはいえ、基本こういうサブカル的な趣味ってホイホイ打ち明けるべき種類ではないと
思うんですよね。孤高に萌える、と言えば聞こえはいいけど、要するに自衛ですよ。どんな
に今日び“市民権”を得たとしても、結局“サブ”カルチャーなのです。メインになる事は
ない。というか今日の、世間一般の流行・趨勢を牛耳るハイソな消費&創造の層がそんな下
克上を許さない。まぁこうサブカルが下位だ下位だというのは卑屈だと非難が飛んで来るの
やもしれませんが、基本好きな人が好きでいてくれればそれでいいですし。寧ろこちら側の
沼に嬉々として嵌る気もないのにファッション感覚で入って来て、日陰者なりに積み上げて
きた界隈の常識(ルール)を破られ、結果「穴の空いた靴下」みたく僕ら全員が目の仇にさ
れるようなら、たとえ衰退するとしてもある程度小さく纏まっていた方が何かと良い……。

脱線しました。その辺の御託は、まぁいいか(保守的ではあるんだろうしね)
誰が、どれだけの人が僕の書き残したもの──小説や文章、その他を見ているんだろう?
著す勇気と見つけたり(えいやと投げてみるものさ的な)とは開設当初から自分に言い聞か
せるようにして言葉にしてきた云いですが、やっぱりいざ面と向かって会える相手に自分の
それを知られているというのは嬉しくもあり、何より気恥ずかしくもありますね。件の客員
職員さんには、出版関係と繋がりがある事もあり、ふと僕が物書きだと知ったら『出版した
い時には相談してね?』とか言われました。まぁ社交辞令なんでしょうけども。
(そもそもコネでデビューするのってアリなのか? 卑怯じゃない? 世の中には気が狂い
そうになりながら公募に挑戦を繰り返し、実際病んだ末筆を折ってしまった仲間も僕は何人
か知っているので……)
正直、急に恵まれた事による動揺が自分の中にあるんじゃないかと考えています。
縁とは異なもので。素直に受け取って、いずれ返せればいいんだけど……。

『生まれて来てくれた(幼子の頃の可愛い思い出がある)時点で、もう親孝行ってものは既
に為しているんだ(=だから借りを返さないといけない、みたいな義務感に囚われなくても
いい?)』

所長には少し前にそう笑いながら言われましたが、半分は頷けても、もう半分はまだ頷けて
いません(はい。この時点で“素直”じゃないですね)
やっぱり何というか、申し訳ないですので。
得るばかりでいいんだろうか? そりゃあ長い目でみれば世代のバトンを受け渡しする中で
(若い者達が成長する姿が)報われていってるのだという事なんでしょうけど、他人のそれ
を見て満たされる先輩というのは全員が全員ではないですからねえ。寧ろ老いて一層「己」
の利に固執するタイプの人間ってのはいる訳で……。勿論、そんな人間の為に奉仕したいと
いうマゾではないのですけど、やはり義理というか、何かしら目に見える形で“返納”して
おかないと落ち着かない部分は否めないのです。

……以前にも雑記(ここ)で言及しましたが、僕には今の環境は些か眩しいくらいです。
今まで家に閉じ篭りがちだった、“暗い”中に慣れ過ぎた面もあるのでしょうね。
それでも、はたと差し込んだ。
縁とは異なもので、思いもしなかった先生(ひと)と再会する事となりました。だから余計
に未だ動揺?を抱えていて、最初の一歩をあそこに決めたのも、顔を知っていて既に一段階
が在ること以上にその光(チャンス)に甘えたからなのかもしれません。

作業所の昼休み。
近くの公園を腹ごなしにぐるりと回り、木陰から空を仰いでみるように。

静かな眩しさに注がれても、あまり頬を緩め過ぎないように気を付けなければと思う。

スポンサーサイト
  1. 2015/05/14(木) 19:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「厭世病」 | ホーム | (企画)週刊三題「異物の話」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/591-625526b2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (141)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (24)
【企画処】 (315)
週刊三題 (305)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (303)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート