日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)沈み気のまにまに

暫くぶりの体調の波_(:3 」∠)_

病み自慢みたいでごめんなさい。どうも数日前から睡魔が襲ってくる頻度や重だるさが多く
なって来ていた気がして、昨夜に至っては中々寝付けませんでした。それでももって今日に
なると朝からぐったり体調不良の感触。頓服用の薬を飲み、二・三度寝直し、お風呂にしっ
かり浸かってようやっと現在は±0以上くらいな感触まで回復した……ような気がします。

とはいえ、養生養生と連呼して寝てばかりいても“勿体無い”んですよねえ。
なので、例の如く燻る感情も一緒に文章に吐き出してしまおう、と。ちょうど更新スパン
的にも頃合なのでこうして雑記の筆を執った次第ですφ(・_・;)

前回の記事で話していた通り、ぼつぼつⅤ部のプロット作成を始めています。
進捗状況はその都度ツイッタ(小日記)で呟いている(備忘録?)ので、気になりますって
いう奇特な方は参照の程を。中々どうして……進みませんけど;

実際、纏めてプロットをこさえるのは一年ぶりくらいなので(一応五度目の筈なんですが)
今回も手探りし思い起こしの繰り返しです。
大雑把な流れは用意しているけど、その大きな杭同士を結ぶ中小の杭──エピソードを如何
に打って詰めていくか? 経験的にですがこの一連の作業は「順繰り」よりむしろ「末尾」
を先に決めてから掛かる方がまだ上手くいきやすいような気がしますね。先ず〆だけは固め
ておいて、改めてその一章分の中で大きな杭を打ち、その隙間を中小の杭で埋めて……。
自分で創り始めておいて何言ってんの?ですが、はてこの物語はちゃんと終わることができ
るんだろうか? 宣言のような一・二ヶ月で済むだろうか? そもそも途中で心折れてエタ
りはせんだろうか? 等々、不安要素てんこ盛りでございます\(^o^)/

前回本文内でも問うた訳ですけど──誰得?

体調も絡んで余計にネガティブになっている可能性も充分にありましょうが、難しいなあと
感じざるを得ませんね。
まぁどれだけ「モノ」を書いていても、描きたいのは「ヒト」ですからね。仕方ないね


一昨日、思う所あってなろうさんにおける自分のブクマ関係を原則非公開としました。
(非公開設定にしただけで特定の誰か等を解除した訳ではないです。なろうさんの仕様上、
相互マークは見えなくなりますけども)
この方針転換?に至った経緯は、既にあちらでの活動報告でも軽くしたためておきましたが、
今回はこの場を借りてその理由──酷く個人的で我が侭なものなのですが──を文字として
吐き出す回としたく思います。

ざっくり言うと……“疲れた”と言ってしまっていいのかな。
書くことそれ自体をではなくて、創作人さん、こと今回の場合なろう作者さん同士の『交流』
なるものに対して、僕自身「嗚呼、あんなにリソース割けないわ」と(その一点では)心が
折れた部分があるのは否定できません。
もう、わざわざ僕の口から説明することもないのかもしれませんけど、ああいう投稿サイト
で人気作なりランキング上位を張っている人達のハングリーさ──『交流』に関するがっつき
ってそれはもう凄い訳ですよ。
横の繋がり、とでも言うのかなぁ? とにかくやたら人脈が出来上がってますよね。それで
もってお互いにスクラムを組んで日々、あーだこーだと「登り詰める」為の議論やらその他
雑談やらに華を咲かせているのです。その様はある程度人気の出た作者さんとやり取りできる
窓口(感想欄、活動報告へのコメント)やブクマ登録したユーザー同士の相互関係、加えて
なろうさんを離れたSkypeやツイッタ等での外部SNS──色んな所で目撃することができます。

……念の為言っておきますが、恨み節ではないですよ? 字面からはそうとしか読み取られ
ないのかもしれませんが。
実際、妬みという感情とはまた違うと感じているのです。言うなれば「眩しい」とか「諦め」
とかそういったもの。……どうしても僕は彼らと距離を感じずにはいられません。
僕はあの人達みたいにはなれそうにない。そんな自身の『交流』の苦手さを痛感し、どうに
も気後れしてしまう心理とでも言いますか。その感慨が強くなって“疲れた”という言葉に
なったのだと考えています。
自身、口下手であることは最早勿論として、辛い。そういった場ではたと出る、○○さんの
作品は良い・悪いという(当人不在な)話題ですら、自分には辛かった。その対象が既に僕
個人がやり取りのある方であれば尚のこと。
言わずもがな、批評を含めて交流は大いに結構。そもそも僕如きが文句をつける謂われ自体
ない訳ですしね。
ただ、此処でも散々述べているように僕は“諍い”が大嫌いです。たとえそれが当人らに悪
気のない忌憚ない言葉であっても、彼らなりの「議論」であっても、僕はそこに諍いの気配
を感じると最早“生理的に無理”みたいな感情に襲われてしまうんですよね。
(この時点で既に、相手方に対する論理的思考も糞も無いと分かってはいるんですが……)

そうなると、測り直すしかない。他の創作人さんとの距離感を。
嗚呼、僕は『交流』に向かないタイプの人間なんだなと、前提として諦めなければならない。
但しここで“あいつらが悪いんだ!”は駄目ですよ。当然ですよね? 苦手意識を持ったの
はこちらであって、その後ろめたさを彼らに責任転嫁するなど卑怯も甚だしい。少なくとも
彼らのハングリーさには一定の動機も、理由も、ついでに実績も伴う。それが(投稿サイト
界隈なり当該集団における)クローズドな評価でしかないなら、また一方で自分も割り切る
こともできるのやもしれませんが。
換言するなら──“棲み分け”なんでしょうね。用意された場でハングリーに活動するのか、
そこから数歩退いて黙々と鍛錬するのか、或いは気心の知れた仲間内で楽しめればいいとか、
そもそもクローズドに、第三者に公開することも必要ない人だっている。
……惜しむらくは、こうして僕のように「退いた」人種と件のような場の前線で血気盛んで
いる人種は、おそらく再び交わるのは難しいんだろうなあという、半ば(自分の中では)確定
的な推測でしょうかね。

だけども──此処がまた僕の女々しさなのでしょうけど──何処かで彼らという、視界に飛び
込んできた可能性を、僕は切り捨て切れないでいるなぁとも感じています。
実際に、今回非公開設定にしましたが、時折他の方の作品も読んではいるんですよ?
こっそり評価点をつけてみたり、感想を送ってみたり……。下手の横好きの眼ではあれど、
時に僕のおっかなびっくりのレスポンスに喜んでくれたのをみると、何だか救われたようで
嬉しかった。
だから(?)表向きには「視え」ていなくても、今後も折に触れて皆さんの作品を読んだり、
ブクマに入れていると思います。
そりゃあ、ネット小説は基本的にアマチュア(に毛が生えた)界隈なのですから、
『それよりも(自身の勉強と言う意味で)プロの作品を読むべきだ』
『ローカライズされた作品群に浸り、その閉じた中で競う事自体馬鹿馬鹿しくなってくる』
といった意見も一方では存在していて、解らなくはないんですけれど。
ただ、僕個人は読書に関しては一般文藝から新書、時々ラノベと雑食ですからねえ。
それにたとえその彼らの志向する世界がクローズド──場の外側の読者をある意味突っ撥ね
る性質を兼ね備えてしまいがちだとしても、無闇に敵愾心を向けた所でお互いに得るものは
あまりないでしょうし(というかそれこそ“諍い”である訳なので厭ですし)……。
それなら、適度な距離感が存在するのなら、そこで各々が上手いことやっていければいいよ
なあ。なんてことを僕は願っています。

中途半端なオープンド。来るレスポンスは歓迎だけど、自分から絡みに行くのは苦手。

『日暮創庵』及び不肖・長岡壱月は今日もネットの片隅でもそもそ創っては更新するばかり
の寡黙投下兄貴でありましたとさ。

スポンサーサイト
  1. 2014/06/26(木) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「彼はフェニックス」 | ホーム | (企画)週刊三題「ヒエラル詩」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/471-f8451188
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (147)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (86)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (27)
【企画処】 (333)
週刊三題 (323)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (314)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート