日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)酔いも浅しに筆止まず

( 」 ゚Д゚)」<書けたどー!

前々回の雑記では来月に回すか……?と保留していましたが、何のかんのでうずうずとして
しまい、結局筆を執ってしまいましたよ。
こんにちは、長月です。そして先日、ユー録の五十三章をUPしました。今回の更新分で本編
第Ⅳ部『三界の統治構(ガバナンス)』編は終了となります。

いやー……長かった。投稿ログを見返すに、まだ丸一年経ってないんですね。
そりゃあ今月みたく月に二度更新した月もあったからとはいえ、十四章分をこのスパンで消
化してしまうとは。創作中毒も随分なモンでf(=▽=;)
既にアナウンスしている通り、これから暫くはユー録の更新はお休みとなります。
第Ⅴ部以降のプロットをこさえないといけないのでね。現段階でざっくり大まかな構想など
はありますが、これまでと同じく、或いは同等以上にじっくり──そして理詰めと両翼なる
ほど感性の炎と共に組み立てていこうと思います。まぁ三題など、他に創ったものをUPして
いくのは相変わらずなので、今後も気長に生温かくお付き合いいただければとm(_ _)m

また、今回なろうさんに於いてユー録の作品ブクマは自己最高の80人に達しました。
相対的・界隈全体からみれば必ずしも大ヒット!という基準ではないのかもしれませんが、
ここまで書き続けて書き連ねてこれたのも、ひとえに(自身の性懲り無さと)皆さんのお陰
であると思っています。激励のレスポンスを受け取った時の、何と昇天しそうなことか

先日にも活報やツイッタ(小日記)で言及しましたが、この場でも改めて。何度でも。
拙作らを手に取ってくれる全ての皆さまに、改めまして最大限の謝意をm(_ _)m



いやー……長かった(二回目)自分で言うのも今更ですが、もっさり書き過ぎやはと。
なろうさん換算で155万3000字ですよ? 自前の区切りで五十三章、パート数にして325部分
という膨れっぷり。これで作中時間がまだ半年ほどしか経ってないというのだから、書くっ
てその匙加減で如何様にもなるんだなぁと遠い目白い目。

尤もこれも、先述のように、上をみればわんさかいるんですけどもね(笑)
ポイント総数やら累計PV、分量の多寡に至るまで。
勿論それらはあくまでいち指標であって(でも相当に影響力がある訳ですが)個人にとって
面白い物語とは何か?はそれこそ人の数ほどあるのですけれど。ラノベちっくなラブコメ調
を始め、ネット小説で現在繁栄を謳歌している異世界転生モノや俺TUEEE、ハーレム系など
ライト方面が今日び際立つ一方、逆に「生」とか「クソ」がつくほど真面目だったり陰鬱系
てんこ盛り(知人の表現曰く『エログロナンセンス』の類)だったりも好きな人はいる訳で。
少なくとも僕は後者──クソ真面目にファンタジーなり何なりを書いている部類なのかなあ。
幸福なのは、にも関わらず、こうやって80人+αのサムズアップが在る、ということ。
ツイッタの定期ポスやら、不慣れなままにあっちこっちに顔を出して人脈を作って来た営業
面も多分あるんでしょうが、中々どうして僕は今この創作環境に満たされている気がします。
まぁそれと「書くことがない(創作人としての寿命?)」はイコールには為り得ないのです
けど、これからもこの身体が続く限りもっさもっさ描きまくりたいもんです。

それに関連して、先日僕はとある物書きさんの放送にお邪魔していました。
その彼曰く「初心者の内はどんどんエタれ。何を如何すれば詰まって、如何すれば書き切れ
るようになるのかは数をこなさないと解らないし身につかない。門外漢が想像する以上に、
物語一つをきっちり完結させるっていうのはとんでもなく難しい技術なんだ」と。

──嗚呼、然り。これには納得しながらも、自省して密かに悶々。
当庵の索引をみていただければ分かると思いますが、当方書いて(一先ず)形にしてきた数
に関してはそれなりの積み上げがあると自負しております。
ただ(単発短編や三題はともかく)長編系を文字通り百点満点で“完結”させたことって、
実はまだ無いなぁ……と。
基本的に「第一巻完」的に取り敢えずな形で〆た作品ばかりなんですよねぇ……。それだけ
でも充分(読者に対して)良心的だ、とは放送でもこの物書きさんは仰ってくれましたが。
だから、こうして今回ユー録がまた大きな区切りをクリアできたと悦びを噛み締める一方、
はてこの物語は“完結”するんだろうか? という疑心というか、不安は無い訳ではない。
(全編通しての流れとラストは断片的に構想はあるのですが、それまでの脈絡を埋める細々
としたエピソード達が未定だ。という意味で)

今に始まった疼き(こと)ではないけれど、さっさと新作を──という自分の中の声はあり
ますよね。ええ。だけども結局、大抵の場合ユー録と三題が更新のメインとなり、当庵開設
以来これらを越えるコンテンツを自身生み出せないでいる。
理由はざっと二つほどあるのかな? と思います。
一つは、愛着。以前にも話したように記憶していますが、ユー録は自身、最も長く長く温め
続けていた世界観なのですよね(事実最初期の頃はそれを形にしようとして黒歴史?にして
しまっている)だから──応援してくれる、多くは見知らぬ誰か達もあってプツンと切って
しまうのが惜しく、結果こうも長くなり、もっさもっさと分量も思索もぶち込みまくったお
話と為っている。
二つは、僕自身のリソースの問題。愛着ゆえに良くも悪くもユー録が“濃く”なるという事
は、即ち他の物語達がどうしても霞む(ように僕には思える)訳で。その時々、持てる力は
尽くしていますよ? 勿論。だけどもユー録という長編の大看板を(気付いたら)自分で創
ってしまったが故に、新しく物語をこさえる際のリソースがどうもユー録のそれに比べれば
“浅い”のかなぁ……?っていう疑心は持っちゃうんですよね。そして事実、なろうさんに
載せても、ユー録ほど反響はない(まぁ単に分量差ゆえにサイト内に埋もれている可能性も
多かろうものですが)なのでそれで折れる、までではないものの、ユー録に自分を特化させ
ている時分が多くなる。
先の放送していた物書きさんの言っていた旨を借りるならば、ずるずると長引かせる・延命
するよりも──100万字の大作1本を書くよりも、10万字の作品を10本書く方が作者の成長に
は間違いなく寄与している筈だ、と。
(では各種漫画雑誌での“引き延ばし”はどうなん?となりますが、彼曰く『あれは編集の
プロが入ってやってるからまだいい』んだとかで)
なので、一方でどうしたもんか……とは、作者たる僕自身は思っている訳ですよ。
【ユー録を、貴方はもっと読みたいですか──??】

……まぁ、半分僕個人の回答(こたえ)は出てるんですけどね。
書きたいですよ。そりゃあ。ここまで数値がついてきてくれたコンテンツが惜しい、という
身も蓋も無い打算もひっくるめて、いずれ全編完結という所まで往ってみたい。一部で一年
前後という現在のペースを考えると、一体どれだけ先になるんだよwとはなりますがね……;

物語に思索を落とし込む、その楽しさもありますが。
何のかんのでユー録の、この世界観も気に入っている節もあったり。まぁ設定集を実際にこ
さえて改めてそのごちゃごちゃさに立ち眩みそうになった、なんていう経緯はありますが。
機会があれば、世界は同じだけどフォーカス(主人公)の違う「外伝」や「異伝」みたいな
お話も書きたいなぁ……なんてことも妄想中。前者は補完的なサイドエピソード集といった
扱いになるのかな?
(実際問題、そこまで手を出し始めると、ただでさえな大風呂敷がもっと酷い事になるのは
目に見えてるんですけどもね。はい)
コミュ障いわゆる創作交流なるものがどうにも苦手である以上、この営みを意識的に楽しむ
には自分で自分のコンテンツを整理・拡大していくしかほぼ策はない訳で……。

うーむ、自分語りが過ぎましたかね?(そもこの雑記ら自体がそうか)

以前に比べて明らかに書き上げた後の酔い──達成感やら高揚感に浸っている時間が短くな
っているのを痛感しますが、さりとて虚脱がこの身を奔っても、また「創らなきゃ」が疼く
のですよねぇ……。世間様一般からすればオカシイんでしょうけど、幸せなんだろうな。

どんな物語を描きたいのでしょう?
どんな物語が求められているのでしょう?

貴方とwin-winな創作活動が出来ていれば、僕としては是幸いなのですが……。はてさて。

スポンサーサイト
  1. 2014/06/20(金) 14:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「ヒエラル詩」 | ホーム | (長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅳ〔53〕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/469-75444ed2
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (149)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (87)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (339)
週刊三題 (329)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (318)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート