日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)とある歳末の回顧録

以前、聖夜当日に長距離バスが来るのを待つ空き時間、立ち読みでもしていようと近くの駅
ビルに入ったことがあるんですが……。

見 事 に カ ッ プ ル し か い な か っ た \(^q^)/

今年もやって来ましたね、性夜聖夜。例の如く宗教行事だなんぞ一ミリも頭になくリア充が
イチャコラし、一方で「爆発しろ」だの「中止のお知らせ」だのが飛び交う時期であります。
                    ……おめーら基本仏教と神道だろうが(小声)
皆さんは如何お過ごしでしょうか? こんにちは、長月です。

さてさて。先日(こんな忙しない時期なのに)小説の新作を1本UPしました。
呪連譚『Dear SORCERY』一章目です。過去掲載してきたお話達と同様、一先ず数章から成る
中編として形にしていくつもりでいます。まぁ、気ままに生温かくお付き合いくだされば。
(当庵【案内板】御品書きにもこっそり加筆・修正しました。これで長編系は8つ目ですね)

しかしまぁ……何やってんだか。
前回の雑記でもくっちゃべっていた事ではあるのですが、世間の忙しなさに反発して自分の
創作に没頭するって、子供か、自分は_(:3 」∠)_
新しいものがとりあえず一発目形になって、創れて愉しく尚も多少ハイになっている状態で
はありますが、こういう時だからこそ襟を正して暮らさないと。
ただでさえ、ついふわふわしちゃう時節だからなあ……。


今年の総括を──と言うにはもう数日早いのかもしれませんが、折角ですから今回の雑記は
そういったことをぶつくさ呟いてみようかなと思います。当庵開設──僕が現在の形態での
創作活動を始めてからおよそ32ヶ月、約2年8ヶ月が経過しました。

【小説:短編】
現在の投稿数:18本。最後に書いたのは……去年の新年に正月をテーマに書いたものですね。
気が付けばすっかり手付かずになっています。というか、完全に立ち位置を三題に喰われて
しまっているんですよねえ。単発だから「書こうと思えば書ける」だなんて慢心していた節
が無いとは言い切れない実情。実際は「書こうと思わなければ書けない(逆説)」な訳で。
キリの良さからもあと2本くらいは加えたいですね。もっと日頃の気付きを鋭敏にして着想を
得れば何とかなるような気が、しなくも──と、また長らく言ってみるだけになりそうな気
がするのが、改めて放置さを再認識する所ではありますけれど。

【小説:長編】
現在の投稿数:8本。既存第一巻完的なものが6本、進行中なのがユー録とDear~の2本。
(温めていた、紆余曲折と試行錯誤が一番長いというのもあって)未だにユー録はその連載
を続けております。当稿現在で四十五章──第Ⅳ部中編まで。
……長い。んでもって硬いし臭い。自分でいう所の「三拍子」という言い回しを使うように
なったのは間違いなく本作が理由ですね。御品書きでも言及していますように、当庵の看板
作となっています(嗚呼、来月もまた書かなきゃ(義務感)
ただ、自身このセカイを愛で愉しんでいる一方、やはり長編は息が続けば続くほどとっつき
難さを避けては通れなくなるんですよね。今でこそ固定?のお客さん──アクセスを観る事
ができるようになっていますが、逆言えば後から来た人達にどれだけひょいっと手に取って
いただけているのか……?(そもそも「完結」していないと先ず読まないというマイルール
を持っている方も時折見かけますし……)そういう意味でも、自身の創作活動がマンネリ・
固定化しない為にも、先日のDear~のように新しい話をえいやと書いてみるのですが、如何
せん年長さん?にはそう簡単には及ばないという(愛ゆえの)感慨があります。
まぁ、かと言ってでは終わらせてしまうという訳ではないので(最早物書きライフの一部と
なっているので)結局やっていることは表面上似たようなものになるのでしょう。
先ずはDear~を予定の〆まで書き上げること。
次にあわよくば、もっと質を上げ、もう少しブランクを狭め──無茶な注文だ──自分の中
の「物語」を増やしていきたいなぁと。来年の抱負としては。

【企画処】
現在の投稿数:112本。うち企画参加の作が8本、週刊三題が104本。
三題──気付けばすっかり当庵第二のコンテンツに成長してくれました。元々は昨年4月より
始めた自己鍛錬用の三題噺(企画)です。それもとうとう先月末で累計100本の大台に達し、
現在も毎週1本ずつ増えています(むしろ頻度的に第一と言っても差し支えないのでは……)
僕自身、長編の場合は予めプロットをこしらえてから気力を整えてから臨む──枠を固めた
執筆になっていることが多いのですが、こちらは(厳密な分類上は)掌編ということもあっ
て割と勢い、発想と瞬発力で突貫したり、普段は中々使わないような書き方を試してみたり
と「遊び」な部分がありますね(まぁイコール見切り発車的な時もあるので、頓挫すること
もままあるんですが)だからなのか、それとも形態ゆえのとっつき易さがあるからなのか、
とある方面からは僕という書き手が違った印象で映る……なんてこともあったみたいです。
100本を超えましたが、こちらも引き続き続けていきたいですね。
継続は力なり。僕がその実なる経験を得た子でもあります。

【資料庫】
現在の投稿数:8記事。文字通りの資料。現在はユー録の設定集用カテゴリとなっています。
他のサブ的なカテゴリにおいてもそうなのですが、僕自身けっこう忘れてるんですよね……
加筆・修正した後のお知らせ。一応、本編がある程度キリのいい所まで進めば改訂し、当時
に更新ツイートをするようにはしているのですけど。
……誰得。

【落書帳】
現在の投稿数:3記事。当庵におけるほぼ唯一の「描き」コンテンツです。僕自身が幻想畑の
創作人であることもあって、絵の方もそっちの毛色が強いものばかりになっていますね。
『幻想雑景』──単発・断片的な落書きが1記事24枚。
『兵種夢想』──ファンタジー世界の兵種(クラス)を創ってみた的な落書きが2記事60枚。
更新時のお知らせツイートでも言及しているのですが、ぶっちゃけ絵の方は文字通り落書き
クオリティです。デフォルメで基本技術もなってないし、色塗りもしてない白黒。ただ紙に
描いたのをスキャンしてデータにしてUPしているだけ……なんですが、驚いたことに拍手を
くれている方がいるんですよねぇ……(別に上手くはなかろうに)まぁ確かに小さな頃から
絵を描くのも好きでしたが、結局“本職”の方には遠く及ばぬそれになってしまいました。
やはりこれも誰得ですが、来年も気ままに描けていればいいですね。

【詩歌帳】
現在の投稿数:2記事。短歌をぼつぼつUPしているカテゴリです。
そもそも何故に短歌?というのは(今は多忙な身のようなのですが)以前、物書き仲間さん
に短歌を詠むのに特化していこうとしている方がいらっしゃいまして……昨年その方を交え
てふと「即興で短歌詠んでいこうぜ!」みたいなチャットがあったのです。その時、自分や
他の方が詠んだ句も当庵には収録させて貰っていますが、それが僕自身の切欠となって月に
二度くらいのペースで数首練る→更新ネタにするという形ができました。
なので記事1つがイコール一年分です。……来年も続いているといいなあ。

【雑記帳】
現在の投稿数:152本。今まさに(当稿を含めて)此処です。雑記──というかエッセイ風味
のそれです。既にご存知の方も、知らんという方も。基本的に前置部で近況報告と挨拶を、
追記部に時事や日々の創作活動など諸々に思ったことを書き綴っていく(エッセイ的な何か)
という方式でやらせて貰っています。
(そして、たまにこうして誰得度が増し増しになる回もあったりします)
単純計算で月4~5本といった所でしょうか。ここ暫くは当初より頻度が落ちている──敢え
て絞っているんだとか言ってみる──気もしますけど……。

【読書棚】
現在の投稿数:22記事。読了書籍のリストと、不定期な読書感想を書いているカテゴリです。
一応ネット上にはブクログ等リスト作成サービスが在るにはあるんですが、理由は後述しま
すが、結局手動で管理していますね……というかやはり誰得で、備忘録的な立ち位置です。
読書感想は古本屋を基本として買ったり借りたりして読んだ本(新書・小説・ラノベ等)の
個人的な感想を綴っています。レビュー(批評)ではありません←ここ大事。自身の知識量
もそうなのですが、面白かったor面白くなかったからといって口撃することにそもそも意味
を見出せないんですよねぇ……勿論、ノウハウとして作品がウける方法はあるんでしょうけ
れど、詰まる所その人がその物語を面白いと思うかどうかに外から「確証」なんて見い出せ
やしないと思うのです。本は沢山あるんですから、お互い色々渡り歩けばいいんだと思いま
すからね。成る丈平和にいきましょう。気ままに読みます。
     あと、皮算用ですが、いざ物書きがお仕事になった時にトラブる可能性が……。

【遊戯倉】
現在の投稿数:1記事。読書棚と同様、リスト@フリーゲーム遍歴なカテゴリです。ですが、
こちらは尚のこと備忘録以外の何物でもなくなってますね……。そもそも自分のようにオン
ラインゲームよりも独りのフリーゲームを好むユーザーさんってどのくらいいるのか……。
以前も話したことがある気がしますが、実はユー録の世界観も元を辿ればファンタジーRPG
を空想する中で生まれたものなんですよね。だからこそ、いずれは僕も自分でゲームを作っ
てみたい!なんて思っている一人、なのですが……結局ツールは持ってても大風呂敷と作業
量を前に頓挫してしまう万年エターナラーな訳でして……。
(※エターなる:制作が頓挫するの意。RPGツクール界隈から?生まれた造語)
やはり小説と同じで、小さな簡単なものから形にしていかないとそう上手くは進まないんで
しょうね。……その割には、相変わらず妄想力だけは逞しい(頓挫フラグびんびん)

──と、つい長くなってしまいましたが、ぼやっと一通り当庵の各更新コンテンツを振り返
ってみました(今年だけの話じゃないじゃないか、というのはご愛嬌ということで)
量だけなら……やってる筈なんですよね。
むしろ、だからこそ中毒になっているとも言える。創っているのが普通と感じ、それに慣れ
たからこそ「創らなきゃ」が生まれてしまうのでしょうし。
でも……それでも足りないというか、何というか。
分かってはいるのです。それは更なる技術の向上──僕「個人」の事象──だけではなく、
結局はこんな僕でも誰かと一緒に楽しみたいという気持ちが、欲求があるんだと思います。

なのに、どだい自分はコミュニケーションが苦手で。怖くて。
近日の例では、年末くらい学生時代の友人と会ったら?連絡したら?と母に(それこそ何気
なく)言われた途端、緊張して黙り込んでしまった……といったような。
一応連絡先は知っている。オンライン上にはいると分かっている。
でも、自分からコンタクトできない。怖い。僕に構っている暇なんてないんじゃないか?
そうして多分、僕は今年も何となく「自分の時間」の中に生き、新年を迎えるんだろうなあ
という気持ちです。この雑記をしたためています。

『もっとポジティブに他人と繋がる(繋がれる)こと』

“──馬鹿言うな。そんな高望みをするな。創ってるからって調子に乗るんじゃない──”

人脈強化とかリア充とか、そういういやらしい言い回しやら打算ではなくって。
来年こそは、スッと、そういうことが出来るような自分であるといいな……。

スポンサーサイト
  1. 2013/12/24(火) 18:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(雑記)今、魂の話をしよう | ホーム | (長編)Dear SORCERY〔1〕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/398-28b945d0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

10 | 2017/11 | 12
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (151)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (89)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (349)
週刊三題 (339)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (326)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート