日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)否定するのは簡単だけど

φ(゚∀゚)カクゾー⇒\(^o^)/カケタ!⇒_(:3 」∠)_ツカレタ…

ちょうど一週間ぶりの雑記になりますね。自分はまさに現在進行形でこんな感じです。
日差しの厳しい日々が続いております、お身体は大丈夫でしょうか? 長月です。

先日、ユー録の四十章をUPしました。
今回より第Ⅳ部『三界の統治構(ガバナンス)』編に突入します。
……大台ですね。よくもまぁここまで続いてるもので(苦笑)
更に今回の更新で累計文字数が120万を超えました^q^
本稿現在、なろうさんでも66000PV・6500ユニークと着実に数値が増えているのも確認させて
貰っています。ツイッタやなろうさんの活報上では既に記載済みですが、改めてこの場を借り
て御礼申し上げますm(_ _)m

継続は力なり、とでも云うのでしょうか。
拙作を書き散らしているだけと思っていても、ふと気付けば当庵を訪れてくださる方も以前
に比べると多くなってきているようで……。
正直驚きました。一日で50人超というのは今までになかったですからねΣ(゚Д゚;)
多い日=二桁の来訪者ぐらいという状態が開設以来続いていたので、はたと大幅な記録更新
をみた時は「一体何があった、何か拙いこと書いたっけ!?」と中の人は地味に画面の前で
おろおろしていたのですよ……;先日には物書き仲間さんからも「一体どうしたんです?」
と訊ねてくるチャットが来たくらいです。

うーん……。何が原因だったんだろう??
その物書き仲間さんからは「長月さんが認められてきているんだよ」と前向きな励ましを貰
ったのですが──生来の長らくな卑下癖も相まって──自分としてはあまりそうは思えない
心境だったりします(´=ω=) 実際はここに来て、定期postやらの宣伝の類が繋がってきた
といった、そういう背景なのかなぁと踏んでいるのですが……。

ともあれ、今こそ改めて襟を正すべき時ですね。
これしきで天狗になることなく、もっともっと良い物語を、豊かな思考を──。


僕がユー録執筆にあくせくとしている間も、今夏の参院選挙戦は続いていました。
投票日は同月21日、あと一週間を切っています。選挙権のある皆さんはどうか投票に行って
くださいね? どうせ何も変わらないと思っていても、それが現実かもしれなくても、この
数の暴力設定装置は他ならぬ税金で運営されているのです。
(僕はというと、一足早く期日前投票に行ってきました。一応成人はしていますので)
……だたまぁ、誰に何処に入れるんだ?ってのは今回もまた、例の如く悩みの種ですよね。
個人的には左派が席巻してきた(とされる)この国を右に修正させしむという意味で自民が
戻って来たのはまぁいいかのかなとは思いつつ、しかしいざ政権を取り返したら今度は調子
付いてきている。他の政党もきっとそうなんでしょうけど、頼んでもないこと(ぶっちゃけ
要らぬこと)を先ずもってやり始める……。
「個人に100%都合のよい政治なんてあり得ない」なんて僕は以前から口にしていますが、
流石に正直もどかしい。だからこそ現実には、候補Aの、Bの、Cのメリット・デメリット
を見比べた上で“損得勘定”をする──その結果としての票数分布となるしかなくて……。

しかしところがどっこい、実際に今回(を含めたこれまで)の選挙模様というものを眺めて
みるに、僕はこうしたメリット・デメリットが誠実に示されていないように感じるのです。
要するに『○○の政策を奴らはしようとしている、これはけしからん。危険だ。だから△△
の台頭は阻止すべきなんだ』という論法ですね。(反△△者の弁だという前提の上であれば)
ネガキャンの類です。
そもそもネット選挙を解禁する時点でこうなる──個人レベルでもこうした論法の発信が増
加するであろう──ことは想定の範囲内だったとはいえ、個人的には流石に厭気が酷くって
堪りません。選挙「戦」という表現も然り、なんでこう人は“白か黒か”という構図へ他人
を持って行こうとするのか……。

思うに、もしかしなくても一番の理由はそっちの方が「楽」だから、なんでしょうね。
馬鹿正直(先ずは敢えてこの表現を使います)に自身の政策的立ち位置──そのメリット・
デメリットを開示すれば、応援してくれる人もいるけれど同じくらい嫌がる人も出てくる。
何より「釣られて」くれる人がより未知数で不確定になるのではと思うのです。だからそう
した主張の“損得”を出す──ダメージのリスクを積極的に抱えるよりは、所謂ネガキャン
の方が、耳障りのいいことを言っておけばいいや、という判断の方が勝ってしまう。
(尤もネガキャン自体、諸刃の剣な性質が少なからずなのですが)
実際、票を投じる側も「楽」なんですよね。
敵か味方か? 快か不快か? 一々複雑で煩雑な“損得勘定”に気を揉むことをしなくても
いい訳ですから。共存共生を謳う人よりも、明確な「敵」を作ってくれた方が団結はします。
古今東西使い古され……しかし尚も現役な人間心理がありますから。

だけども、それではいけないのだと思うのです。
もっと理知的に博愛的に──というのとは、僕の場合ちょっと違いますが。
先も述べた通り、政治というのは結局“損得勘定”達の結果が合わさったものでしかないと
思うのです。元より政治というものの一番の機能それ自体が、こんがらがる利害関係を調節
すること──「折衝」の機能である筈で。
だから、以前の雑記とも重複しますが、そもそも政治とはストレートに白か黒かを決める事
ではなく(結果的には「する・しない」という形になるとはいえ)それはあくまでプロセス
なり手続きの上で“白(黒)が上回っただけ”の営みの連続なのです。
「数の暴力」という表現はそういう意味では正しくて……。事実、その白(黒)を上回らせ
る為の椅子取りゲームが人々の関心事になっているというのも(厭ですが)仕方ない現象な
のかもしれません。

……だからこそ「浅い」んですよね。『○○は危険だ。だから△△は台頭させちゃいけない』
っていう訴え方は。
そうしてデメリットばかりを強調することで、確かに共感した「味方」は出るでしょう。
でもそれだけです。結び付いた部分がそこ一点であれば、一度綻べば容易に離脱されかねな
いのです。下手をすれば反転して「敵」にすらなる。
何よりも──そうした手法は主張者は“不誠実”以外の何者でもないと思うのです。
政治とはどだい折衝です。元より皆仲良しこよしなんてあろう筈もない。
だからこそ対話しないといけないのに、相手が自分が何を考えているのか、何が足りないの
かを識らないといけない(べき)なのに、そこを自分達の勢力の数の利の為だけに隠し通そ
うとするのは、政治という機能そのものを否定していることに等しいではありませんか?
“メリットもデメリットも誠実に開示されていること”
それはきっと本来あるべき僕らの「選択」の前提である筈です。故にそれをら矮小化させる
単純構図への誘導は、議論のレベルとして浅いし、概して非難されるべきものであると僕は
考えるのです。

○○は危険だ××であるべきだ。──それは貴方の考えであって、僕のそれではない。
複雑煩雑な全容は悪しきもの? ──愚民扱いか。考える力を奪うな。「選択」させろ。

もし貴方に都合の悪い“損得勘定”の結果が出ても、別にいいじゃないか。
それで本当に、言う「国が滅びる」道に往ったとして、僕は構わないと思う。
真に「選択」した結果なのなら、それが「民主主義」ではありませんか?

それに人間ってのは案外脆いけど、案外しぶといんです。
いざって時は抗いますよ。如何転ぶにしても……きっと。

スポンサーサイト
  1. 2013/07/17(水) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「灯継廻し」 | ホーム | (長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅳ〔40〕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/337-ebb25736
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (144)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (84)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (26)
【企画処】 (325)
週刊三題 (315)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (309)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート