日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「遊戯の終わり」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:玩具、コーヒーカップ、欠片】


 ──まさか、よりにもよって今更此処に戻ってくるとは思いもしなかった。
 
 あの頃に比べて明らかに、すっかり寂れて果ててしまった構内をゆっくりと歩く。
 コンクリートと申し訳程度の緑を設え、日常から少し外れた娯楽を提供──していた筈の
この場所。
 だが今や薄灰色の地面はあちこちがひび割れて汚れ、点在していた緑もすっかり枯れて色
彩を失って久しいとみえる。
 これが、歳月の成せる業だと言えばそれまでだ。
 実際今の自分はそれを当然とし、むしろその残滓すら消し去ることが仕事なのだ。
『おお……誰かと思えば。久しぶりじゃないか』
 すると、しゃがれた声で私を呼ぶ声があった。
 嗚呼、そうだ。彼らはまだ此処にいる(いきている)。
 それまで俯き加減だった私はスッと顔を上げ、久しぶりの対面に内心ギクシャクしながら
も彼らと暫し語らうことにした。
「覚えていたんですね。自分以外にもいっぱい子供はいたでしょうに」
『ふふ。人間の記憶力と一緒にしてもらっては困るよ。私はずっと長い間子供達──だけで
なく多くの者達を乗せて愉しませてきたんだ。もうそれが叶わないと分かっていても、あの
感触や声はずっと覚えているさ』
「……」
 ギシッと軋むように笑いながら、≪滑車≫は言った。
 しみじみと、空を見上げて過ぎし日々を語る老いた身体。その姿に私はえもいわれぬ寂寥
感を覚えていたが、そこはぐっと堪えて出かかった言葉を押し込める。
『そうだねぇ……あの頃は楽しかった。皆、いっぱい笑ってくれた。まぁ怖いって泣きなが
ら乗せられていた子もいたけど』
 そうしていると他の皆も私がやって来たのを認め、声を掛けてきた。
 のんびりと、同じく軋む身体を寒風に任せているのは≪秋千≫だ。
 先の彼と同じく思い出を脳裏に呼び起こしているようだったが、こちらは声色がのんびり
としている所為か、あまり辛さの類は感じられない(内心はそうでもないのだろうが)。
『だが、時代の変化はどんどん速くなるな。……分かっているよ。とうとう私達もお役御免
なのだろう?』
 ≪滑車≫が言った。
 確認するように、静かに。
 だがそこに込められている感情は怒りではなかった。こちらで無理やりに形容するなら、
諦観……なのだろうか。私はどうしても彼らを直視できず、睫毛を伏せがちになる。
「ええ。今は、そういう仕事に就いていますから」
『……なるほど。やはり老いには勝てんな。私達ではもう彼らは満足できぬか』
『うーん、残念だけど……』
 彼らはそれぞれに呟いていた。いや、露骨にではないが嘆いていた。
 人とはどんな対象であれ、それが長く続けば慣れっこになってしまう。その状態とは即ち
感性の鈍化であり、長い目でみれば衰退の始まりでもある。
 方法はいくつかあるだろう。
 だが多くの場合、人はその問題(しゅくめい)を“挿げ替える”ことで解決しようとする
ようだ。
 鈍化している、その事実を直視して悶々とするよりも、新たな刺激を導入することで自ら
を慰めているのではないか──。そう私は常日頃考えていたりする。
『ま、貴方達は特に入れ替えの時期が激しいからね』
『それに比べてボクらの場合、基本的に似たり寄ったりで替わりようがないからねー。ある
意味もっと悲惨だよ?』
 そう言って自嘲気味に笑ったのは≪造馬≫と≪茶器≫だ。
 私は「ええ……」と眉を顰めて哀しくなる他なかった。
 入れ替わりが激しい──つまり変化の容易な場合もあれば、逆に中々変わることができな
い者もいる。
 疎外される哀しみ、追いつけない哀しみ。
 どちらがより不幸な星の下にあるのか、それは私には分からない。
 ……私は、どうやっても“彼ら”には為れない。
 むしろ今の私は、彼らを侵奪していく立場にさえあるのだから。
『いえ……そもそも今の時代に私達が必要なのかすら、私には疑問です。娯楽の選択肢は今
や多方面に渡っています。ただ人々を待つだけの“受身”では、私達に限らずそう遠くない
将来に必要とされなくなる──或いはそもそも認識さえされないでしょう』
 なのに、彼らはこちらが哀しくなる程に自分達の命運を知っていた。
 冷静に淡々と語るのは≪屋敷≫だ。
 流石は当時も、客寄せの第一波を張っていただけのことはある。常に人々の欲求──彼の
場合は如何に肌を刺すようなスリルを与えられるか──を研究しては改善を加え、その度に
リニューアルを繰り返してきた、その実績が過去の彼を作っている。
 だが……そんな彼もまた諦観を抱いている。
 どれだけニーズを研究しても、それに応えようとしても、世の人の欲求は我がままで留ま
ることを知らないからだ。
 焦って「個性」に走れば奇を衒っているとして冷められるし、かといって彼らの欲求全て
に「従順」過ぎれば迎合だと指弾される。……だから衰退はいつか必ずやって来るのだと。
『かといって、新しいコンテンツを入れたよーって宣伝しても、それはそれで“煩い”って
言われちゃうんだよねぇ。何というか、与える側(おれたち)の方が四六時中顔色を窺って
ビクビクしてたっていうか……』
 そんな一方で≪遊舎≫の見解は何処か楽観的だった。
 ……いや、そういう表現は厳密ではないのだろう。もう疲れた──もう愉しませる義務は
自分達にはないんだという、一種の安堵に似た感覚か。
 しかし、と私は思う。
 だったら今日までの隆盛と衰退、消滅へと推移してきた日々は何だったのだろう? 
 所詮彼らは使い捨ての宿命からは逃れられず、その終焉で以ってようやく救われるという
のか。今の私の立場で言う資格がないのは分かっているが……あんまりではないか。
『顔を上げなさい。そう落ち込むことはないよ』
 それでも、皆を代表するかのように≪滑車≫は私に語り掛けてきた。
 気付いてみれば、私の周りには最期の時を迎えようとする面々が集まっている。
 これから自分達がどうなってしまうのか知らない筈はないのに、私という“死神”を温か
く見守ってくれている。
 違和感──いや、罪悪感。何よりも、躊躇い。
『如何なるものにも常などない。時が経てば皆等しく朽ち果ててゆくものだ。誰にどのよう
にという違いはあっても、その辿り着く先は変わらんよ』
『そうさ。ボクらには思い出がある。昔、皆を愉しませ、育んだという誇りがある』
『……無駄ではないと信じたいですね。現在は過去の上にあります。そして現在は未来の為
にまた敷かれてゆくもの。少しでもその一部となれたなら、まぁ上々でしょう』
「……」
 だから私の頬には、いつしか一条の涙が伝っていた。
 脳裏に蘇るのは、まだこの場所が華やかだった頃の記憶。
 まだ幼子だった私は、両親に連れられて何度もこの園にやって来た。他の親子連れと同様
に、私は日が暮れるまで目一杯遊び、笑い、明日が来るのを瞳を輝かせて待ち構えた。
 なのに……今はどうだろう?
 少なくとも輝きはどんどんと褪せてしまったように思う。
 常に道往く先に光がある訳ではないと、それを知り受け入れることが即ち大人になること
なのだと、自分に言い聞かせながらこの歳月を過ごしてきた。
「すみません……。こんな、恩を仇で返すような真似になるなんて……」
 だから、せめて紡ぐ。
 運命の巡り合せ、その性悪さに悔しさの唇を噛む。
『気にするな。君は大きくなった。君は君の未来(これから)を生きればいい』
『だからさ、もし俺達の後輩に会ったら伝えて欲しいんだ。子供も大人も、いっぱい愉しま
せてやれって』
『最近は皆忙しないみたいだから……。もっと、もう少し、のんびり優しい顔になってくれ
ればいいなあ……』
 自己犠牲の精神。エンターテイメントとはそういうものなのかもしれない。
 でも、だけど、それを当たり前として彼らを使い潰し続けるなんて──。

「お~い、新見! 何やってんだ、そろそろ始めるぞー!」
 そんな時だった。
 青年がぼんやりと空を見上げていると、彼の上司である男性が遠巻きから声を掛ける。
 傍には同僚達と複数の重機。そこには同じ社印を塗装した一団が出来上がっている。
「……はい。今行きます」
 促されて青年はゆっくりと向き直り、歩き始めた。
 ガシャガコッと、足元に散乱したコンクリートの瓦礫が、その歩みを受けるごとに物言わ
ぬ軋みを放って転がっていく。
 そんな彼の背後には、朽ちた大型遊具が鎮座している。
 錆び付いた旧式のジェットコースター、以前落下事故を起こして問題となった物と同系の
ブランコ型アトラクション。汚れの目立つメリーゴーランドやコーヒーカップに加え、それ
自体が廃墟になったお化け屋敷、時代遅れの筐体が放置されたゲームセンター館。
 此処は、今や営業すらされずに閉鎖された元・遊園地だった。
 青年達はこの日、地主から依頼を受けてこの場所を訪れていた。
 話では、後日最新鋭の大型ショッピングモールが建てられる予定なのだそうだ。その為に
長らく放置していたこの場所を“解体”すべく、その専門業者である青年達に仕事が舞い込
んだ訳である。
「……」
 もう一度、もう一度だけ、青年は後ろを振り返った。
 かつてこの場所は幼き日に遊んだ娯楽の園。だがその姿は廃れ、今日という日を以って存
在すら消し去られる。
 鈍化する感覚、衰退する世の常。
 それでも人間は新たな刺激を快楽を求め続け、かつて在ったものを次々に壊しては先端を
名乗るものを築き直す。まるで始めからなかったように、されど時折、都合のよい時だけは
はたと思い出してありし日々を──壊し(けし)続けるその業を省みずに──美化する。
(……ありがとう。さようなら)
 故に、ふっと虚ろな哀しみが胸奥を衝く。
 最期にかつての、幼き日々に別れを告げると、青年は再び前を向いて歩き始めた。
                                      (了)

スポンサーサイト



  1. 2012/12/16(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(雑記)相対と自由と責任と | ホーム | (企画)週刊三題「ココロネイロ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/258-c7257b4f
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (473)
週刊三題 (463)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month