日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)二進も三進もいかぬセカイで

残暑「まだだ……まだ終わりゃあしねぇよ!!」
(^q^)<やめてくださいしんでしまいます

あの、お盆が終わったのにむしろ前より暑くなってるってどういう事ですか(白目
こんにちは。ここ数日、ものの見事に残暑にやられてダウンしていた長月です_(:3 」∠)_
前回の連載更新から既に一週間弱。ぼちぼち続きを書かないとな~と思いつつも、思考力が
ガリガリ削られて纏まらず、書き物──創作どころじゃない状態が日々を無為にしている感
がひしひしと続く今日この頃……。今に始まった事ではありませんが、中々思う程に身体が
ついて来ないというのはどうにももどかしくって悶々とします。
というか、豆腐ボディたる自分から思考力を取っ払ってしまったらそれこそ何も残らないと
いうか……○| ̄|_

そんな、作者自身がこんな有様であるにも関わらず。
なろうさんでのアクセス推移を覗くと、毎日手に取って下さっている方はぽつぽつ不定期な
がらいらっしゃるようで。お陰さまで先日、作品ブクマが過去最多人数を突破しました。
何とか今月は上旬に一回更新できていますが、この残暑で正直な話、創り出すコンスタント
さが危ういんですよね…f(=_=;) なのにこうして拙作を手に取って下さっている方達から
の(静かなる)レスポンスはちゃんと在る。ちゃんと届いている。
……なのに、書けないでいる自分が申し訳なくってm(_ _;)m

まぁ、お互い好きで何となくで創ったり手に取ったりしているのですけれど。
それでも中々思考・感性のアンテナが反応してくれないのがどうにももどかしく、悔しい。
創り出す不安──思考の不安──受け入れられるか判らない不安。
今更な嘆息ではありますが、ホント創作者ってのはHENTAIなる(尋常ならざる)星の下に
在るよなぁというか……。いやはや、好きモノですよねぇ……(;=_=)φ


故に、今回の雑記も「これを言いたい!」っていうメッセージ性はあまりないです。
そういう堅苦しい論議より今は吐露したい気分でして(期待している人っているのかしら)

ここ暫く、僕は自分の“次なる創作”について思案をしてきたつもりです。
勿論、現在の連載(ユー録)を途中放棄するつもりはない──あくまで自身が納得のできる
クオリティとモチベーションに持って来れていないのでゴーサインを出せないままずるずる
今日まで唸っている訳であって──のですが、正直を言いますと僕は“これだけ”を続ける
ことに不安というか、食傷を覚えている節があるのですよね……。
一つは、以前にも雑記やツイッタなどで言及してきたファクターです。
『同じセカイに遊んでばかりいては、新しい創造ができなくなってしまうのではないか?』
という僕の漠然とした、しかし確実に僕の中に巣食う大きな影です。
コマーシャル的な、大きな一発が外れたら痛手も大きい……という言い方以上に、日頃から
僕はもっと良い言の葉、もっと善い表現はないだろうか?と見えない自分に急かされ続けて
いるように思います。
それは好意的に見れば向上心かもしれませんが……僕自身の感触からすれば、これらは全て
“我欲”に他ならないと考えています。
二つ目。それは僕という創作人がどだい“エンターティナー”ではないという点です。
つまり僕という人間の創作の源泉はきっと「誰かを愉しませること」ではなくって。
思索──セカイの事象に対する知的興味、そこに積み重ねる回答作成のツール──である事
がきっと僕の源泉なのだと思うのです(根っこが他益ではなく自益。即ち我欲ということ)
だからこそ、尚更一つの物語セカイに留まっていてはいけないと思える。
ただでさえ、僕も貴方もややもすれば凝り固まった価値観に(自ら)縛られうる。そこから
抜け出す為の当面の対症療法とは、創作上ならばとにかく「色んなセカイを創ること」に他
ならないと思っているのです。
色んな視座を意識的に持とうとする。そのことでようやく僕という人間はまともな眼を持つ
ことができる……筈だと(尤もそんな思考回路が既に“普通”ではないのですが)。
そして三つ目は、そうして自益の本質に『貴方の愉しみや糧になってくれれば幸いです』と
他益の皮を被っている僕に、果たして現代の小説書きとしての資格があるのか?──砕いて
言ってしまえば、今風のニーズに(或いは小説という媒体に)どれだけ自分は己を捧げてま
で応えられるのだろう?という、消せども沸き続ける自己不信を捨て切れない自分そのもの
であって……。

不安。とにかく、不安で仕方ない。
どんなに書いても描いても考えても、どんどんほんの僅か一時の清涼剤にしかならなくなっ
ている自分に気付いている。だからこそ尚更に、創作人という自分に疑念が尽きない。
僕の思考が、言の葉が世界を変える!だなんて思っていないし、期待するだけ無駄──他人
の心をそう簡単に誘導できれば既に世の中は違っている筈──です。
あくまで創作とはあるセカイをそっとこの世に産み落とし、置いておくだけ(※ここ重要)
であって、それを以って他人を(思い通りに)変えようと企んではいけないと思うのです。
色んなセカイを、僕ら創作人はポコポコと産み落とし、人々の価値観に多様性という名の花
を咲かせる。それだけでいい。それだけに留めるべきで……。
セカイ達をどう観、どう扱う(利用する)かは世のごまんといる受け手個々人の“自由”に
委ねるべき問題であって……。

だけど、とそれでも僕は(然るべき立場でもなく)憂うというか嘆くというか。
その“自由”さが健全に働くには、やはり“善き倫理”が個々人の中で確立され、緩やかに
共有されていることが大前提であると思うのです(そうでなければ頭の固い老御仁らの言う
ような「野放図」ばかりになります)。なのに、現実は善き倫理をすっ飛ばして自由だの権
利だのと云う輩の何と多いことか。その荒ぶる「自分勝手」が自分達の自由を確実に縛って
いく方へ持っていくことになるとも知らずに(或いは知っていても刹那さに流れて)……。

つまり、甲斐が無いなぁという虚無感なのだろう。そう思っています。
どれだけ僕らが心身を削って作品を創っても、結局現代の人々にとっては「サブな消耗品」
程度でしかない(創作を愛好する方はまた違うとしても)。
何となく手に取られ、何となく消費され、そして彼らは何となく日々を生きていく。
先述しましたが、自分の作品セカイで彼の者を劇的に変えたいという訳では──少なくとも
第一義的理由では──ありません。
でも、やっぱり創り出したセカイは、キャラクタ達とは(巷の創作クラスタに言わせれば)
まさしく「ウチの子」である訳で……。
そんな子らが只々他人の一ミクロンにも為らないまま棄てられてしまうのは……正直言って
「自分何やってんだろ……」って思いになりませんか?
(少なくとも自分はその消耗品精神を諾々とし他者に奉仕するってのは、現状厭ですね)

自分のセカイに閉じ篭れば即ち狭量。思考回路も物語セカイもどん詰まる。
かといって他者と交わっても、解せぬ部分はあって当たり前。所詮は別人同士。
故に戻れど進めど、得られるもの以上に見えぬ暗雲ばかりで不安は尽きない──。

何というか……二進も三進もいかないなぁと項垂れる場面が多くなっている気がします。
そう悶々と唸っているのが生きている証、とも言えるけれど。
……嗚呼。
もっと、ヒカリたるものを見つけたいのに。

スポンサーサイト
  1. 2012/08/18(土) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「神様はお客様」 | ホーム | (雑記)侵・境界(ボーダー)性症候群>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/210-44399a6a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (144)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (84)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (26)
【企画処】 (325)
週刊三題 (315)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (309)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート