日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(資料)ユーヴァンス叙事詩録-A Worlds Guide- 「世界」編

※本稿は拙作「ユーヴァンス叙事詩録」の所謂設定資料集です。
 記載内容は本編の進捗に併せて随時加筆・修正をしてゆく予定です。
 尚その性質上、ネタバレ要素を含んでいます。閲覧の際はご注意下さい。
 (本文は追記内に記載しています↓)


■■世界-Worlds-■■
:現在人々が主に暮らしていたり、認識されている世界は全部九つ。
 更に各世界はセカイのその興り故に上下(あくまで観念的なものだが)に階層状となって
 おり、順に【始原層】【天上層】【地上層】【地底層】【深淵層】と大別される。
 同じセカイ層の世界同士は比較的行き来しやすいが、層が違うと“次元”を越える必要が
 あるため、その移動手段は高度な転移魔導や“次元艇”などごく一部に限られる。 
 ストリーム──特に“世界樹”と四大支樹”と呼ばれるものは各セカイを縦断的に貫いて
 おり、生けとし生ける者を育むこと以上に、セカイを繋ぐ「楔」としての役割も持つ。


【始原層】=霊界
============
霊界(エデン)
:主要九世界の一つにして、その頂点(マナ濃度=非常に濃い)
 神々すら安易に立ち入ることを許されていない「聖域」。
 全ての生命が息吹く始まりの世界であり、豊潤なマナを抱いた精霊達の楽園。
 その中枢・精霊園(ユグドラシア)には「精霊達の王が棲む」と言われているが……?

【天上層】=神界、古界、仙界
=====================
神界(アスガルド)
:主要九世界の一つであり、天上層世界一つ(マナ濃度=濃い)
 「神格」を得た者達が主に暮らしている。
 しかし彼ら神々の多くは“信仰”を失い自らが消滅してしまうことを恐れ、直接ヒトらと
 交わるケースは滅多に無い。外界への門戸もまた厳しく制限され、交流は少ない。
 中心地は「神都パルティノー」

古界(パンゲア)
:主要九世界の一つであり、天上層世界の一つ(マナ濃度=やや濃い)
 セカイの歴史上早期に発生した“古種族”と括られる種族の者達が多く暮らす。
 外界との交流こそあるが、その住民構成が故に「保守」的な考えの者も少なくなく、濫り
 な開発や経済の波には抵抗感の強い者が多いようだ。
 中心地は「古都ケルン・アーク」

 白咆の街(グラーダ=マハル)
 :北方を横断する大山系・竜王峰山間に居を構える堅牢な城塞都市。竜族の雄・ディノグ
  ラード公爵家が治めている。その立地故に寒さは厳しいが“生ける伝説”たる大公への
  信頼と安心感は根強く、人々は長くゆったりとした時間を過ごしている。

仙界(レムリア)
:主要九世界の一つであり、天上層世界の一つ(マナ濃度=濃い)
 濃いマナに適応し進化した種族である仙人(ダナン)や動植物──聖獣たちの世界という
 のが、外界の人々からの一般的な認識。
 魔を忌み嫌う思想故、人々からは聖人として崇められることが少なくないが、当のダナン
 達自身の多くは内向的(厭世的)であり、あまりセカイの発展には関心がない。
 中心地は「サレンサ大窟」

【地上層】=顕界
============
顕界(ミドガルド)
:主要九世界の一つにして、その中間層(マナ濃度=並)
 単に「地上」と呼ばれることも多い。今日最も多くの種族と国々が入り混じる、活気に満
 ちた世界。それ故に内外から多くの人々を惹き付けている。
 人族(ヒューネス)を中心にセカイの開拓が推し進められているが、一方で保守勢力など
 からは“セカイを掻き乱すものだ”として根強い反発を受け続けている。
 中心地は「大都バベルロート」

 大都バベルロート
 :中央北部、世界樹(ユグドラシィル)近隣域内に位置する顕界最大の都市。地上層にお
  ける世界政府「王貴統務院」本部所在地であり、三層の城壁が同心円状に広がり、その
  中に詰め込まれたような街並みが広がる。現在も発展中であり、最外周──第四隔壁の
  建設が進んでいる。

 風都エギルフィア
 :中央南部、世界樹(ユグドラシィル)近隣域内に位置する都市。
  顕界で最も世界樹に近い街であり、一年を通し集束する魔流(ストリーム)の風が吹き
  付ける。広場を中心に整然と整理された石畳の景観。領主は衛門族(ガディア)の首長
  でもある、ミカルディオ・マ・モルモレッド。

 梟響の街(アウルベルツ)
 :北方内陸南東部、アトス連邦朝領内に位置する都市。冒険者クラン・ブルートバードの
  本拠地等も置かれている。周囲はなだらかな丘陵と雑木林、複数の街道が交差し、地方
  ではありながら中々栄えている。物語が進むにつれて世界中にその名が知られるように
  なった。魔導師育成学校・魔導学司校(アカデミー)が街の一角にある。
  領主は若き伯爵ルシアン・V(ヴェルドット)・アウルベル。

 陽穏の村(サンフェルノ)
 :北方内陸東部、アトス連邦朝領内に位置する山間の村。レノヴィン兄弟の生まれ故郷。
  周囲を山野に囲まれ、やや寒さが身に染みるが長閑な山村である。
  レノヴィン兄弟の出自が公になり、新生トナン皇国が始動してからはマニア垂涎の観光
  名所と化しつつある……が、喧騒となるのを慮ったアトス政府が駐留武官を置くように
  なったり、隠居の竜族クラウスが目を光らせているため、現在の所は大きな問題は起き
  ていない様子。

 打金の街(エイルヴァロ)
 :北方内陸部南西部、アトス連邦朝領内に位置する都市。レノヴィン盟友陣の筆頭的存在、
  エイルフィード伯セドが領主を務める。古くから手工業が盛んで、毎日のように職人達
  がその腕を振るっている。この街にも魔導学司校(アカデミー)がある。

 清峰の町(エバンス)
 :梟響の街(アウルベルツ)より更に南西に下った先に位置する田舎町。
  ルイスとフィデロの故郷であり、周囲を幾つかのなだらかな山と、町全体を斜めに横切
  って合流する山の湧き水由来の清流が自慢。夏祭りの際には流し雛も催される。
  大都消失事件の後、心身ともに疲弊したアルスの静養先に選ばれた。

 王都クリスヴェイル
 :北方内陸北部、北の盟主・アトス連邦朝の首都。山脈と湖畔に挟まれた土地に位置して
  おり、白亜の街並みが冷たさを秘めた清潔感を備える。
  都の名は、かつて建国に力添えした“忠騎士レイア”の姓に肖ったもの。

 聖都クロスティア
 :クリシェンヌ教団が総本山を置く街。北方南部内陸部に位置し、街の北に広がる山岳部
  には黄の支樹(エギル・ストリーム)が天地を貫く。
  世界屈指の古き美しい景観で有名であり、且つ“聖女”クリシェンヌゆかりの史跡など
  観光地としても人気の場所。都政も教団と傘下の神官騎士団らが担う。

 散光の村(ランミュース)
 :北方南部内陸の小村。クロスティアとはちょうど山岳部を挟んだ位置関係。
  これといった産業もなく、多くが貧しい暮らしを余儀なくされているが……?

 皇都トナン
 :東方諸国の一つ、女傑族(アマゾネス)の国・トナン皇国の首都。
  北を湖に、三方を砦付きの城壁で取り囲んだ構図。南北に連なる大通りが華やかな一方、
  東西の奥まった地区、都の郊外には急激な経済成長に取り残された人々が身を寄せ合う
  スラム街も存在しているようだ。

 ガノシュ寺院
 :トナン皇国南部の山間部に在る石窟寺院群。かつては信仰者も寝泊りする修行の場であ
  ったようだが、現在は寂れて訪れる人間も稀である。

 廃村リカウ
 :トナン皇国にある小さな村だった場所。過疎化でなのか魔獣や賊の被害でなのか、今と
  なっては何故誰もいなくなったのかは知る術はない。

 水都フォンレーテ
 :東方中央部、東の盟主・レスズ都市連合の本部が在る街。無数の水路で区分けされた、
  顕界最大の一大交易都市。他の東方都市国家と同様、議会自治制。
  立地ゆえに古くから近隣諸侯に狙われ続けてきたが、冒険者らを統括する「七星連合」
  の本部を同じくこの街に招致する事に成功してからはそうした侵略の心配もなくなった。

 輝凪の街(フォンティム)
 :東方北部に位置するレスズ都市連合加盟の都市の一つ。
  レノヴィン盟友陣の一人、フォンティン侯サウルが領主を務める港街。
  街の西岸から南岸にかけて港湾地区が広がり、交易品が市中を流通する。内陸は多層に
  渡ってぐるぐると渦巻くように街が形成されており、領主の執政館もそんな高台の一角
  に構えられている。

 灯継の町(ヴルクス)
 :東方西部に位置するそこそこ大きな宿場町。郊外には“嘆きの端”の一つがあり、一帯
  の住民達の少なからずはそこから来る風評被害に眉を顰めている模様。

 サムトリアン・クーフ
 :南方北部内陸、南の盟主・サムトリア共和国の首都。南方諸国の例に漏れず、郊外一帯
  に豊かな緑と河川を持っており、大都市ながらゆったりとした時間が流れる。
  木造と煉瓦造りの家屋が景観の多くを占める。街のやや最奥に大統領府が在る。

 導都ウィルホルム
 :南方北部に位置する学術都市。魔導の最高学府「魔導学司(アカデミア)」の本拠。
  世界中から多くの魔導師・学者が集まって形成されているため、サムトリア領内に位置
  してはいるが、実質の自治区である。アカデミア本部を中心とした同心円の構造。

 翠風の町(セレナス)
 :サムトリア共和国の北西端に位置するのどかな町。マルセイユ侯爵領。場所自体は辺鄙
  だが、かの“賢者”隠居の地として知る人ぞ知る場所でもある。その子孫である領主の
  屋敷地下には、彼が生前残した大量の文献を収めた大書庫が広がっている。

 王都グランヴァール
 :西方中央北東部、西の盟主・ヴァルドー王国の首都。顕界屈指の軍事大国という性格も
  あり、その全景は複数の多角形をした城壁を持ち、住宅・商業・貴族屋敷・官庁などが
  びしりと区画化された堅牢な計画都市。城壁の最内奥には王城が聳え立っている。

 鋼都ロレイラン
 :西方中央内陸部、ヴァルドー王国第二の都市で、機巧技術の聖地の誉れ高い街。
  かつては旧ゴルガニア帝国の機人(キジン)兵生産プラントが広がっていたため、周辺
  各国の人々に疎まれていたが、数百年に及ぶ技師達の奮闘が実を結び、魔導と並ぶほど
  人々の生活に密着した技術に昇華されたことで再び繁栄を取り戻した。
  大通りは勿論、街中に技師達の工房がある。都市としての景観を形容するなら、表っ面
  だけは整えられてもその本質は猥雑、の一言。赤の支樹(イグ・ストリーム)に程近い。

 フォーザリア鉱山
 :西方中央北部、ヴァルドー王国屈指の鉱山地帯であり、現在も採掘作業が続く同国及び
  世界の機巧技術を支える中核地の一つ。他の鉱山街と同じくその産業に大きく依存した
  経済構造・性格になっているが、一方で反開拓派にとっては格好の口撃対象。

 ギルニロック
 :ヴァルドー王国西奥の霊海上に浮かぶ統務院直轄領の一種、重犯罪者収監特別区・通称
  『監獄島』の一つ。外見は石垣と苔に覆われた要塞にも似ている。
  大都消失事件のあとクロム以下“結社”の構成員らが多数収監されていたが、彼に会い
  にやって来たジーク達とこれを抹殺せんと侵入した「使徒」達の戦いの舞台となった。

【地底層】=魔界、器界、幻界
=====================
魔界(パンデモニム)
:主要九世界の一つにして、地底層世界の一つ(マナ濃度=やや濃い)
 「魔族」と総称される四つの種族を中心とした人々が暮らす、薄暗めな空の世界。
 地底層世界の中では最も賑わっており、しばしば物見遊山に地上へ出掛けてゆく人々もい
 れば、逆に地底へやって来る人々もいる。気ままな性質な者が多いと言われる。
 中心地は「魔都ラグナオーツ」

 魔都ラグナオーツ
 :中央北部、そびえ立つ岩肌を削り出すようにして形成された魔界(パンデモニム)最大
  の都市。幾つもの坂(斜面)が街中に走り、それら街並みを見下ろすようにした高台に
  地底闘技場(コロセウム)が建っている。年に一度開催されるこの闘技大会は九界でも
  屈指のレベルの高さを誇り、毎年多くの観客が詰め掛ける一大イベント。

器界(マルクトゥム)
:主要九世界の一つにして、地底層世界の一つ(マナ濃度=やや薄い)
 地底随一の大鉱脈世界であり、その豊富な鉱資源を求めて開拓者が後を絶たない。
 しかし主要な鉱脈は先住種族である宿現族(イマジン)の各門閥(ファミリー)が牛耳っ
 ている状態。それ故か、気性の荒い者達が自然と集まり、ドンパチは日常茶飯事。
 中心地は「器都マルクトシティ」

幻界(アストラゥム)
:主要九世界の一つにして、地底層世界の一つ(マナ濃度=やや濃い)
 年中妖しい靄に包まれており、夢と現の境目が曖昧になっているという精神世界。
 それ故に幻夢族(キュヴァス)などの霊性の強い者らが好んで暮らしている。
 魂の世界・あの世──冥界(アビス)に近いためだという説が有力だが、定かではない。
 中心地は「幻都ティア・ノーグ」

【深淵層】=冥界
============
冥界(アビス)
:主要九世界の一つにして、その奥底に当たる世界(マナ濃度=薄い)
 所謂「あの世」であり、死者の魂は各地のストリームに乗って此処まで流れ着き、生前の
 罪業への裁きや償いなどを経ながら次の生──再びストリームに乗って霊界(エデン)に
 戻る時を待つ(中には長々と此処に留まってしまう魂もいるが)。
 『死神』と呼ばれるエージェント達によって管理・運営されている。
 中心地は「魂魄楼」

【分岐層】=異界
============
異界(アンノウン)
:上記主要九世界ではない、それ以外の世界群の総称(マナ濃度=不明)
 世界樹(ユグドラシィル)から枝分かれしていった無数の「異世界」達。
 ただその全貌は複雑多彩過ぎて把握し切れず、何より九世界の人々は基本的に自らこれら
 へ足を踏み入れることは殆どない(行けたとしても帰れない可能性が高い)。
 しかし一方で、古くからこの異界側から迷い込んでしまう人々──異界人(ヴィジター)
 の存在はしばしば確認されている。

※セカイの暦
:このセカイの日時の名称や割り振りは次の通り。
 暦にも十二聖の名が冠されている(当時の世界政府が彼らにあやかった為) 
 ==========================
 一月→石榴節  七月 →紅珠節
 二月→紫晶節  八月 →瑪瑙節
 三月→藍珠節  九月 →青珠節
 四月→金剛節  十月 →白晶節
 五月→緑珠節  十一月→黄珠節
 六月→月長節  十二月→瑠璃節
 --------------------------------------------------------------------
 第一曜日→聖女の休日  第七曜日 →狩人の日
 第二曜日→英雄の日   第八曜日 →侠者の日
 第三曜日→騎士の日   第九曜日 →剣士の日
 第四曜日→戦士の日   第十曜日 →旅人の日
 第五曜日→勇者の日   第十一曜日→隠者の日
 第六曜日→賢者の日   第十二曜日→導者の継日
 ---------------------------------------------------------------------
 大刻(ディクロ)→「時」に相当。略して「刻(ディ)」とも
 小刻(スィクロ)→「分」に相当。略して「小(スィ)」とも
 細刻(セークロ)→「秒」に相当。略して「細(セー)」とも
 【例】十二(大)刻・三十小(刻)・〇細(刻)=12時30分00秒
 ============================================
 上記の通り一週間は12日サイクル。一ヶ月は基本的に五週間。
 (但し、紫晶・金剛・月長・青珠・黄珠節の時のみ四週間)
 日付の表記はこんな感じ⇒『○○節 第×週 △△の日』

※セカイの尺貫法
 1往(リロ)≒1m/1荷(ウェム)≒1g/1範(ニーベ)≒1㎡/1容(サーべ)≒1㎥
 基本的に人々はこうした統一単位に桁数を重ねて数量を数えている。

※セカイの通貨
:今日セカイで主に流通しているのは
 「人貨(ガルド)」「天貨(セイニー)」「地貨(ミィル)」の三種類。
 ガルド(.Gald) は主に地上世界で流通しているセカイの基軸通貨。灰色の円形。
 セイニー(.Sany)は主に天上世界で流通している。白い四角形。
 ミィル(.Mill) は主に地底世界で流通している。黒い楕円形。
 その日時々の互いの為替レート(もちゃんと制度として存在している)にもよるが、
 大よそ1セイニー=1.2ガルド、1ミィル=0.8ガルド前後。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/19(火) 21:00:00|
  2. 【資料庫】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(資料)ユーヴァンス叙事詩録-A Worlds Guide- 「種族」編 | ホーム | (資料)ユーヴァンス叙事詩録-A Worlds Guide- 「歴史」編>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/181-f82fe465
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2017/06 | 07
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (144)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (84)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (26)
【企画処】 (324)
週刊三題 (314)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (309)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート