日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)棄てるは易く、護るは難く

※平素以上に糞真面目(で理想論的)です。ご注意下さい。


先日、大阪ミナミで通り魔事件が発生しました。
逮捕された容疑者曰く「誰でもよかった」「死刑になれると思った」などと話しているよう
で、既にリアル・ネット両界隈から凶悪事件との声が高まっています。
実際この報を聞き及んだ時、最初に脳裏を過ぎったのは東京秋葉原の通り魔事件でした。
加えてより時間を遡るのなら、地元(僕は兵庫出身なので)で起きたあの酒鬼薔薇事件も。
ただ、単にこれらどの事件も僕という人間に直接の被害を及ぼした訳ではないからなのか、
自身は殊更にこうした「凶悪犯」は詰って互いに不安を煽り合うような営みには、はっきり
言って与しません(多少はああ恐ろしいね等とは相槌を打つくらいはするにせよ)。

今回、わざわざ筆を取りこうしてテキストをしたためているのは他でもありません。
この雑記を書いているこの日付で、今回の事件に関し、松井府知事がこのような言及をした
からです(以下、発言引用)。

『死にたい言うんやったら自分で死ね。自分で人を巻き込まずに自己完結してほしいですね』
『どうしても行政の支援も受けずにこの世からいなくなりたいなら止めようがない』

……久しぶりに僕はカチンと来ました。この手の毒舌は飽きる程聞いている筈なのですが。
巷のオッサンオバサンの怨嗟ではないんですよ? この方は公人です。仮にも管轄地域の行
政を統括する首長の発言なのですよ。
通り魔行為(殺人・殺人未遂など)を擁護するつもりはありません。
ですが、人をその存在ごと切り捨てる為政者があっていいものか。これは毒舌ではなく暴言
の域ではないのか……? 僕はげんなりを越えて久しぶりに憤りつつ、思ったのでした。

なのに、どうやら世間様というのはどんどん“狭量”でいいやと仰っているようですね。
(ある種限定的、声だけが大きい者が出て来易い性質があるとはいえ)このニュース記事の
下部で連なるコメントは、この松井府知事の発言に賛同する旨が多いようで。
曰く「1人で死ねよ!自殺の勇気が無いからって死刑の為に他人の命を奪うな!」
曰く「おっしゃる通り。人に迷惑かけずに死んでくれ」
曰く「まさしくその通りである。知事の立場で言うのはどうかと思うが、そんなことが些細
に思えるくらい今回の事件は重大だ」
冷静な眼の方も探せばいるにはいるのですが、どだい感情的反応が先行してしまう手の話題
だからなのか“罪人は消え去れ”という排斥的思想が根強いのだと感じます。
……それは、まぁ仕方ないのかなぁと、思うのです。
以前「刑罰に関する再考」に言及した雑記でも、僕は“罪と罰の原型とは共同体を穢す存在
への排斥と自分達の回復だった”と思考し、したためています。その観点からすれば、彼ら
の反応とは、二十一世紀になっても変わらないのだなあと思うのです。
ですがそれらを、近代現代の「法」は取り上げ代行し、民草の“私刑”を制限したのではな
かったのでしょうか? そして今日の首長、為政者とはその執行責任者である筈です。
にも関わらず、そんな彼らまでもが“市民目線”と銘打って感情論に相乗りする形で論説を
ひけらかす──僕は不快感以上に、そこに一抹どころではない末恐ろしさを感じるのです。
バランス感覚が、肝心であり必要不可欠だと僕は思うのです。
その場その場で他人をモノを掻き乱す感情を御する理性。
その一方で理性の冷淡さに熱を加えるのは、感情というもので。
でも僕らは“現代市民”ですよね? 裁くべきは法に基づく犯罪行為とそこに至った判断で
あり、社会の皆々でその個人の魂を片っ端から傷つけ叩き壊し「殺す」ことではない──。
この僕の理解は、間違っているのでしょうか……?

何より哀しいのが「死にたいなら人に迷惑を掛けないで死ね」と平然と言い放って当然のよ
うな空気が流れていることです。
なんと現実とは狭量なセカイか……。改めて僕はそんな暗雲を垣間見た気がします。
確かに支援の手を払い除け、死に向かってしまう人は少なくありません。ここ何年も統計上
ですら年間三万人以上の自殺者が出ているくらいです(ただあくまで統計上なので、実際は
もっと多いとも言われているのですが)。
この手の発言を目にした時、僕は電車の人身事故≒飛び込み自殺も脳裏に浮かべました。
そんな時もまた、彼らは言うのです……『迷惑掛けるんじゃねぇよ』と。
所詮他人事、自分の周囲のリアルが第一である──原理的に保守性を発揮すると言ってしま
えばそれまでなのでしょうが、僕は分からなくなってしまいます。
「人は一人では生きられない」と説教する誰かのように、人間は持ちつ持たれつ日々を営ん
でいるものです。そして死ねば(法的義務は埋葬だけなんですが)その原因がどうであれ、
葬儀を執り行うのがおおよその世の“常識”──それが遺された人々に、或いは人々同士で
迷惑(わずらわしさ)を寄越し合います。
そもそも生まれてくること自体、生母のお腹を痛め、その後両親に養育を強いるのですよ?
“他人様に迷惑を掛けない生と死”なんて、どだいある訳がないんです。
なのに、さも自分だけは他人に迷惑を掛けていない──或いは掛けていることを「恥」やら
「罪」と認識している人のどれだけ多いことかと(後者はあながち間違ってはいませんが)

やれ個人主義の行き過ぎだとか、絆の崩壊だとか、それらしく繕った論説なら巷にゴロゴロ
しています。
でも、僕個人が強くこれだと思うのは「倫理」面のそれなんですよね……。
自分が無事ならいい。自分が得をすればいい。その為なら他人がどうなろうが知ったことで
はない。むしろ迷惑を掛けてくるな、と。……狭まったセカイに生きるが故なのでしょう。
とはいえ、その防衛心理を徒らに責めようとは思いません。
僕が、この雑記において言いたいこと。
それは『排除する価値観を疑え』という旨であって……。
罪人がいる。彼らは確かに罪を犯した。被害を被った人達もいる。
そこで人々はこの罪人を“村八分”にした。奪われたものは、場合によっては当人の生命で
以って購わせた──いや、自分達が奴はもういないと区切りをつけ、安心したがった。
全くそれが不要だとも思いません。
だけど、誰かを何かを滅ぼす(デリートする)前に、僕らはやり過ぎなくらい慎重で理性的
でもって臨むべきではないかと思うのです。

ある意味、排除するのは簡単です。自分達の“視界”からは被排除者らが消えるから。
それでも、排除しても事実は残る。排除された人・モノは間違いなくこのセカイに長くも短
くも残り続ける筈です。
それを繰り返し、その末に起こることとは何か?
僕はきっと、大きく分けて二つあると思います。
一つは「隔絶され合ったヒト」。もう一つは「罪(失敗)に怯えながらの生」ではと。
もっと具体的に言ってみましょう。
同じセカイに暮らしながらも、互いに距離を取り合って分かり合おうともしない。
だって不毛だから。どうせ喧嘩になる、炎上するだけから。
そこで一体何が得られるのだろう? 所詮はその不手際を責められ、最悪の場合今のセカイ
から蹴り落とされるかもしれない。だったら自分の営みに己を限定しておけばいい──。

これは、何も架空の話ではない筈です。今このセカイを覆っているものではありませんか?
始まりは皆のため、正義の為だと言って「敵」を「排除」した。
でもそこから、ヒステリックでシステマティックな歯車は加速度的に回り始める。
気付けばもう誰が「敵」なのか分からなくなった。……時折「敵」は演出されるけれど。
頼むから自分のセカイを壊さないでくれ。……なのにあいつは入り込んでくる。邪魔だ。

不安と猜疑の先に、僕らは豊かな社会を作れるのでしょうか?
「罪人」とされる者らも、その多くは何かしら理由が──でも漠然とした理由があった筈だ
と思うのです。
今回の通り魔も「殺せば死刑にしてくれる」と言っています。つまりは死にたかった。
その彼の者のメッセージを誰も受け取らなかった、皆が皆でその手段も塞いで回ったことで
にっちもさっちもいかなくなった、それが故の凶行な気が僕にはするのです。勿論、あの選
択が「正しい」訳ではないのですが……。

排除するのではなく、受け入れる。
攻撃するのではなく、護り合う。
本当に人が安心して生きられるセカイとは、むしろそういった寛容を是とする良き倫理の中
にあるのではないかと、僕は常々思うのです。

こんな事を言うと、きっと「お前は死刑廃止論者か」とか「お前も肉親が殺されたら恨むに
決まってる」とか言われるんでしょうね……。
なので、最後にちょこっと言及だけしておきます。
はい。少なくとも賛成ではありません。国民の税金が掛かる云々も含め、罪は果たしてその
全てが「個人」に収斂されるのか、今の世の中を見ていると僕は疑問を抱いてなりません。
恨むかもしれません。僕だって一介の人間ですので。
でもそこで、奴を殺せ!と公に叫ぶことはしないでしょう。したくありません。だって僕ら
は法治国家の下に生きているのでしょう? 報復の連鎖を繰り返さない為に権力が刑罰を代
行している面もあるのでしょう? だったら委ねるべきです。理性的市民とはそういう存在
として想定されているのでは……ないのですか? 貴方は、野蛮人なのですか?

排除して排除して、その先に誰が残るのでしょう? 何が残るのでしょう?
そんな虚しい繰り返しを歩まない為にも、僕らはもっと寛容でなければ。各々が自分のこと
だと思って思考を続けなければ。あわよくば良き倫理とセカイを実践しなければ。

僕も、この足りない頭で、日々悶々とするばかりです。

スポンサーサイト
  1. 2012/06/11(月) 22:15:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅱ〔25〕 | ホーム | (企画)週刊三題「深緑曰く返せよヒューマン」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/175-b6b28867
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (147)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (86)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (27)
【企画処】 (333)
週刊三題 (323)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (315)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート