日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)言の葉達は何処をぞ見る

今月から3月ですね。そして昨日は閏年の2/29でしたね。
皆さんは有意義な一日を過ごせましたでしょうか?
……自分は駄目でしたね<(^o^)> 未だに朝の寒さが身に染みて敵わない;
こんにちは。今月も絶賛豆腐ボディであるらしい長月です。

前回の記事の通り、先日某創作応援番組への投稿をしてみました。
放送時の結果は──色々とご指摘を受けて、改めて自分の文章の至らぬ点を見つめ直す機会
になったと思います(それで本当に改善されれば……いいんですけども^q^)


明らかになった(された)点はざっと挙げるとこのような感じです。
一つ、文章が長くて全体的なメリハリを落としている可能性。
二つ、各文章を「開けていない」中途半端さで読者に取っ付き難さを与えかねない点。
三つ、何よりも素材と文体のチグハグ感(ラノベ的素材なのに硬い文章)が改善すべき点。

要約すれば──『本当に君の文章は他人に読んで貰える文章か?』ということ。

ハッとさせられました。気付けばついつい高慢というか自分本位だというか。
やはり第三者の眼が介在する事は必須だと、他人に読んで貰うという意識がまだまだ自分に
は足りないと、今更ながら痛感した経験でした。
……精進は、尽きませんφ(・_・;)

『他人に読んで貰える文章』
これが、今回の一歩踏み出してみた晒し出す勇気と引き換えに得たアプローチの糸口ではな
いかと考えます。即ち他人の為を、ニーズに眼を向けている──エンターティナー的な文章
であるかどうかということ。
正直言って、これは以前より僕自身が揺らぎ悩んできた懸案の一つです。
他の雑記でも度々述べている所なのですが、僕は物書きをする際の動機付けとして、大きく
以下の二つの要素を想定しています。
一つは「娯楽型」──誰か他人を愉しませることに目的を置く動機。
もう一つは「思索型」──他人の愉しみというよりは、書き手自身の思考を何かしらの形に
することを目的に置く動機です。
安易な二分法は良くないとはいえ、これらに照らし僕自身の過去現在を顧みると、どうして
も後者にウェイトが寄っていると言わざるを得ません。
そもそもの動機が“自分のセカイ”を基点としているからなのでしょう。
「何故人は諍う?」「何故もっと許せない?」「良く在るにはどう在るべきか」等々。
それらから出発している自分の執筆、創作に“他人の幸福”が組み込まれ難いのは無理もな
い話なのかもしれませんね……。
実際、過去友人に「そんなものは論文でやっていろ」と苦言を呈された事もあります。

故にまた、性懲りも無く“迷い”が生まれているようです。
端的に言うと“自分は創作という形で文章に関わるべき人間なのか?”というそもそもの問
いであって……。
エンターティナー以外の物書きは認められない、という訳でもないのは分かっています。
でも自分が描いているセカイは、小説は、少なからず「娯楽」の為の商品と認識されるもの
であると思うのです(何せファンタジーな素材が多いですし)
なのに、僕が何かをしたためる時──そしてこうして雑記を書いている時もまた──果たし
て自分は“誰かの為”の文章を書けているのでしょうか?
端的に、自ら悪意のある言葉をチョイスするならば“高慢”
たとえ読み手に押し付ける意図はなくとも、文章の中に自身の想いをぶつけて──押し付け
がましい青臭い理想論を列挙しては心の何処かでドヤ顔をする一時を設けて──悦に浸って
いるだけの自分本位ではないのか……?
そんな、自身の自己顕示欲諸々に対する疑念・嘲笑といったネガティブな感情の再燃で。

尤も(雑記と小説を一括りにするのが門違いかもしれませんが)こうして思考を捏ね回して
文章化している現在の自分にも同じ問い掛けは投げられる訳でして……。
どうにも、僕は“自分本位”な文章ばかりであるのですね。

──拙作で、貴方が愉しみや思索の糧を得てくれれば幸いです。

しばしば用いている、思索型に依り過ぎている自分の、小説を公開している中でのポリシー
のようなこの表現。要は“先ずは自分が愉しいから書く”という事を言い訳する弁ではない
のかと。改めてこの場で問い直し、自嘲してみたり。或いはそれすらもまた自己満足の産物
でしかなかったり……。

……やはりエンターティナー的精神の物書きというものには、僕という人間は随分と程遠い
位置に在るようです(苦笑)

スポンサーサイト
  1. 2012/03/01(木) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(雑記)セカイの広さという問題 | ホーム | (企画)ヤオロズトビラ>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/133-5a6262db
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2017/08 | 09
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (148)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (86)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (334)
週刊三題 (324)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (315)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート