日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)前にのめりつ、後ろに引けつつ

……捌カナキャ ○| ̄|_

月末が忙しなくなるのは今に始まった事じゃあないものの、今回は特に。お仕事の諸々やら
私用で帰宅が遅くなる時がままあり、一度は月後半の長編系更新を繰り下げますとの報せを
ツイッタ(小日記)上に書き残して用心をしましたが──何とか普段の更新時(18時)まで
に間に合ったことで本来の予定通りのUPに戻させていただきました。二転三転してしまい、
申し訳ありませんm(_ _)m ただでさえ月末も月末、ギリギリの執筆モード→推敲からのUP
というスケジュールを想定していましたので、少々要らぬぐらい気を揉んでしまっていたの
かなあと思いつつ……。

という訳で、先日サハラ~の四十六章をUPしました。23エピソード目後編です。今回で現行
のシーズン4の内、二話目までが終了。プロット全体でもちょうど1/3までが消化し終わった
計算になります。早め早めに、またプロット練っていかないとなあ。
推敲後を含め、今回の分量は24500字強──平均(目安)としている2万字前後よりも割かし
多めになった数字の反面、書いている本人としてはどうにもやり取り系のシーンばかりにな
りがちで、目玉と呼べそうなドンパチ系=戦闘シーンの比重が折につけ少なく少なくなって
いるなあと感じてなりません(´・ω・`)
……どうなんですかね? 冗長な描写を省いてると言えば聞こえはいいですが、ドンパチ中
も敵味方双方の殺陣──臨場感ある一挙手一投足に乏しいのでは? とも。元より文章自体
物語自体が長く延びてゆく以上、肝心のダレ具合が省けているとは考え難いですし。やはり
自身の愉しみと、手に取ってくださる読者さんのニーズをきちんと観て(量って)バランス
を取ることが出来ていないのだろうなと思います。
(ただでさえ文章が硬いのに、ラノベ方面という畑自体がそもそも向いていないのでは?)

連日書き物どころではなかった夏の暑さも、あれから半月ほど経った現在はすっかり落ち着
いてくれたように感じます(その代わり秋雨が停滞して、場所によっては大変な状況になっ
てしまっているとも報じられていて……。手放しで安堵出来ない)先日、暦の上でも処暑を
過ぎ、流石に秋のそれとタッチ交替といった所なのでしょうかね? 過ごし易い季節・環境
になれば、今より多少は創作諸々も捗ってくれると嬉しい。いや、能動的に捗らせないと。

私事になりますが、この秋から自分の社会復帰(?)もまた一つ大きく進みます。まだまだ
社会的な経験値というか、習得すべきスキルは山積みですが、これで一先ずは療養ニートと
いう括りから名実ともに抜け出せるかと思われます。いや、この山積みを全部ものにし終え
てからようやく? 或いは余生自体そんなもの?
 過去の選択、進んだ時計の針はもう戻り
はしないものの、可能な限り巻き返して笑っていたいなと思います。不必要にペシミストに
ならぬよう過ごしてゆけたらなあと思います。

……しっかし、あれだな。

この先もっと忙しくなると、今までみたいに小説(創作活動)に割けるリソースは、時間的
にも物理的にも減ってゆかざるを得ない訳で……。

折につけ、またエネルギー配分やら月々のスケジュールやらを見直さないとなあφ(=_=;)


一時病気で伏せっていた身としては、この度のように巻き返せうる機会が巡ってきたことは
本来もっと喜ぶべき出来事の筈なのですが──実際今こうして迎えつつある自分自身の胸に
訊いてみるに、どうにもそこまで高揚している感じではなくて。というより、仮に高揚して
いるとしても、おそらくそうした己の細かな感情そのものを“自覚”出来なくなったと表現
する方が正確なんだろうなあ……と。それが現状、正直な感想なのですよね。

考えてみるに、その遠因は大きく二つあるものと思われます。即ち『天狗になるな』という
長らくの強迫観念であり、執筆の根でもある思想としての『諍い厭い』──が、行き着いた
先の『不必要に考え込まない』ようにする態度ではないか? と。

前者は文字通りなので言わずもがな、特に後者なのでしょうねえ……。確かに“考える為に
考える”という、経験上・精神衛生上不毛な営みを自分の中からシャットアウトしてゆこう
と努めた結果、一方で“感性のアンテナ”が錆び付いてしまった感は否めないのですから。
逐一他人や、時事問題に対して義憤(いか)らない。それはごくごく普通の日常生活を送る
分には(冷めているとは思いますが)割合有用な処世術であるとは思うのですが、こと自分
が足をがっつり踏み入れようとしている福祉の業界においては、もしかしたらもしかすると
致命的なマイナススキルになりかねない。つまり自分の感情すら“直に”吸い上げられない
人間が、痛み病んだ人々の思いを汲み取れるのか? という不安要素。弱点であって……。

何といいますか、長らく療養ニートとして鬱々引き籠っていた自分にとって、思考とは殆ど
唯一の武器だった訳です。どれだけ思考(実際の所、屁理屈)を捏ね繰り回せるか? 高度
な組み立てが出来るのか? というのは、体も心もろくすっぽ動かなかった人間が縋ること
の出来る“成果”だったのです(まぁ実際、繰り返しますが、実も何も無い空論に過ぎなか
った訳ですが……)そんなボロボロの、ある種の自業自得だった自分の精神状態ないし現実
を“直に”視るということは、それこそ自尊心(プライド)が許さなかった訳です。心理学
的な知識を用いれば、寧ろ「自信」が持てないからこそ「尊大」な態度を表に出さずにはい
られない、冷静に観れば馬鹿馬鹿しい限りなのですが、絶賛進行中の当事者にとってはそれ
は解らなかった。今でこそ症状が落ち着き、今のお仕事という看板をいただけて肩の荷が下
りたからこそ、抜け出せたものの……。

話題が逸れました(僕個人のバックボーンに突っ込み過ぎた)
そうやって自分の場合、長らく己の感情と“直に”向かい合って認識するという営みを封印
してきた・怠ってきたがために、未だにそういったアプローチが出来ないのでしょう。一方
で己の感情を、後発的に“理屈”越しに説明することで言語化──自分がそう思っているの
だと認識するというやり方で代用し続けてきたため、そっちのスキルばかりが鍛えられてし
まっている。要するに己の感情という目的地に、直通路ではなく迂回路(バイパス)経由で
しか向かえないという状態だと思われます。確かに、その自覚する為のプロセスが徹頭徹尾
「自分の為」にのみ使われている内はそこまで支障は出ないのかもしれませんが、いざ己の
中のそれ=言語化された理解を「他人に伝える」となれば……全く別のスキルを要求される
ことになる筈なのです。自分が分かればいい言語力と、誰かに分かって貰う為の言語力とは
必ずしもイコールではありません。こと障害者福祉──世間一般で云う所のコミュ力、更に
言うなら「陽キャ」前提の社会性の中で馴染めずに取り残されてきた、自らの思いを能動的
に言語化することに多かれ少なかれ困難を抱えてきた人達を相手にするお仕事ならば。

……多分僕自身、これまでの(療養時分を中心とした)生き方と現在進行形で迎えようとし
ている事態を踏まえ、必死こいて“バグ修正”を行おうとしているのだと思います。或いは
こういったバグに気付いて、今更になって慌てているのか。

物理的な自分は、幸運にも巡ってきた縁(よすが)をふいにすまい、手放すまいと実際やや
冒険しているなと思っていても前のめりになって食らい付き。だけども精神的な自分は、従
来に比べてそこまで劇的に変われていないものだから、内心いざっていう時についつい引け
腰になってしまう──責任や決断を求められると逃げたくなってしまう悪癖が今回も燻って
いる。要するにガワと中身が、今も言うてそこまで息ピッタリという訳ではなくて。

……昔に比べれば、大分鳴りは潜めてたんですけどねえ。臥せっていた日々から這い出し、
どうにかこうにか周回遅れの人生をやり直す為にも、自らに『これでも経験値だ』と言い聞
かせつつ、ええいままよと飛び込んできた(やってきた)心算だったんですが……。

人慣れをしていないということは、つまり感情を“直に”汲み取れずに、他人と何処か距離
を置きながら接してしまっている状態だと見抜かれている。なのに一方でその似非インテリ
ムーブが、人によっては落ち着いている、話し易いとの評(人畜無害とも云うが)になって
返ってくる。正直、罪悪感がが。

そりゃそうだなんだけども、人間って難しいなあ。
とにかくなるべく早く、バグ修正しなきゃ……。

スポンサーサイト



  1. 2019/08/28(水) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「だから庇を」 | ホーム | (長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔46〕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/1146-e61d0148
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

09 | 2019/10 | 11
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month