日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)良貨と悪貨と風物詩

お、お盆さえ乗り切れれば、きっと……(xДx)

(いや、ここ数年「残暑」も本番みたいなものじゃないか)だけど多分、そうこっちの都合
に合わせてマシにはなってくれないんだろうなあ。未だズレるなり変わるなりする可能性は
あるものの、予報では既に一過後の土日がカッカ晴れのようだし……。

令和ちゃん。初めてのお天道様だから勝手が分からないかもしれないけど──もうちょっと
加減覚えてくれませんかねえ?(´・ω・`) 身体は少しずつ夏に慣れてきたかなあと思えど、
それでもやっぱり頭が回らんのはもどかしいのです。こんにちは、長月です。

よりにもよって、お盆の帰省ラッシュを直撃かあ。まぁ去年も似た感じで交通網が麻痺して
いた記憶がありますけども。諸々のニュース記事でも翻弄され、商売上がったりや時期限定
のイベントが中止せざるを得なかったり。記憶が美化というか、風化しているだけなのかも
しれませんけど、自分が子供の頃はここまで試練(忍耐)を課すような天候じゃあなかった
気がするんですがねえ……。

間が空いてしまいましたが、先日ユー録の百七章をUPしました。此方=前回の雑記でも軽く
お知らせしていたように、暑過ぎて敵わんと、執筆モードに入る予定を一週遅らせての更新
となります。夏の茹だる昼夜の中ではありますが、宜しければお付き合いくださいm(_ _)m

今回の分量は、推敲後を含めて19600字弱。もう少しで平時の目安2万字台に乗ったぐらいで
したが──まぁ絶対にそこまで膨らませなきゃいけないという訳でもなく。
(ただでさえ頻度が遅いので、その分ガッツリお届け出来れば……という思惑もある)
尤も過去数回のそれが、随分と膨れてしまった反動もあるのやもしれませんがね。ちょうど
現行Ⅷ部前編(全体1/3)の〆に向かっていたという側面もありますが。

それでもまあ、分量はともかく自身の中では「何時もの」のルーティン──執筆モード時の
リズムを、この暑さに茹りながらも維持できたのは収穫だったかな? と前向きに捉えよう
とは思います。結果論ではありますが、先週のくたくた具合は暑さという以上に、先月末急
に入った用事で精神的な疲れが溜まっていたんだろうかな? と……。今後も趣味とリアル
を両立させてゆく為にも、例の如く忙しない月末辺りは、もう少し「空き」を設けておく必
要があるのかもしれません。
(尤も今回のように執筆スケジュールを遅らせると、その分次の月末~月頭の自分にその皺
寄せが来る訳ですが。結局、自転車操業的な所はさして変わらないっぽいなあ……^q^


世間的にはお盆の真っ只中ですが、サブカル的にはコミケですね。いや、厳密にはでしたね
と言った方が正確な表現ですか(日にち的に台風が来るギリギリ前でしたからねえ)
年々膨らむ参加者・サークル数を前に、今年はとうとう開催日程自体四日間に延び、会場も
ビックサイトから変更になったとのこと。ファッキン五輪。つい数年前までは療養ニートを
やっていましたし、元より外に出る──旅慣れ・人慣れをしていないため、自分は当初から
傍観勢(俗に言うエアコミケ)を貫いているので、所詮は外野の類ですけれど。

ただ……なまじここまで規模が大きくなると、場所の勝手も違うのも手伝ってか、トラブル
を完全に無くす事は出来なかったようで。自分の観測範囲の中でも、炎天下の敷地内を延々
ぐるぐると並ばされた不満やら、その一方で規制解除の順番がおかしかったとか、何よりも
今回数千人に及んだ徹夜組(※近隣住民の迷惑になるため、運営からも禁止の旨が散々出さ
れているルール違反。あくまでコミケ自体が同人イベント=有志の催しであるため、単純にお
お目当ての新刊をズルして買われるという不公平だけでなく、会場を借りてゆくことそのも
の、存続にさえ関わる毎度の問題なのですが……)の存在やらが呟かれておりました。TL上
には参加して来た各サークルさんの「ただいま!」やファンの方達とのやり取りが綴られて
ゆく一方、上記のようなトラブル諸々に対して不平不満(おもうところ)をぶちまける人達
も少なからずいて、どうも平穏無事に終わった祭典だとは言い切れなかったようです。

……うーん。何だかなあ。
例の如く自身は外野、参加すらしていない傍観勢ではあれど、期せずしてモニョる。

実際、人の多さやら熱中症やら、問題が無かった訳ではないと思うんですよね。寧ろ一時に
あれだけの数の人間が集まっている時点で、揉めない方がおかしくって。
にも拘らず、僕が顔を顰めるのは、そうやって“わざわざ文句を言う”人達が可視化されて
いるという点──即ち諍いの火種がそこに在るんだと分かってしまうからで……。

そりゃあ会場内の個々には、やべー奴もダース単位で出たのでしょう。徹夜組なんていう、
旅程と予算の調整も怠るような輩も相変わらず跋扈しており、腹立たしいなと思うのは僕も
いちオタクとして同じ所です。
……だけども、やはり根本の所では少なからず人が勘違いしているんじゃないかなあ?と。
つまりは自分が「お客様」だとの意識でいるモンだから、謙虚さというものを忘れてしまっ
ている。美徳としてのそれよりも、今自分だけが気持ち良ければいい(利益になればいい)
という快感原則で動いている。その所為で他人が被る皺寄せなんて、まるで考えちゃいない
し、そもそも頭に無い。大雑把に言ってしまえば──自分勝手。只の我が儘……。

自惚れるなよ? 自分が“して貰って当たり前”と振る舞う人間は、一般的に“傲慢”だと
見做されるなんだぞ? 知らないのか? 解らないから、そんな風に振る舞えるのだろうな。

……私怨混じりで失礼。どうもここ暫く、自分もリアルでそういった感じの人間に会ったり
面倒に巻き込まれたりしたもので(今のところ直接害があった訳じゃないけれど、立場から
その尻拭いに動き回る諸先輩方を観てるものでね……。義憤というか、正直腹立たしくて)
○○が在って当たり前、××が排除されて然るべき、自分が大切にされなきゃ嫌だ──仕事
柄、実際は寧ろ「大切にされて来なかった」経験から過剰に欲しがる=精神的な成長が追い
付いていないというパターンも幾つか観てきて、知ってはいますが、それは現実問題あくま
で特別な環境なんですよねえ……。こう言ってしまうと酷だけども、一般の人達は“迷惑”
を掛けてくる他者個々人のバックボーンなんて「知ったこっちゃない」んですから。話を戻
してコミケ参加者のルール違反も、それを自己弁護・擁護する連中も、大体は他人の迷惑と
いうものを考えていないと見受けます。巡り回って“皆”が不利益を被るんだといった説明
にも、大抵は逆ギレしてこちらをシャットアウトというパターンが少なくない気がします。
何だかんだで『我慢する』こととは、人間──他人と関わり合いになるこの世を渡ってゆく
中で必須の技能、精神性なんだなあと改めて思うようになってきました。
(それを旧態依然! 老害め! 等と罵られたとしても、仕方ないと言えば仕方ないのかも
しれませんが……)

つとに世の中の向きは、不正不義を「告発」しようという流れが続いています。理不尽に曝
されても泣き寝入りをせず、皆が声を上げてゆくことで、これらは正してゆける! という
感じでしょうか。古くから社会(権力?)は弱者を抑圧してきたのだからと、SNSの発達
による情報発信のハードルの低下も手伝い、そんな旧態に対してリベラルな揺り戻しが起き
て久しいのだと僕は理解していますが……それと十把一絡げの不平不満を表明することは、
必ずしもイコールではないとも考えます。かつてとは比べ物にならないほど可視化されるよ
うになったとはいえ、あらゆる物事が“消費”される世の中・国民性が少なからずセットに
なっているとはいえ、こういった時代の向きが『我慢する』ことの防衛線も下げてしまった
のかなあ? と。馬鹿と鋏は使いよう──とにかく声を大にして騒ぎ、事を“炎上”させて
でも味方だけに囲まれていればいいやという考えは、あまりにも安易ではないかとやきもき
するのです。こと自分が大切にされたい! という欲求と、これら語って良しとする環境は
非常に相性が良く、合致し易い訳ですから(手垢の付いた表現をすれば、承認欲求の魔物と
でも呼ぶべき現象でしょうか。個々の精神構造、バックボーンに難が在るのだとなまじ知っ
ている以上、一概にこれを“切り捨てる”訳にもいきませんからね……)

何も一言も語るな、秘して口を噤めと言っている訳ではありません。かねてから自己分析的
に言及している通り、僕個人の諍い厭いも少なからず影響しての感慨でしょうから。

ただせめて……自覚はしておいて欲しいのです。義憤(いかる)事とは危うくって、拠り所
とする正しさなんてものは、時々の情勢・情報によって簡単にひっくり返ってしまうこと。
言論の自由とは、絶対に批判されない権利とセットではありません。感情の発露というのは
ある意味エントロピーを移すだけのようなもので、僕達が溜め込んで吐き出したそれが、他
の誰かの感情を揺さぶるかもしれないのです(良くも悪くも、それが言葉の力なのだろうと
自分は考えます)心を乱した言動は、別の誰かの心を乱しうるのだと自覚した上で、貴方の
言の葉を繰って欲しいなあと願うのです。

スポンサーサイト



  1. 2019/08/15(木) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「差惨華(さざんか)」 | ホーム | (長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔107〕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/1142-e97bec79
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month