日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)凡庸を生きる覚悟

こっちはふと気付けばカッカ照り──え? そっちは土砂降り?

例の如く今年も、お天道様は両極端に荒ぶっていて、連日快適に過ごすには厳しいと言わざ
るを得ない日中が続いております。寒暖の差で神経がやられるというこれまで以上に、段々
と“熱”のそれが取って代わろうとしております。皆さんも、水分補給や日陰での休憩など
を惜しみませんように……(._.) 自分は一応デスクワーク──屋内作業が大半ですが、それ
でも場所によってはじりじりと陽と暑さが差して堪らん状況。一方でニュース画面の向こう
からは、地域によっては真逆の気象による被害が報じられることも少なくなく、これまでは
当たり障りのない(問題にならない?)書き出しであった天気の話も、その内“不謹慎”の
誹りを受けるようになるかもしれませんね……。

今週は執筆モードの小休止期間(インターバル)──と心算をしていたのですが、やはりと
言うべきか結局、次の長編系=サハラ~に備えてそれまでに片付けておくべき書き物をどな
いかせんといけん! と妙に気忙しくなってしまっているここ数日。意識というか、逆算を
し出すと「ほら、やっぱりあんまり日がない!」と焦ってしまい……。されど肝心のネタ自
体はそう都合良く降って来るでもなし、水面下でやきもきする(大よそ週単位の)行動ルー
ティンが今回も繰り返されているといった状況です。……もう完全に手段と目的が逆になっ
てるんだよなあ。かと言って、そう常時「書きたいこと」があるのかというと……φ(=_=;)

だから、●●の所為! と安易に叫ぶ訳には……いきませんよねえ。

ただ実際問題、以前にも増して日中(お仕事)に割いているリソースが多くなっているのは
間違いないだろうなあとは思っています。尤もそれは自身が、現状手持ちの選択肢の中から
望んだことなので一層頑張るしかないとは思っていますが、一方でこうガンガン基本の消耗
度合いが底上げされてゆくことに正直不安はあります。寝て起きて、仕事に行っては帰って
来て、疲れたから風呂飯を済ませて後はほぼ寝る──ある意味、世の社会人・勤め人と同じ
サイクルに加われたのは自身にとっても進歩なのだろうとは思うのですが……如何せん創作
活動というものが自分にとってすっかりライフワークというか、時間の過ごし方の中に染み
付いて久しい分、そちらが「減ってゆく」という印象はどうにも拭えない。

少なくとも、喫緊の必要性が無い中でものを書く・創ることに意義はあるのだろうか?

そう自問せど、回答(こたえ)をを出す前にこれまでの習慣(惰性)を壊したくない・止め
たくないという恐れの方が勝って、またバタバタッとそちら=創作にも心血を注ぐ──当座
の渇きを満たそうと突っ走ってしまう。繰り返してしまう。そして安堵も束の間、それらを
上書きして余りあるほどに、また疲れる。逆張りよろしく気落ちする……。

幾度となくぼやいている話ではありますが、いい加減創り散らしたもの等にピリオドを打つ
(風呂敷を畳む)方向へと活動を持ってゆかなければ。せめて今書いている物語ぐらいは、
きちんと完結させたいなあとは思えど──はたして何年先になることやら。最後の〆自体は
頭の中にぼやっと在っても、そこへ至る途中経過(を埋めるの)に難産を余儀なくされる。
というか早く済ませようという思案も、過去何度か更新頻度=コンスタントな負荷を落とし
てきた結果出てきたものでもあるんですよねえ……。確かに併行できるという点では最善の
判断だったかもしれないけれど、長い目で見れば負荷を定期的に課すスタイルな訳だから、
どのみち疲れが蓄積してゆくのは同じなんじゃね? というか……。だから良く言えば継続
であり、悪く言えば引き延ばしである、とも。

(次の三題が決まらないので、とりあえず先に雑記でも書くかと思って筆を執ってみた次第
ですが、最早近況もクソも無くなっている感orz)


というよりも、雑感と呼べるほどの思考材料を、そこまで広く様々に持ち合わせていないと
いうのが最大の原因なのですよ。ええ。療養生活から脱したとはいえ、作業場と自宅を往復
するだけ(或いは時々通院)の生活では、単調になりがちな日常──感性のアンテナは錆び
てゆく一方なのでしょうね……。
なのでワンイシュー、似たような話ばかりするのも何なのですが、今回もお仕事=福祉関連
からの切欠を引っ張り出してみようかと思います。

思うに、人が挫折する大きな理由の一つは、理想と現実とのギャップなんだろうなあと。
勿論実際の反応(症状)がどのような形になるのかは、人によって様々です。寧ろ僕自身も
その辺りの学問的な知識はこれから詰めてゆくことになるので……まぁ素人に毛が生えた程
度くらいに聞いておいてください。

例えば『自分はもっと大きな事を成せる筈だ!』という理想があるとする。だけども現実は
『そこまでスキルがある訳でもないし、経験だって乏しい』。こと社会に出て間もない時期
は当たり前のことです。
だけど……そんな後者(現実)をどうしても認められないという人間は、案外世の中には少
なくないらしい。幼い頃からの特有の万能感──ざっくり自尊心(プライド)と呼べるもの
ものは何となく自身の中で漂い続け、膨れ続けていて、それこそ個々の家庭環境や対人関係
のトラブル、過去連綿と繰り返してきた失敗の経験とそれらに対する自らのフォローが少し
歪む(他人びとのそれと掛け違う)ことにより、僕らは簡単に“壊れて”しまうことが出来
てしまう。切欠を連れて来れる……らしいというのが、この頃ようやく解ってきたのかな?
と考えています。即ち自分だけではなく、他人のケースを聞き及び、且つ傍から眺める内に
何かしらの共通項(と大きな差異)を見出したという按配。

大雑把にですが、この自身の中でのバグに対する態度が、表面的──第三者から見える病状
となるのではないかと。つまり外に向かってゆくタイプとして現れれば、現実とそぐわない
自身の理想≒自尊心を充たす為に『現実(多くの場合、社会ガー!他人ガー!)が悪い』と
いう武装を取って話さない──他罰的・サイコパス気質になるし、内に向かってゆくタイプ
として現れれば『理想(を掲げたのに届かない自分)が悪い』と足りない届かないばかりを
嘆き、閉じ籠もることで己を防御する──自罰的・メンヘラ気質に陥ってしまうのではない
でしょうか? 勿論一概には言えないでしょうし、状況や相手によりこれらは十分切り替わ
り得るものと考えますが、普段の自分の観測範囲内においては大よそどちらかのベクトルに
分けられるのかなあと捉えております。

……なので、僕自身が後者寄りだというのもあり、どうにも前者的なタイプというのはどう
も苦手ですね。いや、同じ後者も陰湿な手段なり何なりに訴えてくる人なら顰めっ面になる
のかもしれませんが……何分自らが平和主義者(諍い厭い)であるがために、やはり正面切
って・面と向かって高圧的に振る舞う人間とは合わないんだろうなあと。

前者のような拗れ方をする人間を、僕は「どうして……??」とばかり観察してきたように
思います。たとえ個々のバックボーンを知り、時には実際に相対して言葉を向けるような出
来事を経験しても、何処か自分とは違うんだと思い込むような時期が長かった気がします。
そのような回答(こたえ)を作っておくことで、毎回そこで立ち止まらずに通り過ぎてゆけ
る保険を掛けていたのかもしれません。
ただ……先ほども自分なりに言語化したように、僕だって一つ二つ歯車が違っていたら彼ら
のようになっていたかもしれない。サイコパス(病的なまでに自己中心的)だと、陰に囁か
れていたかもしれないのです。……心当たりがあるんですよね。それは他ならぬ現在?進行
形で、当庵に残っている、かつての自分が書き残した雑記等の過去ログ。未来の自身の姿を
描くことが出来ず、療養生活という体の引き籠った日々を送っていた当時の自分にとって、
憎むべきは自らではなく他者でした。こんな状況に追い込まれてしまった──(何の根拠も
ない)理想を初っ端から圧し折ったまま醜く跋扈する、外側の世界そのものでした。当時綴
っていた雑記──思考の吐き出し先、臥せっていた自分に可能な数少ない営みとして、リハ
ビリがてらに書き散らかしていた文章達は、今からすれば“黒歴史”に他ならないんだろう
なあと思います。改めて読み返すのも(量が量だし)面倒ですが、少なくともあれが当時の
自分の“限界”だった。視界狭窄、若気の至り──バサッと切り捨ててしまえばほんの数語
で済んでしまうような日々ではあっても、せめて今とこれからの自分への反面教師(自戒)
ぐらいにはなってくれれば、少しは供養になるのかもしれません。

……これは半分僕個人の経験と、とある御仁の言葉なのですが、こと引き篭もり的だったり
社会的に除け者にされてきたような人間達にとって、それでも尚社会で生きるということは
即ち『惨めに生きる覚悟』を決めるのと同義であると思うのです。もう少し自分なりに噛み
砕くならば『凡庸でもいいや』という諦観──諦めるということは、即ち受け入れるという
ことです。それまで自分そのもの、不可分だと思っていた価値観・要素をスッパリと手放し
てしまえるか否か? 残酷な話だよなあとは自分でも思うことしきりですが、世の慈善家が
云う「一歩踏み出す勇気」とは実際問題、そういう意味合いをオブラートに包んだものでし
かないんだなと。前者のような拗れ方──膨れ過ぎた自尊心(プライド)が他罰へと転じた
人間に対しては文字通り、その過大な自負が“間違っている”のだと自覚・改善させること
であり、後者のような壊れ方──自滅さえ厭わぬ完璧主義が自罰に転じた人間に対しては、
先ずその完璧志向(他事象に対する過大評価? 色々な物事のハードル)を段階的にでも落
としてゆくこと。病んでいる現状、今のままを肯定して居座る訳ではないけれど、せめて先
へ向かう際の足元ぐらいは……もうちょっと踏ん張り易くした方がいいんじゃない? と。

何となく、自分という人間はそこそこの働き口を見つけて、そこそこの暮らしを築けるもの
だとばかり思っていた。それさえ難しい世の中なんだなと何時しか気付いていても、そこで
ピシッとひび割れた自分に長らく気付けなかった。

何となく逃げて、先延ばしにして……限界を迎えて。最初は自分が「病気」になったことも
認められず、周りの目ばかり気にして閉じ籠もっていた。何とかしなきゃ、何とか逆転しな
きゃと焦りばかりは募り、やがてリハビリがてらの物書きの中で、これが仕事=作家になれ
ばひっくり返せるんじゃないか? なんていう目論見がむくむくと膨らみ始めた。尤もそん
な安易な考えは、とかく過ぎてゆく歳月や自分の文章の毛色、トレンドとの乖離、しばしば
又聞きする業界の内情──食えるのはごく僅かだし、しんどい事ばかりだぞ? 的な情報を
知るにつれてやがて失われてゆく。熱情は冷めていった。……まぁ書くこと自体は、生業を
しながらでもやれない事はないし? とハードルを下げて、予防線を引きまくって。

ただそれも、最近は冒頭のようにリソース不足とルーティン化のし過ぎで頭打ちしている感
が否めません。不安がるのはいつもの癖みたいなものとはいえ、はてさて他でもない僕は、
療養生活から今日に至るまで、本当の意味で成長しているのかしら? こうして並べてみる
限り、あまりその精神構造は変わり映えしていないような気もするのだけど……?

きっと僕は、天才にはなれない。なれなかったし、なる為の努力も足りなかった。
(確かにそれでもと足掻き、正しい方向で努力し続ければ一角の人物になり得たのかもしれ
ないが──少なくともそれは「僕ではない」と思える。或いはそう思って、自分に言い聞か
せてしまった時点で“負け”なのだろう)これ以上病んでしまう前に、僕という個人は何処
かで退き、凡庸の中でも生きられる形を我が物にしていかなくっちゃいけない。

無限という信仰に、有限という容(かたち)を。
或いは果てを知って夢想したとしても、追い過ぎることのないように。

もっとシビアに、選ばなくっちゃいけない。
捨てられないままじゃあ……いずれ全部“抱え落ち”てしまう。

スポンサーサイト



  1. 2019/07/18(木) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「ブックマン」 | ホーム | (企画)週刊三題「災能有る風景」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/1132-4615ac17
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2019/08 | 09
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (186)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (107)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (45)
【企画処】 (455)
週刊三題 (445)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (393)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month