日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)皐月去り際、つらつら連ね

( 」 ゚Д゚)」<大変長らくお待たせしました

プロット作成自体はちょうど丸々三ヶ月でしたが、その後元の月二作の連載ペースに戻す為
のスケジューリングや休養を挟んだことで、結局実質四ヶ月──月末も月末の更新となって
しまいました。つまりざっと、1/3年が過ぎてるんだよなあ……。

先日、サハラ~の四十三章をUPしました。22エピソード目前編です。かねてよりお知らせし
ている通り、今月分から連載再開&シーズン4が始まります。月前半(ユー録の方)に比べ
ると分量は控えめですが、まぁ増えりゃあいいってものじゃない。ことガチガチの文学系で
もない──大よそエンタメと括れる限り、文章を砕くことが出来ればそれに越した事はない
のだろうと考えます(尤もそれが自分の場合、中々難しく思えてならないのですが)

怒涛の大型連休もあっという間、一年で最も休日が連続する時期と言っていい先のイベント
も今となっては遠い“過去”の出来事になってしまいました。……もう馬鹿の一つ覚えみた
いに言っておりますが、とんと月日の流れが速い(´A`)-3 そう嘆いてばかりだというのは、
即ち自分が若さよりも(精神的に)歳を取った証なのだろうなあとは思うのですが──さて
その流れた歳月に比して、相応しい程の物事を自分は為せてきたものか?

少なくとも年初に立てた目標は、ろくすっぽ進んでおらんので\(^o^)/結局今ある分を続
けては、捌くだけという暮らしでもう半分が過ぎようとしている訳でして……。やはりと言
うか言わんこっちゃないというか、日々直近のタスクで手一杯な感が否めませんねえ。個人
的には何のかんの、その都度凹んだりすることはあっても、気楽にマイペースにやらせて貰
っているとは思うんですけども。なにぶん可処分時間がね……。ここ数年、お仕事にも戻れ
て気負いが降ろせたからこそ、今のプライベート(創作活動)もまた在れるのですが……。

やはりアレですね──「隙間時間」をもっと有効に使わなければ。或いは作業と作業の間、
もう一つ進め切るには中途半端な、夜長などにふいっと出来てしまう空き時間に、どれだけ
構想の断片を纏められるか? 下準備を進められるのか?

まぁそればかりに意識を向け過ぎても、下準備の下準備の下準備……みたく、そもそも何を
やってるのか分からなくなってしまいますけどもφ(=_=;) 少なくとも漫然とペンを走らせて
いるだけでは埒が明きませんねえ。積ん読やら他人様のゲームなど、インプット用の習慣も
もっと物理的にルーティンを作っていかないと、いつまで経っても根付きやしない。自分の
場合どうしても、自作>他作にエネルギーも関心も流れてゆきがちですのでね? 通院中の
待ち時間に読書とか、更新コンテンツの隙間にメモを纏めるとか。より細かく予定を並べて
ゆくようにした方が良いのやも?
(但し疲れ果ててしまわない程度に。とにかく一度陥ると大幅ロスなんだよ……orz)

振れ幅というか、またいつもの周期的なものなのでしょうけど。
意欲がモリモリある今みたいな時に、なるべくお話作りを進めておきたい。色々弾数や種類
を用意しておきたい。


そんなこんなで僕は元気です。そりゃあ勿論、時々のコンディションによって未だ浮き沈み
はありますが、今となっては主に体力面(ガス欠)から来る類ですしね……。というか、昔
も本来はそこだったんでしょう。脳味噌だって身体の一部っちゃあ一部な訳で。その部分だ
けを殊更“精神的な”と取り出して、余計に自分を追い詰めてしまってたのかなあ?と、今
頃になって遅過ぎる省みではあるものの……。

──さて、今回は何を書こうか。正直な所(もう長いことほぼ毎回ですが)当座の生存報告
と更新しました~的なことさえUPできれば、少なくとも記事としての役割は果たせてるんで
すよね。プラスアルファ、その都度自身の中に溜めていた感情──雑感のような何かを文字
にして吐き出しているというのが現実な訳で。

諍い厭い……というのはいつも通り、今までも長らくそう。
ただ、だからと言って、そんな僕自身の個人的な“私怨”でもって分量を連ねるべきか? 
仮に直接的ではないにせよ、時々の“問題”達に火をくべるのは如何なものか? 物書きの
端くれの癖に、言霊というものを舐め過ぎてはいないか……?

ごちゃごちゃと、余計に無闇に「語る」べきじゃあないんですよ。まぁ僕個人の美学という
か、今までの人生の中で染み付いた習性も多分に含まれての思いではあるのですが。
少なくとも──美しくはない。
本当に大事なこととは、大抵の場合非言語的だと考えます。尚且つほぼ経験的によってのみ
理解し得るものなのだと考えます。つまりは至極“個人的”イベント群なんですよね。確か
にそれらから導き出される訓戒は(しばしばセンスのある誰かによって)テキストに起こさ
れ、後の人々に継承されてゆきますが、あくまでそれは汎用化されたものであり、余程の事
が読み手に起こらない限り「他人事」なのです。同じ場所に着いて──痛い目に遭って──
ようやく僕達は理解できる。多くの言葉は事後的に個々に染み入るのであって、結局は当初
発した当人の意図を如何様にも越えて、個々の“都合が良い”材料に為るのです。良くも悪
くも。いや、その是非さえも、基本はもう発した側には決められない……。
(その最たる例の一つが『お客様は神様です』でしょう。元々あのフレーズは某演歌歌手の
方が、粗があればすぐに見透かされる、芸を磨いて最高のパフォーマンスを見せるのだと、
自らを戒めて場に臨む言葉だったと云います。それが今では横柄な客の免罪符として誤用さ
れてしまって久しい。後年ご当人がHP内で違うんだと言及したらしいのですが、現状何も
変わっちゃいないでしょう? そうやって都合のいい解釈の方が一人歩きする。ただでさえ
今日びは“炎上”が茶飯事になっているのですから、下手なことを言わない方が「処世術」
としては正しい訳です)

臆病と言われれば、否定はできません。しかし言葉の力を信じると宣うのなら、尚更その取
り扱いには慎重にならなければ。不用意なワード一つで、今日は文字通り社会的に抹殺され
うるリスクを抱えています。これだけ誰も彼もが(昔から「思って」はいても)意見・感慨
を述べることが出来るようになった世の中にあって、自分の発したそれが、他の誰とも衝突
しない訳がない。まぁ寧ろ突っかかることが目的化している輩もいますけど。自分の言葉が
全幅の肯定でもって迎えられると、口にしても大丈夫だと軽く考えるのは、実際甘いんじゃ
ないか? だからと言って一昔みたく『甘ちゃんは出しゃばって来んじゃねえ!』と実質の
排斥・鎖国状態になってしまっても、言論なるものとは遅かれ早かれ死んでゆくのでしょう
けれど……。

多分、アンバランス加減のせいなんだろうなあ。なまじミクロの側での自分が現状安定軌道
に在るものだから、一方でマクロの現実=世間様で起きている(どす黒い)熱量に対応し切
れないでいる。以前まではそれらを「厭」で目を逸らし、無いふりをしながらこれまでやり
過ごして来たものだから。

コッチヲ見ロー! さりとて、自分に何が出来るって訳じゃあないんですけどね?

別に僕だけに限らないと思いますが、何かしら“問題”が燃えたとして、それを自分なりに
どう捉えるのか? 扱うのかという自問(とい)に挑んだ時に、僕らはそれぞれ日頃知識・
経験の中にある自らの領域──フィールドを通してこれらを観ると思うんですよ。僕の場合
はざっくりと福祉業界と括ればいいのでしょうか? そして物書き、創作人。だからこそ、
被害に遭った“弱者”は勿論として、被害を与えた“弱者”に対しても自分はモヤモヤ思う
所が出てきてしまう。『あ、あんたら。何でそんな剥き出しの敵意を向けられるの……?』
大多数の人間にとって、やはり渦中の人物や周辺が「他人事」であるという点も大きいので
しょうが、僕は何よりそれ以上に、さもゼロサムで相手が悪だと言葉でボコ殴りに出来てし
まう(ネット上の)少なからぬ人々に対してしばしば恐怖さえ感じます。明日は我が身──
とはケースバイケースではありましょうが、どうしてそこまで自身を“真っ白”だと思える
のか? 己の中に溜まった憎悪諸々のエントロピーを、ここぞと擦り付けて叩き付けて平気
でいられるのか……? 実際、そういった行動が日常化している人は、正気ではないのでしょうね。

いや、そんな「傍観者目線」で居られるのは……僕が物書きをやっているから? 僕は普段
趣味のライフワークとしてこう時折溜まった雑感を文章として吐き出す、コンテンツとして
(受けやら何やらは別命題としても)成形できるけども、そうじゃない──書く(創る)を
日常の選択肢として持っていない大多数の人々は、そもそもああいう“義憤”から紐付けさ
れた“ガス抜き装置”でもなければ発散することが出来ない? 尤もだからと言って、それ
らの行為・価値判断が美しくないことには変わりないけれど……。
うーん、僕の方が間違っているのだろうか? 特異なレベルを求め過ぎなんだろうか?
人間はまぁそんなモンだよ──良くも悪くも、いわゆる「ヒトの醜さ」を毛嫌いし過ぎず、
もうちょっと付かず離れずの位置取りで向き合ってゆければ楽なのか。

ぐわんぐわんと。そんな身近と遠巻きとのアンバランスに、ふとすれば足元を掬われそうに
なる。現行の幸いな内に、またどデカい失敗(ポカ)をやらかすのではないか──?

不安は癖のようなもの。
ここ一年・二年ほどは随分鳴りを潜めているように思ったのだけど、まーた変な向きに欲が
出て来たんじゃないかしら。手近な範囲で良いんだってば。


スポンサーサイト



  1. 2019/05/29(水) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「I←Q」 | ホーム | (長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔43〕>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/1115-f914dfb1
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month