日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)八つ巡りの時節に添えて

ギリギリ間に合わないかもしれない\(^o^)/間に合いました\(^o^)/

この雑記は、他の執筆スケジュールから逆算して、表示されている投稿日時よりも数日早い
段階で書いています(まぁ今に始まった事ではありませんが)
当稿現在、サハラ~のプロット作成は五十五章──28エピソード目前編までが終了しており
ます。残るは同後編、もう一章分なのですが、如何せん今月もあと数日という中ではたして
今月中=前シーズン完&プロット休載に入ってから丸三ヶ月の期限の内に組み上げられるか
は微妙な所です。進捗からすれば、流石にもう一ヶ月延長! という所まではいかないと思
われますが、此処の冒頭に“訂正”が引かれてなければそういうこと(間に合わなかった)
と解釈しておいてください。そして逆ならば、この文章一段は読み飛ばして大丈夫です。

……平成が終わりますね。世間的にはGW、天皇陛下譲位も手伝っての最大十連休になると
浮かれている向きもままあるようですが、自分としてはあまりそういったミーハー側のノリ
には与(くみ)できないなあと今年も感じている今日この頃です。
実際問題、丸々十日間も休める人なんてごく一握りでしょう? 何よりそういう人達や日数
が増えれば増えるほどに、交通機関や飲食店、観光など各種サービス業に携わる少なからぬ
誰かがガッツリと多忙を強いられる──そんな現実が今日びどうしてもネット等を通じて見
えてくるし、当の“皺寄せ”を食らう人達の嘆きというか、ある種の怨嗟の声だって発信さ
れていたりする。もう素直には喜べない。喜ぶべきじゃないんだろうなあという思考回路の
方が勝って久しくなってしまった。尤もそういった昨今の向きに便乗し、辛い辛い、この国
は社会はクソなんだという主張を含有した者達の言葉を、こっちも一々真正面から埋め止め
なきゃいけないっていう道理はないんですけどもね……?φ_(:3 」∠)_

今日は(投稿予定の日付は)四月二十八日。自分こと長岡壱月の当創作ブログ『日暮創庵』
が開設された記念日です。今年でちょうど丸八年──九年目を迎えました。振り返ってみれ
ばあっという間、もうそんなに歳月が流れてしまったのかと年寄りな精神ばかりが頭をもた
げますが、同時にここまで来れたんだなあ、続けて来れたんだなあという感慨も案外じわり
じわりと噛み締められるようになったと思います。どっちにしろ加齢に伴うおセンチである(・x・)
如何せん自分が基本物書きという畑で活動しているのもあり、良くも悪くもクソ真面目な性
格もあり、並ぶのは只管に文字ばかりです。ネット媒体という形式にも拘らず、改行や文字
の密度、漢字の開きなどもいわゆる「作法」を二の次にしてガシガシ書き連ねるばかりで、
きっと読み難いんだろうなあとは一応承知はしているつもりです(実際に業務連絡用として
スマホを持ち始めて、嗚呼こりゃあうちのサイト・文章とは相性最悪だわ……ってなりまし
たしねえ。物理的な画面の大きさに対し、こちらの記述量がオーバーしてるんですわ……)

それでもまあ、自身だからといって変えようとは殆ど思っていないってのが何とも。
良く言えば職人気質──実際はぶっちゃけ頑固なのですよ。保守的というか。どのみち今更
劇的にアクセスが増えるでもないし、増えたら増えたで色々トラブルの素も転がり込まない
とは限らないしで、まぁ来るも去るも拒まずでいいや……なんてな(舐め切った)態度で尚
も臨もうとしている九年目であります。何より気楽に、自分の思いの丈を物語なり雑記なり
に吐き出せる場所として、当庵は今後も続けていきたいと思っています。既に書くこと全般
が自身のライフワークと化して久しいですし、棄てた先の日常ってのが見えませんからね。
今までもこれからも、例の如く硬い・長い・臭いの三拍子揃ったテキストをネットの片隅に
放流しては自身の創作備忘録にする──晒し場的なスタンスは維持していこうと考えており
ます。今後とも、或いは最近ここを見つけてしまった方も、気長に生温かくお付き合いくだ
さればこれ幸いです。なまじコンテンツの量(?)だけなら自信があります( ゚д゚)⊂彡☆))Д゚)

八年目の当庵。十年越しの療養ニートと脱出。五年目のお仕事。

こんな自分にもドラマが在るのだなあ。歳月とは本当に分からないものだ……。



さてサイト開設八周年ということで、今年も例の如くこの一巡りを振り返ってみようと思う
のですが……ぶっちゃけ創作上のあれこれというよりは、日中のお仕事の方が断然「変化」
という点では勝っていたよなあと。

此処でも時折言及している所ですが、僕は現在とある福祉関係のお仕事に携わっています。
というより、学生時代に病に倒れてすっかり心が折れ、諸々の支援を受ける側でした。それ
がこの数年の間に現在の職場に繋がり、先日遂にスタッフへと昇格させていただきました。
リアルの話をネットでするのは宜しくないのですが……この場を借りて。所長以下職員の皆
さまには、本当に感謝しています。治療を続けながらとか努力とか、そういう自分側のあれ
これはさて置いて、そもそもに「仕事をしている」という看板を持たせてくれた──そうい
った“安堵”の為の環境を作られていなければ、今の僕はありませんでした。
尤もやること自体は早々すぐに変貌する訳ではなく、今後も社会復帰(と、はたして表現し
ていいものなのか? こと自分のケースだと、社会人経験と呼べるものが皆無なので……)
に必要な課題は山積しています。寧ろこれからがスタートです。何より縁あって支援する側
へと回って良いと言われても、現状素人に毛が生えた程度の人間ですからね……。僕の経験
がそのままそっくり、他の方に適用できる訳じゃないですし……。慢心だけは駄目、絶対。

ともあれ、リアルの私事は程々。この辺にして。
ではこの一巡りの間に、いわばプライベートな方、創作活動はどうだった? と自問自答し
てみると。

……やべえ。これといって「新しい」モンが無いぞ? ユー録にサハラ~、三題。既存連載
は数年前から引き続き(各シーズン・○○編終了の度に、プロット作成用の休載として間を
挟んでは)更新を繰り返してはいるものの、結局そればかりになってしまい、新連載的な企
画が実際に普段の執筆・創作スケジュールに乗った試しがない。時々の暇につけて構想は捏
ね回しているにせよ、発表──形にするという行為まで辿り着けていない以上、他人からす
れば誰得な遠吠えでしかないのですよ……不甲斐ない……。確か去年や一昨年も、今度こそ
は新しい企画を軌道に乗せるぞ! とかほざいてた気がするんですが。それは……?

うーん。やっぱアレかなあ? 何回か前の雑記にも書いたことなのですが、どうにも自分に
は以前から、ネタのn番煎じってものを気にし過ぎている節があるんですよねえ。暇を見つ
けては何かしら企画を立てようと思っても、メモを積み上げても、ふとある時に「これって
○○じゃね?」とか「この××が粗い。矛盾してる」とか、駄目な部分ばかり探してしまっ
て、自分自身でモチベを削いでいるんですよ。それがまだ己一人の中でのノリツッコミ──
完結してしまっている分はいい(いや、好くはないけど)のですが、これに第三者・創作仲
間さんが関わってしまうと性質が悪い。幸い今はまだ、直接トラブルとして現れた訳ではな
いのですけど、僕のメンタルが貧弱なせいで、一旦そういった突かれる意見・感想を貰って
しまっても……ずるずるずるっと萎えちゃって……。ネタ自体はその後も温め直しーの組み
直しーのを続けていますが、はてさて如何作品として形に出せばいいものやら。確かに何年
か前に比べて「構想の数」自体は増えてはいるのですが、これもちゃんと纏められない限り
は、先述のように誰得な遠吠えであることに変わりはないので……。どうしたものか……。
そうやってとかく「撥ねる」ことだけは目敏くなるばかりで、つまり“実のある思案”には
中々結び付いてはいないというのが、ここ一巡り二巡りと繰り返している懸案の最たるもの
だと言っても過言ではないのでしょう。

……楽しんで書く、というのが、どうも未だに実践出来ていない。ネタを思いつき、描いて
みた物語世界を他ならぬ自分が楽しむというよりも(それよりも早く)粗に目が行ってしま
っては「真面目」に世界観・設定を詰めようとしてしまうし、作品としてのクオリティ云々
を考えてしまう。気晴らしに書く用、みたいなのが中々一筆終わらない。あ~駄目だ! と
クシャクシャに丸めて没(ゴミばこ)にポイしたくなる。……年初にも抱負として自分に言
い聞かせたんだけどなあ。まだまだ自分は、性癖?に正直になれない感じが。別に気晴らし
用に関しては、コンテンツとして公開しなきゃいけないってこともないのに(寧ろ性癖云々
に特化させてしまうと、下手に出せなくなる──此処自体がBANされかねないので)一時
は、このサイト自体をホームページ方式に移行して、ごちゃごちゃした本編達をもっと見や
すくしよう・整理し直そうなんて思案も浮かんだけれど……うん。単純に面倒臭い。なまじ
分量が多いからその作業だけでも大変(これも有言不実行)

多少ここ暫くは、気持的にもマシにはなってきたんですけどねえ。プロット作成作業を日々
のスケジュールに組み込んで動いているモンだから、並行して他の企画(文章だけに限らず
他の媒体)もちょびちょび進んでくる向きがある。一個と真正面から睨めっこしていても捗
らないってのはかねてより──その為に日中、お仕事をしてると言ってもいいぐらいに──
あるパターンだけども、はたして喜んじゃっていいものやら(額面通りに聞けば、要するに
手を抜いているって捉えられても仕方ないので)昇格も果たしたし、お仕事もお仕事で日頃
怠けている心算はないのですが、そういうのがね? 最初100%を出せても、次からどんどん
減ってゆくなら、コンスタントに80%以上を維持できる方がいい──その為に普段、どの辺
りまで肩の力を抜いても捌かせられるか? そんな試行錯誤というか把握の上でのコンディ
ション管理も、仕事の一つだと嘯いてはみても。

……っと、話が脱線した。楽しんで書く、創るということに関して。

多分こっちの営みも、お仕事でのそれのようにもっと肩の力を抜ければ変わるものがあるん
じゃないかと思うのですよね。如何せん今までがずっと「更新分として意味あるものを」と
いう意識が強過ぎた。それが故に、脱力して書くということに妙な潔癖症を発揮してならな
かった。でも実際問題、自分(書き手側)の意識がそうピリピリ尖らされても、当の手に取
ってくださった第三者のレスポンスは必ずしもそうした念とは比例しない訳で……。寧ろ逆
張りを示すことだって珍しくはない。自分なりに根詰めて何とか間に合わせたー! ってな
文章が芳しくなかったり、一方で何となくさら~っと仕上げた文章が存外にレスポンスを貰
うってパターンも結構あった(気がする)思えば何のかんので、皆さんはちゃんと見てくれ
ているんだろうなあ、と。気負って奇を衒って、及び“思想”を練り込んで──そんな重苦
しい物語よりも、もっと気楽な世界の方が好いって方は今日び多いのです。文藝が娯楽より
も上位であるといった信仰は、往々にして現実への眼差しを誤らせるのだろうと。
これまではつい、やれn番煎じだの作品化した(だした)後の突かれを恐れてだの、新しい
企画もそのネタ自体の晒しも避けてばかりいましたが、どだい僕一人で出来ること・練り出
せるアイデアなんてのは高が知れてるんでしょうね。ブラッシュアップを図れるという意味
でも、その辺りは今後是非とも「開いて」ゆかないといけませんね(以前の雑記でも似たよ
うなことをのたまってたと思いますが)それがひいては、交流面もガッツリ楽しめる創作人
さんの仲間入りに近付くのでしょう。
……性分的に、そこまで極端に振れる気は、しませんけども(※以下、当面の指針)

小説(既):サハラ~のプロット作成、継続(今終わりかけのシーズン4の分が片付いても、
ユー録を含めて逆算するに、来月から十三ヶ月後にユー録が、十四ヶ月後にサハラ~も現行
編が終わる。流石に二つも同時並行でプロット作りは無理ゲーなので、かなり早いめに5の
分をこさえておく必要がありそう)

小説(新):ある程度膨らんでいるネタは三つ+気晴らし用一つ。いきなり全部を軌道に乗せ
るのは、物理的にも毎月のスケジュール的にも無理だと思われるので、上記の合間を縫って
一つ二つプロットに起こして準備が整えば万々歳か。気晴らし用はなるべく普段の書き物に
支障をきたさないレベルで(それこそ気晴らし程度に。書ききることを目的化し過ぎない)

ツクール:既存習作二つのバージョンアップ、もとい事実上のリテイク。或いはこれらとは
別に、2000製をもう一作新規にこさえ、自分なりに一旦の区切りとしたい(三部作?)Ace製
は再三頓挫している企画か、ないしはAce一つ目の習作が出来れば。上述三作目と同様、ダン
ジョン探索系を構想中(流石に既存二つを上げてからの年数が空き過ぎている)
あとリテイクないし新作のページを用意する際は、一作一記事という形に統一し直す予定。
(冒頭部に概要とDLリンク、追記部に履歴と制作記録を加筆・修正していく方式?)

落書き他:とにかく描け!(もう半年ないし一年くらいのスパンになってるぞ)字と同じく
絵だってコンスタントに続けなきゃ上手くならない。尤も昔っからの手癖が固まってしまっ
て久しいので、修正するのはかなり困難を伴うと思うが……。今は「兵種夢想」と時々雑他
という構成だが、上述Ace頓挫中のそれを後押しする目的でも、新しくモンスターイラスト的
なものを始めてみようかなと考えている(仮題だが「魔獣名鑑」みたいな感じで)

(……八周年記念というか、完全にぼやきと自分用メモだわこれ)


スポンサーサイト



  1. 2019/04/28(日) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「Y字路」 | ホーム | (企画)週刊三題「最果テノ旅人」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/1105-ebcd0eae
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2019/12 | 01
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month