日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)新年一発目と鋭角な話

明けました。

どうも暫くぶりです。2019年最初の雑記となります。こんにちは、長月です。とんと寒さも
深度を増して容赦がない中、皆さん如何お過ごしでしょうか?
まだ年末、まだ正月休み。でもこう何日も続くと鈍っちゃうなあ……と思っていたら、もう
十日になるんですね(例の如くあっという間。油断した)いい加減、身体も慣らし直してい
かないと、この先しんどいぞ……_(:3 」∠)_

少し日が空いてしまいましたが、先日ユー録の百章をUPしました。今回より物語は第Ⅷ部へ
と突入します。年末ギリギリに一通りプロット作りが終わるまでは、本当に間に合うのかし
らと、自身気を揉んでいましたが……何とか年明けからの再開に漕ぎ付けられて一安心とい
った所ですかね。久しぶりの本編執筆にも拘わらず、分量は24000字強──初っ端から盛り過
ぎた感が無きにしも非ずですが、取りあえずは上々の滑り出し?(それと肝心の客観的クオ
リティはまた別の話だけども)丸三ヶ月空いて、更に過去最多の章数構成という形になって
いるため、また長丁場と大風呂敷ぶりが続くかと思いますが、宜しければ改めて気長に生温
かくお付き合いくだされば是幸いですm(_ _)m

……やれやれ。ようやっとだ。

遂にユー録も書き始めてから百章目──三桁の大台に乗りました。贔屓目を除けばやたらに
長いというのが現実なのでしょうが、それでもよくもまぁここまで続いてきたモンだなと、
一方で感慨深くもあります。

昨年頻発した創作上の四苦八苦に鑑み、今年こそは「楽しんで書く」ことを意識、目標に据
えての第一回目の長編系だった訳ですが……はてさて、性根に染み付いて久しいネガティブ
さをそう簡単に払拭できるものかどうか。
事実こうして例の如く、更新後の近況報告兼雑記をしたためている現在の時点で、既に執筆
モード後の反動──疲労とそれ以上に“虚脱感”と呼んで差し支えないものに呑まれつつあ
る己を自覚しています。だからそうポンスカと、ろくな「溜め」も無い内から文章を絞り出
そうとするから、書くことが苦しいんだろうに……。昨年までの経験を踏まえ、ユー録原稿
の方は敢えて前日はガッツリと筆を執らない(消耗するようなことはしない)よう意識した
筈なのですが、如何せん昨年以前と同じようなスケジューリングをやろうとすると、やはり
休息は十二分ではないようです。ただでさえ若くないし、基本労わらないと死ねる(・x・)

じゃあ無理に書かないで、回復してから雑記を──とも思ったんですが、それだと一章分を
書き終えた「今」の感慨も一緒に消え去ってしまった後なのですよね。たとえそれが理屈も
客観性もないクソなものであっても、究極その時とそれ以外の時の自分(の思い)ってのは
別物な訳で……。

十数年前の自分は病床に臥せり、世を恨んで鬱々としていましたが、現在は一応そういった
厨二病症状からは解放され、お仕事に勤しんでいます。まぁそれだけ歳月が経てば誰だって
変わりはするものなのでしょうが、改めて思います。過去の記憶はあくまで過去であって、
どれだけ現在の自分を形作る大きな要素だとしても、それらは何処かで“忘れなければ”な
らない──厳密な言い方をすれば、“拘ることを辞めなければ”ならない。
それは何より(このまま泣き寝入りしたら、〇〇の思う壺だ! 絶対に許してなるものか!
と憎み続けている・覚え続けている)自分自身の安寧と、後に続く前身の為です。いわゆる
復讐を否定する訳ではありませんが、少なくとも「今を過去の為に生きている」状態という
のは、その憎き相手に自分の限りある時間=人生を費やしているのと同義な訳です。それっ
て物凄く無駄だとは思いませんか? 同様に恨みを抱いていても、奴らを見返してやる!的
な方向でバイタリティを発揮していけば、現実にはそれ相応の“成果”は挙がってゆくので
はないのでしょうか。多分そうしている内に、自分の中に占めるそいつの割合も下がってく
れる(自分なりに呑み込める、少しずつ忘れてゆける)でしょうし……。

でもまぁ、結局はこれって「結果論」なんですよねえ。
幸い自分の場合は比較的軽症だった──と言ってもここまで来るのに十年以上掛かっている
訳ですが──ので、こうして何とか縁もあって回復はしたものの、こういう話を現在進行形
で苦しんでいる人達に話しても、そもそもとして聞く耳を持たないというパターンも珍しく
ない。聞いてもまだ自分の中で咀嚼できないというか、頷けない(頷く訳にはいかない)人
だったり、或いは全力で否定&拒絶してくるような人だったり。……正直な所「じゃあ仕方
ねぇな」とは思いますが、かと言って即切り捨てる訳にもいきませんし。全くの個人対個人
の関係ならばそれでよくとも、最終的にはその不全に陥った人達(とそれらを生んだ社会)
の歪みは巡り巡って、この社会全体に跳ね返ってくる筈なのです。その時はたして、自分達
は再びそういった声を一切合切切って捨てられるものなのだろうか? 先に進んでいわゆる
コミュニティと呼ばれる大小のそれを維持してゆけるものなのだろうか? なまじ福祉系に
片足を突っ込んでいる一人としては、懐疑的にならざるを得ませんね。

……まだ冒頭部の心算なのに、長くなってしまった(追記部の話題が無くなるじゃないか)

尤もこういう悶々とした思案さえ、当事者達からすれば少なからず“上から目線”に映るの
でしょうけども。己の寛解(?)を笠に着て、解った風に『語る』なんてことは、自分の価
値観に照らしても決して美しくはないですし……。


ざっくりと先に結論を言ってしまえば、一周回って同族嫌悪。

以前から此方でもぼやいていた内容の繰り返しになるのですが、僕自身今の職場(作業場)
に勤めるようになって四年ほどが経ち、気付けば工程一つ+αを丸ごと請け負うような立場
と信任を得られるようになりました。
ただ……そんな“成果”を自分なりに積み上げられたという自負が一方で、他の(特に新入
りないし若い)同僚達に対しての厳しい態度に繋がってしまっているよなあ……と。最初の
頃こそ実際に口を出し、揉めてしまう事もありましたが、主に己が内心の変化的な意味で。

その人物の「至らなさ」を見ると、しばしば不快感というか、苛立ちを覚えるといった瞬間
が増えてしまっているなあとここ暫く自覚しているんですよねえ……。
元よりうちの作業場は、そういった心身の障害を抱えた人々を対象とした施設です。
ですがその事業としての前提(性質)を理解していることと、実際の個々人・同僚が抱えて
いる病状に絡んだ対人関係上の難点を僕が把握、理解できているかどうかというのは、言わ
ずもがな全くの別問題なのです。身体の方が主だったり、そもそも重篤だったりすればある
程度仕方ないよなと割り切れるのでしょうが、なまじ精神の方が主でその言動が他罰的──
己の落ち度をその病気を盾にして認めたがらないような相手だったりすると、流石に僕でも
正直イラっとは来る訳で……。なまじ自分が寛解(?)したものだから、貴方にだって乗り
越えられる筈だと、ついつい高慢な感慨(理想)を相手に対しても抱いてしまっている。

……実際、押し付け以外の何物でもないんですけどねえ。そもそも自分と彼・彼女に下され
てきた病名はまるで違うし、誰一人として全く同じ症状と対処法で通るだなんてことはあり
得ない(仮にそんな治療法が確立されていれば、もっと昔に心を病んだ人達は救われている
だろうし、今みたいにわんさかと患者が湧いて出るみたいな状況も少しは防げた筈)彼らに
も彼らなりの理屈──病状故の認知バイアスは在って、そこに心も体も縛られてしまってい
るからこそ苦しまざるを、生き辛さに悶えざるを得なくなっているのだけど……つい僕なん
かはその辺りを失念してしまう。相対する・傍目から見ている中での“粗”に半ば反射的に
眉を顰め、じわじわとヘイトを溜めていくような瞬間がある。まぁそれで実際に僕が苦言を
呈すべきか否かと迷っている内に、当の本人が別の人(達)を巻き込んでトラブルを起こし
てしまって怒られる……というパターンも少なくはないので、現状僕自身はそこまで発生す
る諍いの矢面に立たされている訳でもないのですが。

……多分に自身の経験則が混じっていることを承知の上で話しますが、究極この手の精神的
疾患を克服させるのは、何よりも本人の「自覚」と「向上心」に懸かっていると僕は思うの
です。僕も当初はそうでした。どれだけ周りの人間──親や家族、ないし医者やうちのよう
な支援者が口酸っぱく説いても、当の本人に聞く耳がなければ効果は薄いものです。他罰的
性向を持っているような人の場合は、逆に強く反発してくることもあります。五月蠅いなと
言動の端々で煙たがれるくらいならまだいい方で、時にはワーッ!と自身の感情・自尊心が
己を守る為にこのアプローチ自体を攻撃し、或いは嘘をついてでもその正当性を主張、繕お
うとします(個人的にはこっちの方が厄介ですね。何せその時現場にいなかった人は事情を
知らないのですから、当人とこちらではなく、こちらと彼らの構図に持っていかれてしまい
うる。大抵は当人の性質やケース毎の情報共有で化けの皮は剥がれますが……信用やり取り
的な意味でゴッソリMPを持って行かれるので)だから、僕がまだまだ経験も専門知識も足
りない、不勉強というのも大きいのでしょうが、正直『彼・彼女はそういう病気だから』と
いう一言だけで全て水に流し切れないと思う自分がいます。有り体に言えば、ヘイトが溜ま
っています。最初の「一周回って同族嫌悪」ですね。なまじ自身もかつて、ボロボロになっ
たメンタルでもって周りに迷惑を掛けてきてしまった罪の意識があるものだから、それらを
平然と行っている(ように見える)彼らを“純粋”とは見れないのでしょう。個々人の症状
の如何、認知療法や薬物療法で治せるレベルなのか否かによっても大きく違ってきはするも
のの、彼らにだって心はあるのに……。

多分この辺りが、障害(何かしらの生き辛さ)を抱える人と、いわゆる健常者との間の溝が
中々埋まらない理由なんだろうなあと僕は理解しています。実際後者も、まだ痛みが致命的
なまでに抱え込まれるそれになっていないとか、そもそも自覚(しようと)さえしてないと
形容した方が今日びのストレス社会では厳密なのでしょうが……誰も好き好んでこっち側に
飛び込んでは来ないんですよ。耐えて耐えて傷付いて、その末にやっとこれが病気なんだと
気付く。或いはどうにも他人と上手くいかないなあと思っていたら、貴方病気だよ? と知
らせられて驚く──いわゆる“大人の発達障害”に多いパターンですね。行き着き方は違え
ど、その先は同じ。アナタハ病気デス。だから治したり、周りもその性質を踏まえた上で動
けば回ってゆく筈なんだけど……往々にして「じゃあ要らないや」となる場合も多い。そう
いう相手はパーンと端っから弾いてしまった方が楽じゃないかと。経営的にも、人間関係的
にも。こういう言い方をすると人権云々にお熱な方々が顔を真っ赤にして抗議してくる訳な
んですが……現実問題、普通の(という括りも実際確かなものではないのですが)人付き合
いにおいて、わざわざアレな人を自身のその中に組み込む意義ってありますか? まぁ意識
の高い人達は、それも含めて長期的にみれば精神的成長なあれこれでwin-winだ!とか仰るの
かもしれませんが。基本的に“地雷”なんて皆踏みたくないというのが人情ですからね。

だからこそ、僕らには「自覚」と「向上心」が必須なのだと考えます。
外側からどれだけ諭しても聞く耳を持てない状態の同胞がいるように、病気だからと伝えて
も「知らんがな」と突っ撥ねる自称・健常者というのも、世の中には現実としてどうしても
一定数存在します。理想としては双方が学び、理解し、歩み寄れるラインを探すといった所
なのでしょうが……そんな労力を費やすよりも、じゃあ関わり合いにならないという回避、
ローリスクを取る人は往々にして多いのではないでしょうか? それは何も障害の有る無し
に関係ありません。今日びはただでさえ、いわゆる『沈黙は金』というコンセンサスが人々
の間に染み渡って久しいですから。

それとこれとはまた別の話かもしれませんが、思うに“被害者面”をして訴える(要求を呑
ませる)というのは、必ずしも正しくはないのだよなと。場合によっては寧ろ悪手にさえな
りかねない──少なくとも微に入り細に渡って柔軟でなければ、相手にはその言わんとする
正当性よりも、感情的な反発を真っ先に呼び起こさせてしまう筈です。
人間ってのは存外保守的だと僕は思うのです。人類は近現代になって自由や平等、権利とい
った概念を生み出しましたが、根っこの部分で僕らは非論理的であり利己的であり、やはり
自分の“都合”を害す他者は大嫌いなのですよ。普段は大半の人々が理性なり社会性なりと
呼ばれるあれこれでオブラートに包みながら過ごしているものの、いざ自分の知覚範囲内で
「ごねれば思い通りになる」と踏んでいるような人間を目の当たりにすれば……そりゃあ大
なり小なり不快でしょうよ。それを表に出すか出さないのか、わざわざトラブルにしてでも
こちらの“都合”──方便としての権利云々を通すのかどうかは個々の判断であって、そこ
を理解せずに「私は傷付いた!」とTPOを弁えずに訴えることがどれだけストレスフルな
空気を生むか……。自身の被害感情、正しさに酔っている人は、どうか頭の片隅にでも置い
ておいて貰いたいものです(それが出来ない・しないからこそのアレな人、なのですが)
貴方は私に○○してくれない、人権意識のアップデートが後れている──こちらに向かって
棍棒を振り被ってくるような相手に笑いかける訳がないのは、順当に考えれば当たり前の事
でしょう? もし誰も彼もが聖人君子なら、そもそも世の中はとっくに「生き易く」なって
いる筈です。尤もそうやって昨今のような“反撃”を受けても、当人らはやっぱり○○して
くれなかった! こいつは後れてる! と改めて、要求を呑まなかったこちら側を「悪者」
にしてしまうのでしょうけど……。

ただ僕のこういった感慨は、自身が長らく自罰的な病状を主に経過してきたことに起因して
いるのだろうとも考えています。「自分さえ耐えれば、この場は丸く収まる」「もしかした
ら自分も間違っているのかもしれない」──病んでも尚しばしばそんな内へ内へと潜る悪癖
に抗い切れずにいるのに、一見全くの逆に他罰的=他人に責を擦りつけて“諍い”を起こす
ような人達を目の当たりにすることで、一体自分のこれまでは何だったんだ? と反転して
怒りが生じるのでしょう。一周回っての同族嫌悪、です。
(実際は発散する先が内に向かうか外に向かうかの傾向の違いだけで、そういった他罰的と
評される人達も、内心ではトラブルを起こしてしまう度に「やっちまった……」と落ち込ん
だり、或いはその元凶として叱られた事自体にモヤモヤとする──彼らとても同じく病ゆえ
の苦悩を、自覚の如何はともかく抱えている筈なのですが)

僕達は知るべきだし、その中で判ったことから目を背けるべきでもない。

確かに個対個の関係性であるならば、まだ「関わらない」という選択肢もあって然るべきだ
とは思うのですが……かと言って皆が皆、そんな判断で“通過”していってしまうと、結局
その選択の過程でパージされた人々への対応を、いわゆるセーフティーネットに携わる人達
がごっそりと請け負う格好になってしまう。それが仕事だろ? と言われればまぁそうなん
ですが、支援する側だって人間です。ただでさえ普通の対人関係ですら、必ずしも円満なり
平穏無事のまま進み続けるなんてことは難しいのに、次から次へとアレな人間と向き合い続
けていれば……はたしてどっちが狂ってるのか分かったもんじゃない。勿論そこで出会った
人々を通じ、自身の中にあった「普通」を破壊。他人に対する心持ちや身の振り方などを変
革してゆけるポジティブな側面(俗に言うやりがい。結果として自らのレベルを上げられる
という気の長い目標)もありますが、自分が壊れてしまったら元も子もない訳で。
……これは何も、福祉の領域だけに限らないと思うんですよねえ。何かしらのインフラを享
受したいというのなら、多少なりともその維持管理に関わらなければ。人や物、心。それら
が持つ自身にとって“面倒”と感じるものを全て“コスト”として誰かに丸投げするばかり
では、この世の中の軋みは止まる所か加速する一方の筈です。自分だけは大丈夫だと、悪い
のはあいつらだと哂い、罵って吐き捨てている間も、痛み苦しむ人々は生まれ続けている。
僕が片足を突っ込んでいる福祉の仕事というのは、こうした誰かが(やがて自らの意思で)
立ち直ってゆく為の環境整備マンだと捉えています。直接その個々を救えれば確かに理想的
なのだけど、全部それをやっていたら絶対に潰れる──だからせめてこれ以上、コストと呼
ばれる人も呼ぶ人も、再生産されないよう抑えてゆこう。その一助となろう……。

……いかんなあ。随分と長くなってしまった。何より大上段になってしまった(美しくない)

今回に限らずですが、そもそもとして何かを「語る」ってこと自体が基本的にブーメランな
んですよねえ。○○は如何なものかと苦言を呈してドヤる時、また自分達は○○と根っこで
は同類と化している。直接その意見がぶつかれば、即ち諍いになるし……不毛でしかない。
うだうだ言ってないで、やるべきことをやる。沈黙は金。大体もってテキストに雑感を起こ
すという営み自体が、そういった美学とは往々にして正反対に在りがちですし……。

個人的にも事実としても、この三十年はお世辞にも「平」穏無事から「成」った年とは言え
なかったなと思います。それでも──多分この先もそう簡単に良い方向に反転などしないの
でしょうが──今年こそは次の時代こそは、近付いて欲しいなと思いますね。

スポンサーサイト
  1. 2019/01/10(木) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「種を蒔く」 | ホーム | (歌帳)とある物書の気紛短歌 2019>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/1072-b262f4e4
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (178)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (102)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (42)
【企画処】 (429)
週刊三題 (419)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (378)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month