日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「空気嫁」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:プロポーズ、消える、過酷】


『ヒロパレを始めてからそろそろ二年……ようやくライちゃんとケッコンすることができま
した! 最初期からのパートナー。これからもどうぞよろしくね!』
 その日は彼にとって、人生の中でも指折りの嬉しい瞬間であった筈でした。事実彼はPC
画面を前にして座り込み、一人自室の中で表情を綻ばせていました。
 巷で高い人気を誇るソーシャルゲーム、ヒロインズ・パレード。通称ヒロパレ。
 いわゆる美少女キャラクターなユニット達を指揮し、魔物の被害に苦しむ世界を救う冒険
を繰り広げるというボリュームたっぷりの戦略ゲームです。
 彼はそんな中、お気に入りのユニットもとい美少女キャラクターとの“ケッコン”に漕ぎ
付けたのでした。一定以上のレベルと好感度の条件を満たし、専用アイテム(指輪)を贈る
ことで、そのキャラクターとより親密な関係になる──具体的な恩恵としてはレベル上限が
増え、各ステータスも大きく底上げされるというシステムです。
『おめでとう! お幸せにね!』
『Densukeさんも遂にかー。自分も頑張らなくっちゃなー』
『やっぱり初期キャラってのは愛着があるよねえ。性能で選ぶのも攻略的には間違ってはい
ないんだろうけど、やっぱ嫁ってのは愛だよ。愛』
 彼はその日、同ゲームを遊ぶ仲間達にそうSNS上でプレイ中の画像をアップし、彼らと
喜びを分かち合っていました。画面には、ケッコンを果たした美少女キャラクターが、頬を
赤く染めて微笑んでいるさまが映されています。
『おめでとう! これで君も立派な団長だ』
『はー、花嫁バージョンのライちゃん可愛い……。やっぱ俺も課金しよっかな……?』
 ですがそんな仲間達との語らいが、数日後、突如として壊されたのでした。
 いつものように、ヒロパレにログインしつつ、SNSを通知ページ開いた時の事でした。

『端的に言って気持ち悪い。こんな偽物に現を抜かすから、現代の男は駄目になる。もっと
現実を見ないとそう遠くない将来、痛い目を見るよ』

 全く交流したことも、名前も知らないアカウントからの引用レスポンスでした。先日彼が
アップしたケッコン画像の元発言を入れ子にし、やたら大上段に持論を述べてはこちらの楽
しみを全否定しています。
(……何だ? この人……?)
 最初この通知を見た瞬間、彼は衝撃を受けたという以上に「面倒臭い」という感情が先に
来ました。かねてより自分達オタク圏の人間を、露骨に批判する人──アカウントというの
は後を絶ちません。元々こちら側のコンテンツに興味がない人なのだろう、喚いているだけ
だから無視しておけばいい。ずっとそんな風に、何処か他人事で眺めていました。
 しかし今回ばかりは勝手が違います。他ならぬ自分自身がその矢面に、それこそ強制的に
立たされたのですから。
『何だ、このBBA』
『プロフを見た瞬間にあっ(察し)』
『学者先生ってのは、随分と暇なお仕事なんですね?』
 アカウント名下に書かれたプロフィールには、某大学で教鞭を執る研究者とありました。
設定されている自画像的なアイコンからして、どうやら年配の女性のようです。列挙されて
いる自著名を見るに、女性や子供の人権問題に特に力を入れている学者だと判ります。
 彼が突然の事態に戸惑っている間に、あれよあれよという間に彼女の発言に対するレスポ
ンスが更新されていきました。その多くは普段ヒロパレを遊んでいる仲間達であり、或いは
同じユーザーやオタク同胞と思しき、面識のない人々。発言の多くはこの女性学者への批判
・皮肉を前面に押し出し、敵愾心を剥き出しにしています。
『気持ち悪いのはあんただよ。何いきなり噛み付いてきてる訳?』
『噛み付いてきているというのはあなた達の方ではないのですか? 私一人の意見に、徒党
を組まなければ、反論一つできないのなら』
 止めてくれよ……。彼はどんどん更新されてゆくレスポンスツリーを見ながら、胸が押し
潰されそうな思いでした。
 もしかしなくても、これって“炎上”してるんじゃないか?
 別に自分は、この人の言い分にどうこう言うつもりはないんだけど……。
『現実の女性を好きなようにできないからといって、こうした性的に倒錯したゲームにのめ
り込む。少なくとも健全な傾向とは思えません。自分達が加害行為に及んでいるという自覚
がまるでない』
『一応、十八歳以上は登録できないゲームに健全って……』
『そりゃあ倒錯してるだろうよ。そういうゲームだもん』
『気に入らないなら気に入らないで構わないけどさあ。何でわざわざ本人に突撃してまで言
うかねえ?』
『まぁこの手の人間は、エロが視界に入っただけで被害感情が爆発するからな』
『クソリプ飛ばしてきてる時点で、加害者はそっちだろうが』
『あんたみたいな女がいるから、二次元に走ってるんだと思うんですけど(名推理)』
 はたして何と返せばいいのか? 彼は文面を何度も開いては閉じながら、リアルタイムで
続く彼女とネット上の同胞達とのやり取りを見ていました。
 何とか早く、収めなきゃならない。
 さっさと彼女をブロックするか? だけどそれで、皆が大人しくなってくれるのか……?
『梅園先生が、新たなジェンダー批判を始めた。現在界隈と論戦中』
『元ボヤ見てきたけど……酷いな。今ってこんな露骨な絵が当たり前に消費されてるのか』
『子供に悪影響。ネットは色んな人が見れるんだから、配慮して欲しいのに』
 彼はごく普通の、ましてや社会的な影響力など持たないただの大学生です。今までもこれ
からも、自身のオタク趣味はリアルでひけらかす心算など毛頭なく、ただ平和にマイペース
に過ごしたい。それだけでした。
『向こうサイドの援軍キタ━━(゚∀゚)━━!!』
『まあまあ、何でこう香ばしい連中ばっかり……』
『別に実害を与えてないんだから、放っておけばいいのになあ』
『Densukeさんも災難だよなあ。普通にゲームしてただけで目を付けられるとは』
 なのに……ふと気付けば、自分はとても厄介な事態に巻き込まれている。あちらが脊髄反
射で嫌ってくるのと同じくらい、こちら側の住人達も様々な反論や感情を吐き出している。
どちらが正しいとか間違っているとか、そういうことではないです。ただ彼は、ちょっとし
た日々の楽しみを、仲間と分かち合いたい。ただそれだけでした。確かにゲームという、突
き詰めればデータの塊が見せるまやかしなのだけど、そこには間違いなく、自分が思い入れ
を──“嫁”への愛を注いだ日々があります。事実が経験として刻まれています。

『何だかバズっちゃってるので、消します。すみません』

 故に彼は、先日の投稿を一旦削除することにしました。とにかく火元を消さないと、彼女
らとこちら側との口論が、果てしなく続いてしまうと考えたからです。
 ……ですが状況は、最早そんな小手先の対応では収拾がつかなくなっていました。SNS
上の様々な人がこの“炎上”を梃子に、それぞれの持論を展開し始めます。或いは相手方へ
の批判をつらつらを書き連ね、形ある怨嗟とします。それはひとえに、決して埋まることの
ない溝を改めて詳らかにすることでもありました。何より彼の取った行動は、結果として悪
手の類であったのです。
『例の学生君がボヤ消し。後ろめたかったんだろうね』
『迂闊だったね。これで反省してくれればいいんだが……。折角フィルター設定や鍵機能が
あるんだから、使ってくれなきゃ困る』
『何が後ろめたいだド阿呆。てめぇらがぎゃんぎゃん騒ぐからだろうが』
『本当、何が何でもエロコンテンツを否定したいのな。俺らはともかく、コンテンツにだっ
てちゃんと運営元の会社があって、関わってるクリエイターもいるんだぞ』
『割とマジで、そういう職業を見下してる節があるよね。あの界隈は』
『自分達の理想というか、理解の外に存在してるってこと自体、許せないんだろうなあ』
『つーか、自分の“好き”を否定されたらよお……。戦争だろうがよ……』
 学者擁護派は、彼の行動が自分達の正当性を証明しているように映りました。
 同ユーザーないし反対派は、彼女らの偽善を暴くことに必死でした。
 謝るなよ。何も悪くないじゃん……。フォローしてくれている友人がそう言ってはくれま
したが、他でもない彼自身の精神がもたなかったのです。何気なく、それこそ悪意なんて微
塵もなかったのに、いきなり晒し上げを食らう。まるで自分の抱いていた思い入れが、犯罪
であるが如く間違っていたかのように。
 ……確かに、ヒロパレも他のソシャゲタイトルも、そういった趣味を嗜まない人達にとっ
ては異常に映るのかもしない。自分達の感覚の方が、いわゆるマイノリティに比べて麻痺し
ている面はあるのだろう。
 ただ、そんなことはこっちだってとうに解っている。解っているから、そちらに出向かず
に身内で楽しんでいたんじゃないか。確かに自分は、生まれてこの方ずっと、彼女いない歴
イコール年齢という典型的なオタクだけど、その辺は弁えている心算だった。見た目だって
頭だって良くないし、そんな自分が彼女なんて──ましてや奥さんを持とうだなんてきっと
“迷惑”になると思ったから、二次元(こっち)に暮らすようになった。それだけなのに。
『三次女がリスクが高過ぎるから、二次元を選んでるのに、その選択にまで土足で踏み込ん
できてレッテル貼るんだもんなあ……。本当、そういうとこだぞ?』
『まあ、自分達自身で魅力が無いですって白状してるようなモンだし。まともに相手するだ
け時間と労力の無駄よな』
『女の嫉妬は怖いってよく言うからなあ。そういった執念を、理論武装して正義の側につけ
ちゃうから厄介極まりないっつーか』
『まあ、武装つってもダンボール並の強度だけどな』
『しかし女でもBLとか乙女ゲーどっぷりな奴っているけど、そういう人らを連中はどう考
えてる訳? そもそも存在しない扱いなん?』
『半分そうだし、半分は違うんじゃない? そもそも同じ女としてカウントしてるか怪しい
し、今回みたく目に付いたら付いたで発狂しそう』
『さっきまでレスの応酬読んでたけど……性的搾取か。寧ろ俺からすりゃあ、相手の快不快
次第で無罪有罪が決まって、尚且つ金とかのスペックは基本こっち持ちっていう方がよほど
搾り取られてると思うがねえ。女はずっと虐げられてきたから当たり前? ちょうどそれく
らいで帳尻が合う? ……男女平等って何だっけ(哲学)』
 その間にも、双方の“議論”はより感情的に熱を帯び、加速してゆきました。
 確かに日数の経過に伴って、本筋のやり取りについて来れる人々は減っていったかもしれ
ませんが……当初投げ付けられた批判それ自体は、最早何処に行ってしまったのかさえ分か
らなくなってしまいました。お互いの鬱憤が、ただ積み重なってゆきます。切欠となった学
者の女性へ、連日批判のレスポンスを寄越すユーザー達が大挙していましたが、当の本人は
既に最初の頃の勢いを失っています。「ごめんなさい」が言えません。尤もそれは、自分達
の好きなものを汚された──その思い一つで彼女をタコ殴りにしている彼らも、また何処か
の時点で口にすべき言葉ではあったのですが。
「……」
 彼は一人、現実の自室の中で後悔していました。怒りという感情よりも、今はそんな哀し
みの念の方が強かったのです。ゲーム画面の中で時折アニメーションする“嫁”の笑顔が、
どうにも虚しくって、胸が苦しくなりました。逆光に隠れた表情が、そっとPC画面に映る
自身のSNSページにカーソルを合わせてゆきます。カチリと、マウスをクリックする音が
聞こえます。

【現在のアカウントを削除します(一旦削除すると、元に戻すことはできません)
 本当によろしいですか? はい/いいえ】
                                      (了)

スポンサーサイト
  1. 2018/10/22(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(雑記)空っぽな日々の上を | ホーム | (雑記)独善・衰え・掛け違え>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/1046-8d0cfec6
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (183)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (105)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (44)
【企画処】 (445)
週刊三題 (435)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (387)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month