日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)服を着るべし、日陰者

φ(=_=;)……やれやれ。

相変わらず月日の経過とは早いもので、暦替わった十月も、最初の一週間が終わろうとして
います。この前にやっと一ヶ月の執筆スケジュールが終わったー!と安堵したのも束の間、
案の定すぐに今月分の予定がじわじわと迫る……\(^o^)/でもまぁ暫くは長編系はサハラ~
一本になるので、タスク量としては軽くなるのかな?(或いは裏での作業に回ってゆくだけ
であって、大して変わらない可能性)せめて気持の上では、そう構えておきたいが……。

ともあれ、先日ツイッタ(小日記)にも記しましたように、ぼちぼちユー録のプロット作成
も清書作業に差し掛かりました。例の如く1章=1更新分を書き終える毎に呟いてゆく予定
ですので、宜しければご参考までにm(_ _)m

……うーん。自分で始めた事とはいえ、どうもタスク量というか、負荷の大きさが続く。

いやね? 第Ⅶ部が終わった頃にも言及しましたが、サハラ~の方の残りプロット(章数)
を考えると、こっち──ユー録の方を年内に片付けないと作成作業がダブっちゃうんですよ
ねえ。流石にそれは経験がないし、自分の現在進行形のキャパと手の遅さからしてヤバいの
は目に見えている。Ⅶ部終了当初はまぁじっくりと次編全体を詰めようと思っていたのです
が、毎日のお仕事やら他の創作思案・作業やらで時間ばかりがすっ飛び、おちおちしていら
れる暇も無くなってきてるんじゃね? と……。
全部で十六~七章分を予定しているので、一月五~六章分は進めないと年内に間に合わない
計算になる。というか、それだって多分年明けまでのスパンギリギリを含む前提での話なの
で、どのみち巻かないと。なので一応全体の頭と尻は目星をつけたし、後は書き進めながら
詰めた方がいいか──そんな思考経路。本当は予めガッチリと固めた方が、初稿段階での辻
褄は合うだろうと考えていたのですが、それって結局、地味だけど必須で大変な一連の作業
(全体の辻褄を通す)を先に持ってくるのか後に持ってくるかの違いでしかないんじゃない
か? とも思い、ええいままよと半ば見切り発車をし始めた格好ですね。

はたして──年内に間に合うのやら。
一旦ガス欠していた意欲が、tktk中にふと再び着火してくれたのは幸いだったのかもし
れませんが。ただどちらにしても、今度は気持ちがあっても身体が十二分について来れない
状態です。気は急けるけれど、寧ろこの連休に一旦まるっと休んでしまうか……? ここの
所、お仕事一日分の密度(消耗度?)が増している感があるので、今一度エネルギー配分を
考え直さないと。この先も、余力不足によるジリ貧が続きかねませんし……。

生存報告(近況)と更新確保と、例の如く書き物のリハビリ。

今回も要領を得ない乱文となりますが、ご容赦くださいφ_(:3 」∠)_


(正直、この手の話題を持ち出すのは“色々な意味”で宜しくはないんですけども)

例の如く日々のお仕事と自分の創作に手一杯で、ネット巡回どころかテレビ自体、能動的に
観なくなって久しいのですが、まーたあちらの方でサブカル関係の炎上案件があったようで
すよ?

日頃情報収集に余念のない皆さんなら既に聞き及んでいることかと思いますが、先日N〇K
の番組にて某大物(と呼んでいいものか。基本的に自分ら方面の人気だし)VTuberが
いわゆる「聞き手」役として登場したことに、一部の勢力から批判が噴出したという事件が
起こりました。
一応解説しておきますと、VTuberは「バーチャルユーチューバー」の略。従来の生身
の顔出しや声ではなく、アバターとそれに合わせたキャラボイスを前面に出し活動し、動画
投稿などを行っているユーチューバーさん達のことです。まぁ要するに盛大なネカマみたい
なことが技術的に可能になった、という感じでしょうかね? 今回一部の界隈──というか
活動家的なフェミニスト達から叩かれたのも、このVTuberの外見(ガワ)が、総じて
世に言う所の“二次元美少女”であるという点が大きいのだと思います。曰く、男性が喋っ
て女性は聞き役に回る。そんな性別による役割分担を公共放送でやるだなんてけしからん!
云々……。

あー、はいはい。いつもの発作ね。
きっと彼女ら(彼ら?)なりのロジックがあるのでしょうが、要するに「私は不快だ!」を
何とか理屈付けて正当化したい──個人の感情を“正義”に挿げ替えて、自分達の視界から
排除したいのでしょう。寧ろ昨今はそれだけに留まらず、そういった不快な表現≒オタク的
なコンテンツそれ自体をこの世から駆逐すべく熱心に活動している(と僕は観ている)
……そりゃあ、例の如くVTuberに慣れ親しんだオタク界隈から反発も出ますわいな。
先述のように個人的感情を色々理由付けて“ポリコレ棒”で殴りつけてくるその横暴さに対
しては、本来のポリコレ概念がまるでもって逆効果になるほど辟易している人達も、今日び
少なくありませんしねえ(そもそも件の番組、確かナレーターって普段女性ではなかったで
すっけ? 今回に限っては変わってたんだろうか?)

ただまあ、一方で僕個人は今回の件も制作側が「悪手」を取ってしまったなとは思います。
少なくともN〇Kという大手も大手の局で、こういう界隈が顔を真っ赤にして飛び掛かって
くるようなコンテンツを引っ張ってくること自体、現実問題リスキーだと言わざるを得ない
のですから。そして僕自身が古いタイプのオタクなので、昨今の“同胞”達がいわば世間の
表舞台へと露出しようっていう発想・行動自体にそもそも否定的な訳でありまして……。

『日の光を浴びようとするな。俺達は所詮、日陰者なんだから』

学生時代の知人が作ったオタクサークルの顧問を務めていた先生(本人も歴戦のオタク)が
皆に話していたこの台詞が、僕には未だに強く記憶に残っています。もう一つは法学総論だ
ったか何かの先生が『法律を中途半端に知って、それを他人に振りかざすような人間が一番
性質が悪い』と講義の中で話されていたことだったかな? 尤もこっちは人間全般というよ
り、法学徒という集団に対しての戒めとだったと記憶していますが。

オタクというのは、いわゆるサブカル界隈の住人です。あくまで「サブ」なのです。どう足
掻いても「メイン」ストリームにはなれない。というよりも、既存の表舞台の文化・価値観
を牽引する各種メディアなり芸能界・経済界などというスクラムが、僕らをこちら側で蔓延
らせる訳がない。昨今こそオタクなり各種サブカルが“市民権”を得たと言われて久しいで
すが、それは所詮これらが“金の生る木”だと資本側(ないし政治家達)に認識されている
が故に過ぎないのだと僕は思っています。そこをはき違えて──俺達は認められたんだ!と
表舞台を闊歩しようものなら、そりゃあコテンパンに叩かれますよ。落ち着いて考えてみた
ら分かるでしょうよ。メインストリームに座して久しい彼らが、何故に自らその地位と恩恵
をすんなり明け渡すものですか。僕らも、そういうレベルまで求めてはいけない……。

まぁ歴史的にいわゆるオタク層がどういった迫害を受けてきたのか、その辺りを知らないで
“市民権”を得ている(と錯覚している)世代が増えた分、こうした相互の衝突は避けられ
なかったのかもしれませんが。
別に自虐史観を持てとか、卑下しろと強制する訳じゃない。だけど戦前後この国は、何かし
ら“青少年に害を及ぼす「非主流文化」である”として、時代に応じて様々なコンテンツに
対して攻撃を加えてきた前科を重ねて続けている。具体的には野球→小説→漫画・ゲームと
続き、現在はオタク文化全般──ことエロ撲滅的なあれこれへと。何より僕らは、普段サブ
カル界隈に身を置いてすっかり感覚が麻痺して(慣れて)いるのだろうけど、世の中の少な
からぬ人達にとっていわゆる“萌え絵”な表現は、往々にして先ず非現実の違和感と不快を
もって受け止められるという現実を理解しておかないといけない。自覚くらいはしておかな
いといけない──長い目で見たこちら側の自衛として(そうと頭の片隅にあるのなら、徒に
これらをひけらかさず、布教せず、内々で楽しもうという発想に向かってゆく筈なので)

自分が好きだ、素晴らしいと思っているものが、他の誰かにとっては不快や嫌悪感さえ伴う
ものに映ることもある。

表現とは故に美しく、同時に醜いものであるのです。前回の雑記でも言及した、加害性への
自覚とでも言いましょうか。ですが表現する側は、そんな「被害者」に全てのリソースを割
いて配慮しなければいけない、という訳でもない。もしそこまで徹底しなければならない世
の中になれば──先述のような思想・活動家はそうなるよう望んでさえいるが──そもそも
ヒトの表現行為という営みそのものを滅ぼすしかない。

これは別に創作活動に限りませんが、嫌いな相手やモノを憎んで攻撃するエネルギーがある
くらいなら、自分の“好き”とそれに賛同してくれる「お客さん」を大事にした方がよほど
良い。精神衛生的にも、いざ何かしらお仕事となれば、経済的にも。ただ昨今は、いわゆる
クレーマー的な人々(勢力)が幅を利かせ過ぎるようになっただけです。なまじそのデカい
声に怯え、出したものを引っ込めるようなことをして“成功体験(前例)”を与えてきてし
まったものだから、自分で自分の首を絞めるようにリスクばかりが高まってしまった。そこ
には十中八九、インターネットという、従来の射程外から自分の嫌いなものを知覚できてし
まう(探せてしまう)ツールの発達が良くも悪くも寄与した面があるのせよ……。

やはり僕らは、電子の大海に一纏めで暮らすよりも、個々の穴蔵に棲んでいた方がまだ幸せ
だったのではないか? とかくグローバル(集住)であるよりも、ある程度クローズドな中
に散在していた方が、ここまで相互の軋轢や溝は深まらなかったのではないか? こうして
衆目に晒され、現れることもなかったのではないか?

悲観主義と言われようが結構。諍い大嫌いマンの僕からすれば「ならばいっそ」と思わされ
る出来事ばかりなので……。ヒトは共生どころか、共存すら碌に出来やしない。そもそもに
オタク自体、一括りに語ることが無茶なんだ。それこそ無数に分野の違いや嗜好毎の派閥、
推しの違いがあって、しばしば激しく対立するというのに、何故に界隈全体よりも更に外側
の表舞台(で跋扈する各種リベラル過激派)の人々と仲良くできると思うのか? 逆もまた
然りで、無暗やたらに攻めて来ない欲しい。まぁ彼・彼女らにしてみれば、昨今で急に訳の
分からない集団が出て来た、気持ち悪い、くらいの認識なのかもしれないけども……。

……でもなあ。それって結局、全体の経緯を検めてゆけばお互い様でしょ?
メインストリームは長らくその座に着き、時代時代の新しいコンテンツ達に拒否感を示して
きた。それらはしばしば“迫害”を帯びた活動になり、サブカル界隈はじっと耐えてきた。
だからこそ、世間からの認知度が上がって市民権を獲得した(と錯覚した)人々は──若い
世代を梃子として日の光を浴びるべく外に飛び出し、或いはもっと単純に“商機”を見出し
てコンテンツ産業を引っ張ってきた。多分今回の炎上案件も、その辺りのムーブメントに対
するポジティブ感情とネガティブ感情のぶつかり合いなのだろうなあ。時代の流れ、今後の
試金石と言えば聞こえはいいし、ある程度仕方ないプロセスなのかもしれないけど、なまじ
後者の側の声が現実大きい(リスク要因となって久しい)から、結局は潰されるんじゃない
かという懸念が個人的には勝るんですよね……。実際“旧弊”が革新の芽を頑なに摘むって
ケースは、先の相撲協会の一件で白日の下に晒されてる訳ですし……。

ただまあ、やはりお互い様(に悪い)という感慨については、僕は現状あまり動かないなと
いう所です。好き・嫌いと良い・悪いといった本来別の問題を一緒くたにして、とかく私の
感情を大事にしろ! 相手は知らんなどという普通なら「ガキの言い分」をさも清く正しい
正義なのだと降りかざしてくる高慢さは言わずもがな、そういう面倒臭い手合いが居るんだ
ともう判り切っているのに、尚もそこを真正面から戦って反論して、あまつさえ市民権を勝
ち取ろうなどと顔を真っ赤にし返す一部サブカル界隈(ないし表現の自由絶対守るマン)の
悪手っぷりだって同様に。どだい“世論”では僕らはキモオタ──非人間なのだから、まと
もに戦ったって彼ら全員の感情に敵う訳ないでしょうに。そりゃあ確かに、ここまで向こう
サイドからの攻勢が進んでしまった以上、防波堤的な弁士さん達が居なくなるのは不利にこ
そなっても有利になることはないのでしょうけど(だからあまり、本来はそんな彼らの背後
から撃つかのような真似は控えるべきなんでしょうがね……。でも諍いだから……)加えて
じゃあ僕らが皆々退いた=メインストリームから退場したからといって、こういう手合いが
矛を収めてくれるかというと、120%否でしょうし。なまじ一旦彼らの感情を刺激してし
まった、ネットというツールがある以上、こっちが内々に引っ込んで楽しんでいても、境界
を乗り込んで叩き潰しに来るであろうことは容易に想像できる……。

……しかし何でまあ、こうもお互い、それぞれの執心をひけらかすかねえ?

本来、基本的に「語る」ことは加害性(リスク)とワンセットなんですよ。これまでに述べ
てきたように、自分が好きなものが、他の誰かも好きであるかもしれないし、牙を剥いて襲
い掛かってくるほど忌み嫌っているものであるかもしれない。だけどそれでも僕ら創作人は
書かずにはいられない。現さずにはいられない。故にある種の業を抱えているとも言える。
その辺りを自覚せずに“特権意識”を持つのであれば、それは件の炎上させた側と同様に、
心構え(認識)として高慢であると言わざるを得ない。言われても仕方がない。

左右を問わぬ思想信条も、広い意味(サブカル的な推しなどを含む)での信仰も。
僕ら人間は感情という原始的なそれを、理性という服を着ることで隠し、それぞれに制御す
るよう努めてきた。たとえそれがどだい上っ面のものであって、内側に隠した個々の感情を
完全に殺してしまうことはできないにしても、少なくとも理性という服を纏って接すること
で不急不要の衝突というものをある程度防ぐことができた。防いできた筈だ。
なのに……何故これを脱ぎ捨てることを、さも正しいことであるかのような風潮が、昨今気
付けばこうも蔓延っているのだろう?(勿論、そんなのは実際悪目立ちで、大半の人達は今
でもしっかり服を着て生活しているものと信じているが)

常時人通りの多い大通りの只中で、服を脱いで全裸なりパンツ一丁になれば、一発でアウト
なのは当たり前ですのに。悲鳴の一つや二つ上がるし、すぐに警察が駆けつけてくる。物理
的にそんなことをしでかせば、簡単にお縄を付けられるってのに、どうして──なまじ目に
見えないものだからか──精神的なそれに対してはこうもガバガバなのだろう? オタクだ
ってL〇BT(但しTは別枠=病気として捉えるべきとの意見もあるらしい)だって、ざっ
くりと括れば性癖みたいなものじゃないですか。Hな事という意味合いに限定せず、その人
の心理・行動上の拘りや偏りっていう辞書的な定義としてね? それらを公衆の面前で曝け
出すって、本来リスキーなことの筈なんですよ。少なくとも推奨された行為ではなかった。
なのに気付けばそういうカミングアウトが、全人類的に正しいもので、された側は受け入れ
なければならないとされてしまった。現実問題として、拒めばこれらを擁護する人々のポリ
コレ棒によって、社会的に抹殺されかねない別種のリスクとなってしまった。……そういう
のって、本来(こと当事者達が)望んでいたことなのかなあ? 認めて欲しい・許しておい
て欲しいじゃなくて、認めさせる。前者(オタク趣味)が叩かれて後者(上述のようなリベ
ラル的な概念諸々)が持ち上げられるってのは、まさしくパワーゲームの結果な訳で。確か
に既存の価値観──それこそ“旧弊”から市民権を得る為には、それこそ闘わなければなら
ないのかもしれませんが、じゃあそもそも闘えなかったり、力の足りないマイノリティ達は
どうすればいいのか。それも「自由」の一環で、自己責任なのですかね? 一体保守なのか
革新なのか、分かんなくなってきますけど……。

少なくとも、僕はそんな汲々と真正面から戦うなんて無理だなあ。ましてや戦い続けるだな
んて。仮にそんな迸る熱量(エネルギー)が持てるのなら、全部自身の創作活動に注ぎ込み
たいくらいだ。

(防波堤云々の件で述べたように、実際そうした闘士さん達が必要なのも理解はしますが)
それよりも僕は、ちゃんと体にも心にも服を着て、なるべく不毛な攻撃には遭わないよう弁
えたいですね。創作人ないしオタクという精神属性、元病臥していた肉体的にも、どだい自
分は日陰者ですから。

スポンサーサイト
  1. 2018/10/06(土) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
<<(企画)週刊三題「ウィード」 | ホーム | (企画)週刊三題「止マリタイ」>>

コメント

コメントの投稿


管理者にだけ表示を許可する

トラックバック

トラックバック URL
http://higurasisouann.blog27.fc2.com/tb.php/1041-be6e57b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2018/12 | 01
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (173)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (99)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (40)
【企画処】 (413)
週刊三題 (403)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (368)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month