日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)日々、闘いとなりしや

(間が空かない……)

前回の雑記からまだギリギリ丸一週間と経っていませんが、例の如く長編系更新後の報告と
いう体でご容赦の程を。多少日は空きましたが、先日サハラ~の四十九章をUP致しました。
25エピソード目前編です。
分量は推敲終了時点で22200字半ば──大体私的な目標ライン辺りか、少し多めといった所で
しょうか。また今回分の更新で、現行シーズン4も前半が消化し終わりました。章数の上で
は次回より後半戦となります。相変わらずの硬い・長い・臭い(近年は「重い」も加わって
いる気がする……)の三拍子が揃っておりますが、お楽しみいただければ是幸いです。個人
的にはかねてより、描出が粗くなっているのではないか? とも不安がる傾向があるものの、
十中八九自分の感覚はズレている筈なので、寧ろ意図的にゴリゴリ削った方が──文章単位
の肉付きを取っ払った方が、いわゆる一般的とされる水準に近付いてゆくのだろうと考える
ようにしています。そも今こうして書いてる文章だって、ごり押し過多ですしね?(# ゚д゚)⊂彡☆))Д゚)

(これで一先ず、実質的なノルマは終了)

……結局今月も変わらず、良くも悪くも、既存の執筆ルーティンとお仕事を捌いている内に
終わってゆくようです。カレンダー的には先月より、翌頭にかけてのスパンは空いてこそい
るものの、何か目新しいことに取り組めたとは言い難い。新たな企画起こし、中々増やす事
が出来ないでいる、別ジャンルの新規作品(だんがん)──年初に立てた抱負もすっかり瓦
解し、読書感想も四半期に一度くらいが関の山。その他のサブコンテンツ群も同様に後回し
が板に付いて久しい。水面下で、ほぼ毎日のように作業をしてはいるのだけど……。

お陰様で十年近い療養ニート生活から脱し、社会復帰(?)の一歩を踏み出して丸四半期に
なろうとしている現在。確かに日中バタバタと忙しく、それこそ何周遅れかよと哂われても
仕方のない“労働の喜び”とやらに少々毒されてきている、素人に毛が生えた程度ながらも
やりがいってものを覚えてきてはいますが……如何せん以前に比べると、明らかにガッツリ
と腰を据えて創作・執筆出来る時間は取り難くなっています。元よりそれが働くということ
だ、そりゃあ物理的にも忙しなくなるだろうよと、半ば割り切ってここ暫く突っ走ってきた
心算だったのですが、どうも自分の体力=キャパシティってものを気付けば過信してきた節
が見受けられます。つい数年前までは療養生活故のボドボドな体力だったというのに……。
多分、お仕事を掴めた高揚も手伝って舞い上がってるんでしょうねえ。なまじリハビリを兼
ねて創作趣味を再開し、今やライフワークにまで持ってこれた分、変に勘違いをしてきたの
かもしれません。まだまだ自分には、エネルギーが在るんだと。……若い子はまだピンと来
ないかもですが、気力(精神力)って、結構体力的な余裕に付随するんですよ(´・ω・`)

……性分もあってか手を抜けず、これまでの怠惰への反動・焦りも(何処かで今も)あって
か、つい頑張り過ぎてしまうらしいです。周りからの評によると。

改めて、もうちっと全体的にセーブしてかないといけませんねえ。長期的にもたなくなる。
いずれ身体が慣れてくるだろうし大丈夫……と踏んでいても、主治医の話ではそれも年単位
だろうとのこと。当面は今のような振れ幅が続くものと思われます。

またぶっ倒れてしまっては、かつての二の舞ですしね? あの時とは大分、メンタル的に違うとはいえ。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/11/28(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔49〕

 中央署の一件の後、その姿は瞬く間に拡散されることとなった。巷の人々に、その存在が
広く知れ渡ることになった。
 守護騎士(ヴァンガード)である。白亜から黒鉄色のパワードスーツへ。一見して主なき
等身大のコンシェル達と共に、電脳生命体こと越境種(アウター)らの頭目が一人・プライ
ド一派と対峙している。署内から飛び出し、手前の広場にて繰り広げられた先の戦いだ。
『……』
 そんなネット上の映像の一つを、彼は観ていた。暗がりの室内、デスクトップPCの画面
からの明かりだけを、少年はじっと見つめている。
 ただ、その眼差しは──驚愕と呼ぶにはどうにも噛み合わない。
(……なん、で?)
 姿形こそ人間ではなかったものの、声で分かる。多少記憶にあるそれよりもくぐもって聞
こえはしたが、確かに引っ掛かる。何より見覚えのある個体達が、この非日常を現実に引っ
張って来たような面子の中に交っていたからだ。
 やっぱり間違いない──あいつらだ。
(何でだよ……?)
 あの時俺達を叩きのめした、変てこでデタラメな奴だ。確か守護騎士(ヴァンガード)と
いったか。詳しい情報はこっちに来てから知ったが……自分にはもう憎い気持ちしか湧いて
来ない。少なくとも己にとっては“理不尽”の象徴だったから。
 いや、何より疑問なのはあいつらだった。怒りが込み上げてくる理由は、そこに奴らが居
たからに他ならない。
 ……大江の野郎、いつの間にか連中の仲間になってたのか。こっちはそいつらにボコボコ
にされたっていうのに。元は同じ、電脳研のメンバーだっていうのに。
 ふざけるな。ふざけるな! 何でお前らが?
 てめぇら、何をしれっと「海沙さん」と仲良くなってやがる……??
(許せねえ……)
 かくして少年は、恨みを募らせる。思いは日々深くなる。
 画面の向こうでは、プライドらを追い払って勝利を収め、まさに“英雄”となった睦月こ
と守護騎士(ヴァンガード)と対策チームの仲間達が映っていた。あの日あの場所で巻き起
こった人々の歓声が、映像の中で轟いていた。
(許せねえ……!!)
 俺をダシにしてお近付きになりやがって。俺一人を除け者にしやがって。
 ギリッと、彼は強く強く歯を噛み締めていた。独り暗がりの部屋の中、再生される映像を
睨みつつ、やがてその瞳に赤く暗い炎を宿して。

続きを読む
  1. 2019/11/26(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「兵どもが」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:兵士、生贄、城】

続きを読む
  1. 2019/11/24(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)凍える空と、濁る海

……足りぬ(º﹃º)

かねてから言及していた予定(お仕事方面)の嵐を受け、先週末は執筆モードに臨める時間
とコンディションを確保出来ませんでした。ほぼ直前、事後的な報告をツイッタ(小日記)
やなろうさん側の活報で軽くした程度でしたが、伝わってましたかね……?

そんなこんなで例の如くバタバタッと過ぎていった一週間。
当初の遠出予定は、諸々のアクシデントによって取り消しとなりましたが、一方で納期の催
促が重なり、結局多忙であることには変わらず。現在は何とか一つ二つと捌き終え、若干楽
になってきたという具合でしょうかね。まだ月末~翌頭辺りまで急ぎは続きますが、また少
しずつ普段のペースに降り戻せてゆければいいなと思います。

……しかしあれだな。ここの所“懸命”ではあったのかもしれないけど、自分の体力という
ものを過信していたきらいがある。

ほんの数年前、今のお仕事に関わるようになるまでは、単純に倍ぐらいの年月を療養ニート
として過ごしていた訳で。元々体力(とそれに付随するであろう気力も)ボドボドであった
のに、一応の社会復帰が出来た──ようやくそのとば口に立った嬉しさに背を押され、つい
無理を押してきたような……? 先述の納期云々もあっての事だけど、流石にリソースの差
し引きがマイナスになりっ放しだったのやもしれません。シフト数の調整などを言い訳に、
先日暫くぶりに中休みを貰いました。それでも何となく落ち着かなかったのは、社畜かなあ。

今週分と来週分、当稿現在で三題の執筆・予約投稿を済ませてあります。如何せんこうした
中の人の事情、割ける日々のリソースとスケジュールによって十全に書けていないようにも
思いますが今に始まった事じゃないですが、ご容赦くださいm(_ _)m この雑記も例の如く、
ないし時間的な余裕があれば、水面下でリハビリ的な書き物をしていった方が良いかもしれ
ませんね……。どのみち止める事は無い、筈です。惰性──と言ってしまえばそれまでなの
でしょうが、続けてきたものをプツッと切ってしまわないよう、今後も予定や体調と相談し
ながら更新を行ってゆきます。先にツイッタ(小日記)と活報で言及した通り、基本隔週の
所を延期し、この週末に今月後半分の長編系=サハラ~の次章を書く心算をしております。

もう暫く、お待ちくださいm(_ _)m

続きを読む
  1. 2019/11/21(木) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「黙闘」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:陰、残骸、燃える】

続きを読む
  1. 2019/11/17(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (196)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (112)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (50)
【企画処】 (479)
週刊三題 (469)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (9)
【雑記帳】 (406)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month