日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「黙闘」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:陰、残骸、燃える】

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/11/17(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「Little tale」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:妖精、光、闇】

続きを読む
  1. 2019/11/11(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)霜月からの嵐に備え

十月「後は、任せたぜ……」
十一月「兄貴ィィィーッ!!」(はい茶番)

少し前までは立て続けの台風禍も合わせ、夏の延長線上のように天候が目に見えて荒ぶって
いましたが……気付けば秋という穏やかさもすっ飛ばして、急に寒くなって驚いています。
既に巷では手垢のついた言い回しでしょうが、朝晩の寒暖差がとんと大きくなっています。
季節柄仕方ない部分があるとはいえ、皆さんくれぐれも体調管理にはお気を付けて。どうぞ
ご自愛を。ただでさえこの時期は風邪やらインフルやら、一旦やらかすと辛い症状が少なく
ありませんからねえ……。自分も一昨年ぐらい罹って大変な目に遭いました(>△<)

暦が替わり、十一月になりました。暫くぶりです。霜月ですが、長月です。
今年もあと二ヶ月を切ってしまったという事実、現実──今更ながら、何故年末を師「走」
と呼ぶのか、否応なく思い知らされる立場になっちゃいましたなあφ(=_=;)

……まあ、あんまりリアルの多忙ばかりを愚痴ったって詮無いのです。ともかく創作活動的
な意味での生存報告をば。

間が空いてしまいましたが、先日ユー録の百十章をUPしました。現行第Ⅷ部も次回で中編が
終了する見込み。プロットも順調に消化されていっています。辛い。分量としては、推敲後
時点で21000字強──少し多め。本編中の展開が進むためか、全体的にバタバタっとしている
感じがします(それでも他の作者さんと比べて遅いだろうし、相変わらず文章自体は硬いま
まなんだろうけど)絶対的に「これ!」という文章の組み立て方・作法みたいなものは無い
としても、何というかこう……安定して没入出来る文字運び、話の創り方をノウハウとして
言語化出来ればもっと楽なんだろうけどなあとは思うんですが……。手に取ってくださる読
者さん側は勿論の事、書いている自分自身の為にも。

前回の雑記でもつらつらと綴っておりましたが、お仕事のスケジュールが今月結構カツカツ
になっております(日数的にというよりは、この週は●●があるぞという精神的な負荷の方
が大きいやもしれませんが。何につけても、まだまだ半人前)今回=月頭の長編系執筆は運
良く連休を取れて捌けたものの、さてはて来週末は……? というのが当稿現在の状況で。
なるべくリズムを崩さないよう、時間を捻じ込んで済ませてゆく気ではいますが、引き続き
ちっと不確定要素が消えていません。更新が遅れていたら、そういう状態故だと予めご容赦
くださいm(_ _)m ……色々、新しい企画・媒体も軌道に乗せたいんだけどなあ。

“暇(時間)はあるが、意欲が湧かぬ”
“意欲はあるが、暇(時間)が取れぬ”

無いものねだりと言ってしまえばそれまでなのですが──正直もどかしい。如何せん自分の
創作スタイル、手持ちのコンテンツが、同じ物語(はこ)を延々何年も弄り続けているよう
なパターンなものだから、余計に『早く完結させなきゃ』と焦っているのやもしれません。
少なからずそういった面はあるのだろうと思います。

安定しない文体、且つ万人受けしない(筈もない)テーマ、思考の浅さ……etc。

もっと深く、もっと新しい物語達を紡いでいきたい、ついつい時々の「ノルマ」に追われて
間に合わせ的なもので済ませてしまうけれど……今後の忙しさを考えると寧ろ難しくなって
ゆく一方なのだろうか(´・ω・`)


続きを読む
  1. 2019/11/06(水) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔110〕

「──アルス・レノヴィンが?」
『うむ』
 煉獄深層域、監視塔内部。
 西棟の死神衆・獄吏達もただでさえ好んでは近寄らないその一角、人目のつかない物陰に
潜みつつ、死神総長アララギはとある人物から通信を受けていた。掌の光球越しに、ハザン
及びシゼル──同じ“結社”に属し、率いる盟友達から、外界に関する近況を聞かされる。
『ユヴァン殿の見立てでは、あの者達も“撰ばれ”つつあるようだ。先刻ティラウド殿とオ
ディウスが、用心の為加勢に向かった』
 曰く、レノヴィン兄弟の片割れ・アルスが、何の因果か神界(アスガルド)に迷い込んだ
のだという。
 深淵層(こちら)に向かっていた筈なのに? 何故天上層へ? 何故彼だけが?
 アララギは訝しんだが、ハザンからもたらされた情報を基に合点がゆく。
 “虚穴(うろあな)”だ。奴らブルートバードは、鬼ヶ領郊外のそこからこちら側へと侵
入し、魂(ストリーム)の暴風雨の中を進んで来た。状況からして、奴らの持つ聖浄器に惹
かれ、引き摺り込まれたのだろう。そしてアルス・レノヴィンはその時、兄・ジークの得物
でもあるこれらの一つ、護皇六華を預かっていたという。
『そちらも、確実に始末を。障害は早急に取り除かねばならない』
「……分かっている」
 弟が“撰ばれ”つつあるのなら、兄もその可能性は十分にある。ハザン達がわざわざ釘を
刺すように連絡を寄越してきたのはその為だ。アララギは努めて淡々と簡潔に、やや苛立ち
を宿して答えたが、それでも内心現状では“足りない”と感じていた。
 生来の気難しさ故なのか、或いは直感の類か。
 当初はなるべく内々に始末しようとしたのに邪魔が入り、加えてブルートバードの侵入を
許しつつある。第五層・六層の魔獣(しゅうじん)達を解き放ち、念押しの一手を打ちはし
たものの……。
『アララギ総長! 応答してください!』
『こちら煉獄第四層! 脱獄です! ジーク・レノヴィンとアズサ・スメラギが共謀して、
囚人達を……!』
 ちょうどそんな時だった。ふと通信機の向こうから部下達──西棟死神衆からのSOSが
響き、ザザザッと時折ノイズを含みながら現場の混乱が伝えられた。
 静かに目を見開き、アララギがじっと黙っている。光球越しのハザンやシゼルも、これら
声は聞こえていたとはいえ、一旦口を閉じざるを得ない。彼との繋がりがバレてしまわない
ように、通信の向こうで息を潜める。
 そうして暫く応答せずに黙り込んでいると、死神達の声や物音が途絶えた。返事がないと
諦め、向こうから切ったようだ。
『おい。一体どういうことだ?』
『今、脱獄と……』
「……ああ。どうやらまた、しぶとく抵抗を始めたらしい」
 先ほどよりも険しい、驚いたかのような声色になるハザンとシゼル。
 やはり私自らが手を下すしかないのか……? アララギは更に顰めっ面を重ねて眉間の皺
を深くしつつ、絞り出すように二人に答えていた。ギリッと静かに拳を握り締める。
 忌々しい。死んだのだから、さっさと諦めて死んで(きえて)しまえばいいものを。尤も
実際は使徒(ジーヴァ)に殺された訳だが。
 邪魔をするな。“摂理”を知り、成り行きから“結社”の一員として、大命成就の時を今
までずっと待ち続けていたのに……。
『た、大変ではないか!』
『ユヴァン様にも報せます。すぐに対処を』
「……分かっている」
 言われずとも。慌てる光球越しの二人に、アララギは応じた。出来ればその瞬間(とき)
が来るまで正体を晒したくはなかったが……ここまで状況が拗れては致し方が無い。全ては
あの兄弟の所為だ。分不相応に抗うからだ。
 しかしルキのように、“結社”側の兵をこちらに持ってくるのは宜しくない。直接動く前
にバレる可能性があるからだ。尤も、クロムが私の存在に気付いていれば同じ事だが。どち
らにしても、早々に事を終わらせる必要性が増した。
『──ッ?!』
 だが事態は、彼らが次の対応に動くよりも早く、容赦なく進んでいたのだった。まるで連
鎖するように次々と、歯車は加速度を上げて回り始めていた。
 直後、獄内を昇って、何か膨大なエネルギーが吹き上がってゆく感触。足元から大きく揺
さ振られる衝撃。
 その場に居たアララギは勿論、光球越しにハザンやシゼル、摂理宮内にもその異変は時間
差で伝わる。周囲で吹き昇る奔流、輝く魂(ストリーム)達の様子に、アララギは唖然とし
ていた。眉間に皺、怒りを伴い、彼はその表情を歪める。
「まさか……」
 視える者には視える。聞こえる者には聞こえる。
 遥か頭上へと一目散に向かう、魂達の叫び。それはアララギが抱いていた嫌な予感が、最
悪の形で的中した瞬間でもあった。

続きを読む
  1. 2019/11/04(月) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「フラストレー」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:破壊、依頼、風船】

続きを読む
  1. 2019/11/03(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

10 | 2019/11 | 12
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (192)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (110)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (48)
【企画処】 (469)
週刊三題 (459)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (400)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month