日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)皆、自分を見ている

月十本オーバーの新記事(更新)ってのは厳しいですねえ。なまじ毎週、何某かの執筆スケ
ジュールを挟んで、物理的にも結構カツカツですし……φ(=_=;)

先日、うちの田舎もようやく梅雨入り発表があったようです。例年より二十日ほど──歴代
最も遅い梅雨入り。そりゃあ中々来ないなあ来ないなあと、無駄に蒸し暑さに悶えさせられ
ていた筈ですわ……orz

加えてサハラ~も、四十四章をUPしました。22エピソード目後編です。先月にシーズン4に
突入してから最初のお話がこれでお終い。まぁ以前からではありますが、各話の区切りは付
けていても、本編全体の流れは同じく繋がっております(筈です)分量は前回より少し多い
程度の21300字弱。ドンパチ系のシーンは結構膨らんでいたものの、何のかんのやり取り系
シーンと視点変更が多用される影響もあり、思っていたほど増加はなかった感じ。……今に
始まった事ではありませんが、もっさり書ける時と書けない時の振れ幅がまことしんどい。

──しっかし、六月もあっという間にお終いですか。今年もあと半分? 嘘やろ……?
元よりカレンダー的に日数が少ない月とはいえ、とんと時の流ればかりがが。執筆環境的に
も、梅雨~夏季ってのは暑さで気力体力が持ってゆかれがちだし、ただでさえ自身の文章が
粗くなっているな? と疑ってくるタームに差し掛かっているのも手伝って、今後も迷走が
続きそうな予感がしています。それでも何糞、俺は書くぞ! と頻度を詰めて書き物なり何
なり(創作メモを走らせる等)を入れ込んで抗おうとはするものの……。

先の更新時になろうさんの活報でもちらっと書きましたが、自分の文章(描写度)それ自体
が、年々雑になってきている気がするんですよねえ。やはり目減りする感覚はあっても、取
り戻すことは(年齢もあって)もう出来ないんだなっていう……。かれこれ累計では二桁年
以上、小説を書き続けてきた計算にはなるものの、結局近年のそれは過去数年のノウハウ=
自分なりの経験知を“復唱・複製するだけ”の繰り返しなんだろうなあと……。半分考えて
いるようでいないのなら、どれだけ歳月や分量を費やしても無駄(或いは非効率)ではない
のか? と。所詮アマチュア──趣味だからという方便に逃げて、随分とまぁ遠回りどころ
かあさってな部分にばかり拘っているのかなあ? と。

少なくとも、新しい物語を生み出すという点において、自分は間違いなく一昔よりもその頻
度が開いているように思うのです。空き続けているように思えてなりません。
当時はまだ療養ニート──時間だけは無駄にあった(なる表現は本来間違いではあるのです
けどね。ただもっと有意義・高効率に使えた歳月を自分から捨てていたに過ぎない)という
面も大きいのでしょうが、何よりそこから脱して、ここ数年お仕事に日々の大半を費やして
ゆく中、ぼやっと「哲学する暇」を反面で捨ててきたのが特に影響しているのだろうと考え
ます。小説ないし創作──人生とは? 人間とは? といった厨二病思惟に身を任せて費や
すこと、それ自体に元来現世での“生産性”は皆無と言って差し支えないため、忙殺の中で
はどうしても忘れ去りがちです。そもそも大多数の人間、社会人達にとり、働くことはほぼ
生きることとイコール。体を動かすでもなく生計に寄与するでもなく、浸り過ぎればあまつ
さえ心だって病みかねぬ“余分”だとの知識がある分、本来生きる=食うことに不必要では
あるのでしょう。『下手に思い悩むよりは、もっと割り切って即物的になれ。諦めろ。忙し
なくしている内に人の一生なんざ終わるんだ』──実際次善であり、基本合理的ではあるの
でしょうけれど。

今回も例の如く、自分の中に溜まったモヤモヤを必死こいて整理しながら、文字に起こして
吐き出すという一連の駄文になっているかと思います。
おそらくは、もっと書く為のエネルギー(?)が溜まって自浄されてきてようやく、良い言
の葉に変じ得るのでしょうが……。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2019/06/28(金) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅣ〔44〕

「に、逃げろおおおーッ!!」
「くそっ! 一体何なんだよ!? 何でこんな……!」
 自分には関係ない、何処か遠いセカイの出来事だとの思い込みに“否”を突き付けられた
時、人はその本性を露わにするのだろうか。或いは元より保身(それ)は、皆誰しもに備わ
った反応(もの)なのか。
 アウターと思しきミサイル型怪人からの襲撃を受け、現場に居合わせた学園(コクガク)
生や職員達は、大わらわになって逃げ出していた。直接大穴の空いたクラス教室近隣から始
まり、恐怖は間を置かずして波紋のように伝染してゆく。
『──』
 そんな学内の一部始終を、密かに見つめている者達がいた。少し上階の廊下側、窓際の一
角に立ち、生徒達と破壊された現状を見下ろしている。
「ねえねえ、見えた?」
「ああ。視た」
 人影は二つ。先ずは少女らしき人物が口を開き、もう一人が応える。彼女に比べるとひょ
ろっとした背丈で、やや気の弱い印象を受ける男性だった。共にその顔は逆光と物陰に隠れ
ており、口元から上は窺い知ることが出来ない。
 校舎内には先ほどから、緊急を知らせる警報が鳴り響いている。
 そういった状況も手伝って、生徒や職員達は避難一辺倒だったのだが……この二人はそん
な他人の波には呑まれていない。寧ろ自ら取り残されるように、その場に立ったまま、事の
推移をギリギリまで観察しているかのように見えた。

『よし、誰もいないな。ここで一旦奴を迎え撃つぞ』
『あ、貴方達は、一体……?』
『ナナミ、ユカ……コロス!』
『やっぱり、あれぐらいじゃあ死なないか……。皆、七波さんをお願い!』

 変身!
 そして二人の“眼”には、一連の騒ぎの中で全くの別行動をしていた、ある人物達の一部
始終もまた映っていた。
 七波を庇いながら屋上へと逃げ、更にそこへミサイル型の怪人が追いついて来る。これを
面々の一人──睦月が守護騎士(ヴァンガード)となって迎え撃とうとし、残る面々もリア
ナイザらしき装置を片手に身構える。
「よりにもよって、あの子が学園(うち)に来た矢先にねえ……。少なくとも転入するって
話は、対外的には発表されてない筈なんだけど……」
 一旦フッと瞳を閉じて、彼女は一人しみじみと呟いた。尤もその内容とは裏腹に、肝心の
声色の方は寧ろ弾んでいるように思える。ワクワクと。そんな彼女の、良くも悪くも旺盛な
好奇心に、一方で男性の側は半ば呆れた様子を見せている。
「……面白くなってきた」
 ふふふ、と口元で微笑(わら)う声と、やれやれと肩を竦める気配。
 爆音轟く非日常にあっても、事態(とき)は変わらず構わず進んでゆく。

続きを読む
  1. 2019/06/25(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「オモンバカリ」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:現世、白、残り】

続きを読む
  1. 2019/06/23(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)空白を埋めたいけれど

ネ・タ・も・な・し (´・ω・`)

先週の更新ラッシュが嘘だったように思えるほど、休み明けからぐったり。栄養剤やら帰宅
後の可処分時間(夜時間)を擲って睡眠時間に充て、昨日今日辺りでようやく回復してきた
かな? という感じです。……振れ幅がしんどいなあ。

月別履歴で見えば分かる通り、まぁ執筆モードのある週とない週で波がある──基本いつも
のことだと言ってしまえばぐうの音も出ないのですが、ただでさえやりたいこととやれる時
間が反比例しっ放しの現状では、たとえ二・三日であっても「モッタイナイ」が先行するの
ですよ……。たかが一日、されど七回集まりゃ一週間で、それが五回で一ヶ月。更にダース
単位で一年と、時の流れはこっちの都合なんて関係ないですからねえ。物理的に無理だとは
分かっていても、何とかがっつりガス欠状態にならぬコンディションを維持したい……。

前回からほぼ一週間ですが、リアルの方は特段変わったことがある訳でもなく。

相変わらず作業場と自宅の往復です。強いて言えば、気付けばまた人手が増えてきたことぐ
らいでしょうか? お陰で依頼の捌けは速くなった……ような気がしますが、その分元々就
いている工程以外でのフォローも増えた感じ。まぁ無駄に年季は重ねておりますし、悪い意
味で古参気取りにならない程度に、これも勉強だとケースバイケースに走り回る日々を送っ
ております\(・ω・\) (/・ω・)/

……ただまあ、今まで以上に日々のリソース配分を怠ると、間違いなくしっぺ返しというか
いざって時(創りたい時)にエネルギー不足で躓きますよねえ……うん。今回のそれで改め
て思い知らされました。如何せんかねてより、ガッツリ書き終えた後は「ヒャッハー!」と
内心がハイになってしまいがちとはいえ、消耗を抑えるムーブを取ってゆかねば。もっと若
い時分は気にも留めなかったことだけど、自身のキャパなりリソース総量の調整に終わりな
ど無いんだ……これからもずっと、何とか折り合いをつけて暮らしてゆく他ないんだ……。

大方の地域では既に梅雨入りしていますが、自分の住む田舎では未だその兆しは見えないよ
うです。降る時は降るんですが、ほぼ夕立みたいなパターンばかりですね……。もしかした
ら今年は空梅雨になるかも? 或いは入るのも遅くて、結果明けるのも遅くなる?(暑いの
がとかく苦手な自分としては、まま好都合ではありますが……湿度がね)

例の如く、今年も異常(というか極端)な気候が続きます。皆さんもどうか、自らを過信せ
ずにご自愛くださいませ。改元しても、この辺は変わらんなあ。ここ暫く悪い意味でオンリーワンな手合いも目立つし……。

続きを読む
  1. 2019/06/21(金) 22:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「善意」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:濡れる、裏切り、花】

続きを読む
  1. 2019/06/17(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (184)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (106)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (44)
【企画処】 (449)
週刊三題 (439)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (390)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month