日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)語るべきではないこと

束の間の安堵と達成感……φ_(:3 」∠)_

(それでも何のかんの言って止められないままである)お久しぶりです。今週に入ってから
というもの、更新回数自体は結構立て続けではありますが、雑記カテゴリとしての書き物は
すっかり間が空いてしまいました。前回からざっと二週間──それでも相対的にはまめな方
に分類されるのでしょうが。

ではさて、例の如く。
先日、ユー録の百五章をUPしました。現行第Ⅷ部も、今回で前編が終了。全体の1/3が消化
された計算です。次回からは同中編──「煉獄編」に突入します。相変わらず長々と書いて
ばかりではありますが、気長にお付き合いくだされば幸いですm(_ _)m
本編全体の総分量としても、遂に280万字を突破しました。
流石に八年・九年も掛けていれば、それぐらいに嵩みはするのかも(否、ペース自体は遅い
のやも)しれませんが……ここまで長丁場になるならば、もっと物語そのものをブツ切りに
して、作品の数の方を重ねていった方が良かったのだろうか? とも思いますね。仮に追っ
てくださるとしても、他人にそれだけの時間を割かせてしまっている=読者に優しくない訳
ですから。尤も今更な感が凄いですし、自分としてもせめて“完結”だけはさせたい所存。

……思いの外、ストックを消費してゆく体感期間が早い。
一応、少しずつ骨組みを建てようとはしているものの、サハラ~の方もなる早で急かしてい
かないとまたすぐ追い付かれてしまいそうだなあ。気付けば今年だって、もう半分を過ぎよ
うとしているのですし……。嘘やろ?

かねてよりぼやいている事ですが、日中のお仕事一単位(シフト)の密度ってものが、また
徐々に上がっている気がするんですよねえ。まぁそれ自体は、基本的に歓迎すべきこと──
それだけ(職人)仕事を任されている証拠ですし、何より自らの心身が、そんな日々に耐え
られるぐらい鍛えられて(或いは慣れて)久しいという事実でもあります。如何せん外向け
でなく内々のベクトルではありますが、嬉しいモンで……。数年前までの療養ニート時代に
は考えられなかった。
即ちそれだけ自分も丸くなった──しばしば此処では“黒歴史だった”と表現してきました
が、安易に「無かったこと」扱いにするのも如何なものなのか? 過去のひん曲がった自分
から逆襲されるぞ、などと嘯いた所で現実的ではないにせよ、今日までの道のりを軽んじる
べきではないな……と、先日ふとした切欠で自戒させられた次第。過ぎ去った日々それ自体
はどうしようもない。半ば諦観がイコール受け入れることであっても、それらに「肯定」や
「否定」を差し込んじゃあ、いずれ何処かで拗れ出すんだろうなあと。……認知バイアス。

色々な事に、なるべくフラットで居たい。
ただそれは現実的に、限りなく不可能に近いのでしょうね。

人間どうしたって、常日頃“生息域”などで何かしらのバイアスを帯びていますし……こと
自分のような創作人にとっては、その偏りこそが(良くも悪くも)思想、物語の切欠を生ん
だりする訳で( ˘ω˘ )

続きを読む
  1. 2019/06/13(木) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(書棚)感想:三上延『ビブリア古書堂の事件手帖』

書名:ビブリオ古書堂の事件手帖~栞子さんと奇妙な客人たち~
著者:三上延
出版:メディアワークス文庫(2011年)
分類:一般文藝/ライトミステリ

人から人へ。歳月を経ながら渡り歩いた本には、それぞれの物語が在る。
尤もそれらは、必ずしも温かな思い出達ばかりではなく、寧ろ辛く苦しい記憶こそを秘めて
いるのかもしれない。

これは本の虫と活字アレルギー、執着達が、紡いでは進む物語──。

続きを読む
  1. 2019/06/12(水) 00:00:00|
  2. 【読書棚】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔105〕

 死神総長アララギが現出させた、漆黒の大鎌。
 振り被られるその刃と殺気を前に、ジーク達は絶体絶命のピンチを迎えていた。直感、本
能が、大音量で警報を鳴らしている。
 捕らわれの身から仰ぐアララギの姿は、まさしく禍々しさの象徴としての死神(それ)だ
った。両手で得物を握り締め、冷たく鋭い眼光でこちらを見下ろしている。
 やばい。
 この鎌だけは、本当にやばい──。
「止めなさい!!」
 だが、ちょうどその時だったのだ。他に立ち入る者も望めないと思われた場に、これを止
めんとする人物が現れたのだ。
 黒法衣の部下達──数名の閻魔らを引き連れたヒミコである。扉を挟んだ背後の廊下側で
は、騒ぎに居合わせた楼内の官吏などがこちらを覗こうとしている。
「閻魔長……?」
「どうして、此処に……?」
 事態をイマイチ呑み込めなかったジークよりも早く、マーロウやヨウが動揺をみせて呟い
ていた。他の面々の反応からも、彼女もまた高位の存在らしいと判る。
 振り下ろされた大鎌の刃は、ジークの鼻先寸前で止まっていた。肩越しに視線を遣ったア
ララギないしキリシマ達は、同じくめいめいに硬直している。
「え、閻魔長。これは──」
「一体何をしているのです? 死神総長ともあろう貴方が、こんな所で」
「……例の侵入者の目的が、この魂だ。事実こやつは楼内からの脱出を試みていた」
 咄嗟に繕おうとする、キリシマやヒバリ。
 しかしそんな部下達のフォローを、対するアララギは暗に制しながら答えると、ヒミコら
閻魔衆による“介入”にじっと眉を顰めていた。尤も普段から仏頂面なため、一見すればそ
の微細な変化を見極められる者は限られてはいたが。
「この者達もだ。あろうことか、こやつの脱走に手を貸そうとしていた。当人共々、処分し
ようとしていただけのこと。楼内の治安維持は、死神衆(われわれ)の管轄の筈だ」
 ギョッとする閻魔達。だがあくまで、部下の不始末に得物を振るおうとするアララギに対
して、唯一ヒミコは毅然としていた。立場的に対等であることも背景に、彼女は厳しい面持
ちを崩さない。
「いいえ。私が申し上げているのは、貴方が“独断”で事を済ませようとしている、その点
に関してです。秩序を守ろうとするのであれば、楼民達にも一通りの経緯を知らせるべきで
はないのですか? もっとクリアなプロセスを踏むべきです」
 それに……。加えて彼女は、一旦静かに深呼吸をすると、キッと再び目を見開いた。体格
は他の面々に比べてずっと小柄なのに、その瞳にはこれらを圧倒する意志の強さがあった。
「生前どれだけの事を成した人物でも、魂は等しく取り扱われなければなりません。それが
此処魂魄楼──冥界(アビス)ひいてはこの世界の秩序(ルール)です」
 あくまでも毅然と、目の前で起ころうとしていた“内々”を咎める意図で。
 ヒバリやヤマダ、部下の死神達は、明らかに面白くないといった表情(かお)をしたよう
に見えた。後者に至っては密かに舌打ちすらしている。一方でアララギはといえば、じっと
彼女を肩越しに見つめたまま、反論すらせずに黙していた。
「……」
 いや、生来の寡黙さか。
 少なくともここで下手に食い下がっても、事態が拗れるのは避けられないと考えたのか。
「彼の──魂の移送は、既に済んでいるのです。後は私達の仕事です」
 かくしてジークの身柄は、アララギ以下死神衆から彼女ら閻魔衆へと引き継がれることに
なった。ヒバリ達は渋々といった様子だったが、相手の論理武装と当のアララギが抵抗を得
策としなかった以上、従う他ない。助かったのか……? ジーク達は一先ず安堵の息をつこ
うとしたが、ヒミコはその毅然とした態度をこちらにも向けてくる。
「マーロウ隊長、でしたか。貴方達もですよ。この一件、流石に不問とする訳にはいかない
でしょう」
「うっ……」
「ですよねー」
 内々に片付けないというだけで、基本彼女も“罪人”を処断するというスタンスに違いは
ないようだ。マーロウ達の表情が思わず曇る。ジークも、自分の為に巻き込んでしまった負
い目から何とか擁護しようとしたが、他でもないマーロウ本人からやんわりと止められる。
ポンと軽く肩を叩き、連行されてゆく間際、苦笑しながら小さく首を横に振っていた。

 追加で駆け付けて来た閻魔達とも併せ、二手に分けられて連行。この半ば物置状態の室内
から出て行くジーク達。
『──』
 その去り際、終始黙したまま肩越しにこちらを見つめていたアララギの眼が、異様なまで
に静かな殺気を孕んでいるように感じたのは……気のせいか。

続きを読む
  1. 2019/06/11(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「投げ込んだのは」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:井戸、紫、歪み】

続きを読む
  1. 2019/06/09(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「ショウドウ」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:兵士、時流、魅惑的】

続きを読む
  1. 2019/06/03(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2019/06 | 07
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month