日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔102〕

 突然のアクシデントから、一体どれだけの時間が経ったのだろう?
 いや、実際はそれほど経ってはいない筈だ。あまり悠長にしていれば、ジークの魂が自分
達の手の届かない場所へと往ってしまう。
「くっ……!」
 半ば無理やり霞まされた意識を奮い立たせるように、イセルナやダン以下クラン・ブルー
トバードの仲間達は、身体を起こした。或いは両脚を踏ん張り、失意の勢いのまま崩れ落ち
そうになる己を守った。
 船内を見渡してみても、あの異常な揺れはすっかり止んでいる。赤と鈍(にび)色に染ま
ったセカイも、気付けば嘘のように元通りになっていた。どうやらルフグラン号自体の大破
だけは免れたらしい。
「皆、大丈夫か? 怪我はないか?」
「……ええ、何とか。それよりもレジーナさん、エリウッドさん。至急現在地と被害状況の
確認を」
「は、はいっ!」
 ゆっくりと頭を振って、体勢を立て直すダンやグノーシュ、リカルド達。蒼い光を静かに
纏ったまま呼び掛けるブルート。
 そんな中イセルナは、すぐさま団長としての思考と次に取るべき指示を面々に飛ばした。
す、すぐに! 弾かれたようにレジーナ以下技師組や団員達が、まだ少しふらつく足取りの
ままで動き出す。
「畜生……。一体あれは何だったんだ??」
「分からん。たくさんの手が、気色悪い小人みたいな奴らが視えたが……」
「声も聞こえました。凄く……哀しそうな……」
「うん……。私も、頭の中がグチャグチャになりそうだったよ……」
 ダン達は混乱している。ことレナやステラ、リュカなど魔導の使い手に至っては、余計に
あの異変に感じてしまう所があったらしい。単純な不快感だけではない、胸を締め付けられ
るような錯覚が、彼女らの表情を複雑なものにしている。
「あ、アルス様は一体何処に? え、エトナさんも巻き込まれちゃいましたし……」
「落ち着け、イヨ。まだ外がどうなっているか分からない。下手に飛び出して、私達も消し
飛んでしまったらどうする?」
 何よりも──深刻な事態はアルスだ。異変の最中、彼と彼を助けようと飛びついたエトナ
だけが、結局あの小人達によって引き摺り込まれてしまった。侍従として気が気でない友人
に、リンファも内心酷く焦っている筈ながら、そう今にも走り出しそうなその肩を軽く掴ん
で押し留めている。
 その間に、ブリッジに他の団員達が慌てた様子で駆けつけてきた。船内別室で寝かされて
いた、負傷中のクロムを看ていた面子だ。互いに事の経緯を伝え合い、彼らもアルスとエト
ナが攫われてしまったことに動揺する。「外は大丈夫みたいだよ! ……凄い陰気だけど」
そうしていると、レジーナらが再びブリッジに顔を覗かせてきた。不時着という形ではあっ
たが、どうやら船は何とか冥界(アビス)に辿り着いたらしい。報せを聞いて他の団員達が
数名、確認の為にタラップへと向かってゆく。
「……とりあえず、全滅だけは避けられたかな?」
「ああ。しかし参ったな。俺達が無事でも、アルスとエトナがいないんじゃ、あいつに申し
訳が立たねえよ」
「助け出そうにも、何処に連れて行かれたのかも分からない……」
「完全に不意を突かれた格好だったからな……。何者かは分からないが、あの小人達の周り
には大量の魔流(ストリーム)が視えた。ということは、彼らも魂……?」
「ま、まさか。ゆ……幽霊!?」
「あながち間違ってはいないだろうな。“虚穴(うろあな)”は、この世とあの世を結んで
いる穴だ。だとすれば、その只中を進んでいた我々に、そのような存在達が干渉してきたと
しても不思議ではない」
 小走りで駆け出す彼らの背中を見送りつつ、呟くシフォンの表情は暗い。どうやら目的地
には降り立てたようだが、まさか仲間を──アルスとエトナを放っておいて進む訳にはいか
ない。ミアやサフレ、マルタ、ブルートなどが口々にごちている。ジーク救出に前のめりに
なっていたとはいえ、もう少し慎重であるべきだったか。尤も今更悔いた所で、状況は一切
好転しないのだが。
「……聖浄器、かもしれないね」
 ちょうどそんな時だった。未だ困惑する仲間達の中で、ハロルドがそう、それまで沈黙し
いていた口を開いた。ダンやイセルナ、場の面々が誰からともなく視線を向ける。
「あの小人達に掴まれていたのは、全員聖浄器を持っていたメンバーだったろう? 聖浄器
は、強い魔力を持つ魂を核にして作られている。クロムも、魔流(ストリーム)とは未だ生
まれぬ魂達の集合体だと言っていた。だとすれば、あの小人達が聖浄器に殺到していた理由
も説明がつく。特に、アルス君は六華を──ジーク君の聖浄器を抱えていたしね」
 あ……。じっと口元に手を遣り、そう淡々と順序立てるハロルドの言葉に、仲間達は軽く
衝撃を受けたように目を見開いた。
 それならば辻褄が合う。自分達よりも多くの聖浄器を持っていたからこそ、アルスだけは
あの小人達の引力を振り払えなかった……。
「マスターヲ想ウオ気持チガ、完全ニ裏目ニ出テシマッタトイウコトデスカ……?」
「何てことだ。では六華を別な形で保管していれば、こんな事にはならなかったのか?」
「可能性は高いだろうね。でも今は、もう起こってしまったことだ。それよりも先ず、私達
は、二人をどうやって助け出すかを考えるべきだよ」
 流石にリンファも自身の配慮不足を痛感したのか、ぎゅっと唇を結んでいた。しかしそれ
でもハロルドは、彼女を含めた場の仲間達全員に向け、そう促す。要するに自分達に課せら
れた条件が増えたのだ。ジークやアルス、エトナの救出も、基本的には時間との戦いだと考
えておいた方がいい。
「……参ったな」
 大体何で、引き摺り込む必要がある? その言い方じゃあまるで、奴らが“道連れ”を望
んでいるみたいじゃないか……。ダンは思わずごちたが、今はそんな感傷に時間を割いてい
る場合ではない。イセルナ以下他の仲間達も、互いに顔を見合わせつつ、次にどう動くべき
かの思案を始めている。
(手分け……するしかねえか)
 ガシガシと、やや乱雑に髪を掻きながら、ダンもそう内心苦悩する他ない。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/03/12(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

02 | 2019/03 | 04
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (192)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (110)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (48)
【企画処】 (469)
週刊三題 (459)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (400)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month