日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔101〕

 再び時を前後し、摂理宮。
 世界樹(ユグドラシィル)に潜むこの浮遊要塞の一角で、ジーヴァ達は眠っていた。他と
同じく静かに明滅を繰り返す明かりの中、ずらりと巨大な回復カプセルが並ぶ区画、その満
たされた溶液の中に浮かんでいる。
『──』
 ジーヴァとヴァハロ。使徒級最高戦力と呼ばれる二人に、クライヴとサロメ、フェルトを
加えた五人。
 彼らは全員、先の竜王峰における戦いに参加していた者達だ。今は重傷を──中には千切
れた手足を繋いだ痕が未だ残っているほど、ボロボロされて目を覚まさないままでいる。
「……」
 そんな彼らを独り、ルギスは言葉もなく眺めていた。
 コポコポと時折生じるカプセル内の泡(あぶく)だけが、辺りに音響として染み入っては
消えてゆくを繰り返す。
「よう。様子はどうだ?」
 そこへ新たに、二人の人影が加わった。ヘルゼルとリュウゼン──同じく使徒級に名を連
ねる魔人(メア)達である。
 彼らが近付いて来るのを認めて、ルギスは肩越しに振り向くと、やや嘆くように肩を竦め
てみせた。何時もの飄々とした風貌も、今回ばかりは深刻そうなそれを宿している。
「見ての通りサ。回復液にぶち込んではおいたものの、こうもボロボロにされるとはねェ」
 曰く、ジーヴァ達はレナの覚醒──解放された聖教典(エルヴィレーナ)の攻撃を受け、
一転して退却を余儀なくされたのだという。聖浄器は、自分達魔人(メア)には特効の威力
を発揮する。その雨霰をもろに食らったのだ。無事で済む筈もない。
「“竜王”殿の、咄嗟の判断のお陰だヨ。あそこで退いてしまう決断をしたからこそ、何と
か連れて帰って来れタ。もしこれがもう少し遅れていたら……死んでいてもおかしくはなか
っただろうネ」
 回復カプセル群を背に、大きくため息をつくルギス。そんな技術担当の彼を、ヘルゼルと
リュウゼンは言葉少なく見遣っていた。ふむ……? 軽く口元に手を当てて、一見深刻そう
ではない前者と、眉間に皺を寄せてカプセルを見上げている後者。自分達使徒級最強とされ
てきたジーヴァ・ヴァハロの両名が、ここまで深手を負った姿など初めて見る。
「……中でも特に、ジーヴァの被害(ダメージ)は深刻だヨ。彼の《黒》は、あくまで相手
の色装(のうりょく)を無効化する能力だからネ。純粋な魔導や、直接的なオーラの攻防ま
では掻き消せない。他の四人に比べて防御の手段に乏しいものだから、一番まともに食らっ
てしまったんダ」
 そう語りながら、眼鏡の奥で思案顔をしているルギス。ヘルゼル達もその辺りは既知の事
実だった。
 たとえ最強と呼ばれる色持ち(のうりょくしゃ)でも万能ではない。能力の相性次第では
不利になるし、場合によっては全くの無力になってしまうこともある。過信すれば己が身を
滅ぼしかねない。色装とはそもそも、そんな極端な二面性を孕んでいるのだ。
「何とか一命は取り留めたものの……これでは全員の復活には、どうしても時間が掛かって
しまうだろうねエ」
「……それは、拙いな」
「ああ。クライヴ達はともかく、俺達の中でもトップクラスの二人が動けないとなると、こ
の先の作戦にも支障が出るぜ?」
 故にリュウゼンとヘルゼルは、共に少なからず眉間に皺を深めた。ルギスも同じく静かに
頷き返している。自分達“結社”の大命は、これからが正念場なのに。
 今回の戦いで、かの“勇者”ヨーハンとレノヴィン兄弟の片割れを始末する事は出来たも
のの、結局その聖浄器は回収出来ず終いだ。
 もしかして……損の方が大きかったのではないか? このままではやはり、自分達は“別
の方向”にシフトしてゆかざるを得ないだろう。
 問題はその際、末端の兵達にどう納得させるかだ。
 単純な欲望(どうき)であれば構わないが、そうでない者達は──。
『見つけたぞ。此処にいたか』
 ちょうど、そんな時である。思わず黙り込んでいた三人の頭上に、見覚えのある紫色の光
球が突如として転移してきたのだった。ルギスを筆頭に、面々は咄嗟にその場で跪く。最高
幹部の一人であり、組織の表の顔役を務める“教主”ことハザンだ。
 光球の向こう、本来の姿である老魔導師の横顔を暗がりの中に潜めながら、彼は通信越し
に訊ねてくる。
『ジーヴァ達の具合はどうだ?』
「はっ。何とか一命は取り留めましたが、皆重症でしテ……。復活には時間が掛からざるを
得ない状況です。特にジーヴァは色装(のうりょく)の性質上、聖浄器の威力をもろに食ら
っておリ……」
 ルギスは組織内の技術担当として、改めて彼に、先日運び込まれたジーヴァ達の経過を報
告した。紫色の光球は暫くじっと、この報告に耳を傾けて明滅していたが、ふむ……と深刻
そうな思案声を漏らすと口を開いた。
『……そうか。仕方あるまい。ならば一刻も早く回復が済むよう全力を挙げろ。必要な資材
や貯蔵魔力(マナ)を、そちらに優先的に回すよう指示しておく』
「はっ! 有難うございます」
『うむ。それと……』
 だが彼の、ハザンの用件はそれだけではなかったのだ。
 謹んで拝命し、更に頭を下げるルギスを通り越して、彼を代弁する光球は心なしかその視
線を持ち上げたような気がした。
 そこに居たのは──即ちルギスの後ろで、同じく跪いていたリュウゼンとヘルゼル。
 小さく頭に疑問符を浮かべ、そんな視線に気付いて顔を上げたこの元鬼族(オーグ)と元
鳥翼族(ウィング・レイス)の部下達に対して、ハザンはもう一つ別の指令を下す。
『リュウゼン、ヘルゼル。その間お前達に、やっておいて貰いたいことがある』

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2019/02/12(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

01 | 2019/02 | 03
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (188)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (108)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (46)
【企画処】 (458)
週刊三題 (448)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (396)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month