日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅷ〔100〕

「──っ!!」
 それまでぐったりと、抜け殻のように椅子に身体を預けていたユヴァンが、次の瞬間突如
として意識を取り戻した。
 やや時を前後し、世界樹(ユグドラシィル)内・摂理宮。
 ビクンと弾かれたように仰け反り、何よりも苦悶の表情を浮かべて戻ってきた彼に、ハザ
ンやシゼル、オディウス、金髪の青年といった“結社”を率いる盟友達が、慌てた様子で駆
け寄って来る。
「ユヴァン殿!」
「おい、どうした!?」
 その色装(のうりょく)の性質上、ユヴァンは全力を出して戦うには少なからぬリスクが
伴う。“摂理”に見出され、質・量ともに常人を遥かに超える力を得て久しい今となっては
尚更だ。
 この部屋に限らず摂理宮内の各所に言えることだが、仰ぐ天井や壁は半透明で、一方的に
中から外の様子を見ることができる。飾り気のない無機質なフロアに映るのは、これまでも
これからも延々と繰り返される、無数の魔流(ストリーム)蠢く奔流である。
「……大丈夫。予備の“器”が、やられただけだ」
「やられた……? お前の義体(からだ)がか?」
「ですがあれは、貴方の《罰(ちから)》を補う為の……」
 目を見開く盟友達に、ユヴァンはあまり気が進まないといった様子で答える。
 特注の被造体(オートマタ)に意識を転送した上で、自らも出撃していた竜王峰の戦い。
そこでヨーハンの、文字通り命を賭した抵抗を受けたこと。結果一つ目と予備の“器”を道
連れにされ、何より彼の聖浄器・絶晶剣(カレドボルフ)と絶晶楯(カレドマルフ)をも奪
い損ねたことなどを、一通り皆に話して聞かせた。
「僕は……あいつを甘くみていた。あいつは始めから、勝つ心算などなかったんだ」
 何てことを。向こうでの一部始終を知り、ハザンが彼らへの忌々しさとユヴァンへの心配
でギリギリと歯を噛み締める。シゼルは真っ直ぐにこちらを見つめたまま言葉が出ず、同じ
くオディウスは眉間に深く皺を寄せ、腕組みをしたまま黙り込んでいる。金髪の青年も、何
か思案顔になってぼうっと天井から透ける外の魔流(ストリーム)達を眺めていた。
「よ、予備の義体(からだ)は、確か」
「ああ。もう一つだけあるが、今投入するべきではないだろう。本当の本当に、予備がなく
なってしまう」
「新しく造るにも、時間が掛かってしまいますしね」
「向こうにはまだティラウド達がいるんだろう? 絶晶剣(ボルフ)と絶晶楯(マルフ)だ
けでも、持ち帰ってくれればいいが……」
 まだ“器”自体はある。だがユヴァンは、自身の色装(のうりょく)の性質上、それらを
全て失ってしまうリスクだけは避けたかった。避けなければならない理由があった。言って
しまえば保身だ。
 ただの被造体(オートマタ)ではないことに加え、あそこにはまだティラウド達が残って
いる。視線をこちらに戻した、金髪の青年の問い掛けにユヴァンは頷き、ここは一旦退いた
上でその可能性に賭けることにした。
 少なくともヨーハンは死んだ──致命傷を負った筈だ。それに意識を戻す直前、ジーク・
レノヴィンが自身のオーラを全開にして、ジーヴァに向かってゆく姿を見た。ジーヴァもは
っきりとこれを捉えていた。諸々を含めて“確認”しようと思うが、おそらく彼も死んだだ
ろう。厄介な二人を始末することができた。その点でみれば、今回の戦いも無駄にはならな
かったと信じたいが……。
「……急いで、援護を」
 ぐっ!? しかしそう椅子から立ち上がろうとしたユヴァンは、直後激しい痛みと眩暈に
襲われ、咄嗟に支えに入ったオディウス達に受け止められた。「ユヴァン殿!」「まだ動い
ては駄目です! 義体(うつわ)とはいえ、貴方の負ったダメージを大きいんですよ!?」
悲鳴にも近い声色で慌てるハザンやシゼル、盟友達は必死にユヴァンを押し留める。物理的
というよりも精神的な意味でだ。とうにヨーハンらかつての十二聖達と袂を分かったとはい
え、彼のこれまでの歩みと苦悩を、自分達とて知らない訳ではないのだから。
「……すまない」
 盟友達に支えられ、暫くしてユヴァンは落ち着きを取り戻した。尚もふらつく身体で再び
椅子に背を預け直すと、大きく深呼吸をする。片掌で隠すように額や目元を覆い、俯き加減
になって呟く。オディウスと金髪の男は、その間に宮内の配下達に通信を繋ぎ、彼の代わり
に取り急ぎ竜王峰(げんち)の状況を確認するよう命じた。
「本当に僕達は、作戦を変えなければならないな」
「……ああ」
 そうして次に漏れたユヴァンの言葉。総じて険しい表情で頷くオディウス達。人々の抗い
は強くなる一方だった。
 激しい精神的倦怠の中で、ユヴァンは思う。最期の最期にやってくれたヨーハンも然り、
レノヴィン達も然り。少なからず真実を“知って”も尚、今在るヒトを諦めない彼らの執念
というものを、今回改めて思い知らされた。元より茨の道を往くと解っていた筈なのに、そ
の覚悟を以って臨んできた筈なのに、ここに来てことごとく彼らの抵抗が当初の計画を崩し
始めている。
(僕もまだ……捨てる覚悟が足りないということなのだろうか)
 迷い。だが心配する盟友達──主にハザンやシゼルを前に、ユヴァンはあくまで気丈であ
ることを貫いた。小さく嘆息する自身、皆をざっと流し目で確認するさまを隠しながらも、
彼は新たな指示を“結社”最高幹部の一人として発する。
「こちらも、次の手を講じなければ。奴らをまだ……倒し切れた訳じゃない」

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2019/01/08(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

12 | 2019/01 | 02
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (183)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (105)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (44)
【企画処】 (445)
週刊三題 (435)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (387)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month