日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)共感の輪が向かう果て

……暑っぢい(;´A`)-3

梅雨合間の日差しと湿気が合わさり、最強に思える。
おそらくこの雑記をUPしている頃には、またスイッチが切り替わったように一転して雨模様
の数日になるのかなと思いますが、ここ二・三日で過ごし難さがぐっと増してしまったよう
な気がしてなりません(多分この感覚は進みはしても、戻ることはないでしょうからねえ)
早くも空調の冷風を解禁してどっぷり。一週間も経たぬ内に、もう身体が「当たり前」と欲
するようになってしまいました。まだ夏本番でもないってのに、先が思いやられるぜ……。

近況を書くならば、例の如くお仕事(作業場)と創作(自宅)を往復する毎日。繰り返し。

自分で設定したスケジューリングとはいえ、一週間のインターバルなんざあっという間に過
ぎてしまいますなあ。三題の更新反映を見届け、次のお話を考える準備をしつつ、尚も時間
を取れればこうして雑記やら、現状不定期・優先順位の低いコンテンツに手を出してゆく。

次の執筆モード(ユー録)は、どうするかなあ? 先日から、ぼちぼちカレンダーを確かめ
つつ予定を逆算している状況です。月替わりのややこしさもあり、きっちりとインターバ
通りならばこの土日に当たる訳なのですが、それまでにいっぴ分の三題が片付くかな……?
今に始まった事ではなく、いざとなれば突貫で書けば出来なくはないんだろうけど、時間が
許す限りはクオリティというか密度にも拘りたい。かといってあまり週を遅らせると、今後
のペース(日数的猶予)が割とカツカツになる未来も見えるしで……。まぁ書くんでしょうけど。

ただそれも、こう蒸す方向から暑さの進行が早まってくると、あまり悠長にしていられない
かもしれません。具体的に言うと、日の出ている間はとてもじゃないけど集中できなくなっ
てゆくから、まとまって取れる時間が夜になる──どうしても万全に充てられる時間が限ら
れてくることが予想される訳で……。毎年の事ながら、この季節は本当、余計なものらとも
闘わなければならないってのが嫌なんですよねえ。思考力がゴリゴリ削られる。ただでさえ
やりたいこと・やるべきことは多少随時消化できても、その傍からまた新しく積み上がって
ゆくのが常なのですから┐(=ω=)┌
(まぁそれだけ充実している、昔に比べて治り、自分なりに楽しく暮らせるようになった証
なのかもしれませんけど)

ぐるぐると考え過ぎない。それは症状なんだから。
ずるすると引き摺らない。背負い込むから苦しむ。
(今の環境で肩の荷が下りて)昔に比べれば、少しは割り切れるようになったのだけど。

……そうやって自分がようやく抜け出れた「幸い」を、まだ「後ろめたさ」に変換する癖が
抜け切らない。まだ痛んでいる他人たちと比べて、考え込んだり苛立ったりしてしまう。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2018/06/27(水) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「抱き締めて」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:夏、指輪、見えない】

※今回、盛り過ぎました。11000字弱あります。
なので読了の際には予めそのつもりでm(_ _;)m


続きを読む
  1. 2018/06/24(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)封じるべきは己が意思にて

(まだ前回から一週間と経っていませんが)

先刻、サハラ~の三十五章をUPしました。18エピソード目前編です。そして今回で計算上、
現行のシーズン3も折り返しを迎えることができました。
分量は18000字弱──個人的な目安(一章2万字前後)よりもやや控えめな結果となりました
が、まぁ前編ですからね。前向きに、昔より描出を圧縮?できるようになったのだと捉えて
おくことにします。今後ともどうか気長に生温かくお付き合いくださるとm(_ _)m

……というか、比較的各エピソードが独立していた前2シーズンに対して、現編は各話の繋
がりがより強く前章の展開ありきの構成になっている感がしますねえ。尤も連載形式を採っ
ている以上、その辺りは避けようがないのかもしれませんが(三題みたくない限り)

自分の住んでいる田舎も先日梅雨に入ったというのに、何だか雨はそう多く降らないまま、
湿気というか蒸し暑さ気だがしっかり発揮されているような気がします。
                            訂正。一転、だばだば降り出してます。
元々個人的に、寒いよりも暑いのが苦手というのもありましょうが、ただカッと暑いよりも
余計に集中力が削られるような……気もします(反面、少し扇風機やら空調やらを効かせて
おけば、快適なレベルには収まるものの)ただでさえ書き物の更新頻度はゆっくりなので、
あまりそういった環境要因などで文章の質・量にムラっけが出てしまうのはなあ……。はて
さて受け手側からすればどうなのだろ? まぁどのみち自分のそれはどう転んでも硬い暗い
に違いはないんでしょうがφ(=_=;)

昔に比べ、間違いなく一呼吸で書ける分量は減ったと感じますが、その一方で執筆モードの
前後におけるタフネスはだいぶ向上したように思います(少し前までは、ほぼ確実にガス欠
に襲われていたことを考えると)地味に続けている筋トレと、お仕事(仮)のお陰で規則正
しい生活リズムを維持できるようになったのが大きいのでしょうね。暇ならいいってモンじゃない。

ただ……そうやって書くこと・創ることにこなれて、コンスタントに続けることに(惰性的
な保守でもって)拘ってしまうと、ややもして己の作った「型」に何でもかんでも嵌め込ん
でしまってはいないか? と怪訝に立ち止まる瞬間があります。ここ数年で築き上げられた
一連のサイクルを維持することありきで、毎月のスケジューリングや技術的・編集上のノウ
ハウが更新ごとのそれに落とし込まれているような。“安定”していると見せかけて、その
実は今あるそれを保ち続けるだけでいっぱいいっぱいであるような……。
随時、創作作業の優先順位とその日ごとの目標は立ててはいるんですけど、如何せん手持ち
のリソースは足りないことはあっても余るなんてことは無いですからね。「新しい企画を」
と水面下でペンを握ってはいても、遅々としてこれらに新しい風を送り込むことが中々形に
ならないでいる……。

いやまぁ、漢(おとこ)なら不言実行か。うん。

続きを読む
  1. 2018/06/20(水) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔35〕

 いつだって強く思う。この世界は、嫌(ヤ)な奴ばっかりだって。

 私が物心付いた頃には、親父とお袋の仲はもう冷え切ってた。記憶の隅にこびり付いてる
のは、言い争う二人の怒声や罵声、獣みたいな横顔。
 物を投げ付け合っている時も珍しくなかった。取っ組み合いの喧嘩になる事も少なくなか
った。でも、遠巻きに見れてる内はいい。その矛先が私に向けられる日だってあったから。
あいつらの匙加減一つで、一体何度理不尽な目に遭わされてきたか。

 ……こいつらは、家が同じだけの他人だ。いや、同じ人間だとすら思いたくない。
 いつだって苛々する。どうして私だけ、こんなハズレくじを。
 あの二人だけの話じゃない。学校でもクラスの奴らは、毎日飽きもせず“仲良しごっこ”
の下で、互いの足を蹴り合ってる。女子特有の陰険さと、誰が決めたのかもはっきりとしな
いペースに、ルールに合わせなきゃいけないっていう面倒さ。本当に息が詰まる。
 なのに先公達は、分かった風に──実際は分かってても見て見ぬふりをして、何としてで
も私達に“問題がない”ってことにしたがって。
 地区の連中もそうだ。事ある毎に“見守り”だ何だと言って、放課後の私達の行動まで監
視してくる。無駄にニコニコしてくる裏で、何を考えてるのか分かったモンじゃない。それ
ぞれの仕事に、家庭に戻れば、そいつらがクソ野郎じゃないなんて保証は何処にもありはし
ないんだから。
 大人なんて皆そんなものだ。テレビの向こうでも、毎日のように芸能人や政治家、金持ち
連中のスキャンダルを嬉々として伝えてる──寄って集って誰かの足を引っ張ることばかり
に熱を上げている。進歩することを自分達から放り出して、代わりに残ってるカスを我先に
と争って、食い潰し続けているようにも見える。
 ……本当に、腐ってやがる。
 なのにあいつらは、口を揃えて私に言うんだ。
 必死になって勉強しろ、この国を担う人間になれ。その為の集積都市なんだと、口酸っぱ
く説教してくるけど、何で“こんな国”を支えなきゃいけない? “こんな国”を支える為
に大人にならなきゃいけない? 自分達がクソであることを理解しようとさえしないで、責
任ばかり押し付けてくるような連中の尻を拭く為に、私は生まれてきたんじゃない。お前ら
の“予備”になる為に、私は生まれてきたんじゃない。

 ……そんなの、絶対に嫌だ。
 でももし、そうしてああやって、汚く醜くなることが“大人”なんだと言うのなら。
 私は絶対、大人になんてなりたくない──。

続きを読む
  1. 2018/06/19(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「正しかった男」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:過去、空気、少年】

続きを読む
  1. 2018/06/17(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

05 | 2018/06 | 07
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (167)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (97)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (36)
【企画処】 (388)
週刊三題 (378)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (7)
【雑記帳】 (352)
【読書棚】 (31)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート