日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔33〕

 暗がりに潜む地下のサーバー室に、珍しい客がやって来た。灰色フードの青年と老紳士風
の男──ヘッジホックとトーテムである。
 カツンカツンと響いた足音の後、開いたゲート。
 その横顔、特にヘッジホックのそれは、真っ直ぐに張り詰めたかのような険しさを湛えて
いる。
「……何だおめえ。どうやって入った?」
 これにすかさず動いたのは、正面の円卓の面々だ。
 二人を睨み付けるチンピラ風の男(グリード)と、傍らの肥満の大男(グラトニー)に、
神父風の男(ラース)。ゴスロリ服の少女(スロース)、黒スーツの青年(ラスト)及び、
エンヴィーこと勇──不在の白鳥(プライド)を除いた“蝕卓(ファミリー)”幹部七席。
 気配ですぐに同胞だとは分かった。だがここは自分達蝕卓(ファミリー)の拠点だ。専用
のIDを使わない限り、ここへやって来るのは基本的に不可能な筈だが……。
「──」
 するとそんな思考を読んでか、トーテムがついっと指を一つ立てた。円卓の上に置いてあ
ったカップが、右へ左へとひとりでに滑って止まる。彼の念動力の能力だ。ラースが眼鏡の
奥から、ラストが流し目の端で視線を投げていた。どうやら扉のロックも、こうして物理的
に解除したらしい。
「やあやあ。おかえり。ヘッジホック、トーテム。君達から“里帰り”してくれるなんて、
泣かせてくれるじゃないか」
 ラース達の剣呑に反応して、暗がりのあちこちから現れていた無数のサーヴァント達。
 しかしその一方で、白衣の男(シン)だけは上機嫌だった。いつものように飄々としてい
るとも言えたが、両腕を、纏う白衣を大きく広げると仰々しく出迎える。
『……』
 だが肝心の、対するヘッジホックの表情は険しいまま微動だにしなかった。傍らのトーテ
ムも、彼ほどではないが、言葉なく白い目を向けている。
「……用件を聞こうか」
「ああ。折り入って、あんたに頼みがある」
 ラース以下七席達が、無言のまま眉を顰めた。それでもシンが自分達の前面に出て話して
いることから、実際に割って入ってまでこれを遮ろうとはしない。
「一つ、約束をして欲しい。僕が守護騎士(ヴァンガード)を倒せたら、僕の仲間達を自由
にさせてやってくれ。あんたらが僕達に手を出さないのなら、僕達もあんたらに手を出さな
いと誓う」
 ヘッジホックは言った。それは自らが、彼の者に対する刺客にならんとする宣言だった。
 全ては亡き友の──バイオの願いの為。やり方はいささか乱暴ではあったが、自分達の未
来を勝ち取ろうとして半ばに散ったその遺志を、彼は受け継ごうとしたのだ。
 ヘッジ……。傍らのトーテムが、実際にそう漏らしたかのように、きゅっと静かに唇を結
んでこの横顔を見ている。
「はあっ!?」
「おい、待て。何を勝手な事を……」
 当然ながら、この一方的な提案に幹部達は反発を隠さない。
 特に血の気の多いグリードや、獲物を奪われる格好となる勇は黙っていない。そうでなく
とも“身勝手”と映るのだ。そう安易に「独立」など許す訳にはいかない。
 詰まる所……敵討ちだとしても。
「ああ、いいよ」
『シン!?』
 だが当のシンは、そんな申し出をあっさりと受け入れた。ラース達を始め、周りの幹部達
が驚いたようにこちらを見遣ってくる。ガタッとにわかに席から立ち上がろうとする勇らを
制しながら、やはり彼は飄々としていた。
「まぁ、いいじゃないか。やらせてみるくらい。亡き仲間(とも)の弔いの為に……泣かせ
るじゃあないか」
 片手で目元を拭うようにして、だけども表情は変わらず底知れぬ笑みを。
 ラース達は押し黙っていた。蝕卓(ファミリー)の頂点、自分達を生み出した張本人がそ
う認めるのなら、これを覆すほどの権限は持ち合わせていない。
 勇が明らかに不服なまま席に座り直し、ラースが眼鏡のブリッジを、スロースがやれやれ
と嘆息をついている。そんな面々のやり取りをじっと見ていたヘッジホックが、改めて確認
するように問うた。
「……本当にいいんだな? 僕達を、自由にしてくれるんだな?」
「ああ。約束しよう。その間、こちらも邪魔はしないでおくよ」
 一見朗らかにシンが言う。ヘッジホックは、トーテムはこれを数拍じっと見つめていた。
 ゆっくりとその返事を咀嚼するように、全身に染み込ませるように、彼らは一旦目を瞑り
ながら深く息を吐き出した。安堵したのだろうか。「必ずだぞ?」念を押すように、確約を
取りつけるように、去り際にもう一度こちらを見据えてから踵を返す。
「……」
 その一瞬、トーテムが迷うように彼とシン達とを見比べていた。さりとてそれも数拍の事
で、すぐに彼の後を追って歩き出す。

 カツカツと、靴音が遠ざかって行った。
 少しだけ明かりの差した暗がりの中で、シンと七席達は不気味に佇んでいる。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2018/04/24(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2018/04 | 05
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month