日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅢ〔29〕

 どれだけネオンが眩く点ろうとも、闇はいつもそこに在る。寧ろ光が強ければ強いほど、
それらはより深く執拗に根を張るのかもしれない。
 満たされているが故に、満たされえぬ。
 少なくとも飛鳥崎という街は、そんな数多あるモデルケースの一つと言ってしまってよい
のだろう。
「──どうも、お待たせしました」
 夜の飛鳥崎。街を照らすネオンを遠巻きに、その届かぬ足元を縫うように杉浦が近付いて
来た。心許ない明かりしかないその路地裏の一角へ、妙にヘコヘコしながらするりと身を潜
り込ませてくる。
「用件は? 折り入って報告したい事があると聞いたが」
 そんな彼を一人待っていたのは、丸太のように筋肉質でガタイのよい男だった。
 円谷である。飛鳥崎中央署の警視・白鳥の側近の片割れだ。彼はビル裏の壁にじっと背を
預けたまま、ちらと横目にこの杉浦を見遣ると早速本題に入る。
「ええ。実は先日、うちの事務所に筧兵悟とその連れがやって来ましてね……。自分に瀬古
勇の消息と、例の守護騎士(ヴァンガード)について調べてくれと依頼をしてきたんです」
「瀬古を?」
「どうやら、勘付いてるようで。何かと関連の事件に縁を持っちゃいましたからねえ」
 元から険しい円谷の表情(かお)が、更に厳しさを帯びた。
 それとですね……。彼に向いたまま杉浦は言う。それさえも取っ掛かりに過ぎないという
ように、スッとその瞳が暗い殺気を帯び始める。
「もっと厄介なのは、その連れです。由良──と言っていましたか。実は筧兵悟が帰った後
に、そいつがこっそり依頼をしてきましてね……。三条電機と、そちらの本署との繋がりを
探ってくれ、と」
「……なるほど。お前がわざわざ呼び立ててくる訳だ」
「でしょう? 当人の感じからして、まだ確証は無いようです。ただ何処からか、自分達の
存在を聞きかじった可能性はありますね。そうじゃなきゃあ、先ず自分にそんな頼みをして
きはしないでしょう?」
「……」
 身振り手振り。訴えかける杉浦に、円谷は暫くじっと眉間に皺を寄せて考え込んでいた。
 確かに、自分達に目を付けられているというのは拙い。彼の相棒たる筧も未だ瀬古勇と、
都市伝説(ヴァンガード)の存在に拘りをみせている。元々から組織の方針に従順ではない
と理解してはいたが、流石にそろそろ目に余ってきたか。
「この事、他には?」
「今夜旦那に話したのが初めてです。直接伝えに行くよりは、お二人のどちらかの耳に入れ
ておく方が、目立たないかと思いまして」
「賢明だな。情報提供感謝する。今夜にでもプライド様に報告しよう。三条電機の方は──
放っておいていい。対抗勢力の存在はとうに把握済みだ。何よりシステムの完成で、瀬古が
エンヴィーの号を得た。今後は奴が対守護騎士(ヴァンガード)の専任となる」
 その意味では、もう価値の半減した情報ではあるのだろう。既に彼らの研究所(ラボ)は
襲撃済みだ。尤も、肝心の目的は果たせなかったが。
「それよりも、問題は二人がそれぞれに嗅ぎ回っているという点だ。もし彼らの疑念が噛み
合ってしまえば、我々にとって非常に面倒なことになる」
「そうですよねえ。お互い、敵の本丸(ふところ)を突いたとしても、大した利益にはなり
ませんし」
「……いつも一言多いのは、お前の悪い癖だぞ」
 ギロリ。杉浦の慎重──否、皮肉に対し、円谷は静かに凄みを利かせてこれを睨んだ。
 あはは……。思わずこの私立探偵は苦笑いを零し、軽く両手を挙げて降参のポースを取っ
ている。そう、面なら割れているのだ。だがそこに踏み込めば相手も同じように行動せざる
を得なくなるだろう。プラマイゼロ、寧ろマイナスなのだ。相手にダメージを与える事こそ
できるが、同時にこちらも失うものが大きい。お互いに、メリットが少ない。
「……そろそろ、あの二人も野放しにはできなくなってきたか」
「ええ。どうします?」
 だからこそ、決断は早かった。問うてくる杉浦に円谷はちらと横目を遣り、命じた。あの
二人は、由良信介は、触れてはいけない領域へと触れた。もう許されない……。
「プライド様を煩わせるでもない。始末しろ。やり方は任せる」
「へへ……。了解」
 言って、円谷はそのまま踵を返していた。杉浦もニタリと口元に弧を描き、影のある不気
味な笑顔を浮かべている。同じように彼もまた、次の瞬間には正面を向いたまま胸元に軽く
手を当て、サッと退くようにして再び街の闇へと消えてゆく。
「“取り繕う”のは──お前の得意技だろう?」
 背を向けたまま、より暗がりの中へと進む円谷。闇はいつもそこに在った。
 一見、繁栄を謳歌しているようにみえる夜の飛鳥崎。だがそこに潜む悪意達は、人々の想
像を遥かに越えて、深く複雑に根を張り続けている。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2017/12/19(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month