日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)改宗するでもないけれど

えっ? もう残り半月……?(゚Д゚;)

かくして時は無常(無情)なり。およそ一週間ぶりですか。わたわたと毎日を捌いている内
に、今月もあっという間に半分が過ぎてしまいました。
それにしても実感が湧かないなあ。もっと街の方ならクリスマス飾りなどの演出があるんで
しょうけど、自分の住んでいる田舎ではそんなハイカラな物は基本無いですからね。寒々と
禿げてゆき木々と褪せた紅葉の山々くらいなものです。まぁぼちぼち年賀状の支度をさせら
れるでしょうから、個人的にはその辺りでようやっと年の瀬感が出てくるのかな……?

さて、既にツイッタ(小日記)上では呟いていますが、この土日にサハラ~の執筆モードに
入る予定です。前回の更新が八月末でしたから、夏の終わりから冬にかけて丸々三ヶ月以上
も空いてしまいました。今に始まった事ではないにしても、鈍行な。忙しない時期での連載
再開となりますが、今月からシーズン3に突入します。改めて気長にお付き合いくだされば
ありがたく存じますm(_ _)m

作業場と自宅を往復する日々。一度無理を押してコンディションを崩してしまった失敗経験
を踏まえ、なるべく身体に負荷が掛かり過ぎないように──分散?させるように、諸々の作
業スケジュールを日毎にルーティン化させようと努めてきたここ数日。

理想なのは、抱えているコンテンツ(媒体)全てを形にしてゆく事ではありますが、それは
流石に無理だよなあ……と痛感しています。肉体的にも然り、気力的にも然り。如何せん手
持ちのリソースは限られている。そんな現実がどうしようもなく目の前に横たわっているの
だから、結局はそれらに優先順位をつける──後回しにする・半ば切り捨てる決意をしない
と二進も三進もいかない。中途半端ばかりが並び、続き、最悪全部まとめて“沈む”結果に
なりかねない。ならばいっそ、一つでも確実に捗る方がいい。そんなことを悶々と考えて、
毎日ルーティン(と体力気力)との戦いを続けているのですが……。

少なくとも「充実」はしていると思うのです。やるべき事──という言い方は、本来ならば
使うべきではないのですが。あくまで「やりたい事」と表現したい。したいのだけど、どう
しても我欲という側面を未だ肯定し切れないのです──が尽きずに在る訳ですし。
なのに……何なんでしょうね。なまじ(自ら設定した)ルーティン・作業に追われることに
慣れ始めてきた分、いざふいっと手が空いてしまうと、言い表せぬほどのそわそわ落ち着か
ない感覚に囚われます。仕事中毒というか何というか。ほんの数年前までは療養ニートをや
っていて、社会に溶け込むことさえ毛嫌いしていたというのに。

……嗚呼、もっと可処分時間が欲しいなあ。

だけど、かといって自由ばかり与えられても、必ずしも能率が上がる訳でもモチベを燃やし
続けられる訳ではないんですよねえ。ソースは自分の実体験(´・ω・`)

続きを読む
  1. 2017/12/15(金) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「傍観希望」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:主人公、入学式、脇役】

続きを読む
  1. 2017/12/11(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)マウント・ザ・アラウンド

師走「来ちゃった♥」

もう今年も残り一ヶ月を切ったという事実に驚きを禁じ得ません。ところがどっこい、これ
が現実……圧倒的、現実っ……!(((゚Д゚;)))

こちらでは暫くぶりです、長月です。ざっと十日弱でしょうか。こちらは例の如く、先月末
も(執筆スケジュール的に)忙しなくしておりまして……。

さて先日、ユー録の九十章をUPしました。プロット上の区分としては今回から第Ⅶ部中編へ
と突入します。加えてなろうさんの方では、累計パート数がちょうど600部分に。改めて自分
の書く文章は如何せんもっさりが過ぎるなあと思いつつ、かといって本心では何とか今回も
やり遂げたと安堵したり、束の間ホクホクとしていたり。まぁ硬い・長い・臭いの三拍子は
今に始まった事ではないですし、今日の(ネット)小説界隈を見渡せば、質・量共に格上の
作品なり作家さんというのは沢山おられる訳で
(それでも少なからず、少分量で気楽に読めるという形が一定のニーズを持っているという
事実自体が否定される訳ではないのですけど。かく言う自分もめっきり読めてない……)
先月は寝足りなさを甘く見、コンディション的に痛い目に遭いましたが、今回はその反省を
踏まえてとにかく身体を労わる事を最優先にスケジューリング。そのお陰か否か、先ずは大
きな乱調もなく書き終えられました。とりあえず、一段落ですかね。

……それにしても、自分にとっての執筆(創作)活動とは、すっかり大よそ体力的な限界と
の戦いとイコールになってしまいました。如何にして体調の波を“水平”に保ち続けるか?
元より(創作に限らず)身体が資本の活動だとはいえ、何だか本来使いたいリソースもゴリ
ゴリそっち=自己調整に割かれているような……。最早口癖ですが、勿体無い(´=ω=`)

お陰様で、今のお仕事も三年目を迎え、随分と体力気力を労わりながら日々を過ごすことが
できるようになりました。だからこそ「このまま」であり続けるのは駄目だと思うのです。
払っては湧いてくる諸々の──将来設計的な、意欲の収容限界的な意味での不安。少なくと
も、体力上限がこれ以上増えないのは恐ろしい。何年も臥せって何もしてこなかった反動と
いえば反動なのだろうけど、せっかくやりたい事(とやるべき事)が自分の中で色々湧いて
きてくれている今、それを他ならぬ自身のキャパシティを理由に蓋をしてしまうのは何とも
勿体無いと思うのですよ……。尤ももう自分は若くなく、周りの人達もそうなってゆきます
し、人生の局面的には既に下り坂に差し掛かっているのかもしれませんが……。

惜しむのが遅過ぎたかなあ。丸みを帯びる為に、色んなものに反発し続け過ぎた。

人間だって消耗品で、一度病んで壊れてしまったら、やはり元には戻らないのだろうか。

続きを読む
  1. 2017/12/06(水) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅶ〔90〕

 それは、ジーク達の出立直前に起きた。
 歓迎から動揺へ、動揺から警戒へ。森の中の霧の妖精國(ニブルヘイム)は、今は一見落
ち着き直したかのようにも見える。
「た、大変です!」
 突然、ミハエルら数人のエルフ達がジーク達のいる部屋へ駆け込んできた。何事かとめい
めいが振り返る。彼らは肩で息をし、酷く慌てているようだ。只事ではない。
「? 一体、どうしたんだ?」
「それが……」
「里の周りに、変な煙が……」
 荷物もそこそこに、ジーク達は部屋を飛び出し、里の中に出た。見れば遠く森のあちこち
から、赤い煙が何本も立ち上っている。
「……これって、まさか」
「狼煙、だろうね」
 それらは、ぐるりと里を取り囲むように確認できた。数拍ジーク達は唖然とこれを見上げ
ていたが、程なくしてその意味と──迫るであろう危機を悟る。
「ま、拙いぞ」
「おい、人を集めろ! 急いで消すんだ!」
 ミハエルら里のエルフ達にも、既に気付き始めていた者がいたのだろう。周りでは赤い狼
煙に向かって森の中へと駆け込んで行く面々の姿があった。一つ、また一つとゆっくり煙が
揉み消されて霧散してゆく。
 だが一方で、ジーク達も彼らも、既に遅いのではないかという予感に苛まれ始めていた。
 少なくとも自然発生するようなものではない。つまりこれは、明らかにアルヴ側の……。
『──っ!?』
 ちょうどそんな時だった。息を呑み、赤い狼煙を見上げたまま固まっていた一行の耳に、
突如として轟音が響く。今度は大きな土煙が上がっていた。あれは……広場の方か。
 即座に目配せをし合って、ジーク達は駆け出した。狼煙の処理は既に散っている里の者達
に任せておけばよいだろう。
 嫌な予感がする。同時に、自分達の判断は“遅かった”のかと悔やむ。
 腰に差した刀を鳴らし、土と石畳を踏む込む靴音が重なる。
「くっ……!」
 広場には、ハルトやカイト、里の戦士達が集まっていた。
 相対しているのは巨大な岩人形の使い魔──ゴーレム。加えてその周りで、武器を抜いて
立ち塞がるように布陣しているのは……口元に覆面をしたエルフ達。
「ハルトさん。あれって……」
「! ジーク君。ああ、そうだよ。どうやら僕らはまんまと嵌められたらしい」
「お前らは下がってな……って言いたい所だが、すまん。手を貸してくれ。このままあいつ
らを進ませちまったら、避難させてる皆を守り切れねえ」
 当然。ジークらは頷いてめいめいに得物を抜いた。今更関わり合いになってはいないと繕
った所で、向こう側にはもうバラされている可能性が高い。ならば、少しでも早く──この
“守人”達を捕らえて無力化すべきだろう。
「マギリっ!!」
 そして、この場にもう一団駆けつける者達がいた。ミシェルだ。テオや他の“守人”達を
引き連れて、まるで鬼のような形相で仲間だった筈の者を睨み、叫ぶ。
 互いに顔を見合わせるでもなく、一同は横一列に並んだ。目の前、里の出入口を塞ぐよう
に展開しているのは、岩のゴーレムを操る、同じ“守人”の戦士が一人だ。彼は彼女の声に
応えるでもなく、じっと暗い熱に浮かされたかのようにこちらを睨んでいる。
『……』
 テオと共に彼女を補佐していた術師のエルフ、マギリ。
 どうやらこの騒動は、他ならぬ彼と、彼に従う一部の“守人”達によって引き起こされた
ものらしかった。

続きを読む
  1. 2017/12/05(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「タメライミライ」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:指輪、灰色、真】

続きを読む
  1. 2017/12/03(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2017/12 | 01
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month