日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)モノづくりとカネモウケ

φ_(:3 」∠)_

いや、何となくぼちぼち何か書かないと鈍るなあと思いまして。
一本分を減らしただけというのに、この妙な空っぽで気が急けるような感じは……?

昨日、サハラ~のプロット作成が三十二章まで終了しました。シーズン3の二話目、全体と
しては16エピソード目終了まで書き進められた所です。本作が二章前後編構成、1シーズン
で7エピソード分一単位を(個人的な)目安にしているので、大体もう一章くらいで予定の
1/3くらいになりましょうか。
先んじてツイッタ(小日記)やなろうさんの活報にも追記をしておきました。ペースとして
は早いのか遅いのか──まだまだ先は長そうですが、大雑把に年末から年明け辺りには再開
できたらいいなあと考えておりますm(_ _)m

夏が案外あっさりと退場してくれて、今年こそ秋が深まってくれると思いきや。

ここ数日、ぐっと冷える(暑くならない?)気候が続くようになりました。こちらでは霧に
むけるような雨がしとしとと降った日もあり、すわっまさか今年も秋を蹴飛ばして冬がやっ
て来るんじゃないか?と一抹の不安が。まぁ春秋の天気は変わり易いとは云うけれど、何故
こうも昨今この世界は「落ち着いて」推移することから離れよう離れようとするんだ……。

一見して平穏無事。だけどもその水面下では色々なものが動いている。というよりも、何も
波風が起きずに時間が流れるということ自体があり得ない──そんな現実。
実際、自分自身も毎日のようにあれこれとやるべきことが積み重なり、創りたいものが圧迫
される。その前者──お仕事は淡々とあまりエネルギーを消耗しないで済ませたい。だけど
後者・創作に関しては定期なコンテンツ以外も組み込みたい、もっと言うなら肥やしになる
「刺激」が欲しい。それも、厭気が差してモチベを損うようなリアルではなく……。

我が儘な欲求だと自分でも思うのですが、どうやらそうは問屋が卸さないようです。
前回の雑記でもつらつらと述べていた部分ですが、どうも耳に入るリアルの刺激は面倒臭い
というか、しばしば胸糞悪さすら伴います。この時期、このタイミングで嘆きを綴るのは、
サブカル界隈(インターネッツ)の住民の皆さんなら大よそ察しがつくことでしょう。

“そんなの、誰も幸せにならない──”

ただ自身の中のもやもやを(例の如く)言語化して吐き出したいだけです。近況報告だけで
充分だという方はブラウザバックないし他のコンテンツをどうぞ。それでも私のような者の
拙文に時間を割いてくださる殊勝な方であれば、続き部分をどうぞ。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/09/28(木) 22:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「サウンズ」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:音楽、少年、捻じれ】

続きを読む
  1. 2017/09/24(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)セカイを殺す病

一見穏やかなようで(内々は割と)忙しなく、かと言ってインプットをばと刺激になるもの
を探そうとマクロな方の世界を眺めてしまえば、往々にして精神衛生がマッハ(´・ω・`)

暫くぶりです。九月も終盤に突入し、今年も残りおよそ四半期。
一時は喧しく幅を利かせていた蝉の音も、今では移ろう季節に縋りつくようにして消えそう
で消えない。作業場近辺の植木の中はもう薄らと紅く染まり始めているものもあり、畦道や
土手をゆけば知らぬ間にヒガンバナが──というか、少し前にも生えてて、いつの間にか見
なくなった気がするのだけど……。二度目? 確かに「彼岸」に咲く花ではあるけど、この
違和感は何だろう? それだけここ数年“秋”が短かった(咲き直す暇がなかった?)証、
異常であったのだろうけど、如何せんその正常よりもこちらに慣れてしまった。じっと考え
ると空恐ろしいものですね……。

サハラ~のプロット作り、ちまちまと進めています。
およそ一章毎、区切りの良い時点でツイッタ(小日記)にも進捗は呟かせて貰っています。
ある程度書き溜まったら、なろうさんの活報の方にも何度か生存報告的な形で記事を追加し
ようかなぁとは思っております。
如何せん他のコンテンツ──ユー録や三題の執筆モードを始め、他の企画構想やらネトゲや
らtktkやらでこのプロット作りにリソース(具体的には可処分時間と熱量)を注げてい
ない状況ですが、まぁ気長にお待ちください。大よそ三ヶ月=年末か年明け辺りには再開で
きればいいなあというぐらいに考えております。なろうさんの方で「放置」表記が出てしま
うのは致し方ありませんが、長編を書きながらこさえるなんて器用な真似は中々できそうに
はありませんのでφ(=_=;)

あと私事ですが、先日誕生日を迎えました。17+n歳です(だがオッサンである)
ざっくりとした計算ですが、これでもう人生の1/3ほどは消費してしまったんだなあ。そも
そも人並みに生き長らえられるか分からないし、迷惑を掛けてまで長生きしようとも思いま
せんが。……ただ、身体が動く限り創作は続けたいなあと思います。いつか創ることさえで
きなくなる。それが自分にとり、ほぼ唯一最大の老いへの恐怖かもしれない。これだけこの
営みにどっぷり寄り掛かって久しい以上、それがプツリと途切れた時が冗談無しに生きる力
の切れ目になってしまうかもしれない。今の段階でもう、無茶──夜更かしや徹夜での作業
なんて出来なく(突入しても能率が上がんない)なっていますからねえ。そのエックスデー
が訪れる時までに、はたしてどれだけの物語を創れるのか……。

尤も、それより先に解決すべきは、自活力というか資力ですけども。

先の事を考え過ぎてもどうしようもない。刹那的な面を含むのは否めないけれど、精神衛生
を考えれば、何処かの段階で線引き──ぱーんと手放して「なるようになる」の心持でいた
方がまだ幸せなのかもしれません。そもそも“具体的でない”不安のために、今すべきこと
やしたいことを後回しにしても、人生中々真っ直ぐにリカバリーなんて利きませんし……。

続きを読む
  1. 2017/09/21(木) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「聖女について」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:天使、悪魔、増える】

続きを読む
  1. 2017/09/18(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)棚に上げたがる性(さが)

₍₍(ง˘ω˘)ว⁾⁾

秋の気配を感じつつのんびりとしていたら、もう今月も半分が経過しようと……(早い)
以前より多少機材がゴチャゴチャせざるを得ませんが、外付けキーボードの環境にすっかり
慣れました。PC自体は生きているので、もう二年くらいは頑張って貰おうと思います。

先日、ユー録の八十七章をUPしました。
久しぶりに二万字越え強の分量となり、個人的にはホクホクとしていますが、どうにも自分
が良しと思った場合はあまり突出してレスポンスはなく、逆にどうかなあ……?と懐疑的な
場合の方がはたっと受けるといったジンクスが自分にはあるような気がします。
まぁどちらにせよ、楽しく書けるのなら万々歳。
熱中できるものがあるというのは、大よそ幸せなことかな。
例の如く長い・硬い・臭いの三拍子が揃っている拙作らですが、今後とも気長に生温かくお
付き合いくだされば是幸いですm(_ _)m

……さて、実は先月辺りから、とある創作コミュニティ内の企画用にと一つ新しいプロット
をこさえておりました。サハラ~ではなく、別の新しいお話です。以前から温めていたネタ
の一つではあったのですが、そんな企画──プロットの見せ合いっこと批評会──をやろう
という話になり、これもいい機会だと執筆にこぎ付ける前段階・残弾を作る目的で取り掛か
っていた次第です(ただ、身内ではあっても見せ合いっこが“未発表の作品”に抵触するの
では? とも思うので、後者に関しては怪しい所ですね……)

一方で(肝心の)サハラ~のプロット作りは、まだ下準備も下準備。
シーズン2までの資料集加筆と月々の長編更新を挟み、ようやく次編(シーズン3)全体の
骨組みを組み立てる作業が埋まりそうです。尤もそれが済んでも、各章→エピソード前後編
内での構成、その後清書という工程を繰り返すので、こさえ終わるのはもっと先。三ヶ月を
みていましたが、場合によってはもっと掛かるかもしれませんね。上述の別企画のプロット
が片付いたので、今後はサハラ~の方に専念できる筈なのですが……。

所詮は気分の浮き沈み。
この熱量も、いずれまたふと冷めるのだろうとは思うけれど。

ここ暫く、創ることが楽しくなってきました。作業自体は相変わらずやり散らかしで、果て
が無いようにもみえるのに、捌き回る(空想する)のが楽しいここ暫く。いい感じです。如
何せん物理的?には作業量のしんどさが相殺してくるものですが、それを経てもまだ多少な
りともこういった気持ちが余ってくれば、創り甲斐があります。何より持続性──精神衛生
的にも非常によろしい。後はこのウヒョーを過信せず、身体を休めるべき時はきちんと休め
ることを忘れないって所でしょうかね。

「創作の秋」も足音近く。

どうやら今年は、去年よりも長めに続いてくれそうですね?

続きを読む
  1. 2017/09/13(水) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

08 | 2017/09 | 10
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (150)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (88)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (343)
週刊三題 (333)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (322)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート