日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「雨領醒々」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:海、墓標、幻】

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/07/30(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「ツール」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:玩具、携帯、過去】

続きを読む
  1. 2017/07/24(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)焼べた果ても知らないで

\祝・累計三万人/

(雑記自体の頻度としては寧ろ短いぐらいですが)前回の更新から間が空いてしまいました。
先日、サハラ~の二十七章をUPしました。14エピソード目前編です。かねてより粗筋欄にも
記載してある通り、今回のお話でシーズン2も終了。また一つ大きな区切りが射程圏内に入
ってきました。
加えて、もう一方の長編系(ユー録)も、なろうさんにて累計ユニーク30000人を突破。無駄
に長い間続けてきただけの甲斐はあったかなあといった所でしょうか。既に確認した当日に
ツイッタ(小日記)で呟きましたが、改めてこの場を借りまして御礼をばm(_ _)m
                            ……それにしても。相変わらず過去作を越えられない。

七月も終盤に入り、梅雨も明けました。夏本番です。

厭だなあ(憂鬱)もう毎年口にしているような気がしますが、この季節はゴリゴリ集中力を
削り取っていきますからねえ。物書き──創作人にとって能率低下は最大の敵なのですよ。
ただでさえ欲の塊みたいなものですし。
年がら年中あれも書きたい、これも描きたいともがいている分、ことメンタルにくる。集中
力が削がれ、それでも踏ん張って消化しようとしても粗雑になりそうな予感は増すし、かと
いって冷房の効いた中に居過ぎてもお腹壊すし……φ_(:3 」∠)_

少しバテてきたかなあ? 季節がゴロッと変わると格好から食生活から、色々とバランスが
乱れてきます。暑くない方へ楽な方へと偏ってきます。
実を言うとここ暫く体重が増え気味で……。おそらく水太り。外気がこんな暑さだから摂っ
ておくに越した事はないんだろうけど、それで胃が膨らんでゆく分、ご飯を食べるのがしん
どくなりつつある。飲み物はつい、カロリー云々からはノーカンで考えちゃうものだから、
その物理的に増えた分を踏まえてセーブしてこなかった所為なんでしょうね。

厭だなあ(二回目)体力不足や気力の続かなさなどは普段から、年中折に触れて唸っている
ことだけど、バテるも含めて自身のリソースが持って行かれるのが本当億劫です。まぁ自分
の好き「だけ」に没頭して毎日を過ごしたい・過ごせる筈だというような考え自体、甘いと
言われてしまえば否定できない所ではあるのですが。

自分「はあ。早く彼岸終わらないかな……」
家人「まだ始まったばかりだよ(笑)これからが本番なのに」

(´・ω・`)

続きを読む
  1. 2017/07/21(金) 23:45:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔27〕

 元玄武台(ブダイ)校長・磯崎康太郎は震え続けていた。あの日から、まるで生きた心地
がしなかった。言わずもがな、瀬古勇による同校舎襲撃の一件である。
 一体どんな手段を使ったのかも分からない。だがこのご時世、ネット上には爆弾の製造法
くらい調べれば載っているだろう。事実、千家谷を皮切りにした爆弾魔(ボマー)も元々は
市外のいち住人だったと聞く。
 あの日以来、磯崎はすっかり自宅に引き篭もるようになってしまった。またいつ命を狙わ
れるとも知れぬ状況で、必要外の外出は文字通り自殺行為だ。
 事件を重くみた政府の第三者委から、飛鳥崎の教育委へ。
 結果自分は校長の職を罷免され、直後当局に在宅起訴されてしまった。あたかも始めから
そういうシナリオで、周囲が準備を進めていたとしか考えられない。追い詰められた自分を
見捨てるように、妻は実家に逃げてしまった。子供達とも、全く連絡が取れない──関わり
たくないと避けられているのは明白だった。自分は全てを失ったのだ。
「……ひっく。くそう、くそう、何で私がこんな目に……」
 その日の夜も、磯崎は独り閉め切った部屋の中で酒を煽っていた。連日、気持ちがざわつ
く度に縋って空にした瓶が床のあちこちに転がっている。酔いが回り、身体もフラフラとし
ているものの、彼の心を満たすのは只々“他者”に対する“怒り”ばかりである。
 全てはあいつの──瀬古勇のせいだ。あいつのせいで人生を狂わされた。
 弟ともども、とんだ疫病神だ。こんな事になるなら、入学などさせなかったのに。
 何故自殺した? 何故復讐なんぞに走った? 校長とはいえ、幾つもある部の内情を全て
把握できる訳がないだろうに。いじめがあったというが、なら何故自ら死を選ぶような──
迷惑にしかならない方法を採った? 何故職員らに相談しなかった? 信用できるとかでき
ないとか、そういうレベルの話じゃない。あるべきプロセスを踏んでいるかどうかの問題な
のだ。第三者委での尋問でも、その辺りを突かれた。生徒達に対するケアを、怠っていたの
ではないかと。
 ……ふざけるな。自分達はエスパーじゃない。政府(おまえたち)も常日頃言っていたで
はないか。教育の目的は馴れ合いじゃない。子供達を将来、なるべく多く社会で活躍できる
人材に磨き上げることだと。
 その意味で、瀬古兄弟は不良品だ。多少他人に揉まれた程度で死に、その弱さの責を他人
に転嫁して憚らない傲慢さ。甘えるな。そんな考えで、この世の中は渡っていけない。
 ……大体、警察は何をしている? まだ瀬古勇は捕まらないのか?
 どんな理由があろうと、あいつは人殺しだ。国として許してはならない筈だ。あいつが今
も何処かで逃げ延びているから、自分はこうしてろくに家から出られなくなってしまった。
毎日交代で警官達が家の周りをガードしてくれているが、それは少なくとも根本的な解決に
はならない。さっさと牢屋にぶちこんでくれ。そうでなければ本当に──自分はおかしくな
ってしまう。
「──?」
 こんな筈じゃあ……。
 再三、独りで頭を抱えていた、そんな時だった。
 磯崎はふと部屋の外で、ガタンバタンと何かが倒れる物音を聞いた気がした。ビクッと身
体を震わせ、おずおずと扉の向こうを振り返る。耳を澄ませる。警官達か? じっとその場
で理解が進まないまま見つめていると、やがてトン、トンとこちらへ近付いて来る足音があ
った。半ば本能的に顔が青褪める。警官達じゃない。まさか──。
『……』
 そのまさかだった。現れた、目深に帽子を被ったまま立つ少年は間違いなくあの瀬古勇で
あった。加えて何よりその横には、全身錆鉄色のトカゲ人間──巨大な竜の化け物が控えて
いる。
 ひいっ!? 磯崎は殆ど条件反射的に叫び、後退った。テーブルの上や床に転がった酒瓶
が喧しく音を立ててぶつかり合う。勇は無言のままこちらを見下ろし、一歩また一歩と近寄
ってきた。はたしてその背後、半開きになった扉の向こうには、血だまりの中に沈んで動か
なくなった警官達の姿が見て取れた。
(本当に……本当に来た! 私を、私を殺しにっ……!)
 部屋はさして広くはない。磯崎はあっという間に壁際に追い詰められていた。
 勇と化け物──竜(ドラゴン)のアウターは、暫く何も言わず、じっとこれを見下ろして
いた。酷く冷たい、ゴミ屑を見るかのような眼と狂気そのものの眼だ。抵抗すらままならな
かった。わたわたと、磯崎は両手をばたつかせ、必死に身を守ろうとする。
「たっ、助けてくれ! い、命だけは! もういいだろう、充分だろう?! 何で今になっ
て私なんだ!? 私を殺しても、お前の弟は戻って来ないんだぞ!?」
「……ああ、知ってる。正直お前の命なんかもうどうでもいいんだ。だがよ、お前を殺って
おかなきゃあ、こいつとの契約が完了しない。最後の一ピースが嵌らないんだ」
 何を……?
 勇が竜(ドラゴン)をすいっと指差し、淡々と答える言葉に、磯崎は引き攣った瞼を瞬く
しかなかった。意味が分からない。大体お前、その化け物は──。
「ぐぶっ!?」
 だが磯崎が問い返す事は永遠になかった。次の瞬間、彼の顔面は竜(ドラゴン)の分厚い
片手に掴まれていた。ギチギチと、今にも握り潰されそうになる。指と指の間から眼球が飛
び出しそうになり、くぐもった声と共に血管が赤く浮き上がってゆく。
「やめっ、止めっ……! 潰、れる……ッ」
「やっとここまできたんだ。取り戻せたんだ。今まで生かされていた事をありがたく思え」
 ぷるぷる。がしりと掴まれたままで、磯崎は首を横に振った。圧迫で充血した眼球からは
恐怖の極限に追い詰められた結果、涙が溢れ出している。
「ず、ずまながったっ! 許じ──」
「おせぇよ」
 ザン。刹那、竜(ドラゴン)の手刀が霞む速さで叩き込まれた。
 堰を切ったように噴き出した血飛沫。磯崎の首と胴は、直後完全に切り離された。

続きを読む
  1. 2017/07/17(月) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「甘ノ川」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:天、夜、コーヒーカップ】

続きを読む
  1. 2017/07/16(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2017/07 | 08
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (150)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (88)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (344)
週刊三題 (334)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (323)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート