日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)だから放っておいてくれ

どうやら今月は、久しぶりに更新記事数が二桁を下回りそうです。まぁ寧ろ今までが無理に
でもコンスタントにこさえようとし過ぎてきたのかもしれませんがφ(=_=;)

うーむ。改めて十日スパンは少々間が空き過ぎる感じがしますね……。今回だってそうです
が、頃合かなと思って数日の雑感を振り返ってとしている内に、その目安の日数自体が過ぎ
ているなんてケースもままあり……。

当稿現在、ユー録のプロット作成はあと一章分を残すのみとなりました。ただ如何せんその
一章一章を片付けるのに毎度時間がかかってしまうのですが。なので、月の残り日数と完了
後のインターバルを考えても連載再開は再来月──六月中に何とか済ませ、七月からとなる
ものと思われます。結局まるっと三ヶ月掛かってしまいましたが、例の如く気長に生温かく
お待ち・お付き合いいただければ是幸いですm(_ _)m 流石に来月中に終わらない筈は。

ただまぁ、長々と掛かっていた事もあり、前回(第Ⅵ部分の作成時)に比べて大分ノウハウ
が溜まったように思います。
ざっくりと全体の章数を決める→大まかな各ステージの期間(言うなれば○○編的な)を割
り振った上で→順を追って各章内のシーンを列挙→演出的に映えそうな順番に並び替えたら
→清書を始める、といった具合。結局やっている作業自体は、大きな区切りから中くらいの
区切り、小さな区切りとミクロに段階を踏んでいくにしても起承転結を作ることの繰り返し
には違いないのですよね。少なくとも(凡才の自分では)そんなしょっちゅう天啓のように
話全体が一気に降ってきて形になる、なんて事はありません。地道に埋めてゆくしかない。

これを機に、長期的な目でみても、継続的にプロット作りを日々のルーティンに捻じ込んで
もいいかもしれませんね。ネタ供養というか、断片的な妄想自体はあるんだから、少しでも
形にできるよう近付けておかないと勿体無い(イコール残弾にもなります)し。

……楽しまなきゃ。何の為の趣味なんだと。

どうもここ暫く──随分と長い間「仕上げてUPする事」に拘り過ぎていたように思います。
アマチュアなんだから、その締め切りやノルマといったものは、あくまで自分で課した制約
に過ぎないだろうに。ただでさえ硬いのに、挑む心持さえ強張らせていたら余計に文章に出
てしまう。そんな物語ばかり書いたって、はたして誰が得をするんだろう……?

正直を言うと、こう悲観と楽観の間をふらふらしている有り様自体、美しくないと思ってい
ます。そして例によって、そんな“理想”ではない自身を自分は責める。空虚ささえ抱けば
責めがちである──最早自罰なり卑下は癖のようなものですが、いい加減何とかしたい。臥
せっていたから、そうなるに値するメンタリティだったから。そう言ってしまえばそれまで
の、言い訳終了ではありますが、せめてそこから『だから自分は駄目なんだ』とループへ向
かよりは『だから如何にそんな性分と折り合ってゆくか』とある種の楽観的な向き合い方を
したいなあと思うのです。
(病気だ!異常だ!治らなきゃいけないんだ!という気負いが却って自分を追い込むし、周
りの人達を巻き込むというパターンが個人的な経験・見聞上でもまま見受けられるので)

叶うのなら、なるべく穏やかに心乱されずに過ごしたいものです。

それは──創作なり物書きなどの思考で感情を動かすことは別としても──自分の普段の立
ち振る舞いからくるものであるし、何より“相手を乱さない配慮”でもある訳で……。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/05/29(月) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「不可逆」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:冬、悪、残念】

続きを読む
  1. 2017/05/28(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「魔神彼女」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:悪魔、屍、殺戮】

続きを読む
  1. 2017/05/22(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)ルーティン・シンクモア

(º﹃º)……疲れた。

大型連休と五月病を乗り越えたら、今月も折り返しを過ぎていました。気候も春の控えめな
どいつの間にか何処へやら。ちょくちょく暑いぐらいです。陽などを浴びて淡かった周辺の
木の葉達も、気付けば自己主張する濃さに。嗚呼、色々と厄介な夏──初夏の気配がが。

どうも。暫くぶりです、長月です。これくらいでちょうど十日ほどだとカレンダーで数え、
やっぱりと言うべきか思いの外と言うべきか、更新頻度としては空いてしまうなあなどと。
(尤も他所様を見る限りブログ形式のそれは大抵がもっと開いているものだし、当庵は基本
毎週の三題やこうした雑記を細々と挟んでいるからこそではあるのでしょうけど……)

先日、サハラ~の二十五章をUPしました。13エピソード目前編です。現行シーズン2も何だ
かんだと終わりが見えてきました。なろうさんの粗筋欄で記しているように、残存プロット
は今回を含めて四章──エピソード二つ分のみとなりました。変身ヒーロー物という自身の
趣味で突っ走り、ジャンル区分(SF)故か如何せんレスポンスには恵まれませんが、もし
お楽しみいただければ是幸いですm(_ _)m また一方、ユー録のプロット作成も昨日の時点で
残り三章分まで来ました。どうかな? 今月中には終わるかな……?

……しかしまぁ、一連の創作活動もすっかり生活の一部になって久しい。

勿論その月ごと章ごとに内容は違うし、頭から起こして全く同じ文章なんて書ける訳ないん
だけど、結局コンテンツとして括れば“同じもの”を延々──それこそ何年も続けているの
であって(例の如く不定期な発作的なものだと思いたいが)やっぱり少なからずマンネリ化
しているというか、藝が鈍るんじゃないかというか……。作者たる自身はもう、惰性も手伝
って半端に終わらせたくない──今更退けないと思っているけれど、それって間違いなく手
に取ってくれる側のことを考えてないよなあと。少し前に最近デビューした作家さんの配信
を観ていて、やはり『読んで貰う努力』をしないことには、何処かで必ず頭打ちから抜け出
せない時というものは来るんだろうなあと再認識してしまいまして。少なくともその言葉を
「戦略」だの「自分が折れる」だのといったニュアンスでしか受け取れない以上は、この営
みをお仕事として昇華してみせるのは難しいのだろうと思うのでありまして……。

もう鬱陶しいほど繰り返し有言不実行なままですが、新しいことをしていかなくちゃなあ。

新連載? 単発? せっかく今ちょうどプロット作りの熱が戻って来ているのだから、それ
に併せてもう一つ二つ。しかし現実問題、今以上に本数を増やして如何捌くのかという思案
なしにはほぼ確実に途中でバテる。自分の中で一番現状のペースに合っている案は、隔月で
長編系を回すことで一月あたりの本数を増やさずに余力を維持する(AB→AC→BC)的
なスケジューリング。但しこれであろうとなかろうと、どのみち作品個別での更新頻度は落
ちてしまうので、結局またずるずると見送りになっている。さりとてほぼ日とか三題みたく
毎週とかは無理ですしね……持続してゆく未来が見えない……。悔しいですが、若さでその
辺をごり押すなんてスタイルは、もう通用してくれない身なのでございます_| ̄|○

続きを読む
  1. 2017/05/17(水) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔25〕

 夜の路地裏に、怪しく蛾の怪人が浮かんでいた。ゆっくりと二対の羽根を揺らしながら、
心許ない月明かりの下で漂っている。
 そしてその表情は、明らかに焦っているように見えた。
 理由は眼下──自身をここまで追い詰めた刺客達の存在である。
「皆、一気に決めるよ!」
 そこには守護騎士(ヴァンガード)姿の睦月がいた。加えて冴島と國子、仁及び数名のリ
アナイザ隊士らと、それぞれが操るコンシェル達。総勢十数名。
 マントを翻してジークフリードが、ゆっくりと太刀を斜め上段に振りかぶって朧丸が、盾
を前面に槍を逆手に握り直してグレートデュークが、一斉に次の攻撃に備えた。その中央で
睦月はEXリアナイザを頬元に当て、コールする。
「チャージ!」
『PUT ON THE HOLDER』
 人気のない路地裏に響く電子音。空中の蛾の怪人──モス・アウターは直感的に危険だと
理解したらしい。大きく羽を広げて、大量の鱗粉を撒き散らす。
「おっと」
 だが無数の攻撃が襲い掛かる直前、仁のデュークが睦月達の前に飛び出した。その堅固な
盾でもってこれを防ぎ、激しい火花を散らせながらも無傷を確保する。
 加えてジークフリートも動いていた。その身体を流動する大量の水に変え、鱗粉攻撃ごと
モスに覆い被さる。ずぶ濡れになっていた。水圧に負けてどうっと地面に落ち、よろよろと
起き上がった時にはもう、勝負は決していた。
「どっ……せいッ!」
「はああッ、せいやーッ!!」
 デュークが投擲した、力を纏って輝く突撃槍(ランス)。朧丸からは紅い飛ぶ斬撃が放た
れ、睦月からは円錐状のエネルギーポインタと空中からの蹴りが飛ぶ。
 逃げる暇などなかった。モスは冴島のアシストを受けた、三人の必殺の一撃を次々ともろ
に食らった。槍で片腹を抉られた瞬間にもう片方を斬撃が、睦月の蹴りがグラついた全身を
駄目押しと言わんばかりに吹き飛ばす。
 蟲の鳴き声のような、断末魔の叫び声。
 睦月の蹴りを受けた直後、全身に瞬く間にひび割れをきたし、モスは爆発四散した。夜の
路地裏に一瞬大音量が響き、すぐに無かったかのように消え失せる。ストンと睦月はその場
に着地した。仁達もゆっくりと残心を解き、振り返った睦月に向かって屈託のないサムズア
ップや小さな頷きを。ここ数日の間、追っていたアウターをようやく退治する事ができた。
「やったな。これで奴の被害はなくなる」
「お疲れ様。見事なコンビネーションだったよ」
「あはは……。相変わらずオーバーキルばっかりですけどね」
『それくらいでいいんですよ。倒し損ねたらそれこそ、割を食うのは何の落ち度もない街の
人達なんですから』
『……そうだな。お前は少々、優し過ぎる』
 仁や冴島とハイタッチし、苦笑いを零し、睦月は呟いていた。守護騎士(ヴァンガード)
となってかれこれ三ヶ月が経とうとしているが、正直このアウターを斃す瞬間というものは
未だにいい気分にはなれない。
『ともかく、撤収だ。他人が来る前にそこを離れろ。不必要に目撃者を増やす義理はない』
 了解! インカム越しの司令室(コンソール)で、皆人がそう一同に指示を出す。最初の
呟きはすぐに脳裏から消えていったようだ。リセット──睦月が変身を解き、冴島や仁、國
子達もそれぞれのコンシェル達の召喚を解く。

『……』
 だがこの時、睦月達はまだ気付いていなかった。
 近くの物陰から、戦いの一部始終を覗き見ていたとある人物の存在に。

続きを読む
  1. 2017/05/16(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

04 | 2017/05 | 06
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (144)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (84)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (26)
【企画処】 (325)
週刊三題 (315)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (309)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート