日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)六つ巡りの時節に添えて

(´-`)。oO(今月は結局、週の中日に更新することがなかったな……)

前回時点では筆が進まずじたばたしておりましたが、自分でも言っていた通り、フッと抜け
た瞬間がありました。その勢いに乗じて、ユー録のプロット作成も可能な限りモリモリと進
めております(また何時失速するか分かりませんしね)
四月ももうじき終わり。中にはこの週末からGWなんていうリッチマンな方もいるかもしれ
ませんね。かくいう自分も、待ち遠しいです。先週先々週と連勤が続いたからなあ……。

──さて、本日を持ちまして、当庵は開設から丸六年を迎えます。

あっという間だなあ。その一方でまだ六年くらいだっけ? という感触も正直な所。何だか
もう十余年くらいずっと書いているような気がしますね。まぁ開設自体は六年前でも、それ
以前から(療養のリハビリがてら)書いていたので、あながち間違ってはいないのですけど。

この時期になると、普段は過去ログに埋もれている去年一・昨年のそれを辿り直して当時の
自分の書いたものを見返すというのがパターンになってきました。こと自分の雑記の中でも、
いつか読み直すだろう未来の自分に宛てて書いた体とでも言うべきなのか。
……冷静に考えてみると、黒歴史以外の何物でもないんですけどね。まぁ今に始まった事で
もなし、病んで臥っていた頃の方が酷い(鬱々と偏っている)のが分かるなら、それはそれ
で自分も歳月に合わせて成長変化してきた証なのだろう──そう肯定的に考えておくことに
します。ネガの為にネガへもっていくというのは、如何せん不毛だと学びました。

この一年で三題は合計300本を突破、ユー録は第Ⅵ部が終了し、現在は続く第Ⅶ部に向けた
プロット作りの真っ最中(章立て数的には折り返しくらい)です。
結局、目新しいものを創り出すには至らなかったかなあ……。ツクールは去年冬に二本目の
習作をUPしたけれど、まだまだ弾数もノウハウも溜まっていない。遅々として後回しがち。
どの形態の創作につけ、断片的な構想はあるのだけど、中々実際にプロット段階にまで手を
付けられてはいない(実は水面下で、参加させて貰っている創作コミュニティにてプロット
に関する企画が持ち上がっており、その機を狙って書こうとは目論んでいるのですが、はた
してその開催もいつになることやら……)

丸二年が経ちましたが、今も作業場に通っています。最近では新商品にも携わっています。

相変わらずの創作中毒です。良くも悪くも書くことに慣れ、寧ろしんどいのは体調やら筆の
ノリの振れ幅が大きいことそれ自体である昨今です。

次の一年は──これからの自分は、一体どうなってゆくのでしょうか?φ(=_=;)

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/04/28(金) 23:30:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「汚染源」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:紫、井戸、声】

続きを読む
  1. 2017/04/24(月) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)音が隔てる此方と向こう

Before\(゚∀゚)/ ⇒ After_(⌒(_;=△=)_-3

やっとこさ更新したのに大分間が空いてしまいました。ぼちぼちこっちも書かないとなぁと
思っていた矢先に執筆モードの反動(疲れ)が来てがっくりと……。やはりと言うべきか、
タイムラグを伴って襲ってくるのは歳を取った証だなあと気持が凹んでいる現在。気付けば
四月も終わりが見えてきました。皆さんは有意義な日々、過ごせていますか?

遅れましたが、先日サハラ~の二十四章をUPしました。12エピソード目後編です。結果的に
原稿時は筆がノってたので、風邪という形でも一回休みを挟んだのは良かったのかな……?
ただまぁその後こうしてガス欠になってりゃあ世話ないですが。
何につけても、自由な時間がパッと来たぞとなっても事が手につかない(或いは遅々として
進まない)っていうのが個人的には一番辛いですね。抜けるにせよまた陥ってしまうにせよ
一時のものだとは経験的には判っていて、だからこそ徒に悲観的になっても余計にドツボに
嵌るだけなんじゃないのかとは思うのですが、性懲りもなく繰り返すこの一連の波にはどう
しても、自身のタフネスの低さを呪わずにはいられないようです。

ユー録のプロット作成も、躓いては進み、立ち止まっては進み。牛歩の如く。

かねてよりⅥ部の時よりもきっちりと詰めていこうとは考えていたものの、こうも心積もり
ほど進まないのも如何なものか。あまり間が空いてしまうと──ただでさえ普段の更新頻度
が決して多くはないというのに──作品自体が埋没してしまいかねないし、何よりサハラ~
の方が残りプロットを消化し切って追いついてしまう。そうなるとこさえなきゃならない量
が単純に倍になってしまうので、何とかそれまでには片付けたいのですが……φ(=_=;)

追記(4/25):同プロット作成、九十一章まで終了。
これで予定上、第Ⅶ部全体の半分までこさえ終わった計算になります。


どうにもここ暫く、また調子の乱高下(上下幅)が大きくなっている気がします。
まるで臥せっていた頃の一昔のような。一旦落ちると何も手に付かなくなってしまうレベル
にまで落ちてしまうケースが増えてきたような……。
ただ一点違うのは、昔は気持の沈みから入って身体が動かなくなっていったのに対し、今は
身体が疲れ切って(限界点を越えてプツッと切れて)しまって頭も回らなくなり、即ち思う
ように作業が進まないから鬱々としてくるというパターンであるという点でしょうか。兎に
も角にもタフネスが足りない。或いは数日で一気に書き抜けてしまおう──執筆モード的な
スタイルが余計に疲弊を呼んでしまっているのか。それにしたって極端過ぎる。

ただ完全に「治る」ことはないんだろうなあ。年齢的な面もあるが、騙し騙しやるしか。

やっぱり自分は、今も現在進行形で病気なんだろうか? 深刻なタフネス不足に加え、最近
更に“雑音”に敏感になってきた──何かにつけて集中力を維持できない言い訳にしてしま
っているような気もするし……。


続きを読む
  1. 2017/04/22(土) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔24〕

「……さようなら。先輩」
 失望し、一転して冷たく見下した眼と共に、スーツ姿の男が呟いた。それを合図として、
金色の騎士甲冑──セイバー・アウターがその剣を振り下ろす。
 睦月は、動けなかった。同じくセイバーの能力でコンシェルを掻き消された冴島達が叫ぶ
も、吸い取られたエネルギーはすぐには戻って来ない。
(くうっ。身体が……)
 力が入らず、項垂れる首元へと迫る刃。
 これまでになかった事態に、守護騎士(ヴァンガード)姿の睦月は正直もう、ここまでか
と思って──。
「ぬっ!?」
 だがイメージした切断は来なかった。一向に刃が触れないことに異変を感じ、恐る恐る顔
を上げると、そこにはセイバーの剣をがしりと片手で受け止める別の怪人の姿があった。
 全身錆鉄色のトカゲ型──いや、竜(ドラゴン)のアウター。隆々とした巨躯はつい先程
まで睦月らを圧倒していた剣を容易く受け止め、口からフシュウ……と、熱を帯びた息を漏
らしている。
「な、何だ、こいつ……?」
『アウターです! しかも、もの凄いエネルギー量……。一体何者……?』
「……何のつもりだ? 何故我々の邪魔をする?」
「おい、セイバー、何をやってる!? そんなデカブツさっさと倒しちまえ!」
 まるで庇われる──乱入されたかのように。驚いて見上げる睦月やパンドラを余所に、当
のセイバーやこの召喚主の男は怪訝に、そして苛立ちを隠せないでいた。
 しかし対するこの竜(ドラゴン)のアウターは、低い唸り声こそ上げど応えない。その膂
力に任せてぐいぐいと、セイバーを剣ごと押し返すばかりで意思疎通が取れているようには
見えない。もしかしたら見た目の凶悪さに相応しく、かつてのボマーなどのように狂化され
ているタイプの個体なのかもしれない。
 オォォ……! そして次の瞬間、竜(ドラゴン)のアウターはセイバーを押し飛ばした。
思わずふらつき、剣を構え直す暇も与えずに襲い掛かってくるこの同胞に、セイバーは守勢
に回らざるを得ない。
「あ、あれ? もしかして仲間割れ?」
『少なくとも、加勢に来た訳じゃなさそうですね。とりあえず助かったみたいです』
『そのようだな。睦月、今の内だ。撤退しろ。このままじゃジリ貧だ。それに、当初の目的
ならもう果たしている』
 図太い鉤爪の豪腕を振り回し、セイバーに火花を散らせる竜(ドラゴン)。
 いきなりの展開についていけない睦月達に、通信越しから皆人が指示を出した。コクリと
頷き、物陰の向こうにいた冴島達もこちらを見遣って首肯を返してくる。
 竜(ドラゴン)とセイバーが戦っている隙をみて、睦月達は急いでその場を後にした。男
がそれに気付いて止めさせようともするも、狂気のままに襲い掛かってくる竜(ドラゴン)
に頼みのセイバーは終始押されっ放しだった。
「くそっ! 逃げられ……。っていうか、何であいつ、セイバーの剣が効いてないんだ」
 十数度目かの火花。だがふと睦月達が逃げていったのをまるで確認するかのようにちらっ
と横目を遣ると、竜(ドラゴン)のアウターは突然大きく背中の翼を広げて舞い上がった。
轟と舞う風圧にセイバーやスーツの男が思わず仰け反る中、この錆鉄色の闖入者はまたして
も理由(わけ)も告げぬまま飛び去っていってしまう。
「……一体、何だったんだ?」
 ぽかんと、その場に取り残された男とセイバー。実際に刃を交えたセイバーに至っては、
自分の力が通じなかった事実と共に、剣を地面に差して杖代わりにしながら少なからず肩で
息をしている。
「……」
 そんな二人、事の一部始終を、工場の物陰から見つめている人影があった。
 背格好からしてまだ少年だろうか。影になった暗がりに潜み、その手には間違いなく引き
金をひいたリアナイザをぶら下げている。
「この程度か……。同じ候補者だったと聞いていたんだが、大したことないな」
 もう放っておくか。静かに呟き、そっと引き金を離す。場に取り残された格好になった男
とセイバーを暫く観察していたものの、この少年はやがて興味を失ったのかそのまま人知れ
ず踵を返して物陰の奥へと消えて行った。
「奴は──俺の得物だ」
 ギロリ。暗がりの中でも映える血走った眼。
 はたしてその少年は、佐原睦月と因縁のある人物だった。

続きを読む
  1. 2017/04/18(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「子羊と狼」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:天使、オアシス、音楽】

続きを読む
  1. 2017/04/16(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

03 | 2017/04 | 05
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (150)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (88)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (344)
週刊三題 (334)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (323)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート