日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔23〕

 夜の街を灯す光は、名も知れぬ無数の社畜達そのものだという言葉がある。
 そんな社会の影を象徴するような光景が、そこにはあった。とうに定時を過ぎ日も落ちた
オフィスの一室で、一人邪悪にほくそ笑みながら札束を数えている男がいる。
「ひひひ……。今日も大漁大漁……」
 その男は、このオフィスに入る会社の社長だった。尤も規模自体はそう大きくない。だか
らこそ法の眼は疎かになるし、また彼自身も守る気は更々なかった。
「やっぱり使い潰す奴あ、馬鹿に限る」
 男の経営する会社は、いわゆるブラック企業だった。人を酷使し、物を惜しみ、暴利を貪
る者達の一人だった。
 優遇するのは自分に忠実なイエスマンだけ。その一部の側近の下に、学も浅い下っ端達を
文字通り消耗品のように従える。
 疑問を抱く者、呈する者、いわんや歯向かってくる奴には容赦しない。徹底的に日陰に追
い遣って手前の立場ってものを解らせてやる。辞める事も許さない。せっかく手間を掛けて
採用してやったんだ。余計な真似をしないよう、磨り減って無くなるまで使ってやる。
 一番の無駄金は、人件費だ。なぁに分かりやしない。それぞれの給料をちょろまかすなん
てのは日常茶飯事だった。組合? 誰が許すと思ってる。そんな暇があるならもっと働け。
もっと俺に金を持って来い。ノルマをこなして来い。
 こういう時、馬鹿が大半を占めていると都合がいい。奴らはそこまで頭が回らないし、考
えようともしない。こちらが日頃から働き詰めになるよう仕向けてやれば、そんな余裕すら
持てなくなるだろう。加えて今はそういう“運動”自体を格好悪いものとして避けるような
風潮がある。こっちとしては願ったり叶ったりだ。
「……?」
 だが、そんな時だった。ふと男は背後から気配を感じ、ほくそ笑む口角と札束を数える手
を止めた。目を丸くし、ゆっくりと後ろに振り返る。
『──』
 そこには見慣れぬ、二人の侵入者が立っていた。
 一人は草臥れたスーツの上にフード付きのパーカーを羽織り、ぶらんと片手に奇妙な短銃
型の装置を握っている男。もう一人はその傍に付き従う、金色の騎士甲冑──文字通りの怪
物だった。
「な、何だお前ら! どうやってここに入って来た!?」
 男は黒縁眼鏡がずれ落ちるのも構わぬまま、この二人に向かって叫んだ。さっきまで、ま
るで気配などなかった筈だ。
「大体、警備の奴はどうし──」
 そして言いかけて、止まる。彼らの背後、少し開いた扉の向こうの通路に、その警備員達
が倒れていた。白目を剥き、或いはぐったりとうつ伏せになってぴくりとも動かず、遠目に
も全員が倒された後なのだと解る。
(何だ、こいつらは……?)
 口元から目元へと、表情が引き攣る。彼らは自分が雇っている、荒事専門の男達なのだ。
 にも拘わらずそんな屈強な彼らが、こちらが気付く前に全てやられていた。つまり物音の
一つすら立てずに。極めて短時間で。
「……徳永太一郎だな?」
「ひいっ?!」
 ぽつり。ぐるぐると思考が切羽詰まる中、フードの男が言った。恐怖と驚きと。何故俺の
名を知っている? 疑問は次々に過ぎったが、何かが喉に引っ掛かるようにして中々言葉と
なって出てこない。
「正義の名の下、お前を処罰する。やれ」
 そしてフードの男が命じるままに、金色の騎士甲冑が動いた。ザラリと幅広の両手剣を抜
き放つと、ゆっくりこの社長・徳永に近付いていく。
「ま、待て。待ってくれ! 金ならある。幾ら欲しい? 誰かの差し金だろう? その倍、
いや三倍は払うから、見逃し──」
「……」
 テーブルの上の札束を震える手で掴み取り、見せてくる徳永。
 だがフードの男は、影になったその表情を一切変えず、酷く冷たい眼でこれを見ていた。
心の底から侮蔑し、静かに怒りさえ宿していた。
 変わらず、金色の騎士甲冑が近付いて来る。間合いはやや近距離。徳永はすっかり腰を抜
かして椅子から転げ落ち、涙目になっている。自分のみせた反応がまるで逆効果だと気付い
たのは、これからもっと後になってからの事だった。
 くるり。直前小さく嘆息を吐き出して、フードの男は踵を返す。
 それが合図だった。徳永の絶望した思いは届かない。騎士甲冑の幅広剣が大きく振り上げ
られ、這いつくばって逃げ出そうとするこの男の背中を──。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2017/03/22(水) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

02 | 2017/03 | 04
- - - 1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (141)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (24)
【企画処】 (315)
週刊三題 (305)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (303)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート