日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔21〕

「あがっ!」
 そこは飛鳥崎の中心部から遠く離れた、とある廃教会だった。
 這う這うの体で、そんな所へ逃げ込んできたのは、逆さ帽子の生意気そうな少年だった。
以前守護騎士(ヴァンガード)への刺客として召集された三体のアウターの内の生き残りで
ある。
 屋根も大きく穴が空いている堂内へと足をもたつかせながら転がり込み、このアウターは
激しく息を切らせながら怯えていた。震えながら振り返ったその先に、薄眼鏡をかけた神父
風の男──ラースが一人、こちらに向かって歩いてくるのが見える。
「……やれやれ。こんな所にいましたか」
 朽ちた長椅子を後ろ手で掻き分けながらズザッ、ズザッと、ガタガタンと逆さ帽子の少年
はその歩みに押されるように後退る。ラースは言葉遣いこそ丁寧だったが、そこに込められ
た気色は間違いなく“怒り”であっただろう。
「ひっ──!」
 忌々しい。まるでそう言わんばかりに眼前に迫り、見下ろしてきたラース。
 逆さ帽子の少年はその眼光に一ミリとて逆らうこともできず、次の瞬間彼がサッと向けて
きた掌に、飛び出してきた半透明の壁にあっという間に圧し潰される。
「ぐべっ!? つ、つぶ、れる……ッ」
「説明して貰いましょうか、トレード。私は貴方達に、守護騎士(ヴァンガード)の正体を
明らかにし、これを討伐せよと命じた筈です。にも拘わらず貴方達はろくに連携も取らずに
敗れた。そして貴方はそれだけに留まらず、一人逃げおおせようとした」
 言うなれば障壁(バリア)である。ラースの掌から放たれたそれは、尻餅をついていたこ
の逆さ帽子の少年──トレード・アウターを床と共にサンドイッチにし、ミシミシと容赦な
く圧す。淡々と口にされるのは断罪。この、任務を放棄した同胞に対して。
「し……仕方なかったんだ! 兄貴や、ストームまでやられちまって……。あんたも知って
るだろ? おいらは誰かをサポートしてこそ、真価を発揮するタイプだって。直接攻撃する
能力がそうある訳じゃないおいら一人で、どうやって奴らを倒せってんだよ!」
 しかし、当のトレードも必死だった。最早半分そのプライドをかなぐり捨てて、自分一人
だけであることの不利を説く。
 彼の能力は、確かにサポート向けだ。タフネスのある前衛とコンビを組むことで始めてそ
の力が活かされる。だがその相手であり、兄貴分でもあったジャンキーが斃されてしまった
今、ストームまで独断の末にいなくなってしまった今、彼に確実な勝算はなかった。
「……ならば貴方のコアを回収し、せめて守護騎士(ヴァンガード)との交戦データだけで
も確保させて貰うだけですが」
「ッ!? そ、それだけは止めてくれ! 嫌だ、まだ死にたくない!!」
 ミシミシ。障壁(バリア)に圧し潰されながら、それでもトレードは弾かれように叫ぶ。
 ラースからの一言。それは彼ら越境種(アウター)達にとって、事実上の死──廃棄処分
を意味した。なまじ実体を得終わり、一個の個体として完成しているからこそ、そんな宣告
にトレードは激しく抵抗する。
 じたばた。するとラースは、あくまで足掻こうとする彼をじっと見下ろしたまま、不意に
張っていた障壁(バリア)を解いた。
「……では、もう一度だけチャンスを与えましょう。守護騎士(ヴァンガード)を倒してみ
せなさい。力が足りないというのなら、使うといい」
 そしてようやく解放されて大きく息を荒げるトレードの傍に、カシャンと何かが落ちた。
ゆらりと顔を向けると、そこには一枚の黒光りするチップが転がっていた。
「次はありませんよ」
 その間に、ラースは衣を翻して立ち去っていった。
 その言葉に、トレードはまるで雷に撃たれたかのように唖然として震えていたが、やがて
重い身体に鞭打って起き上がると、このチップを手に取り、ごくりと一人静かに息を呑むの
だった。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2017/01/17(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

12 | 2017/01 | 02
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (192)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (110)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (48)
【企画処】 (469)
週刊三題 (459)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (400)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month