日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔20〕

「契約は完了した。願いは果たされる」

 一言で言ってしまえば、彼女は変わり者だった。
 何せ私達を見て発した願いが「傍にいてくれ」ときた。だが繰り手(ハンドラー)の望み
がそうであるのなら、私に拒否することはできない。内心訝しみながらも、私は彼女と契約
を交わした。
 名を、藤城淡雪という。触れた額から採取したその諸々のデータは、程なくして何故彼女
がこんな願いを抱くようになったのか、その理由を教えてくれた。
 裕福な一族に生まれたが故に、周りから距離を置かれる。
 裕福な一族に生まれた反面、家族の仲は冷え切っていた。
 そしてその両親が事故死した後、遺された財産を親族は奪い合うように貪った。当時まだ
幼かった彼女に抗う術はなく、只々刻み込まれたのは絶望の念であった。
 ……にも拘わらず、彼女が願ったものは復讐などではなかった。ただ一人ぼっち──孤独
から解放されたいという叫びだったのである。
 正直、私には理解し難いロジックだった。孤独とはそこまで排斥しなければならないもの
なのだろうか。奪われ、抱えて当然の憎しみを投げ出してまで解決すべきものなのか。
 反対に、孤独でない存在など無いのではないか。全く同じ個体など存在しない。こと私達
においてはデフォルト態こそあれ、一旦契約してしまえば全く別の個体となる。その前提と
なる彼女ら人間ともなれば尚更の筈だ。生まれても、生きても、そして朽ちる最期の瞬間で
さえも、私達は独りで往く。何故そこまで拒絶しなければいけないのか。
 ……詰まる所、やり直したかったのだろう。
 裏切られた過去を持つからこそ、今度こそ信じられる誰かが欲しかった。そこへ私達が現
れたことで、抱いていた願いは紡がれた。……泣きじゃくりながら叫んだ、その言葉に偽り
は無い。たとえ私が異形であると解っていても、孤独から逃れることを彼女は望んだのだ。

 それからというもの、私は表向き彼女の執事として振る舞うことになった。
 用件があればリアナイザから私を召喚し、命令する。だがしばしば、彼女は特に何かある
訳でもなくただ“傍にいて欲しい”ためだけに私を呼んだ。リアナイザは使用者の生体エネ
ルギーを消費する。長時間の使用は疲労を招くのに、彼女は私と共に暮らし、共に過ごす時
間を好んでいた。
 簡単ではある。ただ呼び出されたまま、傍に控えていればいい。
 だがその一方で実体化を果たすには時間が掛かった。どうしても現実世界(リアル)に及
ぼす影響力は、小規模の連続になってしまうからだ。
 それでも、私という同居人──従者を得て、彼女は少しずつ周囲に明るさと人徳を発揮す
るようになっていった。或いは元々これが、彼女という人間の性質だったのかもしれない。
 彼女の通う女学院では、彼女は「お姉さま」などと呼ばれていた。
 憧れを多分に含んだ熱い眼差し。検索する限り、そうした感情もまた存在するらしい。
 尤もそれは、私にとっては結果的に好都合だった。それだけ彼女が他人を巻き込んだ関係
性を拡げてゆくことは、その分影響力の獲得に繋がるのだから。
 そして私は、ようやく実体化を果たした。それに合わせて、私は本格的に彼女の執事とし
て、学院でも行動を共にするようになる。
 牧野黒斗。それが彼女につけられた、私の人間態としての名だ。
 彼女も、私のことを異形としては呼ばない。黒斗と、常に人の名で以って私を呼ぶ。私の
名を呼んで、いつも私の傍らに立つ。

「──」
 静かに陽だまりが差し込むソファ。彼女は今そこでうとうとと眠っている。私はそのすぐ
傍らで寄り掛かられていた。時折口元を緩め、安心し切ったように私に体重を預けている。
穏やかな時間だった。こうして何度、彼女は私の傍で眠ったことか。
「……」
 そっと目を細める。私はとうに実体化した。かつて私を収めていたリアナイザもデバイス
もこの身体に取り込み、召喚も必要としなくなった。この人間はもう、とっくに用済みにな
っている。
 にも拘わらず、私はこの少女を始末できなかった。できないでいる。願いは果たし、契約
は履行されたというのに、私は今もずるずると彼女との関係を続けてしまっている。
 理由──少なくとも彼女側からの要因ならば分かっている。いつからか、しばしば向けら
れるその熱い眼差し、思慕の念だ。薄々勘付いてはいた。だが私は、人の姿を被っただけの
異形であって、人間ではない。それは、彼女とてとうに解っている筈なのだが……。
 私の、所為なのか? 彼女をこんなにも安堵させ、幸せそうな寝顔をさせて。
 使い潰す側だというのに。私達は所詮繰り手(ハンドラー)を踏み台に、己が実体を獲得
せんと企むだけの存在だというのに。
 殺せなかった。向けられる眼差しに、知ってしまった過去に、私は躊躇っている。ならば
もう少しと、猶予し続けた。以前にはあり得なかった非論理的が、今の私達を作っている。

 愛しさ。この現状を言語化するなら、そんな表現なのだろうか。
 私に芽生えたこの不可解(バグ)。なのに私は、それをあまり不快だとは感じていない。

 もう少し。
 私はこの彼女の笑顔(よこがお)を、見続けていたいと願った──。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2016/12/20(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month