日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅵ〔80〕

 遠く高く、果てしない空。
 遠く深く、底知れぬ足元。
 そこはあたかも無限であり、永遠と錯覚するようなセカイだった。ありとあらゆる最果て
から渦を巻いて流れ込む魔流(ストリーム)の宙は、静かに刻一刻と七色にグラデーション
を変えている。
「……」
 そんな濃密な空を見上げて、彼は一人佇んでいた。芥子(からし)色のフードを目深に被
り、周囲に幾つものホログラム画面と、翠色の粒子を漂わせている。
 だだっ広い半透明の石畳が広がっていた。手前にはドーム状の天井が複層的に連なってい
るが、彼の立っている周りは石柱が点在するだけのテラスのようだ。
「ここにおられましたか」
 そうしてじっと静かに佇んでいた最中、ふと建物群の方から一人の人物がこちらに向かっ
て歩いて来た。白衣を引っ掛けた人族(ヒューネス)女性──シゼルだ。その声色は気持ち
トーンを落としてこそいるが穏やかで、目の前の彼との信頼を物語る。
「ただ今戻りました。既に“観て”おられたかもしれませんが」
 報告されたのは、言わずもがな聖都(クロスティア)での騒動とその顛末。教団とジーク
達の衝突という隙を突き、彼女率いる“結社”の大隊がその聖浄器を奪うべく暗躍した一連
の干渉。
「本当に、アイリスだったんだな」
 一通りの報告に耳を傾け、しかしフードの彼はこちらに振り返ることもないまま、ぽつり
とそう最初に言葉を零していた。
 アイリス・ラ=フォン・クリシェンヌ。かの“聖女”を彼は名で呼んでいた。それはかつ
ての友であり、今では忌々しい邪魔者となってしまった彼女を、改めて認識する一種の儀式
でもあるかのようであった。
「はい。聖教典(エルヴィレーナ)も、彼女達の手に……。申し訳ございません」
「構わないさ。あそこで退いたのは賢明な判断だったと思う。僕達でも、あれだけの力と真
正面からやり合うのは骨が折れるからね。覚醒した瞬間、その現場でとなれば尚更だ。取り
戻せばいい。数ならたくさんある。確かに、質的にはロストだろうけど……」
 シゼルは頭を下げたが、彼は殊更に彼女を叱責しようとはしなかった。
 宙を見つめている。左右正面に浮かぶホログラム画面と、視界に映る魔流(ストリーム)
達を同じ瞳の中で捉えようとし、暫く彼は何かぼんやりと思案していた。シゼルはゆっくり
とそんな彼に頭を上げ、無言のまま次の言葉を待っている。
「……三対一、か」
 ぽつり。そうしてやがて彼の口から漏れたのは、そんな呟きだった。
 十中八九、手に入れた十二聖ゆかりの聖浄器の数だろう。皇国(トナン)では告紫斬華、
大都(バベルロート)ではディムスカリバー、今回の一件でジーク達がエルヴィレーナを確
保し、更にもっと以前に──。
「嫌な傾向だな。どれだけ数を集めても、究極の一と等しくなるのは難しい。それに、測定
値がどんどん傾いてきている。状況は何も好転していない……」
 フードの彼の声色が若干、険しくなった。シゼルもそんな彼の背中をじっと見据え、眉間
に皺を寄せている。
 それはきっと、口にする彼本人への嫌悪ではない。
 もっと別の、もっと広い不特定多数の者達へと向けたそれ。無慮と無理解への怒り──。
「シゼル」
 名を呼んで、彼はようやく肩越しに彼女を見遣った。尤もそれでも目深のフードが被さっ
ていることには変わらず、その素顔は翠の粒子達も邪魔をして見えなかったが。
「皆に伝えてくれ。計画を少し巻きにするようにと」
「……承知致しました。仰せのままに」
 コクと頷いて、シゼルが軽く胸元に手を当て一礼する。白衣を翻して、彼女はそのまま再
び建物の方へと戻ってゆく。
「……」
 フードの彼は、また一人になった。だだっ広い半透明な石畳の上で、またこちらに背を向
けて黙り込む。渦巻く無数の魔流(ストリーム)は、時折そんな彼の衣をばさばさと揺らし
ては過ぎ去ってゆく。

 佇む彼の懐。
 じっと小脇に抱えられたその手の中には、とある一冊の魔導書が収まっていた。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2016/12/06(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

11 | 2016/12 | 01
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 31

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month