日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅵ〔79〕

 明け方のひんやりとした空間が、不意にぐにゃりと歪む。
 地面に展開する藍色の魔法陣。光の束は角柱の輪郭を作りながら上下明滅し、その中から
とある一団を出現させる。
『──』
 ダン達だった。聖都(クロスティア)での危機を聞き、現地へ飛んでいた南回りチームの
面々が、騒動も無事収まりをみて帰って来たのだった。
 導都(ウィルホルム)市内の一角、ハーヴェンス家の庭。
 ダン達が戻ってくる為の陣は、ここに仮設されていた。出発前、事情を聞いたロイドがな
らば是非使ってくれと申し出たのだ。
 尤も、一行の責任者であるダンは遠慮がちだったが……。それでも状況が状況だけに断り
切れなかったと言ってもいい。
 魔導の光と、風圧。
 明け方とはいえ、流石に空間転移している最中を街の只中で隠すのは難しく、いつもとは
違う外の変化に気付いたのか、寝惚け眼で窓を開けてくる隣人達も少なからずいた。当然な
がら、数拍置いて頭が目の前の光景を理解し、見開きこちらを凝視してくる。
「あっ。おじちゃーん」
 そうしていると、ぱたぱたと家のテラスを開けてサーシャが姿をみせた。後ろからロイド
とアリアもついて来る。店の準備が早いのか、或いは自分達を待ってくれていたのか。
「お、おう。まだ陽も昇らねぇ内から元気だな」
「事情が事情でしたからね。私達も、おちおち寝入ってはいられませんよ」
 朗らかに微笑(わら)うロイド。娘の頭をポンと撫でてやりながら、確かにその目元は少
し眠そうだ。悪ぃな……。ただダンはそう小さくごちることしかできない。
「……じゃあ早速悪いが、陣の撤去を。なるべくご近所さんに迷惑のないようにな。併せて
もう閉じていいって知らせを魔導学司(アカデミア)に」
 だがあまりのんびりもしていられない。ダンはすぐに肩越しに振り向き、船から連れて来
た技師達に指示してこの仮設の陣を取り外させる。ガチャガチャと、明け方の庭に気持ち息
を殺した工具の音が鳴り始める。それを眺めながら、ロイドとアリアは苦笑していた。
「別に、このまま置いてくれても構わないんですよ?」
「そうよ。ロイドもいいって言ってくれてるんだから、甘えておけば?」
「いい訳あるかよ。魔導学司(せんぽう)とも仮の物ってことで話をつけたんだ。今更なし
崩しに置きっ放しにはできねぇよ」
 元妻の言葉に、ダンはやや視線を逸らし、嘆息混じりで言う。
 返答内容は確かに事実だった。だがその実、何よりも、この先彼女達夫婦への隣人達の眼
が心配だったのだ。ちらと肩越しに気配を読む。実際今もひそひそと、塀越しにこちらを観
ている住民達がいる。ただでさえブルートバードは、一部の人々にとって“疫病神”扱いさ
れている節がある。それが分かっていて、彼女達を巻き込む愚策など採れない。
「まあまあ。実際、ロイドさんが今回場所を提供してくれたからこそ、私達も迅速に向こう
へ加勢に行けたのですし……」
「ま、併行して魔導学司(アカデミア)にも協力を頼んでなきゃ、どのみちこの街の結界に
ゴッツンコだったけどな」
 仲間達も、そんな彼の思いやり──苦手意識が解っていたのだろう。リュカやグノーシュ
が宥め、或いは軽くし、この妙に弱腰になるリーダーを支えようとする。
「……」
 ロイドとアリア、二人の申し出は十中八九本心なのだろう。でも、だからこそ余計に周囲
の悪意、人々の白い眼が彼女達の環境をややこしくする。跳ね除けることを困難にする。
 ダンは思う。アリアには幸せになって欲しい。そもそも離婚という形を取ったのは、冒険
者と一般人という両者の差を埋められなかったからだ。当時は自分ももっと荒っぽくて、辛
い思いをさせてしまった。苦々しい記憶だ。
 一方でサーシャはまたミアに構って貰っていた。また会えたのが嬉しそうで、キャッキャ
と笑いながら手遊びをして貰っている。
 娘達の横顔。普段あまり感情を表に出さない子だが、眺めていて微笑ましい。
「……とにかく、おかえりなさい。無事で良かった」
 そしてたっぷりと間を置いて、アリアが言う。それは帰って来た一同全員に向けた言葉の
ようにも聞こえたが、見据えるその眼は真っ直ぐダンを見ているようにも思えた。
「……ああ。ただいま」
 魔導の光も風圧も止んだ。
 夜明け前の導都(ウィルホルム)。ダン達とハーヴェンス一家は、また出会う。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2016/11/05(土) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

10 | 2016/11 | 12
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month