日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(企画)週刊三題「業人形」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:灰色、人形、主従】

続きを読む
  1. 2016/10/16(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)歯車になるだけの人生

(週一程度で雑記を書くにしても中々ネタが)無いです。

田舎の秋祭りラッシュが終わったかと思えば、あっという間に今月も早半ばに差し掛かろう
としています。……はえーよ、毎度の事ながら時の流れが_| ̄|○
お天道様は相変わらず不安定ですが、空気はすっかり秋の、少々寒いくらいのレベルになり
ました。流石にもう半袖や半ズボンは御役御免です。ぼちぼち洗って箪笥の奥に押し込んで
おかなきゃいけない……。服装にあまり頓着しない人間としては、面倒臭いサイクルの一つ
ではあるのですが。

先々週の失敗を繰り返さぬよう、念入りに横になりながら。

まぁ先日の連休間に寝溜めたというだけの話なんですがね。掘り起こせば創るべきことも創
りたいことも際限なく自己主張してくるにも拘わらず、ふと気力がついていけなくなる時が
ある……。多分、MPの部分から身体が自身の活動に「待った」を掛けたのでしょう。自分も
若くはないし、従順であろうと心掛けています。尤もモッタイナイで悶えはしますがヾ(x3ノシヾ)ノシ

この週は、tktkをメインにかねてよりの創作思案を黙々と掘り下げる作業をやっていた
ように思います(祝日で一日、休みが多かったですしね)お仕事の方も、自分も含め大概の
面子がその内容に慣れ、品の捌ける速度が以前よりもぐっと上がっている実感があります。
……ただ、そうなると肝心の依頼がくる頻度に追いついてしまう訳で、気持ちこれまでより
もローペースを意識している数日です。それでも杓子定規に、作業がイコール仕事をしてい
る実感となっている方も少なくなく、所長の東奔西走は止められそうになくて……;

一般企業とは別種の場所というのもあり、うちの作業場は全体的に緩い職場です。
なのでその一方で、父や母が毎日ぐってり疲労して帰って来る──ある種の苛立ちや愚痴の
吐瀉を見ていると申し訳なく思えます。

……ぐちぐち五月蝿いな。そんなことを言える資格なんて、自分には無いんだ。
ただでさえ一度病気になり、まともな稼ぎ人にはなり得なくなった身。寝込んで失意の底に
あった頃は暴言の百や二百くらい軽く抱えていたし、実際にぶん投げた時だってあった筈。
今だって家計の穴を二人掛かりで埋めて貰っているようなものなのだから、それぐらい受け
止めて受け流せるくらいの器の大きさを持たねば罰が当たる──。最早癖のような自罰思考
だけども、普段不器用・偏屈な人間としては、感謝の念というものは抱いても抱き過ぎるく
らいがちょうどいい(抱ける余力が生じる分だけ本来はまっとうである)のではなかろうか
と思うのでありまして。

生きるためには食わねばならない。

食うためには働かねばならない。

当たり前というか、既に久しき大前提なのだけど、ちゃんと首を縦に振れるようになるのに
随分と時間が掛かってしまったなあ……。掛かり過ぎたよなあ……。

続きを読む
  1. 2016/10/14(金) 00:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(遊戯)制作記録 その1 【決】

※画像は開発中のものです。

制作記録、このタイトルに関して言えば二回目ですか。ACEの方は現状冷蔵状態……。
他のコンテンツと同じく、大よその進捗状況はその0にてこっそり加筆・修正してゆく予定
ですので、参照いただければ。

制作記録【決】SS(1)

・全六面を自由に攻略し、制覇すると最終面に挑む流れ。ロッ○マンみたいな方式ですね。
・前作と違ってLv制(最大30)但し、装備等を拾い集めた底上げを前提とした調整。
・倒したボスを仲間にする事も、力だけ奪って棄てる事もできる(ED分岐に影響)
・属性は三すくみ。物質幻想真理物質…… 今回いわゆる無属性はありません。
・スキル(技能)は原則としてキャラ固有。オーソドックスなレベル習得型。
・(上記スクショをご覧の通り)派手な演出といった類はほぼありません。
・私、長月の本業(?)は物書きです。物語は基本テキストで補完されていきます。


……しかし参った。予想以上に手間が掛かってしまっているφ_(:3 」∠)_
まぁこの↑を改めて見渡せば、単純にマップ数も増えてるわ仲間キャラも倍だわ、そりゃあ
作業量増えて当たり前ってモンなのですが。

当稿現在の具体的な進捗を言えば、データは敵周りを除きほぼ終了、マップはようやく動き
回らせられるようになった程度。シナリオは……これも大よそ面ごとのコンセプトは最初の
段階で決めてあるので、あとはゲーム中の配分や整合性の問題でしょうね。例の如く硬くて
暗い物語に仕上がりそうですが、もう自分の性なのかなと半分諦めかけております。
当初は敵グラを自分で描こう──と思っていましたが、敵だけ別毛色のドット絵では統一感
がないなあ、立ち絵なども一緒の方が映えるよなあと思い、今回は断念しました。明記する
予定はないものの、前作と大まかに世界観も被ってますしね。三作目以降があるかどうかも
分かりませんが、自作グラ導入は今後の課題(お預け)ということで。

しっ、鎮まれ!凝り性……!

小説の合間にというのもあるけど、二年前の時よりも長丁場になりそうだ……。

  1. 2016/10/13(木) 00:00:00|
  2. decide:
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「全て溶かして」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:前世、無敵、悪魔】

続きを読む
  1. 2016/10/09(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)強いとは何だろう

('、3_ヽ)_ → (:3 _ )=

先月末からの疲労を栄養剤で誤魔化し、月明けから執筆モードに入って「イケるイケる」と
掘り進んでいた矢先のこと。今回の更新稿が書き上がったその直後、まるで効果切れになっ
たかのようにガクンと反動がが──。

何だか誕生日を跨いでからというもの、回復に要する日数がそれ以前よりも増えたように感
じられます。三十路とアラサーとはこうも懸隔あるものか。
念入りに仮眠を取りながら何とか踏ん張り、UP作業だけは完遂しました。一日シフト休みで
ゴロゴロとし、それでも未だ少し足りずに肩凝りが残り、だけどもお仕事で身体を軽く動か
したり昼休みに仮眠を取り、やっとのこさ気力も戻ってきた──当稿現在φ(=_=;)-3

せっせかと時間ばかりが過ぎ、気付けば早十月になりました。
こんにちは、神無月ですが長月です。そして今年はもう残り三ヶ月を切ったのだという事実
に思い当たるとにわかには信じられず……。あっという間だなぁ、本当(泣)
先日、ユー録の七十八章をUPしました。今回で聖都編が終了となります。Ⅵ部全体の1/3以上
を占めていたにせよ、存外に長く掛かったなあという印象です。物語は次回から舞台を移し
てゆきます。宜しければお付き合いください。……プロット、少なくなってきたなあ(´・ω・`)

今秋に入ってから立て続けに発生した台風も、先日でまた一つ迫っては消えてゆきました。
どうせ本体が引き寄せてきた遠くの雨雲が時間差でやって来るでしょうし、束の間の秋空で
はあるのでしょうが、こちらは気持ちのいい台風一過です。少なからぬ爪痕を残したろう他
の地域・国などのことを考えれば手放しで悦んではいけないのでしょうけど、さわっと冷や
っこいぐらいのこの風がなくっちゃ。秋じゃない。少なくとも大分過ごし易くなった。

……私事ですが、ここ数日はどうにも周りが騒がしくって、内心気持ちが苛々しがちだった
んですよね。だからせめて物理的な環境だけでもこう穏やかでいてくれると、救われる。

自分の文章は面白いのか? 利他的(エンタメ)ではない。利己的(インサイド)だ。でも
より広く手堅く人々の娯楽に資する物書きになる為には、前者の方がやはり有利だと思う。
時と場合、個々人の趣味。ある種の純文学的な──読者自信が内心に問いかけられる類の面
白さもまた一つの形ではあるのだろうけど(これも自分の偏見か)そういった形式の娯楽と
は中々世人には理解され難いと思うし、かといって「奴らは解ってない」「愚かだ」と見下
して平然としていられるほどの面皮の厚さは持ち合わせていない。そもそも題材と文体が合
致していないんじゃないか? 考えれば考えるほど、疑いは濃くなる。だが考えないままで
はいられない、いけない。それは“戦略”を放棄することなんだから──。

もっともっと、この筆力を変革して、その方向へ深化し直したいのに、現実にはリアルでの
雑事が次々に纏わり付いてくる。投げられてくる。身内だったり遠距離の世間様だったりが
日々垂れ流す雑音が忌々しい。お仕事(作業場)を行き来するのは仕方ない、吝かではない
けれど、それ以外に自分を煩わせてくれるな……。

我が儘だとは、解ってはいるんだけども。
器もセカイも、小さく小さく押し潰してゆくようなものなんだろうけど。

それでもいいや……。と思ってしまう自分もいる(諦)

続きを読む
  1. 2016/10/06(木) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
前のページ 次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

09 | 2016/10 | 11
- - - - - - 1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31 - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (188)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (108)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (46)
【企画処】 (459)
週刊三題 (449)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (396)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month