日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅵ〔77〕

 長いようで短い、聖都での一日が終わった。夜は静かに更け、深くなってゆく。
 飛行艇ルフグラン号宿舎ロビー。暗がりの中、ジークは一人導話の受話筒を取っていた。
片腕に挟み、その向こうにいる相手と話し込んでいる。
「──そっか。結局教団は強気の姿勢を崩していないんだね」
 導話の相手はアルスだった。寝間着のまま自室の机に着き、ランプの下、リンファから借
りた携行端末を耳に当ててごちている。
 兄達が出払ってしまい、此処もだいぶ物寂しくなってしまった。
 だからこそ、不安はつきまとうが、こうして話をできることは嬉しい。
『ああ。喧嘩を買ったことぐらいは解ってるさ。元からすんなりいくとも思ってねえよ。向
こうにも、面子ってモンはあるだろうしな』
「うん……」
 先だって報告は貰っていたが、アルスはジークから聖都とその道中でのあらましを聞いて
いた。散光の村(ランミュース)という村に住むレナの実の両親、そこへ夜襲を掛けてきた
神官騎士達。リカルドの機転で一度は聖都内への潜入に成功したものの、広がる彼らの包囲
網を前に一旦撤退を余儀なくされ──。
「それで、教団の聖浄器は市内には無かったんだよね?」
『俺達が調べた限りはな。ハロルドさんの見立てなら、やっぱり教団が自分で抱え込んでる
と考えた方が自然だろうって』
 昼間の報道ではジーク達が捕まり、そして交戦したとあった。
 だが本人達から聞く限りでは、どうやら難を逃れたらしい。聖女の塔とエルマ=ニシュ大
聖堂、そして散光の村(ランミュース)へ舞い戻ってのセディナ夫妻防衛戦。相手の企ては
防いだ。しかし時間が経てば経つほど事態は拗れていく筈だ。明日──もう日付は変わって
しまっている──が、文字通り正念場だ。
『明日、レナや団長達と一緒に乗り込む。向こうはこそこそやりたがってるが、真正面から
訪ねていけば誰の目にも付かないなんてことはねえだろう。サシで話せればこっちもまだや
りようがある』
「うん」
 あくまで目的はレナの自由とクリシェンヌの聖浄器だ。少なくとも後者さえ手に入れば、
ここまで教団と直接刃を交える必要も義理もないという所か。
 アルスは短く首肯する。同時に、それを向こうが簡単に許さないのだろうなとも十二分に
予想がついていた。今この時期、彼らがレナ──現代の“聖女”にここまで拘るのには理由
があるからだ。
 おそらく、発言力。リカルドの話では教団も教団で世界の「災い」に対して備えるべしと
の言葉が遺されているらしい。だからこそ、事実上のスパイを送り込んで共闘を持ち掛け、
“結社”との戦いの最前線に立つ自分達から情報を得ようとした。
 だがそれも、当のリカルドがこちらに付いたことで潰えかけている筈である。何よりこの
二年の間に“結社”との戦いの主体は完全に統務院へと移った。主導権──そんなものに拘
り至上とする価値観は正直解らないが、トリガーになったことは先ず間違いないだろう。
「できればしこりを残さずに和解したい所だけど……。無理かなあ」
『まぁな。向こうからとはいえ、あれだけ聖都ン中でドンパチやり合った訳だし。それでも
話し合いのポーズは取っとかねぇと後々響くってのが団長の方針だよ』
「そうだね……」
 望んでも、一度捻じれた糸は奇麗にはならない。
 アルスは正直もどかしかった。本当なら各勢力が一致団結し、少しでも早くこの戦いを終
わらせるべきなのに。
「ドンパチか……。それにしても兄さん達も運が良かったよね。この状況で道案内から突入
まで協力してくれる人が現れるなんて」
『ああ。まだまだ世の中捨てたもんじゃねぇってことさ』
「ふふ……。でも、その人って誰なの? さっき旅の学者さんだとは聞いたけど……」
『うん? ああ。そういやそこまでは話してなかったっけか』
 導話の向こうで、ジークがニッと笑っている。一方アルスは押し殺したように微笑むだけ
で質問を続けていた。さっきは大筋を聞くだけで詳しいことまでは訊けなかった。
『シゼルさんって女の人だ。暫く前から聖都に居付いてたらしい』
「えっ──」
 だから次の瞬間、アルスは思わず導話口で言葉を詰まらせていた。学者、女性、シゼル。
その名前に引っ掛かる記憶があったからだ。
『? どうした?』
「あ、ううん。何でも……」
 しかしアルスはこの時、次の問いをぶつけることを躊躇ってしまっていた。
 偶然かもしれない。同じ名前なんて探せば幾らでもいる。
 何より、長く“敵”ばかりが増える日々だった兄の喜びに、水を差したくなかった。
『……? まぁいいけど』
 受話筒を二の腕と頬で挟んだまま、小さく頭に疑問符を浮かべながらも、結局ジークはそ
れ以上深入りはしなかった。

 これが後々、自分達に大きな災いを運ぶことになるとはつゆ知らず。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2016/09/06(火) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (188)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (108)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (46)
【企画処】 (459)
週刊三題 (449)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (396)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month