日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)分かつものの分からずや

体調がが( ゚д:.` ;:・∵゚.

……阿呆を打ちました。休憩週だってのに動き過ぎなんだよとセルフツッコミした頃には時
既に遅く、創り散らかしていた疲労が溜まった末にばったりと。
何というか、体力の上限値が年々下がっていってる気がする。やっと(心持の上での)活力
が若かりし頃ほどに戻ってきたというのに、これでは物足りなさばかりが募る……。

人間、無理はいけません。僕らは頑丈なようでいて脆いのです。そもそも六十兆個の蛋白質
諸々の集合体でしかないこの身が一個の生命としてバイオリズムを維持し続けているなんて
こと自体が奇跡みたいなものなんですから。卑屈過ぎか。
昨夜は普段より三時間以上も早く床に就き、寝る前には栄養剤も飲みました。
お陰で今朝からは昨日ほどグロッキーではない、のですが、如何せん栄養剤の類ってのは俗
に『HPは回復するが最大HPが下がる』『詰まる所元気の前借り』などと云われるので、個人
的にはあまり頼りっ放しにはしたくないのですが……。

地域差はあろうものですが、自分の住んでいる田舎はここ数日ずっと長雨の中にあります。
時には消防団が警戒に出るほど降り注ぐ水量は膨らみ、轟々と響くそれは秋の趣などとはか
け離れたものになりがちです。春や秋は不安定になりがちだとはいえ、こうも雨風が続くと
は……。もしかしたらこのまま、雨が退いた頃には肝心の季節の盛りが過ぎてやしまわない
かとさえ心配し始めた今日この頃。穏やかじゃないですね。

ぼちぼち、来月分の執筆スケジュールに備えてコンディションを整えておかねばならん頃合
なのですが、上述の通り少し厳しいかなぁというのが。尤も十二分に寝ていれば、起きた時
には身体も楽にはなっていますし、あれを創ろうこれをツクろうと作業に没頭し過ぎさえし
なければ大丈夫だとは思いたいんですけどね……。

すっかり進行中の連載も、自分にとっては消化する“作業”になってしまいました。久しく
なっています。かねてよりそんな心持で良い文章が書けるのか?と自問するものの、実際の
レスポンスでは日々じわじわとアクセスやブクマは増えているので、やはり自身の感慨と実
際の結果はどうやら結構な「時間差」を伴っているのだなあと。なので、主だって観るべき
は後者なのでしょう。そう肝に銘じて自ら無駄に心を乱されぬように努めたいと思います。
(プロ意識?としても、客観的指標で考える・捉える方が正しいのでしょうし)

……乱されぬように、か。

心が動かなきゃ、本当の物語なんて創れやしないのにね。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/09/29(木) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(遊戯)制作記録 その0 【決】

自分がツクールを最初に触ったのはもう十五年近くも前のこと。
そこから紆余曲折──まさか後年、病で何年も臥せるとはその頃の自分は予想だにせず──
を経て現在。良くも悪くもそんな大きなブランクを埋めるかのように、ようやっと創作活動
というものが自分にとってのライフワークになりました。ここ数年の話です。

気が付けば、昔から弄りこそすれ、完成品をツクり切るには至らなかったこちら方面の処女
作を公開してから、もう二年が経とうとしているのですね……<(^o^)>
そんなこんなで、ふとツクラー仲間さんから掛けられた一言が鞭になって、また一つ習作を
こさえてやろうという心持になりました。厳密に立ち上げ始めたのは十日ほど前の事になり
ますが、ある程度中身も進捗も固まってきたので、ぼちぼち退路を断つ為今回こうして制作
記録として記事を1本書いたという次第です。

(言い訳といえばそれまでですが)なまじ当方、基本的に物書きをやっているため、全日を
tktkには当てられないと思います。二年前よりも、一作定期更新が増えてますしね……。
その点をまずはご容赦ください。それでも合間合間を使って、モチベ的な意味でもなるたけ
短い期間の間に形にしたいとは思っています。
物書きと同様、気長に生温かくお付き合いくだされば是幸いですm(_ _)m

制作記録【決】SS(0)

《概要》
タイトル:decide:
ジャンル:短編RPG/ステージ攻略型
プレイ時間:数分~数時間
製作ツール:RPGツクール2000VALUE(要RTP)

<進捗状況:公開中@16.11-11> ※DLはこちら(ふりーむ!様 内自頁)
シナリオ:■■■■■
マップ:■■■■
データ:■■■■■

↓以下、更新履歴
続きを読む
  1. 2016/09/26(月) 17:00:00|
  2. decide:
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「些末」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:雲、眼鏡、意図】

続きを読む
  1. 2016/09/25(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)n十回目の生存戦略

嵐がようやく去ったと思ったら、日がなずっと雨。
凌いだと思ったら、また新しく生まれ始める嵐。

……これが秋雨と云う奴なんですかねえ。どうもスパッと晴れ空は見せてくれないようで。

少し間が空きましたが、先日サハラ~の十七章をUPしました。シーズン2の二話目、累計で
は9エピソード目前編となります。今回はあまり分量が積めませんで、月一頻度の更新稿に
しては些か物足りなさが(自分には)ある気がしますね。尤も、コンパクトに纏まった方が
ユーザビリティとしては優秀な筈なので、ともかく書いた分は例の如く惜しげもなくUPして
ゆく所存。投げ槍ともいう?
これで今月分の長編系は完遂しました。宜しければ、今後とも拙作らをお手に取っていただ
けると是幸いですm(_ _)m

今月も早いもので、もう終盤となりました。流石に残暑も、度重なる台風によって拭い去ら
れたようで、身なりも長袖・長ズボンでなければ時に肌寒いほどです。

私事ですが、先日また一つ歳を重ねました。……厭ですね、もう若くないのに。
ポジティブな見方をすれば三十路までに病床から起き上がれて良かった、と言えるけれど、
逆にネガティブ──慎重な見方をすれば、まだこの歳にもなって自活・社会復帰には程遠い。
一頃に比べればずっとマシになった、それ自体は事実なのでしょうが、如何せん何年も臥せ
っていたという人生上のロスもまた同じく自分という人間の事実な訳で……。

誕生日を切欠に、という訳でもないですが、もっと変わらねば、とは思います。
では具体的に何を? 先ずは今の現状に変化をつけることかなあ。
お仕事(作業場)はもう、通い始めて一年半が経過しました。シフトの強度をもっと増やす
とか、或いはもっと「普通」の仕事に変わることを目指すのか。
趣味──創作活動とて同様です。もうこうなって大分長いですが、毎月・毎週のルーティン
ワークのようなやり方からもっと意識的に脱却(変質)しなければ。何というか、こと文章
を書く事においてすっかり「慣れの弊害」が出てしまっているように思えてならないのです。
(尤もこれは個人の感慨であり、客観的にみればさほど問題ではないのかもしれませんが)
少なくとも、プロットにしろ執筆作業にしろ、消化しているという体が拭えませんでね……。
自分の書き方の型というか、安牌が見えてきた。
前の段をこう〆たから、次はああ〆る。ここでこの接続詞を使っているから、別の言い回し
を使おう。或いはもう文節が離れているから大丈夫、等々。
……こちらにも、挑戦がない。硬めの文章であることは自他ともに認識してはいるものの、
はたして自分の色というものはどれだけ強く出ているのだろう? と。ある意味で平坦な気
がします。こう言ってしまうと変──自己顕示欲乙ってもんですが、取り立てて印象に残ら
ないものしか書けないというのであれば、それはいち物書き・創作人としては忸怩たるもの
があるのですよ……φ(=_=;)
そもそもこれ自体、趣味の範囲。じゃあ肝心のリアルは如何するんだ?と問われると、現実
ぐうの音も出ない状況なのだと思うのです。何というか「軽く働きつつ、面白おかしく過ご
しているだけ」なままでは……。

まぁ、そんな考え方だからスタート前に自滅したのか(苦笑)

歳と経験を重ねるにつれ、できる事とやる事がどうも保守的(反復的)になってしまいがち
なのがもどかしい。こうも柔軟性がなかったか。活力の上限値が少なかったか。

それこそ、緩やかな死を迎えていくような……。

続きを読む
  1. 2016/09/22(木) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔17〕

 差し込む陽の光は日に日に厳しさを増し、当初の穏やかさを何処か遠くへと追いやってし
まった。季節はすっかり夏への助走期間だ。何度か上陸するであろう梅雨時の台風も、一月
もすれば強くなった日差しに圧倒され、涼の一つも残しはしないのだろう。
(……はあ)
 この日、睦月は学園の教室にいた。クラスは今ホームルームの真っ最中だが、その視線は
あさっての窓の外へと向いており、ろくに集中できずにいる。
 理由は明白だった。先日のガンズ・アウターの一件だ。
 ガンズを倒し、小松大臣や海之は無事東京へと帰って行ったが、もう片方の不安材料は解
決していない。学園に攻め込んできた二人──いや、三人のアウター達のその後がようとし
て掴めぬままだったのである。
 酒を飲む度に強くなる酒乱(ジャンキー)のアウター。
 こちらの持ち物を奪う、レンズ甲のアウター。
 そして自分を吹き飛ばした、まだ見ぬ竜巻のアウター。
 二度目・三度目の襲撃はまだない。だがこれからもないとは限らない。睦月は内心不安で
仕方なかった。またいつ学園の皆が──海沙や宙が巻き込まれるかと心配でならなかった。
 先日のガンズはこの三人とは別物だったのか、それとも奴らの仲間だったのか?
 分からないし、確かめても進展に繋がる訳でもないが、うろうろと思考の隅で問いは漂い
続けていた。これまでにない強敵達だ。やはり学園(こっち)に攻め込んできたメンバーな
のだから、敵も精鋭を選んで送り込んできたのだろう。闇雲に相手をすれば苦戦することは
目に見えている。一体一体、確実に倒さなければ。
「はーい。じゃあ皆、グループを作ってー。できれば五・六人単位でお願いねー」
 そんな時だった。はたと担任の豊川先生の間延びした声が聞こえ、クラスの面々がにわか
に立ち上がって動き始めた。
 教壇に立ってにこにこと、この女性教諭は皆の自主性を見守っている。
 一方で睦月は自分の席でぽつんとしていた。何をしたらいいのかよく聞いていなかった。
「……やれやれ。やはり上の空だったか。グループ決めだ。今度臨海学校があるだろう?」
「ああ。あったね、そういえば……」
 だからか、そんな親友(とも)の様子を見て、皆人がこちらに歩いてきた。あさっての方
を見ていたのは傍からもバレていたようで、睦月は少々ばつが悪くなりながらも理解する。
 初等部一年、中等部一年、高等部一年。飛鳥崎学園では進級があるごとに臨海学校という
名のオリエンテーションがある。別に三回もやらなくてもいいのではないかと思うが、それ
ぞれの段階で求められるものが違ってくることもあり、普段とは違った場所で学園生として
のいろはを叩き込む行事となっている。
「場所って何処だっけ?」
「天童島だ。飛鳥崎のずっと南にある」
「ああ、あそこね。確かサーフィンの人がよく来てるっていう……」
「らしいな。去年と同じ場所だ。まぁ予想していた通りだな」
 親友とそんなやり取りを交わしながら、睦月はちらと人垣の向こうにいる海沙や宙の方を
見遣っていた。二人が國子が話しかけ、快く応じられている。同じグループに誘われたのだ
ろう。出会った頃に比べれば、彼女もすっかり二人と打ち解けたように思う。
「……そういえば」
「うん?」
 だが、だからこそ、睦月は心配事がある。言わずもがなアウター達のことだ。
 臨海学校に行くということは、その間自分達が飛鳥崎を離れるということで……。
「大丈夫なの? 臨海学校の間に、この前のアウター達が現れたりしたら……」
「ああ。そのことか」
 なのに、対する皆人は落ち着いていた。尤も彼自身、普段から冷静沈着な人物ではあった
が、それにしてもこの“余裕”のような素振りは何なのだろう。
「百パーセントと訊かれれば確かに今回も今までも保証などないが、その点なら心配ない」
 皆人は言った。グループ決めでかしかましいクラスメート達の中にあって、その答えは不
思議と不敵で、はっきりと聞き取ることができた。
「策は、既に打ってある」

続きを読む
  1. 2016/09/20(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

08 | 2016/09 | 10
- - - - 1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30 -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (140)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (83)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (23)
【企画処】 (310)
週刊三題 (300)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (299)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (23)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (15)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート