日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(雑記)再々・とある物書きの現実対面(オフかいろく)

月に五回目の雑記というのは久しぶりだ。記録を辿る限り今年の三月が最後。

先週のワタワタした予定が大方、片付いてきました。あとはもう一本三題の心算をし、翌月
を迎えるだけです。まぁ明けたら明けたでまた暫くは忙しなくなるんですけど……。

ちょうど現在、台風が関東~東北へと進行中です。先日からのジェットストリーム三連台風
の最後の一個ですね。該当地域の方はくれぐれも警戒のほどを。夏はカッカと暑いのもそう
ですが、その一方で一度雨が降ると峻烈なのもまた特徴です。こと台風クラスの降雨となれ
ば言わずもがなで、しかし過ぎれば一段階秋めくのも事実ですが、平穏無事あってこその愉
しめるこの国の四季です。多分何かしら叩いて出てくる(或いは出ている)んでしょうが、
成る丈そういう心持で「創作の秋」を迎えたいものでして。

──本当、強い雨が今日でよかった(余所は知らんけど)
実はさる先日、以前より所属している物書きコミュニティにて行われたオフ会に参加して来
ました。当日は行きがけは少し降ったものの、午後からは少しカッとなるくらい晴れてくれ
たものです。自分の同会参加は、これで三回目になるのかな?

今回の雑記は、そのレポートという体で書かせていただいています。
内輪な文章となりますので、それでもいいよという方は追記部分から続きをどうぞ。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/08/29(月) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「寄り添う理由(わけ)」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:天使、際どい、ヒロイン】

続きを読む
  1. 2016/08/28(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)晩夏とこの世界に添えて

(更新しなきゃ)

ハッと気付いたら今週も終わろうとしています。誰得だけども空白の日数が続いてしまいま
した。いやね? これは個人的な拘りなのでしょうけど、月別履歴にまんべんなく新記事UP
を示す青囲いが付いてるとホッとするんですよ(笑)書いてるな、創ってるなって。そりゃ
短歌や落書きなど、こっちには出ない追加UPで更新としている日もありますが、ちとリアル
にバタバタしてすっ飛んでたなぁというのがあって……φ(・_・;)

水面下では、一応創ってはいます。また例の如くカレンダー的に「次週」へのスパンが短く
なりがちな月末~翌月頭に間に合うように早い目早い目から三題を書いていたり、tktk
を少しでも進めようとネタ出しに四苦八苦していたり、或いは期せずして某ゲームに嵌って
しまい、暇があれば延々プレイしていたり。←主な原因
……時間が足りない。圧倒的、リソース不足。
創りたいこと・創るべきことに対して可処分時間の絶対数が間に合ってないんですよねえ。
でもそれはお仕事に行き出してから(一年半も前から)減るのは分かっていた事だし、では
実際毎日日がな暇があったとしても果たして能率は上がったろうか? という自問(とい)
に行き着く訳で。経験的に答えはNoである。にも拘わらず創りたいこと・べき(製作予定を
組んだ)ことが削げずに膨らむ一方なのが冷静にみて正解ではあるし、こうウダウダ言って
みても、結局は悶え転がりながらも何処かで悦んでいる──俗に言う贅沢な悩みな訳で。

あと時間もそうですけど、身体の方も。
季節もいよいよ晩夏の頃となり、これまでの疲れがラストスパートを掛けてきているのか、
ここ最近は二・三時間の作業ですらすぐに身体が音を上げてきます。背中がだる重くて仕方
なく、一旦ゴロリと小一時間は寝ないと楽にならない(即ちその分+エンジンを掛け直すの
に要した時間を実作業以外に消費してしまうということ。尤もこれも大きく括ればパフォー
マンス管理の一環なのかもしれませんが)……歳を取ったなあ。周りの先輩達には哂われる
フレーズだけども、もう若さに任せてガンガン行こうぜ! が不可能というのが。仮に睡眠
時間を削って「今」進めても「明日」の自分はその分以上にぐったり動けないのは、経験的
によくよく分かっておりますとも。ええ。どだい有限な自身のリソースの中──それはそう
遠くない未来に僕という存在そのものと共に枯渇して消え去るんだという恐怖が、思考の端
に過ぎって振り向いてくることはあるけど、成る丈意識しないようにして──少しでも自分
の物語を多く濃く残してゆくしかないんだと腹を括る(吹っ切れる?)しかなさそうな気は
しています。

季節は、尚も強い日差しに割り込むように、着実に入れ替わり始めている。

自身も今月末は予定が入っていて暫くワタワタします(そのお話はおそらく次回)でもそれ
が落ち着けば、次の執筆モードが一段落つけば、個人的にもゆったりと来たる秋を迎えられ
るのかなあ……?

続きを読む
  1. 2016/08/26(金) 23:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「王国」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:人間、激しい、消える】

続きを読む
  1. 2016/08/21(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)過去からの重圧

('、3_ヽ.` ;:・∵゚.

長いようで短かった盆休みが終わりました。一つの区切りなのか、或いは単に台風が列島を
通過した余波なのか、再び暑さが緩んできたような気もします。まぁ夏の終わり、残暑期間
は残り半月ほどあるので、もう一熱波くらいは来るんでしょうけどね……。

盆の間、皆さんは如何お過ごしでしたか? 自分はほぼ全日に渡り執筆モードでした。
日が空きましたが、先日サハラ~の十六章をUPしました。8エピソード目後編です。先月か
ら始まったシーズン2もこれでお話が一つ終わり──されど放たれた刺客達の存在はこの先
長く尾を引くこととなります。
今回更稿の分量は、27000字弱。大分嵩みました。ドンパチシーンを含むからとはいえ、別に
それは前回にも当て嵌まりますし、何だか控え目と盛り目を繰り返しているような気がする
今日この頃……φ(=_=)-3

とりま、今月分の長編系も無事更新できました。おそらく一年最も暑く、集中が難しい月を
乗り越えられたかと思います。あづいあづいとウダウダ言ってましたが、何のかんので今や
中毒となった創作活動そのものは止められぬか。少々気が早いですが、秋の心地よい季節が
楽しみですね。残りの日数は、他の創作や久しぶりの遠出予定、作品の鑑賞(インプット)
に費やそうと考えています。

──しかしあれだ。先週末「盆休みだ! ヒャッハー書けるぞ!」と単純に喜んでいた自分
が甘かった。お盆なんだから仏壇や墓の世話があるっていうのに、てんで忘れていた。基本
そういうのは両親がやっているとはいえ、自分も最終日には墓参りに引っ張られていました。
暑い……。山の中、坂の上にあるのは勿論、照りつける日差しもあって体力よりも気力の方
がすぐに悲鳴を上げましたね;一応地味に筋トレなどはやっていても、日頃の体力不足は如
何ともし難く……。
加えて帰り道、通り雨にやられました。
急いで車に戻って墓地を下り、昼時だったので飯屋に入ったのですが、その直後はまぁじゃ
じゃ降りりでした。全身濡れてしまいました。まぁ所詮は通り雨、食っている内にむわっと
止んで蒸すくらいの晴れになっていたのが今度はそれはそれで小癪な感じ……(^ω^#)

年に一度、先祖の霊が帰ってくる日。
だけども考えれば考えるほど、自分には不可解に思えるのですよね。

(死んだのにまた戻って来る。じゃあ次の生はどうしたの? 成仏してないってこと?)

信心というものにはお世辞にも篤くない、衒学小僧の戯言です。

続きを読む
  1. 2016/08/18(木) 21:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

07 | 2016/08 | 09
- 1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31 - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (148)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (86)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (334)
週刊三題 (324)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (315)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート