日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)サハラ・セレクタブルⅡ〔15〕

 街の喧騒を遠くに、そのビルは建っていた。何年も人の手が入っていないらしく、内部に
は痛みかけた柱が点々と並び、放置された大小の機械と共に昼間ながら幾つもの暗がりを作
っている。
「……来ましたか」
 そんな人気の無い只中に立っていたのは、薄眼鏡をかけた神父風の男だった。以前、二度
に渡り守護騎士(ヴァンガード)と相対した、アウター達幹部の一人である。
「よう。久しぶりだな、ラース」
 近付いて来る足音に半身を返し、彼──ラースは静かに振り返った。昼間に差す柱の影を
ゆらりと抜けて、声の主達が姿を現す。
「この俺を呼び出すとは……。一体、どんな難物だ?」
 一人目は丸いサングラスを掛け、袖なしのジャケットと半袖シャツを合わせたチンピラ風
の男だった。
「ならば好都合。猛者であればあるほど、滾るというもの」
 二人目は灰色の髪の、古びた胴着を着崩した彫りの深い大男だった。
「まぁ、オイラ達が来たからには心配要らねぇぜ。何たって兄貴がいるんだからな」
 三人目はサングラスの男に付き従うように威を借る、数個のバッヂをあしらい逆向きに帽
子を被った少年だった。
 そして四人目。テンガロンハットを被った──。
「? 一人足りませんね。ガンズはどうしました?」
「ああ、それなんだがな。伝言を預かってる。先に今受けてる依頼(しごと)を片付けてか
ら合流するってさ」
「……そうですか」
「全く、何考えてるんだか。蝕卓(ファミリー)からの命令は絶対なのに」
「同感だ。そこまでして一体金の何がいいのだろう」
 呼び出した刺客は合わせて四人。だがその内の一人は身勝手にも指定したこの時間・場所
には現れなかった。サングラスの男がそう伝言をつたえて来、逆さ帽子の少年と灰髪の男も
それぞれ肩を竦め、軽んずる。
「仕方ありませんね。彼には後でこちらから伝えておきましょう。それよりも早速本題を。
今回貴方達を呼んだのは他でもない。ある者の正体を調査──して貰いたいからです」
 されどラースはすぐに頭を切り替え、彼らに数歩進み出た。言いながら黒衣の懐から一枚
の写真を取り出し、彼らに見せる。
「守護騎士(ヴァンガード)──噂くらいは聞いたことはあるでしょう? 今回貴方達には
彼の素性を調べて貰いたい。明らかにした上で、始末して貰いたい」
 ぴらっと示されたのは、土煙の中に半分隠れて映る、白亜のパワードスーツだった。
 おそらく撮られた時期としてはボマーの一件。写真の中の守護騎士(ヴァンガード)はこ
ちらには背を向けて横顔だけを見せ、視線は更に奥の何かを見据えているようにもみえる。
「ほう? あの……」
「相手にとって不足はなし、だね」
「例の同胞達を片っ端からぶっ殺してる奴だな。それで? まさか手掛かりのての字も無い
って訳じゃあないんだろう?」
「ええ。先程も話したように、声からして中身は男性です。そしてこれまでの我々の情報網
によって、彼は飛鳥崎学園の生徒であるらしいということが分かっています」
 へえ……? 答えられて、サングラスの男が片眉を上げた。想像していたよりもその正体
が歳若いと知って意外だったのだろう。逆さ帽子の少年はそれだけで「へっ」と侮り、灰髪
の男は腕組みをしたままこの写真を見つめている。
「先ずは、その正体を明らかにすることを優先しなさい。知っての通り、彼にはこれまで多
くの同胞達が斃されました。今後の為にも外堀から埋めます。身元さえ分かれば、どうとで
も攻める手立てがありますからね」
「ん……。りょーかい」
 写真を受け取り、サングラスの男はにやりと口角を吊り上げた。逆さ帽子の少年がこれに
倣って両手を頭の後ろに組んで不敵に笑い、灰髪の男もそっと腕を垂れて胴着の襟を引っ張
り直した。
「任せておけ。守護騎士(ヴァンガード)の正体、この俺が露わにしてやる」
「守護騎士(ヴァンガード)か。ふふ……久しぶりに骨のある相手と戦えそうだ」
 嗤う。
 幾つもの影が差すビルの一角で、刺客達は動き出した。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2016/07/19(火) 18:00:00|
  2. サハラ・セレクタブル
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (190)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (109)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (47)
【企画処】 (463)
週刊三題 (453)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (398)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month