日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(書棚)感想:湊かなえ『告白』

書名:告白
著者:湊かなえ
出版:双葉文庫(2010年)
分類:一般文藝/ミステリ(サスペンス)

悪とは、他人の物差の上に在るもの。
邪悪とは、自らの中に巣食った原風景。

──本質を抉れ。
例え貴方が「悪」と詰られようとも。

続きを読む
スポンサーサイト
  1. 2016/07/30(土) 18:00:00|
  2. 【読書棚】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)道連れ世界の処世術

# とは

(体感ではもっと経ってる気がするのですが)早いもので梅雨が明けて十日。時たま通り雨
のような天気になる事もあるけれど、基本的にお天道様はカッカ照りの夏です。七月もあっ
という間に終わろうとしています。

思えば只々暑さとの戦いでした。
空模様を見ては一喜一憂したのもここ数週間のこと。今やデフォルト暑いのであって、僕ら
人間は如何にこの環境に心身を慣らすのかを問われている訳です。うちの作業場も少なから
ぬ面子が夏バテのようでしんどそうです。自分も昼休み──真昼間に腹ごなしと称して外に
出るのを止めようかと考えています。汗だくになるのが毎度鬱陶しいのもあるし、午後から
のお仕事の手がね……(何より親に熱中症を心配されたのが大きい)当稿本日、動くよりも
しっかり横になってみました。よほど外歩きは消耗を促していたようですね。午後の余力が
段違いなんですが^^; ただ問題は、これで肥えがちな体重がどう推移してゆくかですねえ。
ずっと腹持ちがあってこれなら間食せずに済みそうだけども、元々の食事量がそもそもどう
なんだってのもあるし……。

ぼちぼち、次の三題とユー録の更新が迫っています。とある物書き仲間さんにも言われまし
たが、何でこう「スケジュールに追われてる」的なスタイルになったんだろう? いやまぁ
そうでもしないとサボるから、コンスタントに書くという目標自体が目的化している、今更
プツと途切れさせてしまうのも惜しいというよく分からん惰性──等々当てのある理由なら
指折りしつつ挙げられれはするのですけれどφ(=_=;)

……それにいい加減、物語の「質」にも拘らなきゃな。眼を向けろよおい。

具体的に言うと“安易なバッドエンド”にしない。即ちユーザビリティ、手に取る人の幸福
を考える。何を望んでいて、何が受けているのか? たとえそれが自分の趣味嗜好とは違う
現実だとしても、凹んでいる場合ではない。どちらにしても、インプットが長いこと疎かに
なってしまっている。創造力など無尽蔵ではないのだから、どんどん刺激を追加しないと。
自分が思いついたものはほぼ全て先人がやっている。
或いは思いついたけどやらなかった(やっても“面白くない”と踏んだ=他人を考えた)
あと、漢字を開くこと。散々嫌っておいて自分自身がペダンティックな所があるのか、文章
それ自体にも配慮が欠けているとの指摘も受けました。

まぁ、それでも「我」を捨て切るのは限りなく不可能に近いんでしょうけどねえ。特段高い
評を受けた才人でもないのなら、どうしても縋りつくのはそこになってしまう。なまじ書く
には書くのだから、間違いなく何処かで自分優先の高慢さがへばり付いている……。

エンターティナー。

滅私奉公なんて精神は、旧いのかなあ。

続きを読む
  1. 2016/07/28(木) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(遊戯)制作記録 その12 【ユー録】

……やっぱ、二束の草鞋なんて難しいんや('、3_ヽ)_

暫くぶりです。四半期おきのご報告をば。梅雨も明け、季節はすっかり夏になってしまいま
した。普段繰り返していますが夏は大嫌いです。暑いし、何より思考力諸々がごっそりもっ
ていかれてしまうこの時期は中々作業に手がつかない……。いや、別にそれは年中か。

相変わらず、ツクールの方はゲーム本編上これといった動きがありません。ひたすらデータ
を区分け単位に書き出してこさえ、整理しつつ打ち込む。そうしたらだるくなってモチベが
下がり、また暫くしたら復活してきてこさえ──そんな繰り返しです。
それでも、塵も積もれば何とやらというか、道具系アイテムはだいぶ固まってきています。
(例の如くこれまたややこしいですが)大別しながら進捗を書き込むとこんな感じ。

『薬類』→回復系その1。戦闘中も使えるが値が張る 終了
『料理』→回復系その2。移動中限定だが安値 終了
『便利品』→探索補助系のアイテム各種 終了
『戦具』→戦闘補助系のアイテム各種 終了
『未確定品』→鑑定や修理など、必要な処理を施せば何かしらのアイテムに化ける 終了
『能力強化品』→いわゆるドーピング関連。ステ上昇だったり、経験点補給だったり 終了
『雑品』→いわゆる素材系。本作では大量に手に入るこれらを取り回して物資を整える Now
『書物』→世界の姿を補完する文献各種 適宜
『貴重品』→大事なもの、記念品 適宜・汎用性のある物は既に打ち込み済

現在はこの『雑品』を埋めていっています。成る丈汎用的に取り回せるようにすれば後々楽
なのは解っているのですが、如何せんあれもこれもと浮かぶ方が勝ってしまいますね。
雑品も細かく分けると、
「石材」「金属」「木材」「植物」「布材」「皮鱗」「骨殻」「古物」「工芸」「食材」「雑他」
の11種類。横線が引いてある通り、現在7/11区分。数的には六~七割くらいでしょうか。パッと
出て来そうなのから片付けていったから、どんどんネタが……;ただここを越えられれば大分
データ作成に一段落が付きますので、やってしまいたい所。

……でもねえ。如何せん多過ぎるわ(今更)

2000の方で習作を、とのたまってみても前回から早二年が経っているという現実。まるで触
ってなかった訳ではないのだけど、ネタを起こし、肉付けしてみようとする度に世界観──
もっと言えばデータが膨れることに何度気持ちが折れたことか_| ̄|○ まぁそこで踏ん張る
なり心を鬼にして削っていくなりすれば、また一つ形にできるのやもしれんけど、どちらに
せよ草鞋がまた増えるには変わりないんだよなあ。物書きの方のスケジュールを考えても、
ツクールにおける可処分時間は限られてる。これに限らんけども。となると、やはり何かを
一旦捨てなくてはデータも掛かる歳月も、膨れてゆくのは必定。ツクラー界隈もいずれMVに
主人口が移っていくことを考えると、あまり悠長にツクっていては自分のACE童貞すら危うく
なってしまう──。
(尤も片方では、名のあるツクラーさん達がACEに戻って来ているらしいとの話もあるので、
現状はまだまだ様子見安定なんですかね?)

とはいえ、あまり気負っていても仕方ない。趣味の域でまで息を詰まらせてしまってどうする。

創りたいものを心のままに。それが理想ではあるけども……φ(=_=;)

↓以下、今回のスクショ。
続きを読む
  1. 2016/07/27(水) 17:30:00|
  2. ユー録FW
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(企画)週刊三題「斜(はす)」

──これから毎週、小説を書こうぜ?

毎週一回、ツイッタの「診断メーカー」で出たお題で小説を書いてみるという
自己鍛錬、 それがこの『週刊三題』であります。
さてさて。紡がれる文章は良分か悪文か、或いは怪文か?
とある物書きの拙文晒し、此処に在り。

【今週のお題:炎、地雷、過酷】

続きを読む
  1. 2016/07/24(日) 00:00:00|
  2. 週刊三題
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

(雑記)役に立つとか立たぬとか

(まだ一週間と経ってはいませんが)

いやあ、遂に梅雨明けですね。統計上では平年よりやや早い部類のようですが、自分の個人
的な体感としては今年はもっと早くても違和感がなかった。まぁ一度降るとさっぱあ降って
たので、明け宣言する条件などが満たせてなかったのでしょうが……。
ともあれ夏本番です。これからどんどん暑くなっていきますよ。子供達はぼちぼち夏休みに
なるんですかね? こっちはまだ田舎なのでマシですが、コンクリジャングルな街の方だと
既にもっと酷暑になっているんだろうなあ(´A`)
重々承知の事とは思いますが、こまめに水分を摂って、日陰に逃げましょう作りましょう。
室内でも空調が掛かってなければ熱中症になってしまう可能性はあります。どうかお身体を
第一にして過ごしてください。

──尤も、かく言う自分は根っからのインドア派であり、お仕事も基本屋内でありまして。

先日、サハラ~の十五章をUPしました。8エピソード目前編です。
ようやっと、二ヶ月ぶりに更新と相成りました。今回からシーズン2となりますヽ(・ω・)ノ
プロット作成で暫く間が空いていたので文章運びに不安もありましたが、まぁそれも含めて
の作者なのだと前向きに考える事にします。一節一節が雑になっていないかとか、密度が落
ちていないかとか、そんな中の人の個人的な拘り云々よりも、畢竟重要なのは読者にとって
面白いか否かであって、彼らの益にならない事をうじうじと考えるよりはもっと面白くする
工夫に執筆自体に労力を注ぐべきだろ? という、如何せん効率厨的な哂い声。実際自身の
こういう思いが杞憂で、それだけ(流石にこれだけ数をこさえれば)相応の技量が積み上が
ってきた証が故の「慣れ」なんだと、思いたいんですがね……。天狗になってはいけない。

ともあれ、今月より長編x2、週一で三題という現状でき得るコンスタントな更新ペースに戻
ってくることができました。相変わらず決して順風満帆な物語ではありませんが、宜しけれ
ば今後とも気長に生温かくお付き合いくださいませm(_ _)m

……嗚呼、一安心。これで今月は大方片付いた。

身体はどうしたって衰えるしかないのだから、無理せず常に余力を残しておくべきなのだけ
ど、定期なコンテンツ以外にも創れるものもキチンと創り切って形にしたいもんだね……。

続きを読む
  1. 2016/07/20(水) 18:00:00|
  2. 【雑記帳】
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0
次のページ

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止
します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

06 | 2016/07 | 08
- - - - - 1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31 - - - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (149)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (87)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (28)
【企画処】 (339)
週刊三題 (329)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (15)
【落書帳】 (6)
【詩歌帳】 (6)
【雑記帳】 (318)
【読書棚】 (30)
【遊戯倉】 (24)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW (16)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

@long_month からのツイート