日暮創庵

-当庵は長岡壱月によるごった煮創作ページ(主に小説)です-

(長編)ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-Ⅵ〔73〕

「……今、何て」
「本気(マジ)かよ。あの教団を敵に回すって事だぞ……?」
 導信網(マギネット)を通じて、ブルートバートとクリシェンヌ教団の対立は現在進行形
で人々の知る所となった。
 据え置き或いは携行型の端末、画面の前。世界のあちこちで期せずしてこの前代未聞の瞬
間を目の当たりにした人々は思わず手を止め、目を疑い、ジークがエイテルに向かって言い
放ったその姿を何度も確認するように見つめている。
『き、貴様……! 今自分が何を言ったのか分かっておるのか!?』
『ミュゼ、ダーレン、ヴェスタ! そやつを捕えよ! 我らが信仰の敵ぞ!』
 当然ながら、画面の向こうの枢機卿達は怒り狂った。絶対優位であった筈の、優位でなけ
ればならない自分達の思惑が導信網(マギネット)に曝され、何よりも出自は皇族とて今は
一介の冒険者でしかないこの青年からの宣戦布告──プライドが傷付かない訳がなかった。
『止しなさい!』
 しかし叫んだ枢機卿と、弾かれたように駆けようとしたミュゼら現地ホームの神官騎士達
を止めたのは、他ならぬエイテル教皇であった。
 一触即発。イセルナ、ミア、リオを始めとしたクランの面々が来るなら来いと得物に手を
掛けて構えたままの格好だった。ぴしゃりと大きな声で窘められ、両者は寸前で睨み合った
まま硬直している。
『……人々が見ているのですよ? 激情のまま傷付け合ってどうするのです』
「教皇様……」
「で、ですが……!」
『武器を収めなさい。先ず祈るべき我々神官が、力に頼ってしまってどうするのです』
『……っ』
 ぐうの音も出ないようだった。画面の向こうで枢機卿達が苦虫を噛み潰したような表情で
めいめいに視線を逸らし、ミュゼ達も武器をしまい直して一歩二歩とその場から退く。こう
なるとイセルナ達とて攻撃できない。同じく、いやようやくその臨戦を緩めることができ、
武器をしまって初めて二・三、安堵の息が漏れる。
「……」
 それでも、当のジークはじっとエイテル達を睨んだままだった。指差した手はもう下ろし
ていたが、その眼は敵意──レナを幾度となく苦しめた咎を許してはいない。
『ジーク皇子。発言を撤回するのなら今ですよ。お互い、感情的になり過ぎたのでしょう』
 たっぷりと間を置き、見つめ、エイテルが言った。
 つまりは彼女がそれだけ冷静であり続けていたということだ。誰がどうやってまでは分か
らないが、ブルートバードの側でこの非公開の会談が漏れてしまったのだ。教団という威光
を借りて水面下で取ろうとしていたマウントを、強硬策を、人々は知ってしまった。今この
まま当初の作戦をごり押せば、自分達に対する心証は最悪に近い失墜を招くだろう。
 だがジークは、そんな相手方の内心・思惑を解っていたのかいなかったのか、結局首を縦
には振ろうとしなかったのである。
「そっちこそ、もうレナにちょっかい出さねぇって約束しろよ。大体、何で俺が謝るような
真似しなきゃいけねぇんだよ。先にこんな面倒事持ち込んできたのはてめぇらじゃねぇか」
『っ、貴様……!』
『お止しなさい。……あくまで、我々と敵対するのですね?』
「ああ。そうやってこっちの質問をはぐらかし続けるってんなら、な」
 周りの枢機卿達を抑え、エイテルは少々淡々としている程に落ち着き払って訊ねていた。
ジークもジークで、腰の剣唾をそっと親指で持ち上げながら、当て付ける。
 暫くの間、両者はじっと睨み合っていた。枢機卿や神官騎士達、クランの面々やディノグ
ラード邸の仲間達、セイオン・ヨーハンらもその様子をそわそわと、或いは一言一句見逃さ
ないように視線を微動だにせず注ぎ続けていた。
『……。覚悟はできている、という事ですか……』
 そして先に沈黙を破ったのは、エイテルだった。枢機卿や画面の向こう、ホーム現地の神
官騎士達を見遣り、呟く。
『神官騎士ミュゼ、ダーレン、ヴェスタ。一旦聖都(こちら)へ帰還しなさい。宣戦布告さ
れたからには備えなければ。我々とて、信徒の皆さんを守護する義務があります』
 いいですね? 彼女はミュゼ達に念を押し、そしてずっとそれまで控えていたリザにも小
さく訊ねて了解を得る。
 ざわざわ。ホーム現場の神官騎士達は動揺していた。こちらが退いてしまうのはプライド
が許さないのではないか?
 しかし、さりとて組織のトップからの命令だ。リザも頷いて促すので従わない訳にはいか
ない。ミュゼやダーレン、ヴェスタ達はやがて部下達に命じて撤収を始めた。落ち着いて考
えれば今ここで“蒼鳥”や、下手すれば巻き込んでしまった形でディノグーラド家──七星
の一角とやり合い、敵に回すのは得策ではない。
『……』
 尤も三人の隊長格の中でも血の気の多いダーレン、そして気高いヴェスタなどは、この撤
退命令にも正直不服だったようだ。去り際、あからさまに怨念や敵意の籠もった瞳でこちら
を睨んでは、ガチャガチャと防具の音を鳴らして踵を返していく。
 そうして、史の騎士団は一人残らずいなくなった。本山と繋がる通信・映像もぷっつりと
消えてなくなり、ただ場に残ったのはホームとディノグラード邸、双方の半ば呆然とした仲
間達の後ろ姿だったのである。
「……やれやれ。とんでもない事になったわい」
 ジークが尚も、こちらに背を向けたまま先頭で立ち尽くしている。
 たっぷりと間を置いて嘆息をつき、やがてそうガラドルフが、誰にともなくごちた。

続きを読む
スポンサーサイト



  1. 2016/05/11(水) 18:00:00|
  2. ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle-
  3. | トラックバック:0
  4. | コメント:0

自己紹介

長岡壱月

Author:長岡壱月
(ながおか いつき)

創作もとい妄想を嗜む物書きもどき。書いたり描いたり考えたりφ(・_・)
しかしながら心身共々力量不足な感は否めず。人生是日々アップデート。
今日も雑多な思考の海に漂いながらも何とか生きてます。
【小説/思索/落書き/ツクール/漫画アニメ/特撮/幻想系/小説家になろう/pixiv】
(※上記はPN。物書き以外では概ね、HN「長月」を使用しています)

【注】当庵内の文章や画像等の無断転載・再加工ないし配布を禁止します。

訪問者累計

最新記事

最新発言

検索窓

月別履歴

04 | 2016/05 | 06
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

分類/索引

【案内板】 (2)
【小説:短編】 (20)
本の蟲 (1)
硝子野不動産店 (1)
夏の日の幻影 (1)
四番線の彼女 (1)
夢視の宿 (1)
線を曳く町 (1)
炬燵の神様 (1)
三者三盗噺 (1)
色眼鏡 (1)
奴らは攻城戦師 (1)
詰め替える (1)
同じ籠の狢 (1)
二十年後の遺言 (1)
轍の先 (1)
水に流せば (1)
真夜中の御二柱 (1)
いつか見た夢 (1)
神様達の初詣 (1)
白い花束 (1)
丸の代償 (1)
【小説:長編】 (194)
Amethyst League (6)
アンティーク・ノート (3)
ユウキのヒカリ (5)
NIGHT GUNNERS (5)
レディ・ルーン-Bonds of RU'MEL- (6)
ユーヴァンス叙事詩録-Renovin's Chronicle- (111)
死に損いのデッドレス (5)
Dear SORCERY (4)
サハラ・セレクタブル (49)
【企画処】 (472)
週刊三題 (462)
その他参加物 (10)
【資料庫】 (2)
【落書帳】 (2)
【詩歌帳】 (8)
【雑記帳】 (403)
【読書棚】 (32)
【遊戯倉】 (25)
path. (4)
decide: (3)
ユー録FW(凍結中) (17)

記事録

交友関係

このブログをリンクに追加する

(RSSリンク)

(QRコード)

QR

Tweets by long_month